メインコンテンツにスキップ

iPhone X リアカメラの交換

必要な工具と部品

  1. iPhone X リアカメラの交換, ペンタローブネジ: 手順 1、 1の画像 1
    • 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。

    • 分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下部底面に留められた2本の6.9㎜ロングタイプのペンタローブネジを取り外します。

    • ネジが潰れたり、ダメージが入った場合は、交換してください

    • iPhoneのディスプレイを開口することにより、ディスプレイの耐水シールが破損します。このステップを進める前に交換用のシールを用意しておくか、耐水シールの交換をしないで再組み立てする場合は液体の浸水に注意してください。

  2. iPhone X リアカメラの交換, オープニングピックにマークを入れる: 手順 2、 3の画像 1 iPhone X リアカメラの交換, オープニングピックにマークを入れる: 手順 2、 3の画像 2 iPhone X リアカメラの交換, オープニングピックにマークを入れる: 手順 2、 3の画像 3
    • オープニングピックを深く差し込みすぎるとデバイスを破損することがあります。この手順に従って、ピックにマークを入れて、破損を防ぎましょう。

    • 油性ペンでオープニングピックの先端から3mmの位置にマークを入れます。

    • また、他の計測方法でピックの先端にマークをつけることができます。

    • 代わりに、先端から3mmの所にコインをテープで留めて利用することも可能です。

  3. iPhone X リアカメラの交換, ひび割れた画面の上にテープを貼る: 手順 3、 3の画像 1 iPhone X リアカメラの交換, ひび割れた画面の上にテープを貼る: 手順 3、 3の画像 2 iPhone X リアカメラの交換, ひび割れた画面の上にテープを貼る: 手順 3、 3の画像 3
    • iPhoneの画面が割れてしまった場合、ガラスをテーピングで覆えば、さらなる破損の広がりを抑えることができます。また修理中に発生するアクシデントを防ぐことができます。

    • iPhoneの画面全体に、透明な梱包用テープを重ね合わせます。

    • 作業中、飛散する可能性のあるガラスから目を保護するため、安全眼鏡を着用してください。

    • 次の手順でうまく吸盤が装着しない場合は、強力なテープ(ガムテープなど)を持ち手に折って、代わりにスクリーンを持ち上げてみてください。

    • それでもうまくいかない場合は、吸盤カップに瞬間接着剤をつけて、スクリーン上に貼り付けてください。

  4. iPhone X リアカメラの交換, リバースクランプの使用方法: 手順 4、 3の画像 1 iPhone X リアカメラの交換, リバースクランプの使用方法: 手順 4、 3の画像 2 iPhone X リアカメラの交換, リバースクランプの使用方法: 手順 4、 3の画像 3
    この手順で使用する道具:
    Clampy - Anti-Clamp
    $24.95
    購入する
    • 次の3つの手順では、デバイスの開口作業を簡単にするために開発されたツール、リバースクランプの使い方を紹介します。リバースクランプを使用しない場合は、この3つの手順をスキップして別の方法をご覧ください。

    • リバースクランプの詳細な使用方法については、 こちらのガイドをご覧ください。

    • 青いハンドルをヒンジ側に引くと、リバースクランプのアームを解除します。

    • 吸盤は、スクリーンのホームボタンのすぐ上に、前面と背面側に1つずつ装着します。

    • 吸盤カップ両側をしっかりと締め合わせると、標的の場所にしっかりと装着させることができます。

    • デバイスの表面が滑りやすく、リバースクランプがしっかりと装着できない場合は、 梱包用テープで表面を覆ってから、強いグリップを作ることができます。

  5. iPhone X リアカメラの交換: 手順 5、 3の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 5、 3の画像 2 iPhone X リアカメラの交換: 手順 5、 3の画像 3
    • 青いハンドルをヒンジ側に引くと、リバースクランのアームを解除します。

    • ハンドルを時計回りに360度回転させ、カップが両側をストレッチするまで回し続けます。

    • 吸盤の位置が合っていることを確認してください。位置がずれてきた場合は、吸盤を少し緩めてアームの位置を合わせてください。

  6. iPhone X リアカメラの交換: 手順 6、 3の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 6、 3の画像 2 iPhone X リアカメラの交換: 手順 6、 3の画像 3
    • iOpenerを温めて、Anti-Clampのアームに通します。

    • ドライヤーヒートガン、ホットプレートなどを使うこともできますが、極端に熱くするとディスプレイや内蔵バッテリーにダメージを与えることがありますので、注意してください。

    • iOpenerを半分に折って、iPhoneの下端に重ねます。

    • 1分ほど待つと接着剤が剥がれ、隙間ができます。

    • スクリーンそのものではなく、スクリーンとプラスチックベゼルの下にオープニングピックを挿入します。

    • リバースクランプで十分な隙間ができない場合は、その部分にさらに熱を加えて、ハンドルを時計回りに半回転させてください。

    • 一度に半回転以上回さず、1分ほど待ってからさらに半回転、回します。時間をかけてリバースクランプを回していきます。

    • 次の3つの手順をスキップしてください。

  7. iPhone X リアカメラの交換: 手順 7、 1の画像 1
    • iPhoneの下側端を温めるとディスプレイに留められた圧着材を柔らかくでき、開口作業がスムーズになります。

    • ヘアドライヤーヒートガンまたはiOpener を準備してiPhoneの下側端に約1分間あてます。するとディスプレイ下の圧着材が柔らかくなります。

    • ヘアドライヤーやヒートガンを使う場合は、加熱しすぎないようにして下さい。スクリーンを破損する恐れがあります。

  8. iPhone X リアカメラの交換: 手順 8、 2の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 8、 2の画像 2
    • シングルタイプの吸盤カップを使用している場合は、デバイスの下側端に吸盤を取り付けます。カーブしているガラス部分の上は避けてください。

  9. iPhone X リアカメラの交換: 手順 9、 3の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 9、 3の画像 2 iPhone X リアカメラの交換: 手順 9、 3の画像 3
    • 吸盤カップを同じ強さでしっかりと引き上げます。スクリーンとフレームの間にわずかな隙間を作るための圧力で引いてください。

    • スクリーンのプラスチックベゼルの下の隙間にオープニングピックを挿入します。スクリーン自体には挿入しないでください

    • ディスプレイに固定された防水用圧着材は大変強度があります。まずこの一番最初に隙間を作る作業でかなりの力を要します。隙間が作れない場合は、さらに熱を当ててスクリーンを上下に揺さぶることで圧着材を緩めてください。

  10. iPhone X リアカメラの交換: 手順 10、 3の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 10、 3の画像 2 iPhone X リアカメラの交換: 手順 10、 3の画像 3
    • 開口ピックを下側左コーナー周辺までスライドしてからiPhoneの左側上部に向けて移動します。ディスプレイに固定された圧着材を切り込みながら進んでください。

    • ピックを3mm以上差し込むと、内部部品が破損する恐れがありますので、ご注意ください。

  11. iPhone X リアカメラの交換, スクリーンの情報: 手順 11、 1の画像 1
    • iPhoneの右端には、デリケートなケーブルがあります。ここにピックを差し込まないでください。ケーブルが破損することがあります。

  12. iPhone X リアカメラの交換: 手順 12、 3の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 12、 3の画像 2 iPhone X リアカメラの交換: 手順 12、 3の画像 3
    • iPhoneの下側端に開口ピックを再挿入してください。今度は右側に向けてスライドして圧着材を切り込みます。

    • オープニングピックを3mm以上差し込まないでください。ディスプレイケーブルを破損することがあります。

  13. iPhone X リアカメラの交換: 手順 13、 3の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 13、 3の画像 2 iPhone X リアカメラの交換: 手順 13、 3の画像 3
    • ディスプレイ上部端はクリップと接着剤で固定されています。

    • ディスプレイをLighting ポートの方向に揺らしながら引っ張り、ディスプレイ上部のコーナー周辺に開口ピックを差し込んでスライドします。

    • 作業に力を入れると、クリップが壊れてしまうことがあります。慎重に作業を進めてください。

    • 3mm以上オープニングピックを差し込まないでください。フロントパネルのセンサーアレイが破損することがあります。

    • 反対側のコーナーにも開口ピックをスライドして、ディスプレイを固定している残りの接着剤を全て切開します。

  14. iPhone X リアカメラの交換: 手順 14、 1の画像 1
    • 吸盤カップ上の小さな持ち手(ノブ)を引いて、フロントパネルから外します。

  15. iPhone X リアカメラの交換: 手順 15、 3の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 15、 3の画像 2 iPhone X リアカメラの交換: 手順 15、 3の画像 3
    • iPhoneの左側からディスプレイを持ち上げて開口します。(本のページをめくるように)

    • まだディスプレイを完全に外さないでください。幾つかの壊れやすいリボンケーブルが基板と繋がったままです。

    • 画像のように、フレームからディスプレイが外れて、デバイスに引っかかっていないか確認してください。

    • ディスプレイを衝立のようなものに立て掛けて固定してください。

    • 再組み立ての際は、ディスプレイを元の位置にもどします。上部端に沿って付けられたクリップを揃えて、上部からはめていきます。簡単に元の位置に入らない場合は、ディスプレイ周辺に付けられたクリップの状態が曲がっていないか確認してください

  16. iPhone X リアカメラの交換, ディスプレイアセンブリ: 手順 16、 1の画像 1
    この手順で使用する道具:
    Magnetic Project Mat
    $19.95
    購入する
    • 基板のコネクター用ブラケットを固定している次の長さのY000ネジを5本外します。

    • 1.1 mm ネジー3本

    • 3.1 mmネジー1本

    • 3.7 mmネジー1本

    • この作業中、各ネジの詳細と管理を徹底してください。再組み立てする際に、正しい位置に各ネジを装着しなければiPhoneにダメージを与えてしまいます。

  17. iPhone X リアカメラの交換: 手順 17、 1の画像 1
    • ブラケットを外します。

    • ブラケットは軽く接着剤で固定されています。丁寧にかつ、しっかりと持ち上げて外してください。

    • 再組み立ての際には、この作業中iPhoneの電源を入れて全ての機能の点検ができます。点検が終わったら、ディスプレイを接着剤で固定してください。次の組み立て作業に進む前に、iPhoneの電源をかならず切ってください。

  18. iPhone X リアカメラの交換: 手順 18、 2の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 18、 2の画像 2
    • スパッジャーの先端や汚れのない指の先を使って、バッテリーコネクターを基板上のソケットから持ち上げて外します。

    • このソケット周辺にあるブラックのシリコン製シールと他の基板コネクターにダメージを与えないようにご注意ください。これらのシールには特別な防水防塵機能が加えられているためです。

    • 作業中、アクシデントでソケットと接触してしまい電源が誤って入らないように、コネクターを基板から少し曲げ、接触しない位置に固定します。

  19. iPhone X リアカメラの交換: 手順 19、 2の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 19、 2の画像 2
    • スパッジャーの先端や爪の先を使って、フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターの接続を外します。

  20. iPhone X リアカメラの交換: 手順 20、 2の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 20、 2の画像 2
    • スパッジャーの先端や爪の先を使って、OLEDパネル用ケーブルコネクターの接続を外します。

    • このようなプレスコネクターを再装着するには、丁寧にコネクターの片側を揃えて押し込み固定してから、反対側のコネクターも同様に押し込みます。コネクターの中央を押さえないでください。コネクターを誤った位置に装着してしまうとピンが曲がってしまい、永続的なダメージに繋がります。

