メインコンテンツにスキップ

はじめに

iPhone 6s のスクリーンを交換する方法を学べます。このパーツにはフロントカメラ、センサアセンブリとEMIシールドが既に搭載されています。これで修理がより簡単に済みます。

必要な作業は、Touch ID(指紋認証スキャン用)を保つ為、古いスクリーンを取り出して、ホームボタンを新しいスクリーンに取り付けることです。

またこのガイドを使って、フロントパネルアセンブリのケーブルブラケットの交換ができます。

  1. iPhoneを分解する前に、バッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、もしアクシデントで穴が空くと引火したり爆発する恐れがあります。
    • iPhoneを分解する前に、バッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、もしアクシデントで穴が空くと引火したり爆発する恐れがあります。

    • 分解する前に、iPhoneの電源をオフにします。

    • Lightningコネクターの両隣にある、iPhone下部の側面に留められた2本の3.4 mm P2ペンタロープネジを取り外します。

  2. ディスプレイのガラスにひびが入っている場合は、作業中ひびが拡大し、怪我をしないようにガラス表面をテーピングします。 透明の梱包用テープをiPhoneのディスプレイ全体に二重にして貼ってください。 この作業はガラスの破片が飛び散らないよう固定し、ディスプレイを持ち上げたりこじ開けた際に構造を保ってくれます。
    • ディスプレイのガラスにひびが入っている場合は、作業中ひびが拡大し、怪我をしないようにガラス表面をテーピングします。

    • 透明の梱包用テープをiPhoneのディスプレイ全体に二重にして貼ってください。

    • この作業はガラスの破片が飛び散らないよう固定し、ディスプレイを持ち上げたりこじ開けた際に構造を保ってくれます。

    • 修理中、ガラスが飛び散ることもあります。保護メガネを装着してください。

    • 次の手順で壊れたガラスに吸盤カップが装着できない場合は、より強力なテープ(ダクトテープなど)を折り曲げて取手を作り、ディスプレイを引っ張り持ち上げます。

  3. 6sのディスプレイを開口するにはディスプレイ周囲の薄い接着タブを剥離しなければなりません。作業前に接着タブの交換用接着タブを用意してください。接着タブを交換しなくても修理は可能で、おそらく機能性の違いを感じることはありません。
    • 6sのディスプレイを開口するにはディスプレイ周囲の薄い接着タブを剥離しなければなりません。作業前に接着タブの交換用接着タブを用意してください。接着タブを交換しなくても修理は可能で、おそらく機能性の違いを感じることはありません。

    • 吸盤カップをディスプレイアセンブリの左側下部の端に当てます。

    • ホームボタンの上に吸盤カップを取り付けないでください。

  4. 吸盤カップを均一の強さで持ち上げます。その際、フロントパネルとリアケースの間に小さな隙間を作ります。 時間をかけて丁寧に、均一の力加減で持ち上げます。このディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べてしっかりと接着されています。
    • 吸盤カップを均一の強さで持ち上げます。その際、フロントパネルとリアケースの間に小さな隙間を作ります。

    • 時間をかけて丁寧に、均一の力加減で持ち上げます。このディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べてしっかりと接着されています。

    • 強く引っ張りすぎるとディスプレイアセンブリにダメージを与えてしまうことがあります。ディスプレイアセンブリとリアケースの間に、小さな隙間を作るぐらの力加減で持ち上げます。

  5. ヘッドホンジャックのちょうど真上、ディスプレイの下に隙間ができます。この箇所がデバイス本体を開口する際に最も安全な場所です。 スパッジャーの平面側先端を、ヘッドホンジャック上部のスクリーンとリアケースの隙間に差し込みます。
    • ヘッドホンジャックのちょうど真上、ディスプレイの下に隙間ができます。この箇所がデバイス本体を開口する際に最も安全な場所です。

    • スパッジャーの平面側先端を、ヘッドホンジャック上部のスクリーンとリアケースの隙間に差し込みます。

  6. フロントパネルアセンブリとデバイス本体の間に作った隙間を広げるためにスパッジャーをひねりながら動かします。 フロントパネルアセンブリとデバイス本体の間に作った隙間を広げるためにスパッジャーをひねりながら動かします。
    • フロントパネルアセンブリとデバイス本体の間に作った隙間を広げるためにスパッジャーをひねりながら動かします。

  7. ディスプレイアセンブリとリアケースの左側にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。 接着面を切り込みながらクリップを外していき、スパッジャーをデバイス本体の左側からの上部に向かってスライドします。
    • ディスプレイアセンブリとリアケースの左側にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • 接着面を切り込みながらクリップを外していき、スパッジャーをデバイス本体の左側からの上部に向かってスライドします。

  8. スパッジャーを一度抜いて、最初にスパッジャーを差し込んだ位置、本体の下部端に再度差し込みます。 次はスパッジャーをデバイス本体下部の右側に向かってスライドします。
    • スパッジャーを一度抜いて、最初にスパッジャーを差し込んだ位置、本体の下部端に再度差し込みます。

    • 次はスパッジャーをデバイス本体下部の右側に向かってスライドします。

  9. 続けてスパッジャーを右サイドに沿ってスライドしながら圧着剤を切り込み、ディスプレイのクリップをiPhoneから外します。 続けてスパッジャーを右サイドに沿ってスライドしながら圧着剤を切り込み、ディスプレイのクリップをiPhoneから外します。
    • 続けてスパッジャーを右サイドに沿ってスライドしながら圧着剤を切り込み、ディスプレイのクリップをiPhoneから外します。

  10. 吸盤カップをディスプレイから持ち上げながら開き、残りの圧着剤部分を剥がします。 3本のケーブルが本体上部で繋がっているため、90度以上ディスプレイを開かないでください。開きすぎるとケーブルを切断してしまいます。
    • 吸盤カップをディスプレイから持ち上げながら開き、残りの圧着剤部分を剥がします。

    • 3本のケーブルが本体上部で繋がっているため、90度以上ディスプレイを開かないでください。開きすぎるとケーブルを切断してしまいます。

  11. 吸盤カップのノブを緩めて、フロントパネルからカップを外します。 吸盤カップのノブを緩めて、フロントパネルからカップを外します。
    • 吸盤カップのノブを緩めて、フロントパネルからカップを外します。

  12. ディスプレイアセンブリを丁寧に手で押さえてデバイス本体から持ち上げます。上部に留められたクリップを蝶番にして開いてください。 ディスプレイを約90度まで開き、この位置で固定したままにします。衝立を利用してください。 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように、輪ゴムで留めてください。ディスプレイケーブルへの予期せぬ損傷を防ぎます。
    • ディスプレイアセンブリを丁寧に手で押さえてデバイス本体から持ち上げます。上部に留められたクリップを蝶番にして開いてください。

    • ディスプレイを約90度まで開き、この位置で固定したままにします。衝立を利用してください。

    • 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように、輪ゴムで留めてください。ディスプレイケーブルへの予期せぬ損傷を防ぎます。

    • 急ぎの時は未開封の飲料用缶を利用して、ディスプレイを固定できます。

  13. バッテリーコネクターブラケットに留められた次のプラスネジを2本外します。
    • バッテリーコネクターブラケットに留められた次のプラスネジを2本外します。

    • 2.9 mmネジー1本

    • 2.2 mmネジー1本

  14. iPhoneからバッテリーコネクターブラケットを取り出します。 iPhoneからバッテリーコネクターブラケットを取り出します。
    • iPhoneからバッテリーコネクターブラケットを取り出します。

  15. スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。

  16. 作業中、アクシデントでバッテリーが接続しないよう、ロジックボードからバッテリーコネクターを引き離し、ソケットから完全に離れた位置で固定します。 作業中、アクシデントでバッテリーが接続しないよう、ロジックボードからバッテリーコネクターを引き離し、ソケットから完全に離れた位置で固定します。
    • 作業中、アクシデントでバッテリーが接続しないよう、ロジックボードからバッテリーコネクターを引き離し、ソケットから完全に離れた位置で固定します。

  17. ディスプレイケーブルブラケットに留められた次のプラスネジを4本外します。
    • ディスプレイケーブルブラケットに留められた次のプラスネジを4本外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 2.8 mmネジー1本

  18. ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。 ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。
    • ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。

  19. スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットから正面カメラのフレックスケーブルをまっすぐ引き上げて接続を外します。 スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットから正面カメラのフレックスケーブルをまっすぐ引き上げて接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットから正面カメラのフレックスケーブルをまっすぐ引き上げて接続を外します。

  20. スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからデジタイザーケーブルをまっすぐ上に引き上げて接続を外します。 デジタイザケーブルを再接続する際は、コネクターの中央を押さないでください。コネクターの片一方を押し込んでから、反対側を押します。コネクターの中央を押すとコンポーネントが曲がり、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。
    • スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからデジタイザーケーブルをまっすぐ上に引き上げて接続を外します。

    • デジタイザケーブルを再接続する際は、コネクターの中央を押さないでください。コネクターの片一方を押し込んでから、反対側を押します。コネクターの中央を押すとコンポーネントが曲がり、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。

  21. スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからディスプレイデータケーブルをまっすぐ上に引き上げて外します。 スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからディスプレイデータケーブルをまっすぐ上に引き上げて外します。
    • スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからディスプレイデータケーブルをまっすぐ上に引き上げて外します。

  22. ディスプレイアセンブリを取り外します。
  23. ホームボタンブラケットから1.7 mmプラスネジを3本取り外します。
    • ホームボタンブラケットから1.7 mmプラスネジを3本取り外します。

    • これらのネジを締め付けすぎるとディスプレイの前面にダメージを与えることがあるので、注意してください。

  24. ホームボタンブラケット下側の端を持ち上げて、右側に留められた小さな留めネジを取り外します。 EMIシールドの下からブラケットをスライドして取り出します。 EMIシールドの下からブラケットをスライドして取り出します。
    • ホームボタンブラケット下側の端を持ち上げて、右側に留められた小さな留めネジを取り外します。

    • EMIシールドの下からブラケットをスライドして取り出します。

  25. スパッジャーを使って、ディスプレイパネル裏側のソケットからホームボタンコネクターの接続を外します。 スパッジャーを使って、ディスプレイパネル裏側のソケットからホームボタンコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーを使って、ディスプレイパネル裏側のソケットからホームボタンコネクターの接続を外します。

  26. ホームボタン周辺に付けられたゴム製ガスケットはとても薄く、簡単に裂けてしまいます。 iOpener、ヒートガン、ヘアドライヤーなどを使って低温を当て、ホームボタンガスケットに固定された接着剤を柔らかくします。
    • ホームボタン周辺に付けられたゴム製ガスケットはとても薄く、簡単に裂けてしまいます。

    • iOpener、ヒートガン、ヘアドライヤーなどを使って低温を当て、ホームボタンガスケットに固定された接着剤を柔らかくします。

    • 指の先を使って、ホームボタンをディスプレイアセンブリの正面側から押し上げます。一定の力加減で、フロントパネルからホームボタンのゴム製ガスケットをゆっくりと外します。

  27. スパッジャーの先端を使って、ディスプレイパネル裏側からホームボタンのフレックスケーブルを注意深く取り外します。 スパッジャーの先端を使って、ディスプレイパネル裏側からホームボタンのフレックスケーブルを注意深く取り外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ディスプレイパネル裏側からホームボタンのフレックスケーブルを注意深く取り外します。

  28. ホームボタンアセンブリを取り出します。 ホームボタンアセンブリを取り出します。
    • ホームボタンアセンブリを取り出します。

  29. スクリーンのみが残ります。
    • スクリーンのみが残ります。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

920 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

246,823 ポイント

212のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

104 メンバー

9,208のガイドは作成済み

101コメント

Muito bom. Já aprendi muito consultando os tutoriais da IFIXIT. Parabéns.

Eder Macario - 返信

Solution worked very well - a couple of comments: 1. With a cracked screen the suction cup doesn't hold very well, I was nevertheless able to get the screen corner off with some heavy prying above the headphone jack as suggested in step 4. 2. In the replacement part I received, the order of the digitizer and camera cables was reversed, I had to tuck the digitizer cable back under the camera cable to get them down in the correct order. Great pictures and guide from ifixit.

stread777 - 返信

Agree with both points. The guide is also missing steps (or mention of) moving the camera/sensor/etc to the new digitizer. I didn't think about it until I wondered why the old screen had 3 cables and the new one only had 2.

nerdatheart -

Thanks for the tip, I had the same issue with the suction cup not working on the cracked screen. Applying clear packaging tape over the screen helped but it still didn't come apart. Ended up using a blow dryer on the highest setting to help melt the adhesive around the bottom of the phone (being careful to not let it heat up too long) which eventually made it possible to wedge the spudge inside.

The guide and photos were great along with the replacement part from iFixit. Probably the easiest screen replacement I've done so far.

gotchay -

Try putting packing tape in the center of the screen. This will keep the glass chunks in and the suction cup will stick to it.

Michael St. Hilaire -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 445

過去 7 日: 1,875

過去 30 日: 13,283

今までの合計 642,819