メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 13を翻訳中

手順13
Teardown Update: Hey, what's this little flex cable doing here? We don't remember seeing this before, and MacRumors was kind enough to ask us about it. We have to fully remove the display to investigate, but it turns out there's a new sensor facing the left-side hinge, and a magnet embedded in the hinge itself. The arrow on the magnet indicates alignment/polarity, which rotates in sync with the display. Looks like Apple added a lid angle sensor. Why would they need that? Will this enable some cool new macOS feature?
  • Teardown Update: Hey, what's this little flex cable doing here? We don't remember seeing this before, and MacRumors was kind enough to ask us about it.

  • We have to fully remove the display to investigate, but it turns out there's a new sensor facing the left-side hinge, and a magnet embedded in the hinge itself. The arrow on the magnet indicates alignment/polarity, which rotates in sync with the display.

  • Looks like Apple added a lid angle sensor. Why would they need that? Will this enable some cool new macOS feature?

  • Maybe. It could also be a clever way for Apple to trace the history of how the device was used if repairs are needed. For instance, if the display cables fray, Apple might want to know how much the display was adjusted, and how often.

  • MacRumors did some additional gumshoeing, and found out that Apple wants this little sensor calibrated after repairs. Check out our post to speculate with us!

分解アップデート: ここにある小さなフレックスケーブルは何のためにあるのでしょうか?初めてこのケーブルを見ました。 親切にもMacRumorsが私たちにこのケーブルについて尋ねてくれました。

これを調査するにはディスプレイを完全に外さなければなりません。新しいセンサーは左側ヒンジに向かって付いており、マグネットがヒンジの中に埋め込まれています。マグネット上の矢印は、ディスプレイの開閉と同時に動き、その位置とNS極性を計測します。

Appleはリッド(蓋)アングルセンサーを加えたようです。なぜこのセンサーが必要なのでしょうか?これがあれば、macOSの新機能が可能になるのでしょうか?

多分そうでしょう。Appleにとって修理が必要な時には、デバイスの使用状態を追跡できる賢い利点もありそうです。例えばディスプレイケーブルが緩くなっている場合、Appleはどの程度、どの頻度でディスプレイが調節されたかを把握することができるでしょう。

MacRumorはこのセンサーについて、更なる調査をしました。Appleは修理後、この小さなセンサーをキャリブレーションさせたいことが判明しました。この件に関するブログポストをご覧ください!

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります