メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 8を翻訳中

手順8
Taking a plastic opening tool to the rim of the watch reveals a Force Touch sensor and gasket similar to the one found in the original model. Like its 2015 counterpart, the Series 2 uses Force Touch to sense downward pressure on the screen. We first encountered Apple's use of this technology in the MacBook Pro 13" Retina Display. Unlike last year's model, there's a lone IC hiding away on the Force Touch gasket:
  • Taking a plastic opening tool to the rim of the watch reveals a Force Touch sensor and gasket similar to the one found in the original model.

  • Like its 2015 counterpart, the Series 2 uses Force Touch to sense downward pressure on the screen. We first encountered Apple's use of this technology in the MacBook Pro 13" Retina Display.

  • Unlike last year's model, there's a lone IC hiding away on the Force Touch gasket:

  • Analog Devices AD7149 Capacitance Sensor Controller

プラスチック製の開口ツールを使って、時計本体の淵に差し込むと、オリジナルのモデルで使用されていたものと類似したガスケットと Force Touchセンサーが現れました。

2015年のApple Watchと同様に、Series 2 もスクリーン上で下向きのプレッシャーを感知するForce Touchが使われています。Appleの製品で、一番最初にこのテクノロジーに出会ったのは MacBook Pro 13インチ Retina ディスプレイです。

昨年のモデルと違って、Force Touchガスケット上には1つのみのIC が隠されています。

アナログデバイスAD7149 キャパシタンスセンサーコントローラー

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります