メインコンテンツにスキップ

はじめに

音量コントロールとロッカースイッチケーブルを交換する際はこの手順をご利用ください。

  1. 作業を始める前に、バッテリーの残量を25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーにアクシデントで穴を開けてしまうと、引火や爆発の原因となります。
    • 作業を始める前に、バッテリーの残量を25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーにアクシデントで穴を開けてしまうと、引火や爆発の原因となります。

    • iPhoneの電源を必ず切ってください。

    • Lightningコネクター両側の3.6 mmペンタロープネジ2本を外します。

    • 次の2つの手順ではiPhone 6 Plusを安全に開口できる素晴らしいツールiSclackの使い方を紹介します。1回だけの修理に終わらない方には最適の工具です。iSclackをご利用になられない方は手順4までスキップしてください。

    • プラスチックのデプスゲージが iSclack中央に挟まっている場合は外してください。 iPhone 6 Plusのような大型のデバイスには必要ありません。

    • iSclackのハンドルを閉じ、吸盤カップを開きます。

    • iPhone下部本体を吸盤カップの間に配置します。

    • ディスプレイ側の吸盤カップはホームボタン付近に装着します。

    • ハンドルを開いてiSclackの両カップを閉じます。吸盤カップをiPhoneの両側にしっかりと取り付けます。

  2. iPhoneをしっかりと持ち、 iSclackのハンドルを閉めながら吸盤カップを両側へ開いていきます。背面ケースからフロントパネルが引き上がってきます。 iSclackは安全にiPhoneを開口できるよう設計されていますが、ディスプレイケーブルに損傷を与えてしまうことがあります。
    • iPhoneをしっかりと持ち、 iSclackのハンドルを閉めながら吸盤カップを両側へ開いていきます。背面ケースからフロントパネルが引き上がってきます。

    • iSclackは安全にiPhoneを開口できるよう設計されていますが、ディスプレイケーブルに損傷を与えてしまうことがあります。

    • iPhoneから2つの吸盤カップを外します。

    • 次の3つの手順をスキップして手順7までお進みください。

  3. iSclackをお持ちでない場合、シングルタイプの吸盤カップをつかってフロントパネルを引き上げます。
    • iSclackをお持ちでない場合、シングルタイプの吸盤カップをつかってフロントパネルを引き上げます。

    • 吸盤カップをホームボタン上のスクリーンに押し当てます。

    • カップがスクリーンにしっかりと固定しているか確認します。

  4. 片手で iPhoneを押さえながら、吸盤カップを引き上げて、ゆっくりとリアケースからフロントパネルアセンブリを離します。
    • 片手で iPhoneを押さえながら、吸盤カップを引き上げて、ゆっくりとリアケースからフロントパネルアセンブリを離します。

    • 時間をかけてゆっくりと、同じ強さ加減で作業を進めます。他のデバイスに比べてより強固に接着されています。

    • プラスチックの開口ツールを使って隙間に差し込み、リアケースからディスプレイアセンブリを丁寧にこじ開け、吸盤カップで持ち上げます。

    • フロントパネルアセンブリをリアケースに固定させているクリップが幾つかあります。吸盤カップとプラスチック製開口ツールの両方を使いながら、フロントパネルアセンブリを外してくださ。

  5. 吸盤カップ中央のグリップを持ち上げて、吸引力を緩めます。 吸盤カップをディスプレイアセンブリから取り外します。
    • 吸盤カップ中央のグリップを持ち上げて、吸引力を緩めます。

    • 吸盤カップをディスプレイアセンブリから取り外します。

  6. 本体上部先端を蝶番にして、背面ケースからフロントパネルアセンブリのホームボタン端を引き上げます。 約90度の角度でディスプレイを開け、後ろに立て掛けて固定できる衝立を置きます。 ゴムバンドでディスプレイと衝立を留めて動かないようにします。これはディスプレイケーブルがアクシデントで引き伸ばされるのを防ぐためです。
    • 本体上部先端を蝶番にして、背面ケースからフロントパネルアセンブリのホームボタン端を引き上げます。

    • 約90度の角度でディスプレイを開け、後ろに立て掛けて固定できる衝立を置きます。

    • ゴムバンドでディスプレイと衝立を留めて動かないようにします。これはディスプレイケーブルがアクシデントで引き伸ばされるのを防ぐためです。

    • 急ぎの場合は未開封の飲料用缶を使用できます。

  7. フロントパネル上部に留められた幾つかのクリップを蝶番のようにして、本をめくるようにフロントパネルアセンブリを開きます。 再組み立ての際は、クリップが背面ケース上部端のちょうど真下になるように配置します。それからフロントパネル上部先端と背面ケース上部先端が重なるまで上方にスライドします。
    • フロントパネル上部に留められた幾つかのクリップを蝶番のようにして、本をめくるようにフロントパネルアセンブリを開きます。

    • 再組み立ての際は、クリップが背面ケース上部端のちょうど真下になるように配置します。それからフロントパネル上部先端と背面ケース上部先端が重なるまで上方にスライドします。

