メインコンテンツにスキップ

はじめに

iPhone 6s Plusのスクリーンを交換する方法を学べます。このパーツにはフロントカメラ、センサアセンブリとEMIシールドが既に搭載されています。これで修理がより簡単に済みます。

必要な作業は、Touch ID 機能を持たせるために、元のホームボタンを新しいディスプレイに移すことが重要です。

またこの手順を使って、

ディスプレイケーブルブラケットの交換ができます。

ビデオの概要

  1. iPhoneを解体する前にバッテリーの残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーにダメージを与えると引火や爆発の恐れがあります。
    • iPhoneを解体する前にバッテリーの残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーにダメージを与えると引火や爆発の恐れがあります。

    • 解体を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • Lightningポートの両端に留められた3.4 mmペンタローブネジを2本外します。

  2. ディスプレイのガラスが割れている場合、作業中さらにダメージが広がったり、作業中、怪我をしないようガラスの表面にテープを貼ります。 透明な粘着テープをiPhoneディスプレイ表面上に二重に装着します。 この手順によってディスプレイを持ち上げた際に、ガラスが飛び散ったりすることなく、構造を保つことができます。
    • ディスプレイのガラスが割れている場合、作業中さらにダメージが広がったり、作業中、怪我をしないようガラスの表面にテープを貼ります。

    • 透明な粘着テープをiPhoneディスプレイ表面上に二重に装着します。

    • この手順によってディスプレイを持ち上げた際に、ガラスが飛び散ったりすることなく、構造を保つことができます。

    • 作業中、ガラスが飛び散ることがあるため、保護メガネを着用してください。

    • 次のひび割れたガラスのため、次の手順で吸盤カップを引き上げれない場合は、ダクトテープのような強力な粘着テープを使ってハンドルを作り引き上げてください。

  3. 6s Plus ディスプレイの開口作業は、ディスプレイ周辺に留められた薄い接着タブを剥がすことから始まります。交換用の接着タブを使用する場合は、作業前に準備してください。接着剤タブをそのまま使用しても、機能上は問題ありません。
    • 6s Plus ディスプレイの開口作業は、ディスプレイ周辺に留められた薄い接着タブを剥がすことから始まります。交換用の接着タブを使用する場合は、作業前に準備してください。接着剤タブをそのまま使用しても、機能上は問題ありません。

    • ディスプレイアセンブリ下側左端に吸盤カップを取り付けます。

  4. フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作るため、吸盤カップを一定の強さでゆっくりと引き上げます。 力強く引っ張るとディスプレイアセンブリにダメージを与えてしまうことがあります。リアケースとディスプレイアセンブリの間に小さな隙間を作る程度の力加減にします。
    • フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作るため、吸盤カップを一定の強さでゆっくりと引き上げます。

    • 力強く引っ張るとディスプレイアセンブリにダメージを与えてしまうことがあります。リアケースとディスプレイアセンブリの間に小さな隙間を作る程度の力加減にします。

  5. 一番最初に開口する安全な場所はヘッドホンジャック上部のフロントパネル下にできる隙間です。 吸盤カップを持ち上げながら、ヘッドフォンジャック上部の隙間にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。 吸盤カップを持ち上げながら、ヘッドフォンジャック上部の隙間にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。
    • 一番最初に開口する安全な場所はヘッドホンジャック上部のフロントパネル下にできる隙間です。

    • 吸盤カップを持ち上げながら、ヘッドフォンジャック上部の隙間にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

  6. フロントパネルとリアケースの隙間を広げるようにスパッジャーをひねりながらスライドします。 フロントパネルとリアケースの隙間を広げるようにスパッジャーをひねりながらスライドします。
    • フロントパネルとリアケースの隙間を広げるようにスパッジャーをひねりながらスライドします。

  7. 吸盤カップをしっかりと引き上げながら、ディスプレイの左側角までスパッジャーの先端をスライドします。 吸盤カップをしっかりと引き上げながら、ディスプレイの左側角までスパッジャーの先端をスライドします。 吸盤カップをしっかりと引き上げながら、ディスプレイの左側角までスパッジャーの先端をスライドします。
    • 吸盤カップをしっかりと引き上げながら、ディスプレイの左側角までスパッジャーの先端をスライドします。

  8. スパッジャーの先端をフロントパネルとリアケースの間に入れ、押し上げながらデバイス本体左側までスライドして開口します。 スパッジャーの先端をフロントパネルとリアケースの間に入れ、押し上げながらデバイス本体左側までスライドして開口します。
    • スパッジャーの先端をフロントパネルとリアケースの間に入れ、押し上げながらデバイス本体左側までスライドして開口します。

  9. スパッジャーの平面側先端をディスプレイ下部の右側角に差し込みます。 スパッジャーを右側に沿ってスライドします。
    • スパッジャーの平面側先端をディスプレイ下部の右側角に差し込みます。

    • スパッジャーを右側に沿ってスライドします。

  10. プラスチックの開口ツールを使ってリアケースを下向きに押さえながら固定し、デバイスを吸盤カップで引き上げます。 ディスプレイを完全に外さないでください。iPhone上部端に付けられたディスプレイ用のデータケーブルにダメージを与えてしまいます。
    • プラスチックの開口ツールを使ってリアケースを下向きに押さえながら固定し、デバイスを吸盤カップで引き上げます。

    • ディスプレイを完全に外さないでください。iPhone上部端に付けられたディスプレイ用のデータケーブルにダメージを与えてしまいます。

  11. iPhone X用修理キット

    Warranty up? No worries, we’ve got the fix.

    ショップを見る

    iPhone X用修理キット

    Warranty up? No worries, we’ve got the fix.

    ショップを見る
  12. 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を引っ張り、ディスプレイから外します。 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を引っ張り、ディスプレイから外します。
    • 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を引っ張り、ディスプレイから外します。

  13. デバイス本体上部を蝶番のようにして、リアケースからディスプレイアセンブリのホームボタン端を持ち上げ、iPhoneを開きます。 ディスプレイを直角に開き、作業中邪魔にならないよう、後ろ側に衝立を置き開いたまま固定します。 90度以上ディスプレイを開かないでください。ディスプレイ、デジタイザー、切断しやすい正面カメラケーブルが本体上部と繋がった状態です。
    • デバイス本体上部を蝶番のようにして、リアケースからディスプレイアセンブリのホームボタン端を持ち上げ、iPhoneを開きます。

    • ディスプレイを直角に開き、作業中邪魔にならないよう、後ろ側に衝立を置き開いたまま固定します。

    • 90度以上ディスプレイを開かないでください。ディスプレイ、デジタイザー、切断しやすい正面カメラケーブルが本体上部と繋がった状態です。

    • 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように輪ゴムなどで留めてください。これはディスプレイケーブルに予期せぬ圧力が加わらないように保護するためです。

    • 急ぎの場合は、未開封の飲料用缶を使ってディスプレイに立てかけることもできます。

  14. 基板に留められたバッテリーコネクターブラケットから、次のプラスネジを取り外します。
    • 基板に留められたバッテリーコネクターブラケットから、次のプラスネジを取り外します。

    • 2.9 mmネジー1本

    • 2.3 mmネジー1本

  15. バッテリーコネクターブラケットを取り出します。 バッテリーコネクターブラケットを取り出します。
    • バッテリーコネクターブラケットを取り出します。

  16. スパッジャーの先端を使って、基板からバッテリーコネクターの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、基板からバッテリーコネクターの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、基板からバッテリーコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、基板からバッテリーコネクターの接続を外します。

  17. 作業中、コネクターが誤って接続してしまいiPhoneの電源が入らないように、コネクターの接続を外したら反対側に折り返します。 作業中、コネクターが誤って接続してしまいiPhoneの電源が入らないように、コネクターの接続を外したら反対側に折り返します。 作業中、コネクターが誤って接続してしまいiPhoneの電源が入らないように、コネクターの接続を外したら反対側に折り返します。
    • 作業中、コネクターが誤って接続してしまいiPhoneの電源が入らないように、コネクターの接続を外したら反対側に折り返します。

  18. 次のプラスネジを外します。
    • 次のプラスネジを外します。

    • 1.3 mmネジー3本

    • 1.6 mmネジー1本

    • 3.0 mmネジー1本

    • 再組み立ての際は、この3.0 mmネジをブラケットの右端上部の定位置に必ず取り付けてください。謝った箇所に取り付けてしまうと基板にダメージを与えてしまうことがあります。

  19. ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。 ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。
    • ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。

  20. コネクターのみに差し込んで接続外してください。基板上のソケットには触らないでください。 プラスチック製開口ツールを使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。
    • コネクターのみに差し込んで接続外してください。基板上のソケットには触らないでください。

    • プラスチック製開口ツールを使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。

  21. プラスチック製の開口ツールを使って、ディスプレイのデーターケーブルコネクターの接続を外します。 デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクター中央を押さないでください。一方のコネクター端を押し込んでから、片方の端を押します。コネクターの中央を押さえてしまうと、コンポーネントが曲がり、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。
    • プラスチック製の開口ツールを使って、ディスプレイのデーターケーブルコネクターの接続を外します。

    • デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクター中央を押さないでください。一方のコネクター端を押し込んでから、片方の端を押します。コネクターの中央を押さえてしまうと、コンポーネントが曲がり、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。

  22. この手順ではケーブルの接続を外す、もしくは再接続する前に、バッテリーが外れていることを確認してください。 ロジックボード上のソケットから、ディスプレイケーブルをまっすぐ引き抜いて接続を外します。
    • この手順ではケーブルの接続を外す、もしくは再接続する前に、バッテリーが外れていることを確認してください。

    • ロジックボード上のソケットから、ディスプレイケーブルをまっすぐ引き抜いて接続を外します。

  23. ディスプレイアセンブリを取り出します。 再組み立ての際、ディスプレイ周辺に留められた接着タブ交換する場合はここで作業を止めて、このガイドを参照してください。
    • ディスプレイアセンブリを取り出します。

    • 再組み立ての際、ディスプレイ周辺に留められた接着タブ交換する場合はここで作業を止めて、このガイドを参照してください

  24. ホームボタンブラケットに留められた2本の1.9 mmプラスネジを外します。
    • ホームボタンブラケットに留められた2本の1.9 mmプラスネジを外します。

  25. ホームボタンブラケットを取り出します。 ホームボタンブラケットを取り出します。
    • ホームボタンブラケットを取り出します。

  26. スパッジャーの先端を使って、ディスプレイアセンブリ上のコネクターからホームボタンケーブルの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、ディスプレイアセンブリ上のコネクターからホームボタンケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ディスプレイアセンブリ上のコネクターからホームボタンケーブルの接続を外します。

  27. 指先を使って、フロントパネルからホームボタンアセンブリのゴム製ガスケットを外すため、指先を使って丁寧にホームボタンをフロント側から押し上げます。 ガスケットは大変薄く、簡単に裂けてしまいます。一定の力加減でゆっくりと剥がしてください。
    • 指先を使って、フロントパネルからホームボタンアセンブリのゴム製ガスケットを外すため、指先を使って丁寧にホームボタンをフロント側から押し上げます。

    • ガスケットは大変薄く、簡単に裂けてしまいます。一定の力加減でゆっくりと剥がしてください。

  28. スパッジャーの先端を使って、ディスプレイアセンブリ上に軽く接着されているホームボタンフレックスケーブルを外します。 スパッジャーの先端を使って、ディスプレイアセンブリ上に軽く接着されているホームボタンフレックスケーブルを外します。 スパッジャーの先端を使って、ディスプレイアセンブリ上に軽く接着されているホームボタンフレックスケーブルを外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ディスプレイアセンブリ上に軽く接着されているホームボタンフレックスケーブルを外します。

  29. ホームボタンアセンブリを取り出します。 ホームボタンアセンブリを取り出します。
    • ホームボタンアセンブリを取り出します。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

399 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

236,080 ポイント

202のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

99 メンバー

9,205のガイドは作成済み

What do you do about the 3D touch?

Brayden Weller - 返信

The 3D Touch sensor should be integrated into the replacement part that you buy. If you check out our display teardown you can see that it's embedded two layers deep in the display assembly, so there are no discrete parts you need to worry about.

Evan Noronha -

it's great, thanks

sharonsl - 返信

And if you replace the home button with a new one the finger sensor usually don't work again

Michael Kimmel - 返信

This is because the home button that originally comes with the phone is "married" is married to the phone. This connection can never be returned if home button is broken or replaced. That in turn makes touch id not work because its not coded to the phone. Apple can not remarry phones in case anybody was wondering. Take good care of your home button

massacre13581 -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 101

過去 7 日: 797

過去 30 日: 5,349

今までの合計 288,335