メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを使って、Samsung Galaxy S7 Edge の消耗したバッテリーを交換します。

デバイスを解体する前に、バッテリー残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムインバッテリーは、アクシデントで穴が空いてしまうと引火したり、爆発する恐れがあります。

バッテリーが膨張している場合は、適切な処理方法に従ってください。デバイスを温めないでください。イソプロピルアルコール(濃度90%以上)をスポイトに含ませて、バックカバーに留められた接着剤を弱めるため、エッジ付近に数滴垂らします。膨張したバッテリーは大変危険です。保護メガネを装着して、作業は十分注意して進めてください。作業の進め方が明確でない場合は、プロの専門家にご相談ください。

  1. デバイスを開口すると、防水シールを剥がすことになります。作業を始める前に、交換用の接着剤を準備するか、接着剤を交換せずに組み立てる場合はデバイスが液体に触れないようご注意ください。
    • デバイスを開口すると、防水シールを剥がすことになります。作業を始める前に、交換用の接着剤を準備するか、接着剤を交換せずに組み立てる場合はデバイスが液体に触れないようご注意ください。

    • iOpenerを準備して、デバイス長辺側の端に約2分間載せてください。

    • 再度温める必要がある場合は、複数回iOpener を熱して、デバイスが十分温まるまで作業を続けてください。iOpener を温め過ぎないようにインストラクションに従ってください。

    • ヘアドライヤー、ヒートガンもしくはホットプレートも使用することができます。デバイスを熱し過ぎないようにご注意ください。OLEDディスプレイと内部バッテリーは熱に弱い性質があります。

  2. 触ってバックパネルが温まったら、カーブのエッジ外のデバイスの端付近に吸盤カップを取り付けます。
    • 触ってバックパネルが温まったら、カーブのエッジ外のデバイスの端付近に吸盤カップを取り付けます。

    • 吸盤カップはカーブのエッジ部分には、うまく装着できません。

    • デバイスのバックカバーが割れている場合は、吸盤カップが装着できない場合があります。強力なガムテープ、もしくは吸盤カップに強力ボンドを付けて引き上げてください。

    • 吸盤カップを持ち上げて、リアガラスの下に開口ピックを差し込みます。

    • カーブした形状のガラスのため、開口ピックをデバイスの向きに対して水平にスライドするのではなく、上向きに押し上げてください。

    • 作業がうまくいかない場合は、さらに熱を当てて接着剤を柔らかくします。接着剤はすぐに冷却してしまうため、何度も繰り返し温めなければなりません。

  3. 開口ピックをガラスの間にしっかりと差し込めたら、iOpenerを使って再度温め、接着剤を柔らかくします。
    • 開口ピックをガラスの間にしっかりと差し込めたら、iOpenerを使って再度温め、接着剤を柔らかくします。

  4. デバイスのサイドに沿って、開口ピックを上部に向けてスライドしながら接着剤を切り込みます。 開口ピックが継ぎ目からスリップして飛び出さないようゆっくりとスライドしてください。途中でスライドが困難になってきたら、iOpenerを再度温めて接着剤を柔かくしてください。
    • デバイスのサイドに沿って、開口ピックを上部に向けてスライドしながら接着剤を切り込みます。

    • 開口ピックが継ぎ目からスリップして飛び出さないようゆっくりとスライドしてください。途中でスライドが困難になってきたら、iOpenerを再度温めて接着剤を柔かくしてください。

    • ピックが上部まで到達したら、差し込んだまま2枚目の開口ピックを手に取り、次の手順に移ります。ピックを差し込んだまま残しておくと、切り込んだ接着剤が再装着するのを防いでくれます。

  5. デバイスの残り3辺についても、接着剤を温めて切り込む作業を繰り返してください。 次の手順に移る前に、接着剤が再装着しないよう開口ピックをその場に差し込んだままにします。 次の手順に移る前に、接着剤が再装着しないよう開口ピックをその場に差し込んだままにします。
    • デバイスの残り3辺についても、接着剤を温めて切り込む作業を繰り返してください。

    • 次の手順に移る前に、接着剤が再装着しないよう開口ピックをその場に差し込んだままにします。

  6. スマートフォンからガラスを持ち上げて外します。 スマートフォンからガラスを持ち上げて外します。
    • スマートフォンからガラスを持ち上げて外します。

  7. iPhoneのバッテリーキット

    Only $29.99

    Buy Now

    iPhoneのバッテリーキット

    Only $29.99

    Buy Now
    • バックカバーを再組み立てします。

    • 最初にピンセットを使って、バックカバーとデバイスのシャーシから残っている接着剤を全て剥がします。

    • 接着剤エリアを高濃度イソプロピルアルコール(90%以上)でリントフリー(メガネ拭きなど)の布を使って、綺麗に拭き取ってください。一方の方向のみに布を動かしてください。前後には拭かないでください。この作業により、交換用の接着剤を装着する表面の準備が完了です。

    • 新しい接着剤を装着してデバイスを閉じる前に、電源を入れて修理がうまくいったかどうか確認してください。

    • 交換用の接着剤は、バックカバー外形に合うようにカット済みのシートで販売されています。 この接着シートが手に入らない場合は、Tesa 61395のような高接着両面テープを代用できます。しかし、これは隙間が生じてしまうため、液体の侵入を防ぐことができません。ご注意ください。

    • リアカバーを取り付けた後、重い本をデバイスの上に置くなどして、接着剤がしっかりと固定するように、数分間一定の圧力をかけます。

    • 必要であれば、接着剤を交換せずにリアカバーを組み立てることができます。 リアカバーがきちんと閉じれない接着剤の塊があれば、取り除いてください。装着できたら、背面カバーに熱を当てて温め、圧力をかけて固定します。 この方法は防水機能は保証できませんが、接着剤の状態は通常通り保持できる強度にあります。

  8. 3.5mmネジを12本外します。
    • 3.5mmネジを12本外します。

  9. 上部アンテナの左下側の小さな溝を利用して、スマートフォンから持ち上げます。 上部アンテナを取り外します。
    • 上部アンテナの左下側の小さな溝を利用して、スマートフォンから持ち上げます。

    • 上部アンテナを取り外します。

  10. スマートフォンからワイヤレス充電コイルを持ち上げて、取り外します。
    • スマートフォンからワイヤレス充電コイルを持ち上げて、取り外します。

  11. スマートフォンからラウドスピーカーを持ち上げて、外します。
    • スマートフォンからラウドスピーカーを持ち上げて、外します。

  12. スパッジャーの平面側先端を使い、バッテリーコネクタを外します。 スパッジャーの平面側先端を使い、バッテリーコネクタを外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使い、バッテリーコネクタを外します。

  13. iOpenerを準備して、バッテリー上に直接載せます。
    • iOpenerを準備して、バッテリー上に直接載せます。

    • 代用方法として、イソプロピルアルコールをバッテリーの各コーナーの下に注入して、数分待つと接着剤が弱くなります。

  14. 開口ピックを使ってバッテリーの底に差し込み、バッテリーを持ち上げます。 ドーターボードとアンテナケーブルの上のケーブル側に向けてこじ開けることになります。ここにはコンポーネントが搭載されているため、ダメージを与えないよう、作業にはご注意ください。
    • 開口ピックを使ってバッテリーの底に差し込み、バッテリーを持ち上げます。

    • ドーターボードとアンテナケーブルの上のケーブル側に向けてこじ開けることになります。ここにはコンポーネントが搭載されているため、ダメージを与えないよう、作業にはご注意ください。

    • 接着剤をさらに柔らかくするには、何度もiOpenerを温めて、バッテリーの上に載せてください。接着力は頑丈で、開口ピックをバッテリーの下に差し込めるまで、作業を2−3回繰り返さなければなりません。

    • この作業では、バッテリーを変形させないよう慎重に行ってください。柔らかくシェル型のリチウムイオンバッテリーにダメージを与えてしまうと、危険な化学物質が排出され、引火したり爆発することがあります。余分な力を与えず、作業にはメタル製ツールを使用しないでください。

  15. 残りの接着剤を剥がすため、バッテリーのサイドから開口ピックをスライドします。 残りの接着剤を剥がすため、バッテリーのサイドから開口ピックをスライドします。
    • 残りの接着剤を剥がすため、バッテリーのサイドから開口ピックをスライドします。

  16. ケースからバッテリーを持ち上げて取り出します。 バッテリーを一度取り出した後は、再利用しないでください。バッテリーの再利用は潜在的な危険が潜んでいます。必ず新しいバッテリーに交換してください。
    • ケースからバッテリーを持ち上げて取り出します。

    • バッテリーを一度取り出した後は、再利用しないでください。バッテリーの再利用は潜在的な危険が潜んでいます。必ず新しいバッテリーに交換してください。

    • 新しいバッテリーを取り付けます。

    • デバイスから残りの接着剤を取り除きます。イソプロプルアルコールとメガネ拭きなどリントフリーの布を使って接着剤のエリアを綺麗に拭き取ります。

    • 新しいバッテリーに事前にプレカットされた接着剤、もしくは両面接着テープを使って固定します。 正しい装着方法は、接着剤をバッテリーに直接装着するのではなく、デバイス本体に付けてください。 接着剤はデバイス本体周辺に付けますが、中央部分にある長方形の切り欠き部(実際にはディスプレイの背面)には必要ありません。

    • 5–10秒間、バッテリーをしっかりと押さえます。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーのカリブレーションを行なってください。

54 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

77%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Arthur Shi

メンバー登録日: 2018年01月03日

53,900 ポイント

172のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

101 メンバー

8,662のガイドは作成済み

EXCELLENT TUTORIEL CLAIR ET PRECIS…….reussite du remplacement de la batterie ENCORE MERCI

daberalem - 返信

Super Anleitung und super Werkzeug! War in 45 Minuten mit allem fertig und bin begeistert!

Lars Gang - 返信

How.. in the bloody !&&*.. do you use the battery adhesive? Don’t just stop with the removal. Reapplication of the adhesive is an IMPORTANT STEP!

Doug Weber - 返信

Hi Doug,

I’ve written up a short guide for the battery adhesive. You can find it here. It’s now added into the last step. Hope that helps!

Arthur Shi -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 66

過去 7 日: 532

過去 30 日: 2,365

今までの合計 42,211