  8. 次のプラスネジをバッテリーコネクターブラケットから外します。
    • 次のプラスネジをバッテリーコネクターブラケットから外します。

    • 2.3 mm プラスネジ ー1本

    • 3.1 mm プラスネジー1本

  9. iPhoneからメタル製バッテリーコネクターブラケットを取り出します。
    • iPhoneからメタル製バッテリーコネクターブラケットを取り出します。

  10. 基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。
    • 基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。

    • バッテリーコネクターのみにツールを差し込んで持ち上げてください。基板のソケットに接触しないでください。コネクター全体を破損してしまうことがあります。

  11. フロントパネルを90度に開いた状態で固定し、フロントパネルアセンブリーのケーブルブラケットに留められたネジを外します。
    • フロントパネルを90度に開いた状態で固定し、フロントパネルアセンブリーのケーブルブラケットに留められたネジを外します。

    • 1.2 mm ネジー3本

    • 1.5 mm ネジー1本

    • 2.9 mm ネジー1本

    • 絶対に赤い丸印のネジ穴に長いネジを差し込まないでください。基板にダメージを与えてしまいます。

  12. MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now

    MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now
  13. 基板からフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り外します。
    • 基板からフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り外します。

  14. 次の4つの手順ではケーブルコネクターのみこじ開けます。基板上のケーブルコネクター用ソケットには接触しないでください。 フロントパネルを90度で固定したまま、プラスチックの開口ツールを使って、正面カメラと前面側マイクのケーブルコネクターの接続を外します。
    • 次の4つの手順ではケーブルコネクターのみこじ開けます。基板上のケーブルコネクター用ソケットには接触しないでください。

    • フロントパネルを90度で固定したまま、プラスチックの開口ツールを使って、正面カメラと前面側マイクのケーブルコネクターの接続を外します。

  15. プラスチックの開口ツールを使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。 プラスチックの開口ツールを使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。
    • プラスチックの開口ツールを使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。

  16. プラスチックの開口ツールを使って、ディスプレイデータのケーブルコネクターの接続を外します。 デバイスを再組み立てする際は、本体ディスプレイのデータケーブルがコネクターから飛び出すことがあります。これは電源スイッチを入れた時、黒い画面に白い線が表れる原因となります。この症状が現れた場合は一度ケーブルを再接続して、再起動してください。電話を再起動する一番ベストな方法は、バッテリーコネクターの接続を切ってから再び再接続します。
    • プラスチックの開口ツールを使って、ディスプレイデータのケーブルコネクターの接続を外します。

    • デバイスを再組み立てする際は、本体ディスプレイのデータケーブルがコネクターから飛び出すことがあります。これは電源スイッチを入れた時、黒い画面に白い線が表れる原因となります。この症状が現れた場合は一度ケーブルを再接続して、再起動してください。電話を再起動する一番ベストな方法は、バッテリーコネクターの接続を切ってから再び再接続します。

  17. 最後に、プラスチックの開口ツールをつかってデジタライザーケーブルコネクターの接続を外します。 デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクターの中央部分を押さないでください。コネクターの端一方を押してから、もう片方を押し込みます。コネクターの中央を押してしまうと、コンポーネントを曲げてしまい、デジタイザーにダメージを与えてしまうことがあります。
    • 最後に、プラスチックの開口ツールをつかってデジタライザーケーブルコネクターの接続を外します。

    • デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクターの中央部分を押さないでください。コネクターの端一方を押してから、もう片方を押し込みます。コネクターの中央を押してしまうと、コンポーネントを曲げてしまい、デジタイザーにダメージを与えてしまうことがあります。

  18. リアケースからフロントパネルアセンブリを取り出します。
    • リアケースからフロントパネルアセンブリを取り出します。

  19. バッテリーの右端下部に付けられた第1番目の接着タブを剥がします。
    • バッテリーの右端下部に付けられた第1番目の接着タブを剥がします。

    • バッテリー周辺の作業であるため、指や先の尖っていないピンセットを用いて十分に注意しながら行います。リチウムイオンバッテリーを損傷してしまうと危険な化学物質が漏れたり、火災の原因となります。

  20. この手順では、接着用プルタブをできるだけ水平にシワが寄らない状態で作業を進めてください。シワが入ったプルタブは互いに絡まり、引っ張ると切断してしまいます。 バッテリーの接着タブをバッテリーから取り出し、iPhone下側に向けてゆっくりと慎重に引っ張ります。プルタブが長くストレッチします。
    • この手順では、接着用プルタブをできるだけ水平にシワが寄らない状態で作業を進めてください。シワが入ったプルタブは互いに絡まり、引っ張ると切断してしまいます。

    • バッテリーの接着タブをバッテリーから取り出し、iPhone下側に向けてゆっくりと慎重に引っ張ります。プルタブが長くストレッチします。

    • プルタブを強く引っ張る前に、完全にバッテリーから取り出してください。プルタブがストレッチしていないと感じたら、すぐに緩めてください。プルタブを切断してしまうことがあります。

