はじめに

iPhoneのスクリーン全体を交換するにはiFixit特製の Fixキット簡略版ガイドをご利用ください。

修理経験が豊富な方は、このガイドを使ってiPhoneのLCDとデジタイザーアセンブリ(別名:すぐにアクセスできる“フロントパネル”) のみを交換できます。この作業ではフロントカメラ、イヤホンスピーカー、LCDシールドプレート、ホームボタンアセンブリを含むコンポーネントをオリジナルのスクリーンから交換用スクリーンに移植しなければなりません。

必要な作業は、Touch ID(指紋認証スキャン用)を保つ為、古いスクリーンを取り出して、ホームボタンを新しいスクリーンに取り付けることです。

このガイドを使って、次のパーツを交換することができます。

  1. iPhoneを分解する前に、バッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、もしアクシデントで穴が空くと引火したり爆発する恐れがあります。
    • iPhoneを分解する前に、バッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、もしアクシデントで穴が空くと引火したり爆発する恐れがあります。

    • 分解する前に、iPhoneの電源をオフにします。

    • Lightningコネクターの両隣にある、iPhone下部の側面に留められた2本の3.4 mm P2ペンタロープネジを取り外します。

  2. ディスプレイのガラスにひびが入っている場合は、作業中ひびが拡大し、怪我をしないようにガラス表面をテーピングします。 透明の梱包用テープをiPhoneのディスプレイ全体に二重にして貼ってください。 この作業はガラスの破片が飛び散らないよう固定し、ディスプレイを持ち上げたりこじ開けた際に構造を保ってくれます。
    • ディスプレイのガラスにひびが入っている場合は、作業中ひびが拡大し、怪我をしないようにガラス表面をテーピングします。

    • 透明の梱包用テープをiPhoneのディスプレイ全体に二重にして貼ってください。

    • この作業はガラスの破片が飛び散らないよう固定し、ディスプレイを持ち上げたりこじ開けた際に構造を保ってくれます。

    • 修理中、ガラスが飛び散ることもあります。保護メガネを装着してください。

    • 次の手順で壊れたガラスに吸盤カップが装着できない場合は、より強力なテープ(ダクトテープなど)を折り曲げて取手を作り、ディスプレイを引っ張り持ち上げます。

  3. 6sのディスプレイを開口するにはディスプレイ周囲の薄い接着タブを剥離しなければなりません。作業前に接着タブの交換用接着タブを用意してください。接着タブを交換しなくても修理は可能で、おそらく機能性の違いを感じることはありません。
    • 6sのディスプレイを開口するにはディスプレイ周囲の薄い接着タブを剥離しなければなりません。作業前に接着タブの交換用接着タブを用意してください。接着タブを交換しなくても修理は可能で、おそらく機能性の違いを感じることはありません。

    • 吸盤カップをディスプレイアセンブリの左側下部の端に当てます。

    • ホームボタンの上に吸盤カップを取り付けないでください。

  4. 吸盤カップを均一の強さで持ち上げます。その際、フロントパネルとリアケースの間に小さな隙間を作ります。 時間をかけて丁寧に、均一の力加減で持ち上げます。このディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べてしっかりと接着されています。
    • 吸盤カップを均一の強さで持ち上げます。その際、フロントパネルとリアケースの間に小さな隙間を作ります。

    • 時間をかけて丁寧に、均一の力加減で持ち上げます。このディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べてしっかりと接着されています。

    • 強く引っ張りすぎるとディスプレイアセンブリにダメージを与えてしまうことがあります。ディスプレイアセンブリとリアケースの間に、小さな隙間を作るぐらの力加減で持ち上げます。

  5. ヘッドホンジャックのちょうど真上、ディスプレイの下に隙間ができます。この箇所がデバイス本体を開口する際に最も安全な場所です。 スパッジャーの平面側先端を、ヘッドホンジャック上部のスクリーンとリアケースの隙間に差し込みます。
    • ヘッドホンジャックのちょうど真上、ディスプレイの下に隙間ができます。この箇所がデバイス本体を開口する際に最も安全な場所です。

    • スパッジャーの平面側先端を、ヘッドホンジャック上部のスクリーンとリアケースの隙間に差し込みます。

  6. フロントパネルアセンブリとデバイス本体の間に作った隙間を広げるためにスパッジャーをひねりながら動かします。 フロントパネルアセンブリとデバイス本体の間に作った隙間を広げるためにスパッジャーをひねりながら動かします。
    • フロントパネルアセンブリとデバイス本体の間に作った隙間を広げるためにスパッジャーをひねりながら動かします。

  7. ディスプレイアセンブリとリアケースの左側にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。 接着面を切り込みながらクリップを外していき、スパッジャーをデバイス本体の左側からの上部に向かってスライドします。
    • ディスプレイアセンブリとリアケースの左側にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • 接着面を切り込みながらクリップを外していき、スパッジャーをデバイス本体の左側からの上部に向かってスライドします。

  8. スパッジャーを一度抜いて、最初にスパッジャーを差し込んだ位置、本体の下部端に再度差し込みます。 次はスパッジャーをデバイス本体下部の右側に向かってスライドします。
    • スパッジャーを一度抜いて、最初にスパッジャーを差し込んだ位置、本体の下部端に再度差し込みます。

    • 次はスパッジャーをデバイス本体下部の右側に向かってスライドします。

  9. 続けてスパッジャーを右サイドに沿ってスライドしながら圧着剤を切り込み、ディスプレイのクリップをiPhoneから外します。 続けてスパッジャーを右サイドに沿ってスライドしながら圧着剤を切り込み、ディスプレイのクリップをiPhoneから外します。
    • 続けてスパッジャーを右サイドに沿ってスライドしながら圧着剤を切り込み、ディスプレイのクリップをiPhoneから外します。

  10. 吸盤カップをディスプレイから持ち上げながら開き、残りの圧着剤部分を剥がします。 3本のケーブルが本体上部で繋がっているため、90度以上ディスプレイを開かないでください。開きすぎるとケーブルを切断してしまいます。
    • 吸盤カップをディスプレイから持ち上げながら開き、残りの圧着剤部分を剥がします。

    • 3本のケーブルが本体上部で繋がっているため、90度以上ディスプレイを開かないでください。開きすぎるとケーブルを切断してしまいます。

  11. 吸盤カップのノブを緩めて、フロントパネルからカップを外します。 吸盤カップのノブを緩めて、フロントパネルからカップを外します。
    • 吸盤カップのノブを緩めて、フロントパネルからカップを外します。

  12. ディスプレイアセンブリを丁寧に手で押さえてデバイス本体から持ち上げます。上部に留められたクリップを蝶番にして開いてください。 ディスプレイを約90度まで開き、この位置で固定したままにします。衝立を利用してください。 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように、輪ゴムで留めてください。ディスプレイケーブルへの予期せぬ損傷を防ぎます。
    • ディスプレイアセンブリを丁寧に手で押さえてデバイス本体から持ち上げます。上部に留められたクリップを蝶番にして開いてください。

    • ディスプレイを約90度まで開き、この位置で固定したままにします。衝立を利用してください。

    • 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように、輪ゴムで留めてください。ディスプレイケーブルへの予期せぬ損傷を防ぎます。

    • 急ぎの時は未開封の飲料用缶を利用して、ディスプレイを固定できます。

  13. バッテリーコネクターブラケットに留められた次のプラスネジを2本外します。
    • バッテリーコネクターブラケットに留められた次のプラスネジを2本外します。

    • 2.9 mmネジー1本

    • 2.2 mmネジー1本

  14. iPhoneからバッテリーコネクターブラケットを取り出します。 iPhoneからバッテリーコネクターブラケットを取り出します。
    • iPhoneからバッテリーコネクターブラケットを取り出します。

  15. Pro Tech ツールキットを含むご注文、もしくは総額 $100ドル以上のご注文については送料無料です。

    当社のショップを閲覧する
  16. スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。

  17. 作業中、アクシデントでバッテリーが接続しないよう、ロジックボードからバッテリーコネクターを引き離し、ソケットから完全に離れた位置で固定します。 作業中、アクシデントでバッテリーが接続しないよう、ロジックボードからバッテリーコネクターを引き離し、ソケットから完全に離れた位置で固定します。
    • 作業中、アクシデントでバッテリーが接続しないよう、ロジックボードからバッテリーコネクターを引き離し、ソケットから完全に離れた位置で固定します。

  18. ディスプレイケーブルブラケットに留められた次のプラスネジを4本外します。
    • ディスプレイケーブルブラケットに留められた次のプラスネジを4本外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 2.8 mmネジー1本

  19. ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。 ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。
    • ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。

  20. スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットから正面カメラのフレックスケーブルをまっすぐ引き上げて接続を外します。 スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットから正面カメラのフレックスケーブルをまっすぐ引き上げて接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットから正面カメラのフレックスケーブルをまっすぐ引き上げて接続を外します。

  21. スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからデジタイザーケーブルをまっすぐ上に引き上げて接続を外します。 デジタイザケーブルを再接続する際は、コネクターの中央を押さないでください。コネクターの片一方を押し込んでから、反対側を押します。コネクターの中央を押すとコンポーネントが曲がり、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。
    • スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからデジタイザーケーブルをまっすぐ上に引き上げて接続を外します。

    • デジタイザケーブルを再接続する際は、コネクターの中央を押さないでください。コネクターの片一方を押し込んでから、反対側を押します。コネクターの中央を押すとコンポーネントが曲がり、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。

  22. スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからディスプレイデータケーブルをまっすぐ上に引き上げて外します。 スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからディスプレイデータケーブルをまっすぐ上に引き上げて外します。
    • スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからディスプレイデータケーブルをまっすぐ上に引き上げて外します。

  23. ディスプレイアセンブリを取り外します。
  24. ホームボタンブラケットから1.7 mmプラスネジを3本取り外します。
    • ホームボタンブラケットから1.7 mmプラスネジを3本取り外します。

    • これらのネジを締め付けすぎるとディスプレイの前面にダメージを与えることがあるので、注意してください。

  25. ホームボタンブラケット下側の端を持ち上げて、右側に留められた小さな留めネジを取り外します。 EMIシールドの下からブラケットをスライドして取り出します。 EMIシールドの下からブラケットをスライドして取り出します。
    • ホームボタンブラケット下側の端を持ち上げて、右側に留められた小さな留めネジを取り外します。

    • EMIシールドの下からブラケットをスライドして取り出します。

  26. スパッジャーを使って、ディスプレイパネル裏側のソケットからホームボタンコネクターの接続を外します。 スパッジャーを使って、ディスプレイパネル裏側のソケットからホームボタンコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーを使って、ディスプレイパネル裏側のソケットからホームボタンコネクターの接続を外します。

  27. フロントパネルからボタンガスケットを外すため、ディスプレイアセンブリのフロントからホームボタンを丁寧に押し上げます。 ガスケットはとても薄く、簡単に裂けてしまいます。一定の力加減で、ゆっくりと剥がしてください。
    • フロントパネルからボタンガスケットを外すため、ディスプレイアセンブリのフロントからホームボタンを丁寧に押し上げます。

    • ガスケットはとても薄く、簡単に裂けてしまいます。一定の力加減で、ゆっくりと剥がしてください。

  28. スパッジャーの先端を使って、ディスプレイパネル裏側からホームボタンのフレックスケーブルを取り外します。 スパッジャーの先端を使って、ディスプレイパネル裏側からホームボタンのフレックスケーブルを取り外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ディスプレイパネル裏側からホームボタンのフレックスケーブルを取り外します。

  29. ホームボタンアセンブリを取り出します。 ホームボタンアセンブリを取り出します。
    • ホームボタンアセンブリを取り出します。

  30. イヤホンスピーカーブラケットに留められた次のプラスネジを3本取り外します。
    • イヤホンスピーカーブラケットに留められた次のプラスネジを3本取り外します。

    • 2.3 mmネジー2本

    • 1.3 mm ネジー1本

  31. ブラケットのガスケットを剥がしながら、イヤホンスピーカーブラケットを持ち上げて取り出します。 ガスケットは薄く裂けやすいため、丁寧に作業を進めてください。 ガスケットは薄く裂けやすいため、丁寧に作業を進めてください。
    • ブラケットのガスケットを剥がしながら、イヤホンスピーカーブラケットを持ち上げて取り出します。

    • ガスケットは薄く裂けやすいため、丁寧に作業を進めてください。

  32. スパッジャーの平面側先端を使って、正面カメラを丁寧に取り出します。 スパッジャーの平面側先端を使って、正面カメラを丁寧に取り出します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、正面カメラを丁寧に取り出します。

  33. 正面カメラを持ち上げたまま固定して、イヤホンスピーカーにアクセスします。 イヤホンスピーカーを取り出します。
    • 正面カメラを持ち上げたまま固定して、イヤホンスピーカーにアクセスします。

    • イヤホンスピーカーを取り出します。

  34. 正面カメラを作業の邪魔にならない位置に固定しながら、スパッジャーの先端を使ってフロントパネルの奥から環境光センサーを取り出します。 正面カメラを作業の邪魔にならない位置に固定しながら、スパッジャーの先端を使ってフロントパネルの奥から環境光センサーを取り出します。
    • 正面カメラを作業の邪魔にならない位置に固定しながら、スパッジャーの先端を使ってフロントパネルの奥から環境光センサーを取り出します。

  35. マイクへの作業を進めるため、正面カメラとセンサーケーブルを持ち上げて固定します。 マイクへの作業を進めるため、正面カメラとセンサーケーブルを持ち上げて固定します。
    • マイクへの作業を進めるため、正面カメラとセンサーケーブルを持ち上げて固定します。

  36. スパッジャーの平面側先端を使って、フロントパネルに留められたマイクから接着剤を剥がします。 スパッジャーの平面側先端を使って、フロントパネルに留められたマイクから接着剤を剥がします。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、フロントパネルに留められたマイクから接着剤を剥がします。

  37. 正面カメラとセンサーケーブルを取り出します。
    • 正面カメラとセンサーケーブルを取り出します。

  38. 次のプラスネジを計7本外します。 ディスプレイパネルの左右端にあるネジ、各3本ずつ。 スクリーンの右端から内側に1.5cm入った奥にあるネジ1本。
    • 次のプラスネジを計7本外します。

    • ディスプレイパネルの左右端にあるネジ、各3本ずつ。

    • スクリーンの右端から内側に1.5cm入った奥にあるネジ1本。

  39. iOpenerを準備して、フロントパネルにEMIシールドが付けられたテープを柔らかくするため、電話本体の上部を覆います。 1分後、テープとディスプレイデータケーブルの間に開口ピックを差し込みます。 EMIシールドの上部先端につくまでピックを下向きに押します。
    • iOpenerを準備して、フロントパネルにEMIシールドが付けられたテープを柔らかくするため、電話本体の上部を覆います。

    • 1分後、テープとディスプレイデータケーブルの間に開口ピックを差し込みます。

    • EMIシールドの上部先端につくまでピックを下向きに押します。

  40. ピンセットを使って、正面カメラケース付近のEMIシールドからテープを剥がします。 ピンセットを使って、正面カメラケース付近のEMIシールドからテープを剥がします。
    • ピンセットを使って、正面カメラケース付近のEMIシールドからテープを剥がします。

  41. EMIシールドを取り出します。 EMIシールドを再装着する際は正しい位置に合わせるため、メタル製のカットアウト(画像デバイス下部の中央)がディスプレイケーブルアセンブリ上部に重なるように装着して、テープはアセンブリの裏側に差し込みます。
    • EMIシールドを取り出します。

    • EMIシールドを再装着する際は正しい位置に合わせるため、メタル製のカットアウト(画像デバイス下部の中央)がディスプレイケーブルアセンブリ上部に重なるように装着して、テープはアセンブリの裏側に差し込みます。

  42. LCDとデジタイザのみが残ります。
    • LCDとデジタイザのみが残ります。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

348 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Evan Noronha

メンバー登録日: 2015年02月05日

160,783 ポイント

176のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

108 メンバー

8,295のガイドは作成済み

Swapping out the home button/main board flex cable on the iPhone 6 disabled TouchID. I assume it was also digitally signed like the home button. Is this also true of the 3D Touch panel now that it supplies that cable? In short, Is the original 3D Touch panel necessary for TouchID to work or will the replacement 3D Touch panel built into the replacement work?

Joe - 返信

I've had touchID work after replacing the flex cable... I cant imagine there would be a problem with it this year...

Andrew spoelstra -

Does the 6S need the home button flex cable to be moved for touch ID to work like the 6?

John Pampalone - 返信

Nope! The home button flex cable is integrated into the display and cannot be transferred to the new one.

Evan Noronha -

And then on the Iphone 6s the original flex cable hasn't to be moved. Only the button itself because it is paired with the CPU.

revher -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 70

過去 7 日: 650

過去 30 日: 3,369

今までの合計 259,662