  21. iPhone X リアカメラの交換: 手順 21、 2の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 21、 2の画像 2
    • スパッジャーの先端を使って、デジタイザのケーブルコネクターをソケットから引き上げて外します。

    • このコネクターは奥に取り付けられているため、再装着の作業が少し困難です。時間をかけてゆっくりと、装着する位置を揃えながら指で優しく押し込んでください。まず最初に片側から、そして反対側のコネクターを装着します。きちんと装着されたか指に伝わるクリック感でわかるはずです。

    • 修理後、タッチスクリーンに支障がある場合はバッテリーの接続を外してこのデジタイザのケーブルコネクターを一度外して再点検してください。きちんと装着されているか、ソケット部分に埃や汚れがないか確認してください。

  22. iPhone X リアカメラの交換: 手順 22、 3の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 22、 3の画像 2 iPhone X リアカメラの交換: 手順 22、 3の画像 3
    • フロントパネルのセンサーアセンブリのフレックスケーブルは軽く接着剤で留められています。

    • 接着剤が外れるまでゆっくりとケーブルを持ち上げます。

  23. iPhone X リアカメラの交換: 手順 23、 1の画像 1
  24. iPhone X リアカメラの交換, リアカメラ: 手順 24、 1の画像 1
    • カメラブラケットを固定している次の長さのネジを2本外します。

    • 2.3 mmネジー1本

    • 2.0 mmネジー1本

  25. iPhone X リアカメラの交換: 手順 25、 2の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 25、 2の画像 2
    この手順で使用する道具:
    Tweezers
    $4.99
    購入する
    • ピンセットを使って、慎重に小さな金属製接地ブラケットを折り曲げます。壊れやすいフレックスケーブルに接続されているため、引き上げないでください。

  26. iPhone X リアカメラの交換: 手順 26、 3の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 26、 3の画像 2 iPhone X リアカメラの交換: 手順 26、 3の画像 3
    • バッテリーに一番近い端からカメラブラケットを持ち上げて、取り出します。

    • カメラブラケットを再装着するには、これらの画像を逆の順番に従って作業を進めてください。まず、右側スロット上のタブがデバイスケースとカメラモジュールの間のすき間に入るまで外側の端を下げます。 次に、ブラケットをカメラモジュール上部側をヒンジにして取り出します。

  27. iPhone X リアカメラの交換: 手順 27、 3の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 27、 3の画像 2 iPhone X リアカメラの交換: 手順 27、 3の画像 3
    • 開口ツールや指の爪を使って、ソケットから2つのカメラコネクタをまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

  28. iPhone X リアカメラの交換: 手順 28、 2の画像 1 iPhone X リアカメラの交換: 手順 28、 2の画像 2
    • カメラモジュールの右下角の小サイズの切り欠きに対して、スパッジャーの先端を押し込みます。

    • iPhoneからカメラを慎重に持ち上げます。

  29. iPhone X リアカメラの交換: 手順 29、 1の画像 1
    • 背面カメラモジュールを取り外します。

終わりに

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、アンサーコミュニティを参照してください。

42 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

作成者

3人の作成者と共同で作成されました。

Adam O'Camb

メンバー登録日: 04/11/15

199,314 ポイント

416のガイドは作成済み

2 件のコメント

So in step 21 the grounding plate that sits on top of the bracket… which flex is that attached to? This X i’m working on was used for navigation on a motorcycle trip by my client and from that point on the rear came image was vibrating. I noticed this flex is torn but can’t identify the flex it came detached from. Hope someone knows so I don’t need to pull it apart to find out before gettinf the right parts in?! Many thanks in advance

Manus - 返信

It’s bluetooth antena flex

Koriakinides -

コメントを追加

統計データ:

過去 24時間: 17

過去 7 日: 122

過去 30 日: 554

今までの合計 63,294