メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 11を翻訳中

手順11
Hiding out on the outer rim, we find a complex cable assembly—home to the microphone and speaker. And in between the two, the mystery of the second microphone port is solved. A flexible rubber plug looks like a barometric vent, designed to allow outside pressure to be felt by the internal barometer through the waterproof shell. The Apple Watch Series 2 is trying to make a splash while keeping dry. This requires no shortage of gaskets and o-rings.
  • Hiding out on the outer rim, we find a complex cable assembly—home to the microphone and speaker.

  • And in between the two, the mystery of the second microphone port is solved. A flexible rubber plug looks like a barometric vent, designed to allow outside pressure to be felt by the internal barometer through the waterproof shell.

  • The Apple Watch Series 2 is trying to make a splash while keeping dry. This requires no shortage of gaskets and o-rings.

  • How well do these gaskets and o-rings keep water out? The Apple Watch Series 2 resists water intrusion to a depth of 50 meters, under ISO standard 22810:2010. This means it will be fine in a pool, but may fail during certain activities.

外枠を探っていくと、複合ケーブルアセンブリを発見しました。これはマイクとスピーカーに接続しています。

このマイクとスピーカーの間に2番目のマイクポートのようなものがあります。この謎は解明されました。弾力性のあるゴムプラグは気圧ベントです。防水加工されたシェルを通じて、内部の気圧計が外部の圧力を感知することができるようにデザインされています。

Apple Watch Series 2の中身に耐水性能を持たせる一方で、水に入れてスプラッシュを上げることが可能となったのです。これはオリジナルApple Watchと比べると大躍進です。耐水性のために沢山のガスケットとOリングが入れられています。

これらのガスケットとOリングはどれぐらいの防水機能をもっているのでしょうか?Apple Watch Series 2 はISO規格 22810:2010により、50メートルの深さまで防水性能を備えています。これはプールでの使用は問題ないでしょうが、ある特殊なアクティビティでは使用できません。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります