メインコンテンツにスキップ

ビデオの概要

はじめに

私たちが獲ってきたiPhone 7 Plusは、未だまな板の鯉ですが、どうしようもできません。Apple Watch Series 2を分解する時間がやってきたのです。Series 2は新しく改名した"Series 1"と全てー同じように見えます。中身はどうでしょうか?内蔵GPS、耐水性という新しい機能を加え、新しく加わるバンドのデザインやケースも兼ね備えています。今、発売されたばかりのApple製身につけるデバイスは分解テーブルに置かれる運命にあります。この”健康生活における究極のデバイス”は修理のしやすさというポイントから見てみると、どれぐらい離れているのか確認してみましょう。

"今までで最高、かつ最も最先端のiPhone"の分解をご覧になりましたか? iPhone 7 Plus teardown をご覧いただいた後、Apple Watch Series 2のマラソン分解を続けていきましょう!

準備はできましたか?FacebookInstagramTwitterTwitter日本語版をフォローしてリペア業界からの最新ニュースを手に入れましょう。

リペア業界

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのApple Watch Series 2を修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. 日に日に、私たちの時計はスマートになっています。Appleの最新モデル腕時計には何ができるのか見てみましょう。 Force Touch機能付きの第二世代OLED Retina ディスプレイ
    • 日に日に、私たちの時計はスマートになっています。Appleの最新モデル腕時計には何ができるのか見てみましょう。

    • Force Touch機能付きの第二世代OLED Retina ディスプレイ

    • オリジナルApple Watchと同一でSeries 2も2種類のサイズがあります:38 mm (272 × 340 pixels, 290ppi) と42 mm (312 × 390 pixels, 302 ppi)

    • カスタムデザインApple S2SiP(システム・イン・パッケージ)

    • 内蔵GPS + NFC + Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4 GHz + Bluetooth 4.0

    • 加速度計 + ジャイロスコープ + 心拍センサー + マイク + スピーカー + 環境光センサー

    • 耐水性能(50メートルまで)

    • WatchOS 3

  2. Apple Watch Series 2の発売に伴い、オリジナルのApple Watchは"Series 1"と名称変更されました。オシャレなデュアルコアプロセッサを備えた新モデルです。 Series 2の裏側は LEDと感光性フォトダイオードを保護している光学ポリマーレンズによって、お馴染みの4人組が装飾されています。 Series 1、2とも、付け替え可能なバンドが付いており、着せ替えを楽しむことができます。どんなコンポーネントもこのように容易に交換でできればいいのですが...
    • Apple Watch Series 2の発売に伴い、オリジナルのApple Watchは"Series 1"と名称変更されました。オシャレなデュアルコアプロセッサを備えた新モデルです。

    • Series 2の裏側は LEDと感光性フォトダイオードを保護している光学ポリマーレンズによって、お馴染みの4人組が装飾されています。

    • Series 1、2とも、付け替え可能なバンドが付いており、着せ替えを楽しむことができます。どんなコンポーネントもこのように容易に交換でできればいいのですが...

    • オリジナルのApple Watch から集めてきた知識とiFixitの専門工具である刀、iOpenerで武装し、接着剤の壁を打ち破り、スクリーンを開ける準備が整いました。

    • ところが、ディスプレイ本体を手に取ったところで、接着剤は2015年に発売されたモデルよりもより頑丈に接着剤が付けられていると分かりました。この目的は防水性を高めるためであろうと推測します。

    • ナイフ、開口ピック、最後にほんの少しの気合で、やっとスクリーンに突入です!

  3. 外から見ると、Series 2は前モデルと非常に類似しているようですーが、中身を見てみるとオリジナルのApple Watchに使用されていたプレスコネクターの位置にZIFコネクターがあります。 この改善は修理という観点からみるととてもよいニュースです。簡単に開封でき、丈夫なコネクターが修理の成功度を高めます。 ディスプレイの裏側に回ってみると、コントロールハードウェア全体が集まっています。
    • 外から見ると、Series 2は前モデルと非常に類似しているようですーが、中身を見てみるとオリジナルのApple Watchに使用されていたプレスコネクターの位置にZIFコネクターがあります。

    • この改善は修理という観点からみるととてもよいニュースです。簡単に開封でき、丈夫なコネクターが修理の成功度を高めます。

    • ディスプレイの裏側に回ってみると、コントロールハードウェア全体が集まっています。

    • Apple 343S00092

    • 20211CP TD1628A

    • NXP 67V04 NFC Controller iPhone 7 Plusでも採用)

    • 時計本体から反対側のバンドをスライドして外し、バッテリーを探っていきます。

    • バッテリーブラケットはiPhone7 Plusと同じトライウイングネジによって留められています。嬉しい事に、私たちの64 Bit Driver Kit がいい仕事をしてくれました!

    • スパッジャーでバッテリーを素早く押し上げると、この時計の電源が消えました。

    • これまでの分解作業は順調に進んでいると思いませんか?

  4. 先ほど順調だと言いましたが、やはりそこまで上手い話はないのかもしれません。 昨年発売されたApple Watchに比べると、Series 2のバッテリーの底面にはiPad スクリーンを固定するために、チューインガムのような沢山の接着剤が付けられています。
    • 先ほど順調だと言いましたが、やはりそこまで上手い話はないのかもしれません。

    • 昨年発売されたApple Watchに比べると、Series 2のバッテリーの底面にはiPad スクリーンを固定するために、チューインガムのような沢山の接着剤が付けられています。

    • 小さなバッテリーに、こんなにも沢山の接着剤が付けられているのは見たくありませんが、結局のところ、接着剤によって防水性が可能となり、プールに着用したまま入れるのです。このデバイスはポケットに入れるものではなく、腕に着用するものです。

    • 私たちは大量の接着剤に打ちのめされたことはありません。そして今回も同様です。この小さなバッテリーボックスを接着剤から取り出すため、開口ツールを手に取り、突き上げ、剥ぎとり、引っ張ります。残りの接着剤を綺麗に取り除き、中の秘密を明らかにしましょう。

  5. iPhoneのバッテリーキット

    Only $29.99

    Buy Now

    iPhoneのバッテリーキット

    Only $29.99

    Buy Now
  6. バッテリー裏側の接着剤を取り除いてみると、この興味深いスペックを手に間近で見ていきます。この電池は3.77 Vと273 mAhでパワーが1.03 Whrとかなり強いです。 私たちが分解しているものは38 mmのものですー42 mm はより大きい電池を備えているはずです。
    • バッテリー裏側の接着剤を取り除いてみると、この興味深いスペックを手に間近で見ていきます。この電池は3.77 Vと273 mAhでパワーが1.03 Whrとかなり強いです。

    • 私たちが分解しているものは38 mmのものですー42 mm はより大きい電池を備えているはずです。

    • バッテリー容量に注目している方へ、このバッテリーは前モデルの容量から32%も増えています。おそらくGPS機能を搭載しているため、容量を増やす必要があるようです。

    • AppleはSeries 2のバッテリーの寿命もオリジナルのApple Watchと同じ18時間と公表しています。つまり、GPS は電気を消耗するということです。

    • 一つ確かなことがあります。他のバッテリーも同様、このバッテリーもいつか尽きてしまいます。交換する際には、電気を抵抗力ーつまり耐水性と交換しなければなりません。この時計の密封シールが剥がされたら、もう元に戻す事はできないのです。

  7. プラスチック製の開口ツールを使って、時計本体の淵に差し込むと、オリジナルのモデルで使用されていたものと類似したガスケットと Force Touchセンサーが現れました。 2015年のApple Watchと同様に、Series 2 もスクリーン上で下向きのプレッシャーを感知するForce Touchが使われています。Appleの製品で、一番最初にこのテクノロジーに出会ったのは MacBook Pro 13インチ Retina ディスプレイです。 昨年のモデルと違って、Force Touchガスケット上には1つのみのIC が隠されています。
    • プラスチック製の開口ツールを使って、時計本体の淵に差し込むと、オリジナルのモデルで使用されていたものと類似したガスケットと Force Touchセンサーが現れました。

    • 2015年のApple Watchと同様に、Series 2 もスクリーン上で下向きのプレッシャーを感知するForce Touchが使われています。Appleの製品で、一番最初にこのテクノロジーに出会ったのは MacBook Pro 13インチ Retina ディスプレイです。

    • 昨年のモデルと違って、Force Touchガスケット上には1つのみのIC が隠されています。

    • アナログデバイスAD7149 キャパシタンスセンサーコントローラー

  8. 次の分解はかなり大きくなったTaptic Engineに移ります。 Taptic EngineはAppleのリニアアクチュエーターに使われています。直線運動による押し引きのある動きをし、(電圧モーターの回転運動の反対)触覚技術フィードバックを与えます。 直線運動によるアクチュエーターの概念はAppleのデバイスだけに見られません。パンケーキの形をした LRAリニア・バイブレーター(LRA:Linear Resonant Actuator)はもう何年も電気デバイスで利用されてきました。長方形をしたZ軸リニア・バイブレーターはAppleにデザインの自由とユーザーに振動をどのように認識させるかというコントロールを与えました。
    • 次の分解はかなり大きくなったTaptic Engineに移ります。

    • Taptic EngineはAppleのリニアアクチュエーターに使われています。直線運動による押し引きのある動きをし、(電圧モーターの回転運動の反対)触覚技術フィードバックを与えます。

    • 直線運動によるアクチュエーターの概念はAppleのデバイスだけに見られません。パンケーキの形をした LRAリニア・バイブレーター(LRA:Linear Resonant Actuator)はもう何年も電気デバイスで利用されてきました。長方形をしたZ軸リニア・バイブレーターはAppleにデザインの自由とユーザーに振動をどのように認識させるかというコントロールを与えました。

  9. Taptic Engineを取り出せたら、時計の上部に隠れているアンテナモジュールを調べていきます。 この小さなアセンブリが複雑な構造の作りになっているのはGPSアンテナが加わったためではないかと推測します。小さなコンポーネントですが、最初のApple Watchと比べると大きく変化していることが分かります。
    • Taptic Engineを取り出せたら、時計の上部に隠れているアンテナモジュールを調べていきます。

    • この小さなアセンブリが複雑な構造の作りになっているのはGPSアンテナが加わったためではないかと推測します。小さなコンポーネントですが、最初のApple Watchと比べると大きく変化していることが分かります。

    • GPSで何ができるでしょうか?この時計を使ってPokemon Goをするのは、もう少し先のようですー早く改良され、リアルタイムでデータ接続ができるといいですね。

    • 想像を膨らませるのはここまでにしておきましょうーさて、ピンセットを使ってこの時計に何が残されているか探っていきます。

  10. 外枠を探っていくと、複合ケーブルアセンブリを発見しました。これはマイクとスピーカーに接続しています。 このマイクとスピーカーの間に2番目のマイクポートのようなものがあります。この謎は解明されました。弾力性のあるゴムプラグは気圧ベントです。防水加工されたシェルを通じて、内部の気圧計が外部の圧力を感知することができるようにデザインされています。 Apple Watch Series 2の中身に耐水性能を持たせる一方で、水に入れてスプラッシュを上げることが可能となったのです。これはオリジナルApple Watchと比べると大躍進です。耐水性のために沢山のガスケットとOリングが入れられています。
    • 外枠を探っていくと、複合ケーブルアセンブリを発見しました。これはマイクとスピーカーに接続しています。

    • このマイクとスピーカーの間に2番目のマイクポートのようなものがあります。この謎は解明されました。弾力性のあるゴムプラグは気圧ベントです。防水加工されたシェルを通じて、内部の気圧計が外部の圧力を感知することができるようにデザインされています。

    • Apple Watch Series 2の中身に耐水性能を持たせる一方で、水に入れてスプラッシュを上げることが可能となったのです。これはオリジナルApple Watchと比べると大躍進です。耐水性のために沢山のガスケットとOリングが入れられています。

    • これらのガスケットとOリングはどれぐらいの防水機能をもっているのでしょうか?Apple Watch Series 2 はISO規格 22810:2010により、50メートルの深さまで防水性能を備えています。これはプールでの使用は問題ないでしょうが、ある特殊なアクティビティでは使用できません。

  11. このスピーカーは進入してくる水と戦うのではなく、上手く適合する構造になっています。 水中では洪水状態でお手上げのオリジナルApple Watchスピーカーと違い、このモジュールは水を内部に貯める設計です。そして、スピーカー本体から余分な水を振動で排出していきます。 ディスプレイが自動で電源が切れる機能と同じく、このポンプ機能は他の大切なコンポーネントにダメージを与えることなく、Apple Watchの水泳モードへの変換を可能にしたのです。
    • このスピーカーは進入してくる水と戦うのではなく、上手く適合する構造になっています。

    • 水中では洪水状態でお手上げのオリジナルApple Watchスピーカーと違い、このモジュールは水を内部に貯める設計です。そして、スピーカー本体から余分な水を振動で排出していきます。

    • ディスプレイが自動で電源が切れる機能と同じく、このポンプ機能は他の大切なコンポーネントにダメージを与えることなく、Apple Watchの水泳モードへの変換を可能にしたのです。

  12. ウォッチの核心パーツに到達する前に、行く手を阻んでいる最後に残された1ピースーリボンケーブルアセンブリを見てみましょう。このアセンブリ上にホームボタンとデジタルクラウンのエンコーダーが付いています。 そうも簡単に私たちの分解を妨げることはできません。速やかに、この小さな肌身につける奇跡に眠るコンピューターの核心を手に取りましょう。 土壇場でのツール改良という伝統に則り、私たちの新しいApple Watch 専用開口ピックを最大限に生かし、リアケースからケースに入ったシステムを取り出していきます。
    • ウォッチの核心パーツに到達する前に、行く手を阻んでいる最後に残された1ピースーリボンケーブルアセンブリを見てみましょう。このアセンブリ上にホームボタンとデジタルクラウンのエンコーダーが付いています。

    • そうも簡単に私たちの分解を妨げることはできません。速やかに、この小さな肌身につける奇跡に眠るコンピューターの核心を手に取りましょう。

    • 土壇場でのツール改良という伝統に則り、私たちの新しいApple Watch 専用開口ピックを最大限に生かし、リアケースからケースに入ったシステムを取り出していきます。

  13. ついに待望のApple S2 SiPを手に取りましたー SiPの上部左端に押し込まれている、次の2つの小さなコンポーネントを確認できます。 Bosch Sensortec BMP280 大気圧センサー
    • ついに待望のApple S2 SiPを手に取りましたー

    • SiPの上部左端に押し込まれている、次の2つの小さなコンポーネントを確認できます。

    • Bosch Sensortec BMP280 大気圧センサー

    • オリジナルのApple Watchで使用されている加速度計とSTMicroelectronics C451 ジャイロスコープと類似しているものだと思われます。

    • でも待ってください、ケーブルは裏側に付けられていませんでしたか?後ろにあった全部のケーブルはどこへいったのでしょう?AppleはSiPを表側にひっくり返しました。つまり、全てのコネクターが表側に移動し、向かい合う形で繋がったのです。やっぱり、これが本来の形ですね!

  14. 私たちと完成しつつある分解作業の栄光の間に残されたものはセンサー配列です。これは時計の裏カバーの中にありました。 4つのセンサー配列には赤外線センサー、可視光LEDと光センサーが含まれており、一日中心拍数を測量する役割をしています。 センサーアセンブリが取り出せたら、カバーの裏に残されている誘導コイルと思われるものを確認できます。
    • 私たちと完成しつつある分解作業の栄光の間に残されたものはセンサー配列です。これは時計の裏カバーの中にありました。

    • 4つのセンサー配列には赤外線センサー、可視光LEDと光センサーが含まれており、一日中心拍数を測量する役割をしています。

    • センサーアセンブリが取り出せたら、カバーの裏に残されている誘導コイルと思われるものを確認できます。

  15. これで終了です!分解テーブルの上にばらばらになったApple Watch を並べてみました。再組み立てした後も、変わらず耐水性を保っていることを願います。 また、この分解を一緒に行い、東京オフィスを貸していただいた日経テクノロジーの皆さんに感謝を申し上げます!
    • これで終了です!分解テーブルの上にばらばらになったApple Watch を並べてみました。再組み立てした後も、変わらず耐水性を保っていることを願います。

    • また、この分解を一緒に行い、東京オフィスを貸していただいた日経テクノロジーの皆さんに感謝を申し上げます!

  16. 最終案
    • 時計のバンドは工業規格ではありませんが、簡単に取り外すことができます。また他のバンドに交換するのも簡単です。
    • スクリーンを外すのは難しい作業ですが、不可能ではありません。最初のコンポーネントが取り出せたら、ZIF コネクターを利用するため、スクリーンは簡単に取り付けられています。
    • 内部に到達したら、バッテリーは簡単に取り出せますーが、出すために必要なトライウイング Y000 ドライバーを持っていなければなりません。
    • このApple Watch Series 2だけに限りませんが、信じられないぐらい小さいトライウイングネジが修理を妨げます。
    • コンポーネントケーブルを交換する場合はマイクロ半田付けが必要となります。一方で、前世代のApple Watchと同様に、SiP を取り外す必要はありません。
    • 完全に覆われているS2システムにより、基板の修理は不可能です。
    修理難易度スコア
    6
    10点満点中6点の修理難易度
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Here we go ....! The best part of staying up late is to be the first to get hands on teardown these little monsters packed with loads some of the most intricate and advanced pieces in tech manufactured to date

yazdanbanaji - 返信

Hmmm... does this mean the Apple Watch might actually be repairable by repair shops? The display looks a lot easier to take apart. Minus the likelihood that repairing it may render it not "swim proof" anymore.

Kevin Stuckey - 返信

True I've had loads of issues before while repairing the Apple Watch specially with the glue that becomes almost useless the minute you pop the screen off and not to forget the tiny metal bracket holding the display and digitiser flex in !! This indeed looks repairable

yazdanbanaji -

I've never repaired it, but I was warned not to. Perhaps now this will change with a few ZIF connectors.

Kevin Stuckey -

It isn't as easy as it looks ! I was warned by many too ....I infact ripped one of my first motherboard flex cables off in the past ...by curiosity didn't stop me ! You always get it right the next time ! I'd suggest on picking up one of the demo units from eBay to try your stunts right as they are as low as $100 to see your first teardown come off and then you can repair your customers watches easily after you tear one down for yourself

yazdanbanaji - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 48

過去 7 日: 278

過去 30 日: 1,213

今までの合計 225,966