メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

充電ケーブルがうまく接続しませんか?充電ポートが緩くなっていませんか?おそらくLightningコネクターアセンブリの交換をする時期です。このガイドを使って、iPhone 7の下側マイク、アンテナケーブルを含むLightningコネクターアセンブリを交換しましょう。

この修理にはかなりのパーツの解体が必要でかなりの時間と注意が必要です。

  1. 作業開始前にiPhoneバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。
    • 作業開始前にiPhoneバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。

    • 分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下部底面に留められた3.4 mmペンタローブネジを2本外します。

    • iPhoneのディスプレイを開口するとディスプレイ上の耐水性シールにダメージを与えてしまいます。再組み立ての際、接着シールを交換しなくても通常通り機能しますが、耐水機能を保てないことを留意ください。

  2. iOpenerの下側端を温めると、ディスプレイに留められた圧着剤が柔らかくなり開口しやすくなります。
    • iOpenerの下側端を温めると、ディスプレイに留められた圧着剤が柔らかくなり開口しやすくなります。

    • ヘアドライヤーもしくはiOpener を準備してiPhoneの下側端に約1分間載せます。下に付けられた圧着剤が柔らかくなります。

  3. 吸盤カップをディスプレイアセンブリの下部半分より下、かつホームボタンよりも上の位置に装着します。 吸盤カップがホームボタンに重ならないように注意してください。重なってしまうと吸盤カップとフロントガラスの間に隙間が出来てしまい、しっかりと吸着することができません。
    • 吸盤カップをディスプレイアセンブリの下部半分より下、かつホームボタンよりも上の位置に装着します。

    • 吸盤カップがホームボタンに重ならないように注意してください。重なってしまうと吸盤カップとフロントガラスの間に隙間が出来てしまい、しっかりと吸着することができません。

    • ディスプレイ全体のひび割れ程度が大きい場合、吸盤カップが上手く装着しないことがあります。透明な補強テープを使って表面をカバーしてください。もしくは吸盤カップの代わりに強力な梱包用テープなどを使用することもできます。それでも上手くいかない場合は、吸盤カップ上にボンドなどを付けて固まったら引っ張ります。

  4. ディスプレイアセンブリと背面ケースの間に小さな隙間が出来るように吸盤カップで引き上げます。 スパッジャーの平面側先端を隙間に差し込みます。 ディスプレイを留めている耐水性のある接着剤はとても強力です。最初の隙間を作るためにかなりの努力が必要です。もし隙間を作るのが難しい場合は、スパッジャーを内部に差し込めるほどの隙間ができるまで、吸盤カップを上下に動かし続けてください。
    • ディスプレイアセンブリと背面ケースの間に小さな隙間が出来るように吸盤カップで引き上げます。

    • スパッジャーの平面側先端を隙間に差し込みます。

    • ディスプレイを留めている耐水性のある接着剤はとても強力です。最初の隙間を作るためにかなりの努力が必要です。もし隙間を作るのが難しい場合は、スパッジャーを内部に差し込めるほどの隙間ができるまで、吸盤カップを上下に動かし続けてください。

  5. iPhoneの下部端から左側に沿ってスパッジャーを動かします。 ディスプレイと背面ケースの間に出来た隙間を広げるために、スパッジャーをひねりながら動かします。 ディスプレイと背面ケースの間に出来た隙間を広げるために、スパッジャーをひねりながら動かします。
    • iPhoneの下部端から左側に沿ってスパッジャーを動かします。

    • ディスプレイと背面ケースの間に出来た隙間を広げるために、スパッジャーをひねりながら動かします。

  6. スパッジャーをiPhone下部端から左側に移して、下から音量ボタンとサイレントスイッチを通って上部に向けて動かしていきます。 ディスプレイ上部端をリアケース側から外さないでください。プラスチッククリップで留められているため、無理に外そうとすると壊してしまいます。 ディスプレイ上部端をリアケース側から外さないでください。プラスチッククリップで留められているため、無理に外そうとすると壊してしまいます。
    • スパッジャーをiPhone下部端から左側に移して、下から音量ボタンとサイレントスイッチを通って上部に向けて動かしていきます。

    • ディスプレイ上部端をリアケース側から外さないでください。プラスチッククリップで留められているため、無理に外そうとすると壊してしまいます。

  7. デバイス下側の右側角にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。 ディスプレイアセンブリとリアケースの間の隙間を広げるためスパッジャーをひねりながら動かしていきます。 スパッジャーの平面側先端をデバイス右側から上部に向けてスライドして動かします。同時にディスプレイに留められた圧着剤をスパッジャーで切り込みます。
    • デバイス下側の右側角にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • ディスプレイアセンブリとリアケースの間の隙間を広げるためスパッジャーをひねりながら動かしていきます。

    • スパッジャーの平面側先端をデバイス右側から上部に向けてスライドして動かします。同時にディスプレイに留められた圧着剤をスパッジャーで切り込みます。

    • デバイス右側端に沿って付けられた、デリケートなリボンケーブルにダメージを与えないよう、留められた接着剤より内側にスパッジャーを差し込まないでください。

  8. 吸盤カップを引き上げて、ディスプレイを持ち上げてiPhoneを開けます。 10度以上ディスプレイを持ち上げないでください。デバイスの右端にはリボンケーブルがあり、ディスプレイとロジックボードを繋いでいます。
    • 吸盤カップを引き上げて、ディスプレイを持ち上げてiPhoneを開けます。

    • 10度以上ディスプレイを持ち上げないでください。デバイスの右端にはリボンケーブルがあり、ディスプレイとロジックボードを繋いでいます。

  9. 吸盤カップの小さなノブを持ち上げてフロントパネルから外します。
    • 吸盤カップの小さなノブを持ち上げてフロントパネルから外します。

  10. 開口ピックをiPhoneのリアケースとフロントパネルの間の上端に差し込みます。スクリーンを固定している残りの圧着剤を剥がします。 デバイス上端にあるプラスチック製クリップにダメージを与えないようご注意ください。
    • 開口ピックをiPhoneのリアケースとフロントパネルの間の上端に差し込みます。スクリーンを固定している残りの圧着剤を剥がします。

    • デバイス上端にあるプラスチック製クリップにダメージを与えないようご注意ください。

  11. デバイスの上端からディスプレイアセンブリをわずかに引き離し、背面ケースに留められたクリップを外します。 本のバックカバーを開くように、左側からディスプレイをめくってiPhoneの内部を開いていきます。 ディスプレイを完全に外さないでください。まだリボンケーブルがiPhoneのロジックボードに接続されています。
    • デバイスの上端からディスプレイアセンブリをわずかに引き離し、背面ケースに留められたクリップを外します。

    • 本のバックカバーを開くように、左側からディスプレイをめくってiPhoneの内部を開いていきます。

    • ディスプレイを完全に外さないでください。まだリボンケーブルがiPhoneのロジックボードに接続されています。

  12. 下部のコネクターブラケットから次の長さのトライポイント Y000 ネジを取り外します。
    • 下部のコネクターブラケットから次の長さのトライポイント Y000 ネジを取り外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 2.4 mmネジー1本

    • 修理作業中は、各ネジをきちんと管理してください。再組み立ての際は、iPhoneへのダメージを防ぐため、正しい位置に装着しましょう。

  13. 下側のコネクターブラケットを取り出します。
    • 下側のコネクターブラケットを取り出します。

  14. スパッジャーの尖ったほうの先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボードのソケットから外します。 バッテリーコネクターがソケットに接触してiPhoneの電源が入らないようにするため、わずかにコネクターケーブルを上に曲げます。 バッテリーコネクターがソケットに接触してiPhoneの電源が入らないようにするため、わずかにコネクターケーブルを上に曲げます。
    • スパッジャーの尖ったほうの先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボードのソケットから外します。

    • バッテリーコネクターがソケットに接触してiPhoneの電源が入らないようにするため、わずかにコネクターケーブルを上に曲げます。

  15. この手順でケーブルの接続を外したり再接続する前にバッテリーが切れていることを確認してください。 スパッジャーの平面側先端や指の爪を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクタをまっすぐ引き上げて、接続を外します。 これらのケーブルを再接続する際は、カチッと音がして装着されるまで、コネクタの先端をソケットに押し込みます。それから反対側のコネクタも同じ作業を繰り返します。コネクタの中央部分を押さないでください。コネクタが僅かでもずれてしまうと曲がってしまい、永続的なダメージの原因となります。
    • この手順でケーブルの接続を外したり再接続する前にバッテリーが切れていることを確認してください。

    • スパッジャーの平面側先端や指の爪を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクタをまっすぐ引き上げて、接続を外します。

    • これらのケーブルを再接続する際は、カチッと音がして装着されるまで、コネクタの先端をソケットに押し込みます。それから反対側のコネクタも同じ作業を繰り返します。コネクタの中央部分を押さないでください。コネクタが僅かでもずれてしまうと曲がってしまい、永続的なダメージの原因となります。

    • もしiPhoneを組み立て直した後に、画面が真っ暗になったり、白い線が表示されたり、タッチの反応が悪い場合は、両方のケーブルを取り外して慎重に再接続し、完全に装着されていることを確認してください。

  16. 正面パネルのセンサーアセンブリコネクター上に固定されたブラケットから1.3 mmプラスネジを2本外します。 ブラケットを取り出します。 ブラケットを取り出します。
    • 正面パネルのセンサーアセンブリコネクター上に固定されたブラケットから1.3 mmプラスネジを2本外します。

    • ブラケットを取り出します。

  17. 正面パネルのセンサーアセンブリコネクターの接続をロジックボード上のソケットから外します。 再度接続する際には、この平たいコネクターが曲がるリスクを最小にするために、コネクターを一度に接続してください。
    • 正面パネルのセンサーアセンブリコネクターの接続をロジックボード上のソケットから外します。

    • 再度接続する際には、この平たいコネクターが曲がるリスクを最小にするために、コネクターを一度に接続してください。

  18. ディスプレイアセンブリを取り出します。
  19. 背面ケースに留められている気圧ベントの2本の1.9 mmプラスネジを取り外します。
    • 背面ケースに留められている気圧ベントの2本の1.9 mmプラスネジを取り外します。

  20. ベントを取り出します。 ベントを取り出します。
    • ベントを取り出します。

  21. スパッジャーの平面側の先端を使って、Taptic Engineのコネクターをロジックボードのソケットから外してください。 スパッジャーの平面側の先端を使って、Taptic Engineのコネクターをロジックボードのソケットから外してください。
    • スパッジャーの平面側の先端を使って、Taptic Engineのコネクターをロジックボードのソケットから外してください。

  22. Taptic Engineを背面ケースに留めている3本の1.6 mmプラスネジを外します。
    • Taptic Engineを背面ケースに留めている3本の1.6 mmプラスネジを外します。

  23. Manta Driver Kit

    どんな修理にでも対応可能な112ビット

    Upgrade Your Toolbox

    Manta Driver Kit

    Upgrade Your Toolbox
  24. Taptic Engineを取り出します。 Taptic Engineを取り出します。
    • Taptic Engineを取り出します。

  25. WiFiダイバーシティアンテナを背面ケースに固定しているプラスネジを取り出します。
    • WiFiダイバーシティアンテナを背面ケースに固定しているプラスネジを取り出します。

    • 3.2 mmネジー1本

  26. スピーカーを背面ケースに固定している次のプラスネジを3本外します。
    • スピーカーを背面ケースに固定している次のプラスネジを3本外します。

    • 1.3 mmネジー2本

    • 2.0 mmネジー1本

  27. スパッジャーの先端を使って、2本のアンテナケーブルをロジックボード上のソケットから接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、2本のアンテナケーブルをロジックボード上のソケットから接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、2本のアンテナケーブルをロジックボード上のソケットから接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、2本のアンテナケーブルをロジックボード上のソケットから接続を外します。

  28. ピンセットを使って、ロジックボード上のブラケットからアンテナケーブルを緩めます。(解放します) ピンセットを使って、ロジックボード上のブラケットからアンテナケーブルを緩めます。(解放します)
    • ピンセットを使って、ロジックボード上のブラケットからアンテナケーブルを緩めます。(解放します)

  29. ピンセットを使って、スピーカー上のクリップからアンテナケーブルを取り出します。 ケーブルにダメージを与えないように、クリップ付近のケーブルを掴んでください。
    • ピンセットを使って、スピーカー上のクリップからアンテナケーブルを取り出します。

    • ケーブルにダメージを与えないように、クリップ付近のケーブルを掴んでください。

  30. スパッジャーの先端を使って、ロジックボード側にスピーカーアセンブリをスライドさせ、背面ケースから取り出します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボード側にスピーカーアセンブリをスライドさせ、背面ケースから取り出します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボード側にスピーカーアセンブリをスライドさせ、背面ケースから取り出します。

  31. スピーカーを取り出します。
    • スピーカーを取り出します。

  32. SIMカードの取り出しツールや紙クリップをSIMカードトレイの小さな穴に差し込みます。 トレイが出てくるまで押し込みます。 この作業はかなりの力が必要です。
    • SIMカードの取り出しツールや紙クリップをSIMカードトレイの小さな穴に差し込みます。

    • トレイが出てくるまで押し込みます。

    • この作業はかなりの力が必要です。

    • SIMカードトレイをiPhoneから取り出します。

    • SIMカードを再挿入する際は、トレイに対して正しい方向に差し込んでいるか確認してください。

  33. スパッジャーの平面側先端を使って、背面カメラのコネクターの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、背面カメラのコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、背面カメラのコネクターの接続を外します。

  34. 背面ケースと背面カメラブラケットを固定している次のプラスネジを外します。 1.3 mm ー1本
    • 背面ケースと背面カメラブラケットを固定している次のプラスネジを外します。

    • 1.3 mm ー1本

    • 2.5 mmー1本

  35. ブラケットを取り出します。
    • ブラケットを取り出します。

  36. スパッジャーの先端を使って、リアカメラのジュールの左隣にあるアンテナバスコネクタの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、リアカメラのジュールの左隣にあるアンテナバスコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、リアカメラのジュールの左隣にあるアンテナバスコネクタの接続を外します。

  37. 上部ケーブルブラケットを固定している1.2 mmトライポイントネジを2本外します。
    • 上部ケーブルブラケットを固定している1.2 mmトライポイントネジを2本外します。

  38. 上部ケーブルブラケットを取り出します。 上部ケーブルブラケットを取り出します。
    • 上部ケーブルブラケットを取り出します。

  39. スパッジャーの平面側先端を使って、上部ケーブルコネクターの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、上部ケーブルコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、上部ケーブルコネクターの接続を外します。

  40. Wi-Fiアンテナを固定している次のプラスネジを外します。 1.2 mmネジー3本
    • Wi-Fiアンテナを固定している次のプラスネジを外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 1.7 mmネジー1本

  41. 上部左側のアンテナを取り出します。 上部左側のアンテナを取り出します。
    • 上部左側のアンテナを取り出します。

  42. 次のプラスネジを外します。
    • 次のプラスネジを外します。

    • 1.3 mmネジー1本

    • 2.2 mmネジー1本

  43. ブラケットを取り出します。 ブラケットを取り出します。
    • ブラケットを取り出します。

  44. 接地ブラケットから2.2 mm SO(スタンドオフ)ネジを外します。
    • 接地ブラケットから2.2 mm SO(スタンドオフ)ネジを外します。

    • スタンドオフネジを外すには、iPhone用スタンドオフドライバービットドライバーハンドルを使うのが最善です。

    • それらがない場合には、小サイズのマイナスドライバーでも対応可能です。ただし、滑って周囲のコンポーネントにダメージを与えないよう細心の注意を払ってください。

  45. ピンセットを使ってロジックボードの接地ブラケットを邪魔にならないように丁寧に曲げます。 ピンセットを使ってロジックボードの接地ブラケットを邪魔にならないように丁寧に曲げます。
    • ピンセットを使ってロジックボードの接地ブラケットを邪魔にならないように丁寧に曲げます。

  46. スパッジャーの先端を使って、下部のケーブルコネクターの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、下部のケーブルコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、下部のケーブルコネクターの接続を外します。

  47. 次のネジを外します。
    • 次のネジを外します。

    • 1.4 mmプラスネジー1本

    • 2.2 mmスタンドオフネジー3本

    • スタンドオフネジを外すには、iPhone用スタンドオフドライバービットドライバーハンドルを使うのが最善です。

    • それらがない場合には、小サイズのマイナスドライバーでも対応可能です。ただし、滑って周囲のコンポーネントにダメージを与えないよう細心の注意を払ってください。

  48. スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからSIMカード取出し用プランジャーを外側に向けてスライドします。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからSIMカード取出し用プランジャーを外側に向けてスライドします。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからSIMカード取出し用プランジャーを外側に向けてスライドします。

  49. スパッジャーの平面側先端を使って、丁寧にロジックボード先端のバッテリーコネクターの接続を持ち上げます。 ケーブルを引っ張らないようにご注意ください。抵抗を感じた場合は全てのケーブル、コネクター、コンポーネントがロジックボードから離れているか確認してください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、丁寧にロジックボード先端のバッテリーコネクターの接続を持ち上げます。

    • ケーブルを引っ張らないようにご注意ください。抵抗を感じた場合は全てのケーブル、コネクター、コンポーネントがロジックボードから離れているか確認してください。

  50. バッテリーコネクターをロジックボード先端から持ち上げます。それから背面ケースから引き抜いて取り出します。 ケーブルがロジックボードに引っかからないようにご注意ください。 ケーブルがロジックボードに引っかからないようにご注意ください。
    • バッテリーコネクターをロジックボード先端から持ち上げます。それから背面ケースから引き抜いて取り出します。

    • ケーブルがロジックボードに引っかからないようにご注意ください。

  51. Lightningコネクターから2.9 mmプラスネジを外します。
    • Lightningコネクターから2.9 mmプラスネジを外します。

  52. Lightningコネクターからバネ接点を取り出します。 Lightningコネクターからバネ接点を取り出します。
    • Lightningコネクターからバネ接点を取り出します。

  53. Lightningコネクターケーブルに固定された1.6 mmネジを2本外します。
    • Lightningコネクターケーブルに固定された1.6 mmネジを2本外します。

  54. 背面ケースの底にLightningコネクターを固定しているネジを覆う2つのステッカーを外します。 背面ケースの底にLightningコネクターを固定しているネジを覆う2つのステッカーを外します。 背面ケースの底にLightningコネクターを固定しているネジを覆う2つのステッカーを外します。
    • 背面ケースの底にLightningコネクターを固定しているネジを覆う2つのステッカーを外します。

  55. 背面ケースから1.3 mmプラスネジを2本外します。
    • 背面ケースから1.3 mmプラスネジを2本外します。

  56. スパッジャーの先端を使って、背面ケースの底から2つのマイクを外します。 スパッジャーの先端を使って、背面ケースの底から2つのマイクを外します。
    • スパッジャーの先端を使って、背面ケースの底から2つのマイクを外します。

  57. Lightning コネクターケーブルを固定している接着剤を柔らかくして取り外ししやすいように、iPhoneの下半分端を温めます。
    • Lightning コネクターケーブルを固定している接着剤を柔らかくして取り外ししやすいように、iPhoneの下半分端を温めます。

    • デバイス下半分をドライヤーもしくはiOpenerを使って再度温めます

    • 約1分ほど待ち、次の手順に移る前に接着剤が温められているか確認します。

  58. デバイス中央から作業を始めます。開封ピックをLightningコネクター下に差し込み、スライドしながら背面ケースから外します。 デバイス中央から作業を始めます。開封ピックをLightningコネクター下に差し込み、スライドしながら背面ケースから外します。 デバイス中央から作業を始めます。開封ピックをLightningコネクター下に差し込み、スライドしながら背面ケースから外します。
    • デバイス中央から作業を始めます。開封ピックをLightningコネクター下に差し込み、スライドしながら背面ケースから外します。

  59. 続けて開口ピックをLightningコネクター側に向けてスライドし、背面ケースからアセンブリ全体を外します。 続けて開口ピックをLightningコネクター側に向けてスライドし、背面ケースからアセンブリ全体を外します。 続けて開口ピックをLightningコネクター側に向けてスライドし、背面ケースからアセンブリ全体を外します。
    • 続けて開口ピックをLightningコネクター側に向けてスライドし、背面ケースからアセンブリ全体を外します。

  60. 続けて、Lightningコネクターアセンブリの下から開口ピックをスライドさせます。 バッテリーを通過したところでピックのスライドを停止します。
    • 続けて、Lightningコネクターアセンブリの下から開口ピックをスライドさせます。

    • バッテリーを通過したところでピックのスライドを停止します。

  61. デバイスの角から作業を始めます。ピックをLightningコネクタ側のアセンブリ下に差し込みます。 Lightningコネクタに到達したら、ピックを止めします。 Lightningコネクタに到達したら、ピックを止めします。
    • デバイスの角から作業を始めます。ピックをLightningコネクタ側のアセンブリ下に差し込みます。

    • Lightningコネクタに到達したら、ピックを止めします。

  62. 背面ケースの差し込み口からLightning コネクタを、丁寧に引っ張ります。 背面ケースの差し込み口からLightning コネクタを、丁寧に引っ張ります。
    • 背面ケースの差し込み口からLightning コネクタを、丁寧に引っ張ります。

  63. Lightning コネクタのアセンブリを背面ケースからさらに取り出すため、Lightning コネクタの下にピックを差し込みます。 Lightningコネクタアセンブリが背面ケースから完全に外れるまで、ピックをスライドします。
    • Lightning コネクタのアセンブリを背面ケースからさらに取り出すため、Lightning コネクタの下にピックを差し込みます。

    • Lightningコネクタアセンブリが背面ケースから完全に外れるまで、ピックをスライドします。

  64. Lightningコネクタアセンブリを取り出します。 装着する前に、Lightning コネクタアセンブリを交換したり装着する前に次の点にご注意ください。 プラスチックツールを使ってリアケースに付着している接着剤の残留をきれいに取り除きます。
    • Lightningコネクタアセンブリを取り出します。

    • 装着する前に、Lightning コネクタアセンブリを交換したり装着する前に次の点にご注意ください。

    • プラスチックツールを使ってリアケースに付着している接着剤の残留をきれいに取り除きます。

    • Lightningコネクタアセンブリが正しい向きで装着されているか確認してください。iPhoneのリアケース上にある2つの白いドットはLightningフレックスケーブル上の円形の抜き穴を通して見えています。もしこの白いドットが確認できない場合は、装着の向きが逆になっている可能性があります。そのためロジックボード上のソケットと再接続することができません。

  65. Lightningコネクタ底側のゴム製ガスケットの役割は、iPhoneを液体や埃の侵入から防御することです。新しいLightningコネクターアセンブリに交換する場合、丁寧にガスケットを取り外して新しいパーツに装着してください。 マイクの底にある小さな圧着剤のつなぎ目も同様に、液体や埃の侵入からiPhoneを守っています。最善の方法はLightningコネクタを交換する前に、この2つの接着剤のつなぎ目を移してください。 マイクの底にある小さな圧着剤のつなぎ目も同様に、液体や埃の侵入からiPhoneを守っています。最善の方法はLightningコネクタを交換する前に、この2つの接着剤のつなぎ目を移してください。
    • Lightningコネクタ底側のゴム製ガスケットの役割は、iPhoneを液体や埃の侵入から防御することです。新しいLightningコネクターアセンブリに交換する場合、丁寧にガスケットを取り外して新しいパーツに装着してください。

    • マイクの底にある小さな圧着剤のつなぎ目も同様に、液体や埃の侵入からiPhoneを守っています。最善の方法はLightningコネクタを交換する前に、この2つの接着剤のつなぎ目を移してください。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、 ディスプレイ用接着剤の再装着方法 を参考に、このインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理作業がうまくいきませんか?基本的なトラブルシュートのヘルプはこちらを参照するか、iPhone 7のアンサーコミュニティ を参照してください。

163 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Scott Havard

メンバー登録日: 2016年06月27日

39,215 ポイント

33のガイドは作成済み

40 件のコメント

The old ones were so easy! Why did Apple have to put the thing under the board!!!???

Christopher Crawford - 返信

Prob to discourage people from replacing it themselves instead of sending to apple

Elwen Omara -

I dunno. It was a pain, but surprisingly I got mine fixed. When I took it to the apple store they flat out told me that they wouldn’t fix it at all. I couldn’t even send it in to them. Something about no communication with the logic board and they refused to touch it. Thankfully the guides are detailed enough for goofs like me to be successful.

Ray Bieze -

Ho un problema dopo aver installato il nuovo connettore. Quando l’iphone e scarico, inserendo il cavo, appare sul display il simbolo batteria. Una volta acceso il cavo non viene più segnalato e la ricarica non continua. Cosa può essere?

Fabio - 返信

Salve ho lo stesso problema,qual è il problema?

lorenzo Serra -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 1,039

過去 30 日: 6,644

今までの合計 198,584