メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 4を翻訳中

手順4
What's underneath the scissor mechanism? Hey, we'll ask the questions here—you just finish taking this thing apart. Wait, scratch that—reverse it. Here's a look at the "Apple-designed rubber dome that stores more potential energy for a responsive key press."
  • What's underneath the scissor mechanism? Hey, we'll ask the questions here—you just finish taking this thing apart.

  • Wait, scratch that—reverse it.

  • Here's a look at the "Apple-designed rubber dome that stores more potential energy for a responsive key press."

  • Beneath that, a backlight assembly with an interesting pattern—more on that later.

  • And bordering all that, a thin black gasket—presumably to stop the bright bits from bleeding out past the edge of the key.

  • Compared once again with the desktop Magic Keyboard:

  • The two scissor mechanisms look nearly identical. The old Magic scissor is ever-so-slightly thicker (1.6 vs 1.38 mm).

  • 0.22 mm may not seem like much, but no doubt a lot of engineering went into the re-creation of this slender new scissor switch.

シザー機構の下には何があるのでしょうか?

ここにある1回毎のキーの打鍵に対して、位置エネルギーを蓄える”Appleデザインのラバードーム”をご覧ください。

ラバードームの下には、面白いパターンのバックライトアセンブリが搭載されていますー詳細は後ほど。

このバックライトアセンブリの周辺に沿って、薄い黒のガスケットが付いています。照射されたキーの先端を通過して他の場所から光が漏れないようにするためでしょう。

デスクトップのMagic Keyboardと再び比較して見ます。

両モデルのシザー機構は大変よく似ています。古いMagicシザーはほんの少し厚みがあります。(1.6mmと1.38 mm)

0.22 mmの差は、大したことではないように聞こえますが、このスレンダーな新シザースイッチを再設計するために、様々なエンジニア技術が注ぎ込まれているのは間違いありません。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります