メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 13を翻訳中

手順13
The Apple Watch Series 3 earns a 6 out of 10 on our repairability scale (10 is the easiest to repair):
Final Thoughts
  • The Apple Watch Series 3 earns a 6 out of 10 on our repairability scale (10 is the easiest to repair):

  • Watch band replacements remain fast and simple.

  • Screen replacements are difficult but do-able—it's the first thing to come off, and detaches via simple ZIF connectors.

  • Battery replacements are tricky but fairly straightforward once you're inside, provided you're armed with a Y000 screwdriver.

  • While not proprietary, incredibly tiny tri-point screws are a repair hinderance.

  • Replacing any of the component cables requires microsoldering.

  • The mostly resin-encased S3 system makes most board-level repairs impossible.

Apple Watch Series 3のリペアビリティのスコアは10点中6点です。(10点が最も修理しやすい指標)

Watchバンドの交換は簡単ですぐにできます。

スクリーンの交換は難しいものの、交換可能です。ーまず何よりも先にスクリーンが外れてからZIFコネクターの接続を外します。

バッテリーの交換は難しいですが、一旦内部を開口できれば簡単に交換できます。作業にはY000 ドライバーが必要です。

Appleオリジナルのネジではないものの、信じられないぐらい小さなトライポイントネジが修理の行く手を阻みます。

コンポーネントのケーブルを交換する際はいずれも半田付けが必要です。

大部分が樹脂でコーティングされたS3システムによって、基板レベルの修理は不可能です。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります