英語
日本語

手順 16を翻訳中

手順16
The Apple Watch Series 4 earns a 6 out of 10 on our repairability scale (10 is the easiest to repair):
Final Thoughts
  • The Apple Watch Series 4 earns a 6 out of 10 on our repairability scale (10 is the easiest to repair):

  • Watch band replacements remain fast and simple, and are even backward-compatible with previous models.

  • Screen replacements are difficult but do-able—it's the first thing to come off, and detaches via simple ZIF connectors.

  • Battery replacements are pretty straightforward, once you're inside.

  • While not proprietary, incredibly tiny tri-point screws are a repair hinderance. And they are all over the place.

  • Several component flex cables are mounted directly to the S4 package, requiring skilled microsoldering to replace.

  • The resin-encased S4 system makes most board-level repairs impossible.

Apple Watch Series 4の修理難易度は10点満点中6点です。(10点が最も修理しやすい指標)

Watch専用のリストバンドは簡単に取り外しができます。そして前モデルとも互換性があります。

スクリーンの交換は難しい作業ですが、遂行可能です。スクリーンが一番最初に外れるパーツで、ZIFコネクタによって繋がれているだけです。

バッテリの交換は開口できればすぐにアクセスできます。

信じられないほど極小のトライポイントネジが修理作業を妨げます。そして内部はトライポイントネジだらけです。

幾つかのコンポーネント用フレックスケーブルがS4 packageに直接付けられています。そのため、交換にはマイクロソルダリング技術が必要です。

樹脂加工のS4システムは密封されているため、ほとんどの基盤レベルの修理は不可能です。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります