メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを使って、Huawei P9のフレーム付きディスプレイアセンブリを交換しましょう。

デバイスを再組み立てする前に、バッテリーの残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリー は引火の原因となったり、アクシデントで穴を開けてしまうと爆発の恐れがあります。

  1. まず、スマートフォンの電源を切り、SIMカードトレイを取り出します。 デバイスのUSB Cポートの横、底部に留められたペンタローブP2ネジを2本外します。 スクリーンが割れている場合、ガラスの破片から目を保護するため保護メガネを着用します。スマートフォンを開口するときに握りやすくするため、スクリーン上にテープを貼ることもできます。
    • まず、スマートフォンの電源を切り、SIMカードトレイを取り出します。

    • デバイスのUSB Cポートの横、底部に留められたペンタローブP2ネジを2本外します。

    • スクリーンが割れている場合、ガラスの破片から目を保護するため保護メガネを着用します。スマートフォンを開口するときに握りやすくするため、スクリーン上にテープを貼ることもできます。

  2. iSclackや吸盤ハンドルを使って、リアパネルからディスプレイユニットを引き離します。 まだリアパネルを完全に取り外さないでください。ケーブルが接続されています!ケーブルは、ディスプレイユニットに指紋センサーをつなげています。
    • iSclackや吸盤ハンドルを使って、リアパネルからディスプレイユニットを引き離します。

    • まだリアパネルを完全に取り外さないでください。ケーブルが接続されています!ケーブルは、ディスプレイユニットに指紋センサーをつなげています。

  3. スパッジャーを使って、指紋センサーの接続を外します。 スパッジャーを使って、指紋センサーの接続を外します。
    • スパッジャーを使って、指紋センサーの接続を外します。

  4. アンテナケーブルを抜いて下さい。 ネジの上にある液体侵入インジケーターを取り除いて下さい。 ネジの上にある液体侵入インジケーターを取り除いて下さい。
    • アンテナケーブルを抜いて下さい。

    • ネジの上にある液体侵入インジケーターを取り除いて下さい。

  5. 金属プレートを固定している二つの#00プラスネジを外して下さい。 バッテリーコネクタをカバーしているプレートには二つの小さいフックが両側についています。ピンセットを使ってヒンジを外し、慎重にプレートを上むきに動かして下さい。 バッテリーコネクタをカバーしているプレートには二つの小さいフックが両側についています。ピンセットを使ってヒンジを外し、慎重にプレートを上むきに動かして下さい。
    • 金属プレートを固定している二つの#00プラスネジを外して下さい。

    • バッテリーコネクタをカバーしているプレートには二つの小さいフックが両側についています。ピンセットを使ってヒンジを外し、慎重にプレートを上むきに動かして下さい。

  6. バッテリーコネクタの接続を外して、(作業の邪魔にならないように)折り曲げたままにします。 EVA -L09モデルにはNFCアンテナがバッテリーに装着されています。
    • バッテリーコネクタの接続を外して、(作業の邪魔にならないように)折り曲げたままにします。

    • EVA -L09モデルにはNFCアンテナがバッテリーに装着されています。

    • ディスプレイにアクセスするために、バッテリーを取り外すだけの場合、NFCをバッテリー上に残しておくことができます。

    • 再組み立て用に増えるとペンでバッテリー上に位置をマークしてきましょう。 慎重に剥がし、アンテナを破ったり折り目を付けたりしないようご注意ください。

    • 再組み立ての際には、NFCアンテナを接続部分が合致していたバッテリー上の元あった場所に搭載します。

  7. 接着プルタブの先端を引いて、しっかりと摘まんでください。 接着プルタブの先端を引いて、しっかりと摘まんでください。
    • 接着プルタブの先端を引いて、しっかりと摘まんでください。

  8. バッテリーは中央部分とSIMトレイ側に、合わせて3本の接着プルタブ付きで固定されています。ボタン側につけられた三つ目の粘着剤にはプルタブがついていません。 粘着性のある取手はゆっくりと一定の動作で引っ張って下さい。 接着タブがついている場合は、 iOpener を使って接着剤を温めて少し柔らかくなったら、スパッジャーでバッテリーを持ち上げてください。
    • バッテリーは中央部分とSIMトレイ側に、合わせて3本の接着プルタブ付きで固定されています。ボタン側につけられた三つ目の粘着剤にはプルタブがついていません。

    • 粘着性のある取手はゆっくりと一定の動作で引っ張って下さい。

    • 接着タブがついている場合は、 iOpener を使って接着剤を温めて少し柔らかくなったら、スパッジャーでバッテリーを持ち上げてください。

    • この二つのケーブルはバッテリーのすぐ下を通っています。スパッジャーでこじ開けていく作業では、バッテリーにダメージを与えないようご注意ください。プルタブが付けられている位置を最後の写真で確認することができます。

    • ゆっくりとバッテリーをボタン側にあげて、残りの接着剤を綺麗に取り除きます。

  9. マザーボードから残り5本の#00プラスネジを外します。
    • マザーボードから残り5本の#00プラスネジを外します。

  10. 電源と音量ボタンケーブルとマザーボードフレックスケーブルの接続を外します。 LCDスクリーンフレックスケーブルの接続を外します。 LCDスクリーンフレックスケーブルの接続を外します。
    • 電源と音量ボタンケーブルとマザーボードフレックスケーブルの接続を外します。

    • LCDスクリーンフレックスケーブルの接続を外します。

  11. マザーボードアセンブリを外します。 イヤホンスピーカー(下に装着された接着剤に注意しながら)を外します。
    • マザーボードアセンブリを外します。

    • イヤホンスピーカー(下に装着された接着剤に注意しながら)を外します。

  12. ブラケットから近接センサのモジュールを外します。 新しい交換用ディスプレイユニットに近接センサのゴム製ガスケットが付いていない場合、古いユニットから移してください。
    • ブラケットから近接センサのモジュールを外します。

    • 新しい交換用ディスプレイユニットに近接センサのゴム製ガスケットが付いていない場合、古いユニットから移してください。

    • マザーボードのフレックスケーブルを慎重に剥がします。

  13. ドーターボードから#00プラスネジを3本外します。 メタル製ブラケットを取り外します。 マザーボードフレックスコネクタの接続を外し、ケーブルを脇に置きます。
    • ドーターボードから#00プラスネジを3本外します。

    • メタル製ブラケットを取り外します。

    • マザーボードフレックスコネクタの接続を外し、ケーブルを脇に置きます。

  14. ヘッドホンジャックフレックスコネクタの接続を外します。 アンテナケーブルの接続を外します。
    • ヘッドホンジャックフレックスコネクタの接続を外します。

    • アンテナケーブルの接続を外します。

  15. ラウドスピーカーのコネクタを引き抜きます。 ドーターボードを取り外します ディスプレイアセンブリに留められた接着剤を剥がして、スピーカーを持ち上げます。
    • ラウドスピーカーのコネクタを引き抜きます。

    • ドーターボードを取り外します

    • ディスプレイアセンブリに留められた接着剤を剥がして、スピーカーを持ち上げます。

  16. 角からヘッドホンジャックを取り出します。 ディスプレイアセンブリの角に接着剤で固定された振動モーターをこじ開けます。 フレームに接着剤で固定された、デリケートなコンタクトケーブルを慎重に剥がします。
    • 角からヘッドホンジャックを取り出します。

    • ディスプレイアセンブリの角に接着剤で固定された振動モーターをこじ開けます。

    • フレームに接着剤で固定された、デリケートなコンタクトケーブルを慎重に剥がします。

  17. アンテナケーブルと電源/音量ボタンケーブルを片側から取り出します。 新しい交換用パーツと古いパーツを注意深く見比べてください。見落としている小さなパーツを新しいパーツに移す必要があるかもしれません。 マザーボードの裏側に、放熱目的にサーマルパッドが付いています。(ピンク色のゴムのような塊) サーマルパッドが外れていたり、乾燥が進んで古いディスプレイアセンブリに装着していない場合は、新しいディスプレイアセンブリ、もしくはマザーボード上に放熱グリスの塗布が必要です。
    • アンテナケーブルと電源/音量ボタンケーブルを片側から取り出します。

    • 新しい交換用パーツと古いパーツを注意深く見比べてください。見落としている小さなパーツを新しいパーツに移す必要があるかもしれません。

    • マザーボードの裏側に、放熱目的にサーマルパッドが付いています。(ピンク色のゴムのような塊) サーマルパッドが外れていたり、乾燥が進んで古いディスプレイアセンブリに装着していない場合は、新しいディスプレイアセンブリ、もしくはマザーボード上に放熱グリスの塗布が必要です。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

10 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Dominik Schnabelrauch

メンバー登録日: 2016年11月23日

47,632 ポイント

233のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

107 メンバー

9,591のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 5

過去 7 日: 36

過去 30 日: 184

今までの合計 5,557