メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 14を翻訳中

手順14
And we finally reach the much awaited Apple S2 SiP—complete with the dreaded resin enclosure. On the top of the SiP,  tucked into the upper left corner, we spot a tiny pair of components: Bosch Sensortec BMP280 Barometric Pressure Sensor
  • And we finally reach the much awaited Apple S2 SiP—complete with the dreaded resin enclosure.

  • On the top of the SiP, tucked into the upper left corner, we spot a tiny pair of components:

  • Bosch Sensortec BMP280 Barometric Pressure Sensor

  • Likely an iteration of STMicroelectronics C451 gyroscope + accelerometer found in the original Apple Watch

  • But wait, isn't that the back? Where all the cables go? Turns out Apple decided to flip the SiP, so all of the connectors are on the same side as the things they connect to. Imagine that!

ついに待望のApple S2 SiPを手に取りましたー

SiPの上部左端に押し込まれている、次の2つの小さなコンポーネントを確認できます。

Bosch Sensortec BMP280 大気圧センサー

オリジナルのApple Watchで使用されている加速度計とSTMicroelectronics C451 ジャイロスコープと類似しているものだと思われます。

でも待ってください、ケーブルは裏側に付けられていませんでしたか?後ろにあった全部のケーブルはどこへいったのでしょう?AppleはSiPを表側にひっくり返しました。つまり、全てのコネクターが表側に移動し、向かい合う形で繋がったのです。やっぱり、これが本来の形ですね!

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります