はじめに

これは機能しないボリュームコントールのケーブルを交換するための手順です。音量をコントロールしたり、呼び出し音/サイレントのコントロール機能を制御する電気スイッチを含みます。

実際のボタンカバーを交換したい場合は、次のガイドも参照ください: iPhone 6 のボリュームコントロールボタンの交換

  1. 解体作業を始める前にiPhone6のバッテリー残量を25%以下まで消費してください。アクシデントで充電されたリチウムイオンバッテリーにで穴を開けてしまうと、引火や爆発を起こすことがあります。
    • 解体作業を始める前にiPhone6のバッテリー残量を25%以下まで消費してください。アクシデントで充電されたリチウムイオンバッテリーにで穴を開けてしまうと、引火や爆発を起こすことがあります。

    • 解体作業を始める前にiPhoneの電源を切ります。

    • Lightningコネクターの両脇に付けられた2本の3.6mmのペンタローブネジを取り外します。

  2. 次の3つの手順はiSlackのデモンストレーションです。iPhone6を安全に開口するために便利なツールです。複数のデバイスを修理する方にはお勧めです。iSlackをご利用にならない場合は下の3つの手順をスキップしてください。
    • 次の3つの手順はiSlackのデモンストレーションです。iPhone6を安全に開口するために便利なツールです。複数のデバイスを修理する方にはお勧めです。iSlackをご利用にならない場合は下の3つの手順をスキップしてください。

    • ご使用前に、iSclackの中央にプラスチック製のデプスケージが付いている場合は取り出してください。 iPhone 6のような大型のデバイスには必要ありません。

    • iSlackの持ち手を閉じて吸盤カップを開きます。

  3. iPhoneの下側に吸盤カップを挟みます。 iSclackの上側の吸盤カップがホームボタンの少し上に位置するように装着します。(ボタン上に重ねないでください)
    • iPhoneの下側に吸盤カップを挟みます。

      • iSclackの上側の吸盤カップがホームボタンの少し上に位置するように装着します。(ボタン上に重ねないでください)

    • ハンドルを開いてiSclackの吸盤カップを閉めます。吸盤カップを取り付けて、しっかりと本体の両側に押し当てます。

  4. iPhoneをしっかりと持ち、 iSclackの吸盤カップを両側に開くため、ハンドルを閉めてフロントパネルを背面ケースから引き離します。 iSclack は安全にiPhoneを開口するためにデザインされています。パーツの取り外しには最適なツールですが、本体ケーブルにダメージを与えてしまうことがあります。
    • iPhoneをしっかりと持ち、 iSclackの吸盤カップを両側に開くため、ハンドルを閉めてフロントパネルを背面ケースから引き離します。

    • iSclack は安全にiPhoneを開口するためにデザインされています。パーツの取り外しには最適なツールですが、本体ケーブルにダメージを与えてしまうことがあります。

    • 2つの吸盤カップをiPhoneから取り外します。

    • 次の3つの手順をスキップして手順8へお進みください。

  5. iSclackをお持ちでない場合は、シングルタイプの吸盤カップを利用してフロントパネルを持ち上げます。
    • iSclackをお持ちでない場合は、シングルタイプの吸盤カップを利用してフロントパネルを持ち上げます。

      • ホームボタンの真上のスクリーン上に吸盤カップを押し当てます。

      • 吸盤カップがスクリーンに固定するように、しっかりと装着します。

  6. 片手で iPhoneを押さえながら、吸盤カップを持ち上げて、背面ケースからフロントパネルを離します。
    • 片手で iPhoneを押さえながら、吸盤カップを持ち上げて、背面ケースからフロントパネルを離します。

      • 時間をかけてゆっくりと、同じ強さ加減で作業を進めます。ディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べてより強固に接着されています。

    • プラスチック製開口ツールを使って差し込み、リアケースからアセンブリを丁寧にこじ開けます。同時に吸盤カップで引き上げます。

    • フロントパネルアセンブリとリアケースを固定しているクリップが幾つかあります。吸盤カップとプラスチック製開口ツールを同時に使いながら、フロントパネルアセンブリを開けていきます。

  7. 吸盤カップの持ち手(ノブ)を引っ張り、吸引力を緩めます。 吸盤カップを本体から取り外します。
    • 吸盤カップの持ち手(ノブ)を引っ張り、吸引力を緩めます。

    • 吸盤カップを本体から取り外します。

  8. 本体上部先端を蝶番にして、リアケースからフロントパネルアセンブリのホームボタンの先端を持ち上げて、iPhoneを開口します。 フロントパネルの上部端に沿って留められた幾つかのクリップは蝶番の留め金になっています。 再組み立ての際は、クリップをリアケース上部端の真下に並べます。フロントパネルとリアケースの上部先端が重なるようにスライドします。
    • 本体上部先端を蝶番にして、リアケースからフロントパネルアセンブリのホームボタンの先端を持ち上げて、iPhoneを開口します。

      • フロントパネルの上部端に沿って留められた幾つかのクリップは蝶番の留め金になっています。

      • 再組み立ての際は、クリップをリアケース上部端の真下に並べます。フロントパネルとリアケースの上部先端が重なるようにスライドします。

  9. 作業をスムーズに進めるため、ディスプレイを約90度まで開いて衝立などを使用して固定します。 緊急の場合は、未開封の飲料水缶を利用できます。 衝立にディスプレイを固定する際は、輪ゴムを使用して留めてください。ディスプレイケーブルに不要な圧力がかかるのを防いでくれます。
    • 作業をスムーズに進めるため、ディスプレイを約90度まで開いて衝立などを使用して固定します。

      • 緊急の場合は、未開封の飲料水缶を利用できます。

    • 衝立にディスプレイを固定する際は、輪ゴムを使用して留めてください。ディスプレイケーブルに不要な圧力がかかるのを防いでくれます。

  10. 次のプラスネジをバッテリーコネクターブラケットから取り外します。
    • 次のプラスネジをバッテリーコネクターブラケットから取り外します。

      • 2.2 mm ネジー1本

      • 3.2 mmネジー1本

  11. iPhoneからメタル製のバッテリーコネクターブラケットを取り出します。
    • iPhoneからメタル製のバッテリーコネクターブラケットを取り出します。

  12. Free shipping on all orders over $100.00 or containing a Pro Tech Toolkit!

    当社のショップを閲覧する
  13. プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。
    • プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。

    • 基板のソケットには接触せず、バッテリーコネクターのみに差し込んで押し上げます。ててください。基板上のソケットに触ると、コネクター全体を損傷することがあります。

  14. フロントパネルアセンブリーのケーブルブラケットから次のプラスネジを5本取り外します。
    • フロントパネルアセンブリーのケーブルブラケットから次のプラスネジを5本取り外します。

      • 1.2 mmネジー3本

      • 1.7 mmネジー1本

      • 3.1 mm ネジー1本

    • 再組み立ての際、これらのネジを違う箇所に取付けてしまうと、基板に永続的なダメージを与えてしまいます。

  15. 基板からフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り出します。
    • 基板からフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り出します。

  16. 次の4つの手順ではケーブルコネクターのみに差し込んで持ち上げ、基板上のソケットには接触しないでください。 スパッジャーの平面側先端を使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。
    • 次の4つの手順ではケーブルコネクターのみに差し込んで持ち上げ、基板上のソケットには接触しないでください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。

  17. スパッジャーの平面側先端を使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。

  18. スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイデータのケーブルコネクターの接続を外します。 デバイスの再組み立ての際には、ディスプレイデータケーブルがコネクターから飛び出してしまうことがあります。これは電源を入れた時に白黒画面となる原因となります。この状態の場合、単純にケーブルを一旦外して電源を切り、再起動してください。ベストな再起動方法は、バッテリーコネクターを一度外してから再装着して電源を入れることです。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイデータのケーブルコネクターの接続を外します。

    • デバイスの再組み立ての際には、ディスプレイデータケーブルがコネクターから飛び出してしまうことがあります。これは電源を入れた時に白黒画面となる原因となります。この状態の場合、単純にケーブルを一旦外して電源を切り、再起動してください。ベストな再起動方法は、バッテリーコネクターを一度外してから再装着して電源を入れることです。

  19. スパッジャーの平面側先端を使って、デジタイザーケーブルのコネクターの接続を外します。 デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクターの中央を押さないでください。コネクターの一方端を押さえてから、反対側を押さえます。コネクター中央を押してしまうと、コンポーネントを曲げてしまい、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、デジタイザーケーブルのコネクターの接続を外します。

    • デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクターの中央を押さないでください。コネクターの一方端を押さえてから、反対側を押さえます。コネクター中央を押してしまうと、コンポーネントを曲げてしまい、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。

  20. リアケースからフロントパネルアセンブリを取り外します。
    • リアケースからフロントパネルアセンブリを取り外します。

  21. バッテリーの右端下部から第1番目の接着タブを剥がします。 バッテリー周辺の作業であるため、指や先の尖っていないピンセットを用いて十分に注意しながら行います。リチウムイオンバッテリーを損傷してしまうと危険な化学物質が漏れたり、火災の原因となります。
    • バッテリーの右端下部から第1番目の接着タブを剥がします。

    • バッテリー周辺の作業であるため、指や先の尖っていないピンセットを用いて十分に注意しながら行います。リチウムイオンバッテリーを損傷してしまうと危険な化学物質が漏れたり、火災の原因となります。

    • オプションとして、次の手順に進む前に、バイブレータを固定している2本のプラスネジを取り外してバイブレータを持ち上げて外し、バッテリの接着ストリップを引き抜くためのスペースを確保することができます。

  22. 接着タブを水平に、皺が寄らない状態で作業をしてください。タブに皺が入ってしまうと、引っ張る際に裂けてしまうことがあります。 ゆっくりと接着タブをバッテリーから外して、iPhoneの下部方向へ引っ張ります。 接着タブをバイブレーターやバッテリー周辺の部品に引っ掛けて、切断しないようご注意ください。
    • 接着タブを水平に、皺が寄らない状態で作業をしてください。タブに皺が入ってしまうと、引っ張る際に裂けてしまうことがあります。

    • ゆっくりと接着タブをバッテリーから外して、iPhoneの下部方向へ引っ張ります。

      • 接着タブをバイブレーターやバッテリー周辺の部品に引っ掛けて、切断しないようご注意ください。

      • バッテリーとリアケースの間からタブが外れるまで一定の強さで引っ張ります。これまで試してみたところ、60度以内の角度で引っ張るのが成功するようです。

      • 接着タブはオリジナルの長さの何倍にも伸びます。必要に応じてタブストをバッテリーの近くで掴み直してください。

      • もし接着タブを切断してしまったら、ピンセットを使用して(バッテリーにダメージを与えないように)タブを取り出し、再度引っ張ります。タブがバッテリーの底で切れてしまい、掴めない場合は次の手順に進んでください。

  23. 次に2番目の接着タブも同様の作業を繰り返します。 この接着タブを引っ張る際は片手でバッテリーを押さえてください。タブが外れるときにバッテリーが飛び出してしまうことがあります。 2本目の接着タブを取り出せたら、次の2つの手順はスキップします。
    • 次に2番目の接着タブも同様の作業を繰り返します。

    • この接着タブを引っ張る際は片手でバッテリーを押さえてください。タブが外れるときにバッテリーが飛び出してしまうことがあります。

    • 2本目の接着タブを取り出せたら、次の2つの手順はスキップします。

    • 接着タブがバッテリーの下で切断して、取り出せなくなった場合は、次の手順に進んでください。

  24. 接着タブが切れてしまい、バッテリーがリアケースから取り出せない場合はiOpenerか、ヘアードライヤーを使いバッテリー裏のリアケースに直接熱し、手で触れられるより少し暖かい程度にして下さい。
    • 接着タブが切れてしまい、バッテリーがリアケースから取り出せない場合はiOpenerか、ヘアードライヤーを使いバッテリー裏のリアケースに直接熱し、手で触れられるより少し暖かい程度にして下さい。

    • iphoneを過熱する事はバッテリーの発火を招く事があります。

  25. iPhoneを裏返して、デンタル用フロスや頑丈な糸をバッテリー裏側に差し込みます。それからゆっくりと鋸引きの動きで糸を上下に動かし、接着剤を剥がしながらスライドさせます。 フロスに変わる代用品として、12弦ギターセット中の0.009 Eストリングのような巻かれていないギター弦があります。
    • iPhoneを裏返して、デンタル用フロスや頑丈な糸をバッテリー裏側に差し込みます。それからゆっくりと鋸引きの動きで糸を上下に動かし、接着剤を剥がしながらスライドさせます。

      • フロスに変わる代用品として、12弦ギターセット中の0.009 Eストリングのような巻かれていないギター弦があります。

    • またはバッテリーとリアケースのケース側の間にプラスチックカードを挿入してください。

      • カードをボリュームボタン(ー)とバッテリー上部の端の付近に差し込まないでください。この裏に埋め込まれているボリュームコントロールケーブルにダメージを与えてしまいます。

      • 基板側からこじ開けないでください。デバイス本体にダメージを与える可能性があります。

    • カードを出来るだけ水平状態で差し込んでください。バッテリーが曲がってしまうと、危険な化学物質が排出されてしまうことがあります。また先鋭なツールを使用しないでください。

    • バッテリー背面の接着剤を切り込んで剥がすようにカードをしっかりと押し込みます。

  26. iPhoneからバッテリーを取り外します。
    • iPhoneからバッテリーを取り外します。

    • 交換用のバッテリーがプラスチック製のスリーブに入っている場合は、作業前にリボンケーブルからスリーブを引き抜いてください。

    • バッテリーを取り付ける際は、こちらのガイドを参照して、バッテリーの接着剤を交換してください。

    • 再組み立て後はハードリセットを行ってください。起こりうる幾つかの問題を解決してくれるトラブルシューティングとなります。

  27. 上部ケーブルブラケットから次の#00プラスネジを外します。
    • 上部ケーブルブラケットから次の#00プラスネジを外します。

      • 2.9 mm ネジー1本

      • 2.2 mmネジー1本

  28. iPhoneから上部のケーブルブラケットを取り出します。 iPhoneから上部のケーブルブラケットを取り出します。
    • iPhoneから上部のケーブルブラケットを取り出します。

  29. 接合ブラケットから次の#00プラスネジを 4本取り外します。
    • 接合ブラケットから次の#00プラスネジを 4本取り外します。

      • 1.5 mmネジー1本

      • 1.4 mmネジー1本

      • 2.1 mmネジー2本

  30. iPhoneから接合ブラケットを取り出します。 iPhoneから接合ブラケットを取り出します。
    • iPhoneから接合ブラケットを取り出します。

  31. スパッジャーの平面側先端を使って、ボリュームコントールのケーブルコネクターをソケットから持ち上げて外します。 ロジックボード上のソケットではなく、コネクターのみを持ち上げてください。ソケットに接触すると永久的なダメージの原因となります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ボリュームコントールのケーブルコネクターをソケットから持ち上げて外します。

      • ロジックボード上のソケットではなく、コネクターのみを持ち上げてください。ソケットに接触すると永久的なダメージの原因となります。

  32. ボリュームコントールのケーブルブラケットから次の#00プラスネジを外します。
    • ボリュームコントールのケーブルブラケットから次の#00プラスネジを外します。

      • 2.3 mmネジー2本

      • 1.8 mmネジー1本

  33. ボタンカバーにアクセスするするため、背面ケースからボリュームコントロールとボタンブラケットを持ち上げて取り出します。 ボタンカバーにアクセスするするため、背面ケースからボリュームコントロールとボタンブラケットを持ち上げて取り出します。 ボタンカバーにアクセスするするため、背面ケースからボリュームコントロールとボタンブラケットを持ち上げて取り出します。
    • ボタンカバーにアクセスするするため、背面ケースからボリュームコントロールとボタンブラケットを持ち上げて取り出します。

  34. 背面ケースのコネクター端からボリュームコントロールボタンのケーブルを剥がします。 背面ケースからケーブルの薄い部分を剥がす作業は慎重に行ってください。 背面ケースからボリュームコントロールボタンのケーブルを取り出します。
    • 背面ケースのコネクター端からボリュームコントロールボタンのケーブルを剥がします。

      • 背面ケースからケーブルの薄い部分を剥がす作業は慎重に行ってください。

    • 背面ケースからボリュームコントロールボタンのケーブルを取り出します。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、このインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

43 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Lionheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

354,578 ポイント

537のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

109 メンバー

7,717のガイドは作成済み

These instructions are so AWESOME to be able to reference! That last 1.8mm screw was a pain to get out of my phone. Step-by-Step, worked EXCELLENT. Thanks for posting these!

Brian S Graham - 返信

TRICKY BITS: replacing the mute switch lever onto the cable assembly is a bit…interesting. It was only when I used the Head Magnifier that I was able to see the mechanics of the switch and fit it on. There needs to be a seriously microscopic shot of that mechanical fit!

But, get the magnifier, it’s great for digging out splinters from your fingers.

SUGGESTION: Once you get the switch and the bracket situated, but before you stick the control cable to the case, make sure the switch functions. I had to loosen the three screws and place pressure on the assembly, holding the switch firmly in place, before it made a solid fit-then I tightened the three screws. Voila, the switch works!

Only then should did I bond the cable to the case

And now my phone rings again! Yay, no more missed calls!

maxB - 返信

統計データを表示:

過去 24時間: 7

過去 7 日: 67

過去 30 日: 474

今までの合計 54,544