メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 17を翻訳中

手順17
Apple Watch Series 2 Repairability Score: 6 out of 10 (10 is easiest to repair)
Final Thoughts
  • Apple Watch Series 2 Repairability Score: 6 out of 10 (10 is easiest to repair)

  • While not an industry standard, the watch band is easily removed and swapped out for a replacement.

  • Removing the screen is difficult, but not impossible—it's the first component out, and is connected with easy to use ZIF connectors.

  • Once you're inside, the battery is fairly easy to remove—if you have the proper tri-point Y000 driver.

  • While not proprietary, incredibly tiny tri-point screws are a repair hinderance.

  • Replacing any of the component cables requires microsoldering—but does not require removing the SiP as in the previous generation Apple Watch.

  • The fully encased S2 system makes board-level repairs impossible.

Apple Watch Series 2の修理難易度は10点満点中6点です。(10が最も修理しやすい指標)

時計のバンドは工業規格ではありませんが、簡単に取り外すことができます。また他のバンドに交換するのも簡単です。

スクリーンを外すのは難しい作業ですが、不可能ではありません。最初のコンポーネントが取り出せたら、ZIF コネクターを利用するため、スクリーンは簡単に取り付けられています。

内部に到達したら、バッテリーは簡単に取り出せますーが、出すために必要なトライウイング Y000 ドライバーを持っていなければなりません。

このApple Watch Series 2だけに限りませんが、信じられないぐらい小さいトライウイングネジが修理を妨げます。

コンポーネントケーブルを交換する場合はマイクロ半田付けが必要となります。一方で、前世代のApple Watchと同様に、SiP を取り外す必要はありません。

完全に覆われているS2システムにより、基板の修理は不可能です。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります