メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Apple Watch Series 4の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    患者、Apple Watchさんのプロフィールです。

    手順2

    この2つのブラックスクエアは見た目は大変よく似ていますが、X線エキスパートのCreative Electronが映し出した画像でみると、非常に異なる内部デザインだとわかります。

    手順3

    全セラミックでサファイアクリスタルの背面を簡単に確認しましょう。

    手順4

    iOpenerの振り子を前後にゆっくりと揺らすと、催眠術に誘われてリストバンドが枕に沈んでいきます…Hey Siri、”起こさないでください”のサインを出す時間ですよ。

    手順5

    スクリーンだけの状態になると、素晴らしい新ディスプレイの形状を確認できます。ピクセル画素数の増加や、iPhone X、XS/ XS Maxと同じようにディスプレイ縁がより細くなったコーナーにより表示面積が増えました。

    手順6

    バッテリーに取り掛かる前に、今では標準的なネジとなったトライポイントネジが見つかりました。ペンタロープネジには申し訳ないのですが、Appleの最近のお気に入りはこちらのようです。

    手順7

    これがWatchを動かす内蔵バッテリーです。もちろん、手巻き式ではありませんよ!

    手順8

    バッテリーコネクターの位置が変わっているため、まるでかくれんぼゲームです。Force Touchのガスケットにも何か変化があるのではないかと期待が高まってきました。

    手順9

    振動機能をもつコンポーネントーTaptic Engineを取り出しました。これは電磁振動リニアアクチュエータとしても知られています。

    手順10

    次に、ノイズを生み出す新スピーカーを摘出します。ー音量が50%も大きくなったと言われています。

    手順11

    ついに、このデバイスの核心にたどり着きました。AppleがデザインしたS4 System in Package(SiP)チップです。

    手順12

    心拍センサアレイを取り出そうと格闘しても、底ケース全体しか外れません。Appleが底ケースからセンサにアクセスできると言っていたのは冗談ではなかったようです。

    手順13

    このゴールドに輝くドーナツは統合されたアンテナのようです。旧モデルで搭載されていた変わったゴールド色のガスケットやブラケットが見当たりません。

    手順14

    2番目の電極センサも調べてみましょう。一新されたデジタルクラウンです。パーツを幾つか引き抜くと、面白いようにパーツ全体が外れます。

    手順15

    オリジナルのApple Watchが登場した時は世界をあっと言わせましたが、昨年モデルまではマイナーな変更が毎年繰り返されていただけでした。ところが今年の新モデルは大きく改良されました。

    手順16 — 分解を終えて

    Apple Watch Series 4の修理難易度は10点満点中6点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります