メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 11を翻訳中

手順11
We slowly peel away the keyboard backlight, hoping to find Magic underneath. The backlight assembly consists of a flexible diffuser, which carries light from LEDs along the edges. Flexible diffusers are common, but this one looks specially etched, possibly to maximize brightness and evenness. Underneath the backlight, we spot some Pentalobe P2 screws along the edges of the metal keyboard frame. Could it be? Can we unscrew this thing to swap a busted key after a Dorito-fueled type-a-thon?
  • We slowly peel away the keyboard backlight, hoping to find Magic underneath.

  • The backlight assembly consists of a flexible diffuser, which carries light from LEDs along the edges. Flexible diffusers are common, but this one looks specially etched, possibly to maximize brightness and evenness.

  • Underneath the backlight, we spot some Pentalobe P2 screws along the edges of the metal keyboard frame. Could it be? Can we unscrew this thing to swap a busted key after a Dorito-fueled type-a-thon?

  • Nooooo! Once again, the keyboard assembly is riveted down. Though the switches are likely less vulnerable to crumbly assailants, the keyboard itself isn't any more repairable than the Butterfly boards.

  • It's basically 2016 all over again: we've got a new keyboard married to a non-serviceable design, with only Apple's word that it "won't break." And this one isn't even a part of the Keyboard Service Program, so ... : /

  • The one glimmer of hope is that this new keyboard design is extremely similar to past Apple keyboards that have mostly withstood the test of time.

  • Refusing to leave this keyboard interaction empty-handed, we pry up the keyboard as much as we can to get a glimpse at what makes it click. We are rewarded with a look at the flexible PCB layer sandwiched between the key and the metal backplate where the button presses happen ... but no magic.

キーボードのバックライトの下にMagicがあることを期待して、これを慎重に剥がします。

バックライトアセンブリに入っているものは、フレキシブルディフィーザーで、LEDが発光するライトをエッジに沿って照射します。このフレキシブルなディフューザーは一般的ですが、このモデルは特別なエッチングがされており、輝度を最大にしたり、均一に保つことができるようです。

バックライトの下、メタル製キーボードフレームのエッジに沿って、ペンタローブP2ネジが数本使用されています。もしかすると? Doritosの食べこぼしで潰れたキーを交換するために、外して交換ができるのでしょうか?

Nooooo!このモデルでも、キーボードアセンブリはリベット(ピン)で固定されています。スイッチは小さなゴミなどの危険な侵入者に対して、耐久性があるようですが、このキーボードは、Butterflyキーボードと比べて修理難易度が改善されることはありません。

つまるところ、2016年に出戻りです。修理できないデザインの新しいキーボードです。そしてAppleの約束の言葉”壊れない”を信じるしかありません。そしてこのモデルはAppleのキーボードサービスプログラムの対象となっていません。ということは… : /

唯一の残された希望は、この新キーボードのデザインが、耐久性があった過去のApple製品キーボードと酷似していることです。

このキーボードを点検せずに、次の作業に移れません。できる限りキーボードをこじ開けて、その仕組みを調査します。フレキシブルなPCBレイヤーがキーと、ボタンが打鍵されるメタル製バックライトの間に挟まっています。しかし、ここにマジックはありません。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります