メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 14を翻訳中

手順14
Let's lay out our feelings for this new MacBook Pro:
  • Let's lay out our feelings for this new MacBook Pro:

  • Though the fancy new-old scissor mechanisms may be more durable than fragile butterflies, the whole keyboard assembly is still riveted in place.

  • The revamped thermal system is a welcome improvement to the notoriously hot-and-throttled Pro lineup.

  • The 99.8 Wh battery flies just under the FAA radar, pumping out 16.2 Wh more capacity than the most recent 15” model. With such a slight increase in case size, this capacity increase is surprising.

  • Despite the thumping new speakers, the podcast-quality mic array, and that giant screen, we can't help but feel that Apple can do better—especially after seeing Microsoft perform some real engineering magic to make its latest laptops more repairable. Here's hoping that the 2020 Pro lineup will really take our breath away.

  • For now though, the only thing left to do is give this thing a score.

この新MacBook Proを分解した後の私たちの感情を吐露するべく、置き画にしてみました。

素晴らしい新旧のシザー機構は、デリケートなバタフライキーボードより耐久性がありそうですが、今回もキーボードアセンブリ全体がリベットされています。

改善されたサーマルシステムは、熱暴走してしまうProラインにとって、待ち望んでいた改良です。

99.8 Whバッテリーは、FAAレーダーの監視下に置かれるでしょう。最新15インチモデルより、16.2 Whも容量が増えました。ケースサイズは僅かしか大きくなっていないのに、これほど容量が増えるのは驚きです。

新しいスピーカーにポッドキャストレベルの超高性能なマイクアレイ、巨大なスクリーンなどが搭載されている一方で、Appleならもっと良いデザインができるという残念な思いが生じます。特に、Microsoftが最新ラップトップモデルを修理しやすいデザインに一新させた本物のエンジニアマジックを見た後ではそう感じざるを得ません。2020年Proモデルが私たちの息をも飲み込ませるほどのものを登場させてくれることを期待しています。

残された作業は、このデバイスにリペアビリティのスコアを付けることです。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります