メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 12を翻訳中

手順12
Now that all our keyboard questions are laid to rest, we can move on to the rest of the bits still lying around. First up, these fancy new XL-Earpods speakers with an extended enclosure, and opposed woofers on the top and bottom. The opposed woofers are supposed to cancel each other's vibration out. Kinda like the anti-noise feature of the new AirPods Pro, but ... with bass. Anti-bass?
  • Now that all our keyboard questions are laid to rest, we can move on to the rest of the bits still lying around.

  • First up, these fancy new XL-Earpods speakers with an extended enclosure, and opposed woofers on the top and bottom.

  • The opposed woofers are supposed to cancel each other's vibration out. Kinda like the anti-noise feature of the new AirPods Pro, but ... with bass. Anti-bass?

  • We aren't as sure about the elongated enclosure, but our best guess is that the new shape redirects sound to improve its quality. Maybe extra volume was needed to accommodate the second woofer?

  • Next, another sound upgrade: a "high performance" three-mic array. It's laid out similarly to the three-mic array in the 2018 MacBook Air, but looks a little beefier, which could mean these are higher-quality mics.

  • Finally, the lithium powerhouse that's probably drawing a suspicious glare from the FAA: Apple's 99.8 Wh battery (11.36 V, 8790 mAh).

  • That's the largest battery we've ever seen in a MacBook—a 4.8 Wh increase over the 17" MacBook Pro, and a huge 16.2 Wh increase over the latest 15" MacBook Pro.

  • Where did this extra capacity come from? Here, Apple pulled an iPhone 11—each battery cell looks identical to its predecessor, but measures 0.8 mm thicker on average.

これで私たちが新キーボードに抱いていた疑問は解決されました。その他のパーツに注目します。

まず最初に、拡張された筐体の中に入った素晴らしい新XLサイズのEarPodsスピーカーです。この各スピーカーには上向き/下向きのウーファーが搭載されています。

上下を向いたウーファーの目的は、振動をキャンセルするためでしょう。この機能は、新AirPods Proに付いているアンチノイズ機能に似ています。しかし…ベースが付いています。これはアンチベースと呼ぶのでしょうか?

この筐体に付いている細長い部分は一体何なのか確かではありません。この新しい形は音質を向上させるために、サウンドをリダイレクトするものではないかと推測します。2つ目のウーファーを搭載するためのスペースが必要だったのかもしれません?

次に取り出すのは、別のサウンドアップグレード機能です。すなわち”高性能”な3つのマイクアレイです。2018年MacBook Airの3つのマイクアレイの配置とよく似ていますが、こちらの方が高音質マイクという意味では、頑丈に見えます。

最後に、この99.8 Whリチウムイオンバッテリー (11.36 V, 8790 mAh) は、米国連邦航空局(FAA)より厳しい監視を受けるでしょう。機内持ち込み制限(100Wh)をかろうじてクリアしているからです。

これはMacBook史上、最大容量のバッテリーです。17インチMacBook Proの容量を4.8 Wh上回り、最新15インチMacBook Proの容量からなんと16.2 Whも増量しました。

バッテリー容量の増大はどこから来たのでしょうか?AppleのiPhone 11では、非常によく似たバッテリーセルが搭載されています。サイズを計測すると、平均で0.8 mm厚くなりました。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります