メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

MacBook Pro 16インチ 2019の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    近年登場したMacBook Proは、Apple製品の中で最も問題を巻き起こしたデバイスです。しかし昔の旧モデルからそうだったわけではありません。この新モデルが、あの頃の問題ないフォームに戻っていることを願います。私たちが手にしている分解ユニットには、次のスペックが搭載されています。

    手順2

    パンケーキのように重ねてみると、新MacBook Proは最新の15インチモデルと比べて明らかに大きく、僅かに厚い形状です。一方、2015年モデルと比較すると、サイズは大して変わりませんが、ポートのセレクションが変わりました。

    手順3

    持てる限りの力を発揮する時がきました。ツールをデバイスの間に滑り込ませ、取り出せたものを調べます。

    手順4

    シザー機構の下には何があるのでしょうか?

    手順5

    厚さの違いはあるものの、これらのキーボードは大変よく似ているので、黒いMagicキーと白いキーボードを入れ替えてみることにしました。さてどうなるでしょう…

    手順6

    キーボードの点検が終わったので(今のところは)、筐体を外して、その内側を見てみましょう。

    手順7

    トルクスねじには、私たちのMarlinドライバーがあれば対応できます。

    手順8

    このロジックボードがどうしても口髭にしか見えないので、櫛でコーミングしてみましょう。櫛に引っかかったチップがあります。

    手順9

    シリコンコーミングを続けます。砂からシリコンが出て現れました。このやり方は間違っているでしょうか?

    手順10

    マザーボードが取り出せたので、サーマルデザイン以外のパーツを点検します。

    手順11

    キーボードのバックライトの下にMagicがあることを期待して、これを慎重に剥がします。

    手順12

    これで私たちが新キーボードに抱いていた疑問は解決されました。その他のパーツに注目します。

    手順13

    分解アップデート: ここにある小さなフレックスケーブルは何のためにあるのでしょうか?初めてこのケーブルを見ました。 親切にもMacRumorsが私たちにこのケーブルについて尋ねてくれました。

    手順14

    この新MacBook Proを分解した後の私たちの感情を吐露するべく、置き画にしてみました。

    手順15 — 修理難易度

    MacBook Pro 16インチ 2019のリペアビリティ スコアは10点中1点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります