メインコンテンツにスキップ

はじめに

iPhone 7スクリーンを交換する方法が学べます。この修理ガイドは、スクリーンの交換用完全パーツを使って作業する方向けです。このパーツはフロントアセンブリ、イヤホンスピーカー、EMIシールドがすでに搭載されています。そのため、修理がより簡単に済みます。

必要な作業は、Touch ID機能を保つため、古いスクリーンを取り出して、新しいスクリーンにホームボタンを取り付けることです。

ビデオの概要

  1. 作業開始前にiPhoneバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。
    • 作業開始前にiPhoneバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。

    • 分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhoneのディスプレイを開口するとディスプレイ上の耐水性シールにダメージを与えてしまいます。再組み立ての際、接着シールを交換しなくても通常通り機能しますが、耐水機能を保てないことを留意ください。

    • iPhone下部底面に留められた3.4㎜ペンタローブネジを2本取り出します。

  2. ディスプレイのガラスにひびが入っている場合は、作業中ひびが拡大し、怪我をしないようにガラス表面をテーピングします。 透明の梱包用テープをiPhoneのディスプレイ全体に二重にして貼ってください。 この作業はガラスの破片が飛び散らないよう固定し、ディスプレイを持ち上げたりこじ開けた際に構造を保ってくれます。
    • ディスプレイのガラスにひびが入っている場合は、作業中ひびが拡大し、怪我をしないようにガラス表面をテーピングします。

    • 透明の梱包用テープをiPhoneのディスプレイ全体に二重にして貼ってください。

    • この作業はガラスの破片が飛び散らないよう固定し、ディスプレイを持ち上げたりこじ開けた際に構造を保ってくれます。

    • 修理中、ガラスが飛び散ることもあります。保護メガネを装着してください。

    • 次の手順で壊れたガラスに吸盤カップが装着できない場合は、より強力なテープ(ダクトテープなど)を折り曲げて取手を作り、ディスプレイを引っ張り持ち上げます。

  3. iOpenerの下側端を温めると、ディスプレイに留められた圧着剤が柔らかくなり開口しやすくなります。
    • iOpenerの下側端を温めると、ディスプレイに留められた圧着剤が柔らかくなり開口しやすくなります。

    • ヘアドライヤーもしくはiOpener を準備してiPhoneの下側端に約1分間載せます。下に付けられた圧着剤が柔らかくなります。

  4. 吸盤カップをディスプレイアセンブリの下部半分より下、かつホームボタンよりも上の位置にくっつけます。 吸盤カップがホームボタンに重ならないように注意してください。重なってしまうと吸盤カップとフロントガラスの間に隙間ができて、しっかりと吸着することができません。
    • 吸盤カップをディスプレイアセンブリの下部半分より下、かつホームボタンよりも上の位置にくっつけます。

    • 吸盤カップがホームボタンに重ならないように注意してください。重なってしまうと吸盤カップとフロントガラスの間に隙間ができて、しっかりと吸着することができません。

  5. ディスプレイアセンブリと背面ケースの間に小さな隙間が出来るように吸盤カップで引き上げます。 スパッジャーの平たい先端を隙間に差し込みます。 ディスプレイを留めている耐水性のある接着剤はとても強力です。最初の隙間を作るためにかなりの努力が必要です。もし隙間を作るのが難しい場合は、スパッジャーを内部に差し込めるほどの隙間ができるまで、吸盤カップを上下に動かし続けてください。
    • ディスプレイアセンブリと背面ケースの間に小さな隙間が出来るように吸盤カップで引き上げます。

    • スパッジャーの平たい先端を隙間に差し込みます。

    • ディスプレイを留めている耐水性のある接着剤はとても強力です。最初の隙間を作るためにかなりの努力が必要です。もし隙間を作るのが難しい場合は、スパッジャーを内部に差し込めるほどの隙間ができるまで、吸盤カップを上下に動かし続けてください。

  6. iPhoneの下部端から左側に沿ってスパッジャーを動かします。 ディスプレイと背面ケースの間に出来た隙間を広げるために、スパッジャーをひねりながら動かします。 ディスプレイと背面ケースの間に出来た隙間を広げるために、スパッジャーをひねりながら動かします。
    • iPhoneの下部端から左側に沿ってスパッジャーを動かします。

    • ディスプレイと背面ケースの間に出来た隙間を広げるために、スパッジャーをひねりながら動かします。

  7. スパッジャーをiPhone下部端から左側に移して、下から音量ボタンとサイレントスイッチを通って上部に向けて動かしていきます。 ディスプレイ上部端をリアケース側から外さないでください。プラスチッククリップで留められているため、無理に外そうとすると壊してしまいます。 ディスプレイ上部端をリアケース側から外さないでください。プラスチッククリップで留められているため、無理に外そうとすると壊してしまいます。
    • スパッジャーをiPhone下部端から左側に移して、下から音量ボタンとサイレントスイッチを通って上部に向けて動かしていきます。

    • ディスプレイ上部端をリアケース側から外さないでください。プラスチッククリップで留められているため、無理に外そうとすると壊してしまいます。

  8. デバイス下側の右側角にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。 ディスプレイアセンブリとリアケースの間の隙間を広げるためスパッジャーをひねりながら動かしていきます。 スパッジャーの平面側先端をデバイス右側から上部に向けてスライドして動かします。同時にディスプレイに留められた圧着剤をスパッジャーで切り込みます。
    • デバイス下側の右側角にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • ディスプレイアセンブリとリアケースの間の隙間を広げるためスパッジャーをひねりながら動かしていきます。

    • スパッジャーの平面側先端をデバイス右側から上部に向けてスライドして動かします。同時にディスプレイに留められた圧着剤をスパッジャーで切り込みます。

  9. 吸盤カップを引き上げて、ディスプレイを持ち上げてiPhoneを開けます。 10度以上ディスプレイを持ち上げないでください。デバイスの右端にはリボンケーブルがあり、ディスプレイとロジックボードを繋いでいます。
    • 吸盤カップを引き上げて、ディスプレイを持ち上げてiPhoneを開けます。

    • 10度以上ディスプレイを持ち上げないでください。デバイスの右端にはリボンケーブルがあり、ディスプレイとロジックボードを繋いでいます。

  10. 吸盤カップの小さなノブを持ち上げてフロントパネルから外します。
    • 吸盤カップの小さなノブを持ち上げてフロントパネルから外します。

  11. 開口ピックをiPhoneのリアケースとフロントパネルの間の上端に差し込みます。スクリーンを固定している残りの圧着剤を剥がします。 デバイス上端にあるプラスチック製クリップにダメージを与えないようご注意ください。
    • 開口ピックをiPhoneのリアケースとフロントパネルの間の上端に差し込みます。スクリーンを固定している残りの圧着剤を剥がします。

    • デバイス上端にあるプラスチック製クリップにダメージを与えないようご注意ください。

  12. デバイスの上端からディスプレイアセンブリをわずかに引き離し、背面ケースに留められたクリップを外します。 本のバックカバーを開くように、左側からディスプレイをめくってiPhoneの内部を開いていきます。 ディスプレイを完全に外さないでください。まだリボンケーブルがiPhoneのロジックボードに接続されています。
    • デバイスの上端からディスプレイアセンブリをわずかに引き離し、背面ケースに留められたクリップを外します。

    • 本のバックカバーを開くように、左側からディスプレイをめくってiPhoneの内部を開いていきます。

    • ディスプレイを完全に外さないでください。まだリボンケーブルがiPhoneのロジックボードに接続されています。

  13. コネクターブラケット下部から次のトライポイント Y000 ネジを取り外します。
    • コネクターブラケット下部から次のトライポイント Y000 ネジを取り外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 2.4 mmネジー1本

