メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Apple Watch Series 2の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全
    Our iPhone 7 Plus is still on the chopping block, but we just can't help ourselves—it's time to look at Apple Watch Series 2. The Series 2 looks all-but-identical to the newly rechristened "Series 1"—but is it the same on the inside? With added features such as built-in GPS, waterproofing, and a variety of new bands and cases, Apple's new wearable was destined for the teardown table. It's time to see if this "ultimate device for a healthy life" has what it takes to go the distance in terms of repairability.
    '''Did you miss our first look at the "best, most advanced iPhone ever"? Hop over to our [https://www.ifixit.com/Teardown/iPhone+7+Plus+Teardown/guide|67384|iPhone 7 Plus teardown|new_window=true] and just try to keep up!'''
    Ready to dive in? Keep pace with the latest news from the repair world by following us on [link|https://www.facebook.com/iFixit|Facebook|new_window=true], [link|http://instagram.com/ifixit|Instagram|new_window=true], or [link|https://twitter.com/ifixit|Twitter|new_window=true].
    [video|https://www.youtube.com/watch?v=yAE3Q5adDWA]

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    日に日に、私たちの時計はスマートになっています。Appleの最新モデル腕時計には何ができるのか見てみましょう。

    手順2

    Apple Watch Series 2の発売に伴い、オリジナルのApple Watchは"Series 1"と名称変更されました。オシャレなデュアルコアプロセッサを備えた新モデルです。

    手順3

    オリジナルのApple Watch から集めてきた知識とiFixitの専門工具である刀、iOpenerで武装し、接着剤の壁を打ち破り、スクリーンを開ける準備が整いました。

    手順4

    外から見ると、Series 2は前モデルと非常に類似しているようですーが、中身を見てみるとオリジナルのApple Watchに使用されていたプレスコネクターの位置にZIFコネクターがあります。

    手順5

    時計本体から反対側のバンドをスライドして外し、バッテリーを探っていきます。

    手順6

    先ほど順調だと言いましたが、やはりそこまで上手い話はないのかもしれません。

    手順7

    バッテリー裏側の接着剤を取り除いてみると、この興味深いスペックを手に間近で見ていきます。この電池は3.77 Vと273 mAhでパワーが1.03 Whrとかなり強いです。

    手順8

    プラスチック製の開口ツールを使って、時計本体の淵に差し込むと、オリジナルのモデルで使用されていたものと類似したガスケットと Force Touchセンサーが現れました。

    手順9

    次の分解はかなり大きくなったTaptic Engineに移ります。

    手順10

    Taptic Engineを取り出せたら、時計の上部に隠れているアンテナモジュールを調べていきます。

    手順11

    外枠を探っていくと、複合ケーブルアセンブリを発見しました。これはマイクとスピーカーに接続しています。

    手順12

    このスピーカーは進入してくる水と戦うのではなく、上手く適合する構造になっています。

    手順13

    ウォッチの核心パーツに到達する前に、行く手を阻んでいる最後に残された1ピースーリボンケーブルアセンブリを見てみましょう。このアセンブリ上にホームボタンとデジタルクラウンのエンコーダーが付いています。

    手順14

    ついに待望のApple S2 SiPを手に取りましたー

    手順15

    私たちと完成しつつある分解作業の栄光の間に残されたものはセンサー配列です。これは時計の裏カバーの中にありました。

    手順16

    これで終了です!分解テーブルの上にばらばらになったApple Watch を並べてみました。再組み立てした後も、変わらず耐水性を保っていることを願います。

    手順17 — 分解を終えて

    Apple Watch Series 2の修理難易度は10点満点中6点です。(10が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります