はじめに

スクリーンがひび割れてしまいましたか?タッチスクリーンが反応しませんか? OLEDディスプレイが故障しましたか?このガイドを使って新しいOLEDスクリーンとデジタイザを交換してiPhone Xの機能を回復させましょう。

”ディスプレイ裏側に搭載されたイヤホンスピーカーとセンサーアセンブリは工場出荷時のiPhoneでペア製造されています”そのため、古いディスプレイから新しいディスプレイに移植しなければなりません。生体識別機能の一つであるFace ID のセキュリティ用フロッドイルミネーターも含まれます。もしこのパーツにダメージが入ったり、別のものに交換すると、Face ID機能は牛なわれます。そのため、作業中このコンポーネントにダメージを与えないよう特別に注意を払ってください。ダメージが入ってしまうと、AppleでしかFace ID機能を回復できません。

ご注意: スクリーンの交換後、iPhoneの明るさ自動調節機能が反応しない場合は、お持ちのiPhoneがiOS 12にアップデートされているか確認してください。スクリーンを交換した後はTrue Toneは機能しません。オリジナルのAppleスクリーンを再装着した後も同様です。

ビデオの概要

  1. 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。
    • 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。

    • 分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下部底面に留められた2本の6.9㎜ロングタイプのペンタローブネジを取り外します。

    • ネジが潰れたり、ダメージが入った場合は、交換してください

    • iPhoneのディスプレイを開口することにより、ディスプレイの耐水シールが破損します。このステップを進める前に交換用のシールを用意しておくか、耐水シールの交換をしないで再組み立てする場合は液体の浸水に注意してください。

  2. iPhoneのスクリーンにひび割れが入っている場合は状態が広がらないよう、また修理作業中怪我をしないようにガラス表面にテープを貼ります。 iPhoneディスプレイ上に透明の梱包用テープを貼り付けます。ディスプレイ表面全体を覆うようにしてください。 ガラスの破片を覆い、ディスプレイを持ち上げた際に構造を保つことができます。
    • iPhoneのスクリーンにひび割れが入っている場合は状態が広がらないよう、また修理作業中怪我をしないようにガラス表面にテープを貼ります。

    • iPhoneディスプレイ上に透明の梱包用テープを貼り付けます。ディスプレイ表面全体を覆うようにしてください。

    • ガラスの破片を覆い、ディスプレイを持ち上げた際に構造を保つことができます。

    • 修理作業中は、ガラスの破片から目を保護するため保護メガネを装着してください。

    • ひび割れの程度がひどく、次の手順で使用する吸盤カップがうまく装着できない場合は、3番目の画像のように強力なガムテープを真ん中で折り曲げて、ハンドル代わりに利用します。これで吸盤カップと同じようにディスプレイを持ち上げます。

  3. iPhoneの下側端を温めるとディスプレイに留められた圧着材を柔らかくでき、開口作業がスムーズになります。
    • iPhoneの下側端を温めるとディスプレイに留められた圧着材を柔らかくでき、開口作業がスムーズになります。

    • ヘアドライヤー、ヒートガンまたはiOpener を準備してiPhoneの下側端に約1分間あてます。するとディスプレイ下の圧着材が柔らかくなります。

  4. 次の2つの手順ではiSclackを使った方法を紹介します。iSclackは修理作業を何度も行う人にはオススメの便利なツールです。iSclackを使わない方法をとる方は次の2つの手順をスキップしてください。 プラスチックのデプスゲージがiSclackの真ん中に装着されている場合は取り外してください。iPhone Xのような大型のデバイスには必要ありません。
    • 次の2つの手順ではiSclackを使った方法を紹介します。iSclackは修理作業を何度も行う人にはオススメの便利なツールです。iSclackを使わない方法をとる方は次の2つの手順をスキップしてください。

    • プラスチックのデプスゲージがiSclackの真ん中に装着されている場合は取り外してください。iPhone Xのような大型のデバイスには必要ありません。

    • 吸盤カップをiPhoneの下側端附近に取り付けます。一つを正面側に、もう一つを反対側に付けてください。

    • 両方の吸盤カップをしっかりと押して固定します。

    • もしディスプレイやリアケースが全体的にヒビが入っている場合は、透明の補強テープを貼ってから装着してください。吸盤カップを固定しやすくなります。iSclackのセットにはこの状況を想定して2枚のテープが入っています。

  5. iPhoneをしっかりと持ちながら、iSclackのハンドルを締めます。するとわずかにスクリーンがリアケースより外れてきます。 スクリーンを完全に外さないでください。この作業で必要なものは下側端に生じるわずかな隙間だけです。 生じた隙間に開口ピックを差し込みます。
    • iPhoneをしっかりと持ちながら、iSclackのハンドルを締めます。するとわずかにスクリーンがリアケースより外れてきます。

    • スクリーンを完全に外さないでください。この作業で必要なものは下側端に生じるわずかな隙間だけです。

    • 生じた隙間に開口ピックを差し込みます。

    • 次の2つの手順をスキップして手順7から作業を続けてください。

  6. シングルタイプの吸盤カップを使用している場合は、デバイスの下側端に吸盤を取り付けます。カーブしているガラス部分の上は避けてください。 ディスプレイのヒビが全体的に細かく割れている場合は、透明の補強テープを画面に貼ってから吸盤を取り付けてください。もしくは吸盤カップの代わりに、より強力な補強テープを使うこともできます。全ての方法が上手くいかなかった場合は、スーパーグルー(超強力接着剤)を使って壊れたスクリーンと吸盤カップを固定します。
    • シングルタイプの吸盤カップを使用している場合は、デバイスの下側端に吸盤を取り付けます。カーブしているガラス部分の上は避けてください。

    • ディスプレイのヒビが全体的に細かく割れている場合は、透明の補強テープを画面に貼ってから吸盤を取り付けてください。もしくは吸盤カップの代わりに、より強力な補強テープを使うこともできます。全ての方法が上手くいかなかった場合は、スーパーグルー(超強力接着剤)を使って壊れたスクリーンと吸盤カップを固定します。

  7. 吸盤カップを同じ強さでしっかりと引き上げます。フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作るための圧力で引いてください。 生じた隙間に開口ピックを差し込みます。 ディスプレイに固定された防水用圧着材は大変強度があります。まずこの一番最初に隙間を作る作業でかなりの力を要します。隙間が作れない場合は、さらに熱を当ててスクリーンを上下に揺さぶることで圧着材を緩めてください。
    • 吸盤カップを同じ強さでしっかりと引き上げます。フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作るための圧力で引いてください。

    • 生じた隙間に開口ピックを差し込みます。

    • ディスプレイに固定された防水用圧着材は大変強度があります。まずこの一番最初に隙間を作る作業でかなりの力を要します。隙間が作れない場合は、さらに熱を当ててスクリーンを上下に揺さぶることで圧着材を緩めてください。

  8. 開口ピックを下側左コーナー周辺までスライドしてからiPhoneの左側上部に向けて移動します。ディスプレイに固定された圧着材を切り込みながら進んでください。 開口ピックをiPhoneの内側奥まで挿し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまいます。 開口ピックをiPhoneの内側奥まで挿し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまいます。
    • 開口ピックを下側左コーナー周辺までスライドしてからiPhoneの左側上部に向けて移動します。ディスプレイに固定された圧着材を切り込みながら進んでください。

    • 開口ピックをiPhoneの内側奥まで挿し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまいます。

  9. iPhoneの下側端に開口ピックを再挿入してください。今度は右側に向けてスライドして圧着材を切り込みます。 ピックを奥まで挿し込まないでください。iPhone右側にはディスプレイケーブルが装着されているためダメージを与えてしまいます。ほんの数ミリ程度、もしくはディスプレイベゼルと同じ幅ほど差し込みます。 ピックを奥まで挿し込まないでください。iPhone右側にはディスプレイケーブルが装着されているためダメージを与えてしまいます。ほんの数ミリ程度、もしくはディスプレイベゼルと同じ幅ほど差し込みます。
    • iPhoneの下側端に開口ピックを再挿入してください。今度は右側に向けてスライドして圧着材を切り込みます。

    • ピックを奥まで挿し込まないでください。iPhone右側にはディスプレイケーブルが装着されているためダメージを与えてしまいます。ほんの数ミリ程度、もしくはディスプレイベゼルと同じ幅ほど差し込みます。

  10. 開口ピックをiPhoneの上部端に向けてスライドします。ディスプレイ下に留められた圧着材を緩めながら進んでください。 開口ピックをディスプレイベゼルより奥まで挿し込まないでください。フロントパネルセンサーアレイにダメージを与えてしまう危険性が潜んでいます。 スクリーンの上部端はディスプレイとリアケースを外しにくいことがあります。必要であれば、複数回に渡って丁寧に圧着材を切り込み、ディスプレイが外れるまで揺らしてください。
    • 開口ピックをiPhoneの上部端に向けてスライドします。ディスプレイ下に留められた圧着材を緩めながら進んでください。

    • 開口ピックをディスプレイベゼルより奥まで挿し込まないでください。フロントパネルセンサーアレイにダメージを与えてしまう危険性が潜んでいます。

    • スクリーンの上部端はディスプレイとリアケースを外しにくいことがあります。必要であれば、複数回に渡って丁寧に圧着材を切り込み、ディスプレイが外れるまで揺らしてください。

  11. Pro Tech ツールキットを含むご注文、もしくは総額 $100ドル以上のご注文については送料無料です。

    当社のショップを閲覧する
  12. 吸盤カップ上の小さな持ち手(ノブ)を引いて、フロントパネルから外します。
    • 吸盤カップ上の小さな持ち手(ノブ)を引いて、フロントパネルから外します。

    • iSclackを使っている場合もここで外してください。

  13. iPhoneの左側からディスプレイを持ち上げて開口します。(本のページをめくるように) まだディスプレイを完全に外さないでください。幾つかの壊れやすいリボンケーブルが基板と繋がったままです。 ディスプレイを衝立のようなものに立て掛けて固定してください。
    • iPhoneの左側からディスプレイを持ち上げて開口します。(本のページをめくるように)

    • まだディスプレイを完全に外さないでください。幾つかの壊れやすいリボンケーブルが基板と繋がったままです。

    • ディスプレイを衝立のようなものに立て掛けて固定してください。

    • 再組み立ての際は、ディスプレイを元の位置にもどします。上部端に沿って付けられたクリップを揃えて、上部からはめていきます。簡単に元の位置に入らない場合は、ディスプレイ周辺に付けられたクリップの状態が曲がっていないか確認してください

    • 基板のコネクター用ブラケットを固定している次の長さのY000ネジを5本外します。

    • 1.1 mm ネジー3本

    • 3.1 mmネジー1本

    • 3.7 mmネジー1本

    • この作業中、各ネジの詳細と管理を徹底してください。再組み立てする際に、正しい位置に各ネジを装着しなければiPhoneにダメージを与えてしまいます。

  14. ブラケットを外します。
    • ブラケットを外します。

    • ブラケットは軽く接着剤で固定されています。丁寧にかつ、しっかりと持ち上げて外してください。

    • 再組み立ての際には、この作業中iPhoneの電源を入れて全ての機能の点検ができます。点検が終わったら、ディスプレイを接着剤で固定してください。次の組み立て作業に進む前に、iPhoneの電源をかならず切ってください。

  15. スパッジャーの先端や汚れのない指の先を使って、バッテリーコネクターを基板上のソケットから持ち上げて外します。 このソケット周辺にあるブラックのシリコン製シールと他の基板コネクターにダメージを与えないようにご注意ください。これらのシールには特別な防水防塵機能が加えられているためです。
    • スパッジャーの先端や汚れのない指の先を使って、バッテリーコネクターを基板上のソケットから持ち上げて外します。

    • このソケット周辺にあるブラックのシリコン製シールと他の基板コネクターにダメージを与えないようにご注意ください。これらのシールには特別な防水防塵機能が加えられているためです。

    • 作業中、アクシデントでソケットと接触してしまい電源が誤って入らないように、コネクターを基板から少し曲げ、接触しない位置に固定します。

  16. スパッジャーの先端や爪の先を使って、フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターの接続を外します。 スパッジャーの先端や爪の先を使って、フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの先端や爪の先を使って、フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターの接続を外します。

  17. スパッジャーの先端や爪の先を使って、OLEDパネル用ケーブルコネクターの接続を外します。 このようなプレスコネクターを再装着するには、丁寧にコネクターの片側を揃えて押し込み固定してから、反対側のコネクターも同様に押し込みます。コネクターの中央を押さえないでください。コネクターを誤った位置に装着してしまうとピンが曲がってしまい、永続的なダメージに繋がります。
    • スパッジャーの先端や爪の先を使って、OLEDパネル用ケーブルコネクターの接続を外します。

    • このようなプレスコネクターを再装着するには、丁寧にコネクターの片側を揃えて押し込み固定してから、反対側のコネクターも同様に押し込みます。コネクターの中央を押さえないでください。コネクターを誤った位置に装着してしまうとピンが曲がってしまい、永続的なダメージに繋がります。

  18. スパッジャーの先端を使って、デジタイザのケーブルコネクターをソケットから引き上げて外します。 このコネクターは奥に取り付けられているため、再装着の作業が少し困難です。時間をかけてゆっくりと、装着する位置を揃えながら指で優しく押し込んでください。まず最初に片側から、そして反対側のコネクターを装着します。きちんと装着されたか指に伝わるクリック感でわかるはずです。
    • スパッジャーの先端を使って、デジタイザのケーブルコネクターをソケットから引き上げて外します。

    • このコネクターは奥に取り付けられているため、再装着の作業が少し困難です。時間をかけてゆっくりと、装着する位置を揃えながら指で優しく押し込んでください。まず最初に片側から、そして反対側のコネクターを装着します。きちんと装着されたか指に伝わるクリック感でわかるはずです。

    • 修理後、タッチスクリーンに支障がある場合はバッテリーの接続を外してこのデジタイザのケーブルコネクターを一度外して再点検してください。きちんと装着されているか、ソケット部分に埃や汚れがないか確認してください。

  19. フロントパネルのセンサーアセンブリのフレックスケーブルは軽く接着剤で留められています。 接着剤が外れるまでゆっくりとケーブルを持ち上げます。 接着剤が外れるまでゆっくりとケーブルを持ち上げます。
    • フロントパネルのセンサーアセンブリのフレックスケーブルは軽く接着剤で留められています。

    • 接着剤が外れるまでゆっくりとケーブルを持ち上げます。

  20. ディスプレイアセンブリを取り外します。
  21. 1.2 mm Y000ネジを赤外線カメラポート付近にあるディスプレイアセンブリの裏側から取り出します。
    • 1.2 mm Y000ネジを赤外線カメラポート付近にあるディスプレイアセンブリの裏側から取り出します。

  22. 取り出したネジの下に小さなメタルの接地クリップがついています。もしネジを外した時に一緒に取り出せなかった場合は、ここで外してください。 再組み立ての際、このクリップを画像のような位置で取り付けます。ネジを留める間、クリップは正しい位置に装着してください。 再組み立ての際、このクリップを画像のような位置で取り付けます。ネジを留める間、クリップは正しい位置に装着してください。
    • 取り出したネジの下に小さなメタルの接地クリップがついています。もしネジを外した時に一緒に取り出せなかった場合は、ここで外してください。

    • 再組み立ての際、このクリップを画像のような位置で取り付けます。ネジを留める間、クリップは正しい位置に装着してください。

  23. スピーカー/センサアセンブリを固定しているY000 ネジを2本外します。
    • スピーカー/センサアセンブリを固定しているY000 ネジを2本外します。

    • 1.6 mmネジー1本

    • 1.3 mmネジー1本

  24. イヤスピーカーは軽く接着剤で固定されています。 スパッジャーを使って、スピーカーアセンブリ上部端の下から差し込み、ゆっくりと持ち上げて裏返します。それからディスプレイ上部端から離します。
    • イヤスピーカーは軽く接着剤で固定されています。

    • スパッジャーを使って、スピーカーアセンブリ上部端の下から差し込み、ゆっくりと持ち上げて裏返します。それからディスプレイ上部端から離します。

    • スピーカーはとても薄いフレックスケーブルで接続された状態です。ケーブルを切断したり引っ張らないようにご注意ください。

  25. ヘアドライヤーやヒートガン、もしくはiOpener を使って、ディスプレイフロント側の上部に約1分間熱をあてます。センサーを固定するための接着剤を柔らかくします。
    • ヘアドライヤーやヒートガン、もしくはiOpener を使って、ディスプレイフロント側の上部に約1分間熱をあてます。センサーを固定するための接着剤を柔らかくします。

  26. スパッジャーの平面側先端をマイクのすぐ下にあるフレックスケーブルの底に丁寧に差し込みます。それからスライドします。 マイクを外すため、スパッジャーをひねりながら丁寧にスライドさせて下さい。フレックスケーブルを引っ張ったり、ダメージを与えないように注意してください。 必要に応じてフロントパネルの切り込みからマイクを外すため、スパッジャーの先端を使用してください。
    • スパッジャーの平面側先端をマイクのすぐ下にあるフレックスケーブルの底に丁寧に差し込みます。それからスライドします。

    • マイクを外すため、スパッジャーをひねりながら丁寧にスライドさせて下さい。フレックスケーブルを引っ張ったり、ダメージを与えないように注意してください。

    • 必要に応じてフロントパネルの切り込みからマイクを外すため、スパッジャーの先端を使用してください。

  27. 左側から右側へ作業を移します。フレックスケーブル下に差し込んだ開口ピックを近接センサーと投光イルミネーター(フラッドライト)モジュールの下までスライドします。 モジュールを外すため、丁寧に揺らしながら持ち上げて、フロントパネルのくぼみから取り出します。 モジュールにアクセスしやすいように、スピーカーを持ち上げて邪魔にならない位置で固定すると便利です。作業中、薄いフレックスケーブルを引っ張らないようご注意ください。
    • 左側から右側へ作業を移します。フレックスケーブル下に差し込んだ開口ピックを近接センサーと投光イルミネーター(フラッドライト)モジュールの下までスライドします。

    • モジュールを外すため、丁寧に揺らしながら持ち上げて、フロントパネルのくぼみから取り出します。

    • モジュールにアクセスしやすいように、スピーカーを持ち上げて邪魔にならない位置で固定すると便利です。作業中、薄いフレックスケーブルを引っ張らないようご注意ください。

  28. ピンセットを使って環境光センサーを掴み、ディスプレイのくぼみから持ち上げてください。 とても薄いフレックスケーブルによってセンサーアセンブリの残りの部分とセンサーが繋がっています。ケーブルを引っ張ったり、ダメージを与えないようご注意ください。
    • ピンセットを使って環境光センサーを掴み、ディスプレイのくぼみから持ち上げてください。

    • とても薄いフレックスケーブルによってセンサーアセンブリの残りの部分とセンサーが繋がっています。ケーブルを引っ張ったり、ダメージを与えないようご注意ください。

  29. 1番目の画像のように、環境光センサー全体を問題なく外せたら次の手順に進んでください。 2番目の画像のように、白い拡散ストリップが装着されていたりディスプレイの中に埋め込まれている場合、薄いカッターやこじ開けツールを使って上部先端に沿ってこのストリップを丁寧に取り出します。作業前に熱をあてて温めておくと作業がしやすくなります。 再組み立ての際は、まず拡散ストリップをディスプレイに再装着します。正しい方向、位置に装着されているか確認してください。1番目の画像がストリップの正面側、3番目の画像が裏側のものです。
    • 1番目の画像のように、環境光センサー全体を問題なく外せたら次の手順に進んでください。

    • 2番目の画像のように、白い拡散ストリップが装着されていたりディスプレイの中に埋め込まれている場合、薄いカッターやこじ開けツールを使って上部先端に沿ってこのストリップを丁寧に取り出します。作業前に熱をあてて温めておくと作業がしやすくなります。

    • 再組み立ての際は、まず拡散ストリップをディスプレイに再装着します。正しい方向、位置に装着されているか確認してください。1番目の画像がストリップの正面側、3番目の画像が裏側のものです。

    • 拡散ストリップ上部に環境光センサーを取り付けます。イヤホン/センサーアセンブリ用のネジを装着する間、センサーを装着する位置で固定します。ネジが締まったらセンサーも固定されて通常通り稼働します。

  30. イヤホンスピーカーとフロントセンサーアセンブリを取り出します。 再組み立ての際は、これらのコンポーネントを含む黒色のプラスチック製モジュールの装着位置を確認してください。 近接センサー
    • イヤホンスピーカーとフロントセンサーアセンブリを取り出します。

    • 再組み立ての際は、これらのコンポーネントを含む黒色のプラスチック製モジュールの装着位置を確認してください。

    • 近接センサー

    • 投光イルミネーター

    • これらのコンポーネントは接着剤によって固定されていないため、モジュールはきちんと装着してください。

まとめ

オリジナルのパーツと新しい交換用パーツを比較してくださいー残りのコンポーネントを移さなければならない、もしくはインストール前に新しいパーツから裏打ちされた接着剤を取る必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

Take your e-waste to an R2 or e-Stewards certified recycler.

修理は予定外ですか?私たちのアンサーコミュニティをチェックしてトラブルシュートの参照にしてください。

127 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

216,119 ポイント

176のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

108 メンバー

8,319のガイドは作成済み

Great Guide, professional and honest to proper procedures, good work Jeff Suovanen.

Alec - 返信

does a new display not come with faceid sensor? so you have to remove this and instal it again with the new glass?

Scott Miller - 返信

yeah, also face id will not work if you don’t replace the flex. Just be careful

jump1n -

I have a jailbroken iPhone x and i have to replace my screen in an authorized apple service.

Is necessary after replacement to restore? Or i can stay in 11.3.1 ios which i need to be so i can jailbrake?

jdais2003 - 返信

Hey guys,

I have just completed my third iPhone X screen replacement, but now the taptic engine no longer functions and the phone no longer detects wifi ssid’s.

Does anyone have any advice?

Alex Stewart - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 583

過去 7 日: 3,655

過去 30 日: 16,099

今までの合計 192,619