  14. 下側のコネクターブラケットを取り出します。
    • 下側のコネクターブラケットを取り出します。

  15. スパジャーの尖ったほうの先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボードのソケットから外します。 バッテリーコネクターがソケットに接触してiPhoneの電源が入らないようにするため、わずかにコネクターケーブルを上に曲げます。 バッテリーコネクターがソケットに接触してiPhoneの電源が入らないようにするため、わずかにコネクターケーブルを上に曲げます。
    • スパジャーの尖ったほうの先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボードのソケットから外します。

    • バッテリーコネクターがソケットに接触してiPhoneの電源が入らないようにするため、わずかにコネクターケーブルを上に曲げます。

  16. この手順でケーブルの接続を外したり再接続する前にバッテリーが切れていることを確認してください。 スパッジャーの平面側先端や指の爪を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクタをまっすぐ引き上げて、接続を外します。 これらのケーブルを再接続する際は、カチッと音がして装着されるまで、コネクタの先端をソケットに押し込みます。それから反対側のコネクタも同じ作業を繰り返します。コネクタの中央部分を押さないでください。コネクタが僅かでもずれてしまうと曲がってしまい、永続的なダメージの原因となります。
    • この手順でケーブルの接続を外したり再接続する前にバッテリーが切れていることを確認してください。

    • スパッジャーの平面側先端や指の爪を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクタをまっすぐ引き上げて、接続を外します。

    • これらのケーブルを再接続する際は、カチッと音がして装着されるまで、コネクタの先端をソケットに押し込みます。それから反対側のコネクタも同じ作業を繰り返します。コネクタの中央部分を押さないでください。コネクタが僅かでもずれてしまうと曲がってしまい、永続的なダメージの原因となります。

    • もしiPhoneを組み立て直した後に、画面が真っ暗になったり、白い線が表示されたり、タッチの反応が悪い場合は、両方のケーブルを取り外して慎重に再接続し、完全に装着されていることを確認してください。

  17. 正面パネルのセンサーアセンブリコネクター上に固定されたブラケットから1.3 mmプラスネジを2本外します。 ブラケットを取り出します。 ブラケットを取り出します。
    • 正面パネルのセンサーアセンブリコネクター上に固定されたブラケットから1.3 mmプラスネジを2本外します。

    • ブラケットを取り出します。

  18. 正面パネルのセンサーアセンブリコネクターの接続をロジックボード上のソケットから外します。 再度接続する際には、この平たいコネクターが曲がるリスクを最小にするために、コネクターを一度に接続してください。
    • 正面パネルのセンサーアセンブリコネクターの接続をロジックボード上のソケットから外します。

    • 再度接続する際には、この平たいコネクターが曲がるリスクを最小にするために、コネクターを一度に接続してください。

  19. ディスプレイアセンブリを取り出します。
  20. Home/Touch ID センサー上のブラケットから次のY000ネジを4本外します。
    • Home/Touch ID センサー上のブラケットから次のY000ネジを4本外します。

    • 1.1 mmネジー1本

    • 1.3 mmネジー3本

    • 再組み立ての際は、これらのネジを締めすぎないようにご注意ください。ホームボタンが機能しない場合がありあす。

  21. Home /Touch IDセンサーを固定しているブラケットを外します。
    • Home /Touch IDセンサーを固定しているブラケットを外します。

  22. ホームボタンケーブルのソケットからホームボタンケーブルコネクターの左側先端を持ち上げて接続を外します。 もし外す前にコネクター全体が持ち上がってきたら、スパッジャーの平面側を使ってコネクターの上部先端のケーブルを押し込んでください。同時に、コネクターの左側先端を持ち上げます。ケーブルやコネクターにダメージを与えないようご注意ください。センサーに恒久的なダメージが入ってしまいます。 もし外す前にコネクター全体が持ち上がってきたら、スパッジャーの平面側を使ってコネクターの上部先端のケーブルを押し込んでください。同時に、コネクターの左側先端を持ち上げます。ケーブルやコネクターにダメージを与えないようご注意ください。センサーに恒久的なダメージが入ってしまいます。
  23. 丁寧にコネクターの接続箇所を持ち上げます。そしてHome/Touch IDケーブルに接触しないようにコネクターを移動します。 この手順でiPhoneにダメージを与えてしまう可能性が非常に高くなります。ゆっくりと丁寧にツールで持ち上げてください。Touch IDにダメージを与えてしまった場合は、Appleのみでしか対応できません。
    • 丁寧にコネクターの接続箇所を持ち上げます。そしてHome/Touch IDケーブルに接触しないようにコネクターを移動します。

    • この手順でiPhoneにダメージを与えてしまう可能性が非常に高くなります。ゆっくりと丁寧にツールで持ち上げてください。Touch IDにダメージを与えてしまった場合は、Appleのみでしか対応できません。

    • コネクターの接続が簡単に持ち上がらない場合は、ヘアドライヤーやiOpenerを使ってコネクタを固定している圧着剤を温めて柔らかくしてください。それから作業を続けます。

    • コネクターを完全に外さないでください。少しだけ持ち上げるとその下にあるHome/Touch ID センサーケーブルが取り出せます。

  24. デリケートなケーブルを固定している圧着剤を柔らかくするため、Home/Touch IDセンサー付近を温めてください。安全にケーブルが取り出せます。
    • デリケートなケーブルを固定している圧着剤を柔らかくするため、Home/Touch IDセンサー付近を温めてください。安全にケーブルが取り出せます。

    • ディスプレイアセンブリを裏返しにします。ヘアドライヤーやiOpenerを準備してディスプレイの下半分に約90秒乗せてください。下に留められた圧着剤を柔らかくします。

  25. 開口ピックを使って、ディスプレイパネルの裏側にHome/Touch IDセンサーケーブルを固定している圧着剤を剥がすため、丁寧に切り込みます。 開口ピックを使って、ディスプレイパネルの裏側にHome/Touch IDセンサーケーブルを固定している圧着剤を剥がすため、丁寧に切り込みます。 開口ピックを使って、ディスプレイパネルの裏側にHome/Touch IDセンサーケーブルを固定している圧着剤を剥がすため、丁寧に切り込みます。
    • 開口ピックを使って、ディスプレイパネルの裏側にHome/Touch IDセンサーケーブルを固定している圧着剤を剥がすため、丁寧に切り込みます。

  26. ディスプレイの正面側からHome /Touch ID センサーアセンブリを持ち上げて、取り出します。
    • ディスプレイの正面側からHome /Touch ID センサーアセンブリを持ち上げて、取り出します。

    • 再インストールをする際は、まずディスプレイ正面のホールにケーブルを通します。

    • 交換用パーツには予備のY000ネジがすでにホームボタンの右側に付けられている場合があります。不必要なネジを取り出してから、ホームボタンブラケットを再インストールしてください。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、ディスプレイ上の接着剤を再装着する方法とこれらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

548 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Evan Noronha

メンバー登録日: 2015年02月05日

179,634 ポイント

177のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

107 メンバー

9,591のガイドは作成済み

78 件のコメント

When putting the screen back on will the device loose it's water-resistant properties?

Joseph - 返信

Wondering this too.

Draydan -

It will for sure lose it's water-resistant properties. So, please replace the water-resistant adhesive before assembly.

Jojo -

Yes, but you can buy a new replacement seal for a few bucks. However, it is extremely thin and very sticky so its almost impossible to do it right the first time (imagine placing a needle thin sized rubber band covered in glue around the tiny ledge you phone screen sits on). I would suggest you buy two because it is likely you’ll need a second shot at it…because if any part gets misplaced and sticks to the wrong spot, it will not come off, and that “sticky rubber band” turns into this horrible stringy tar/chewing gum ring that is impossible to manipulate…fair warning… it will most likely be pretty water resistant even if you don’t add a new seal to it… its not a waterproof phone in the first place :)

jaicdc -

Yes it will lose the water-resistant abilities. It is very hard to seal it back to it's original state.

Alec - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 738

過去 7 日: 5,197

過去 30 日: 22,509

今までの合計 680,581