    • デバイス下側の端に装着されているコンポーネントにプルタブが接触しないようにご注意ください。プルタブは低い角度で引っ張ってください。

    • プルタブを引っ張りながら、バッテリーを押さえ込まないでください。

    • 接着用プルタブはオリジナルの長さから何倍にも伸びます。プルタブが取り出せるまで、ゆっくりと引き続けてください。バッテリーの下側からプルタブが出てきます。

    • プルタブが作業途中で切れた場合、自分の指や先鋭でないピンセットを使って残りのストリップを掴み、続けて引っ張ります。

    • プルタブがバッテリーの下で切断され取り出せない場合、残りのプルタブを取り出すように作業を続けます。こちらの手順に進んでください

  21. バッテリーの反対側から2番目の接着付きプルタブを取り出します。 ここでも、バッテリーとリアケースの間からプルタブをゆっくりと引っ張り、バッテリーをスライドして取り出します。
    • バッテリーの反対側から2番目の接着付きプルタブを取り出します。

    • ここでも、バッテリーとリアケースの間からプルタブをゆっくりと引っ張り、バッテリーをスライドして取り出します。

    • 続けてバッテリーからプルタブが完全に外れるまで引っ張ります。途中で切断した場合は、残っているタブを取り出してください。もしくはこの下のインストラクションに従ってください。

  22. バッテリー下部の端から3番目(最後)の接着タブを剥がして取り出します。 バッテリーから丁寧に接着タブを上向きに引っ張ります。バッテリーとリアケースの間から接着タブをゆっくりと取り出します。 バッテリーの上に片手を載せてください。最後のプルタブが外れた時、バッテリーがiPhoneから飛び出すことがあります。
    • バッテリー下部の端から3番目(最後)の接着タブを剥がして取り出します。

    • バッテリーから丁寧に接着タブを上向きに引っ張ります。バッテリーとリアケースの間から接着タブをゆっくりと取り出します。

    • バッテリーの上に片手を載せてください。最後のプルタブが外れた時、バッテリーがiPhoneから飛び出すことがあります。

    • 残りのタブがiPhoneから完全に出てくるまで引っ張ります。

    • 3本全ての接着タブを取り外せたら次の二つの手順をスキップしてください。

    • バッテリーの下で接着タブがしてしまい取り出せない場合は、次の手順に進んでください。

  23. 接着タブが切断してバッテリーがリアケースから出せない場合はiOpenerか、ヘアードライヤーを準備してください。バッテリーにあたるリアケースに直接熱を当てます。
    • 接着タブが切断してバッテリーがリアケースから出せない場合はiOpenerか、ヘアードライヤーを準備してください。バッテリーにあたるリアケースに直接熱を当てます。

  24. iPhoneを裏返してプラスチックカードをリアケースとバッテリー左横の間から差し込みます。
    • iPhoneを裏返してプラスチックカードをリアケースとバッテリー左横の間から差し込みます。

    • バッテリー上部全体、すなわち音量ボタンとサイレントスイッチの下にカードを差し込まないようご注意ください。バッテリー下とリアケースに接着された音量コントロールケーブルにダメージを与えてしまいます。

    • 基板側からカードを差し込まないでください。iPhoneに永久的なダメージを与えてしまいます。

    • バッテリーを曲げてしまうと、危険な化学物質が排出されてしまう恐れがあります。できる限り、プラスチックカードを水平にして差し込んでください。

    • バッテリー裏側の圧着剤を剥がすようにカードをしっかりと押し込みます

    • 代わりに、デンタルフロスもリアケースからバッテリーを取り出す作業に使用できます。さらにデンタルフロスに代わるより強力な代用品はギターの弦です。12ストリングセットの0.009 Eがおすすめです。

    • フロスや糸をバッテリーの下にくぐらせて鋸を引くように左右に動かします。接着剤を剥がしながらバッテリーの上部から下部までスライドします。

  25. iPhoneからバッテリーを取り出します。
    • iPhoneからバッテリーを取り出します。

    • 交換用のバッテリーがプラスチックのスリーブに入っている場合は、装着前にリボンケーブルからスリーブを引き抜いてください。

    • バッテリーを装着する際は、バッテリーの接着ストリップも交換する必要があります。この手順を参照してください。

    • 再組み立ての後、ハードセットをしてください。これは幾つかの問題が生じるのを事前に防いでくれ、トラブルシューティングを簡単にしてくれます。

  26. 背面ケースに付けられたアンテナブラケットから次のネジを外します。
    • 背面ケースに付けられたアンテナブラケットから次のネジを外します。

    • 1.5 mm #00プラスネジー1本

    • 2.8 mm #00プラスネジー1本

  27. ピンセットを使って、アンテナブラケットを掴み、iPhoneから外します。
    • ピンセットを使って、アンテナブラケットを掴み、iPhoneから外します。

  28. プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボードからアンテナコネクターを丁寧に持ち上げて外します。
    • プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボードからアンテナコネクターを丁寧に持ち上げて外します。

  29. ピンセットを使って、アンテナコネクターを持ち上げ、ロジックボード上の固定クリップから丁寧に外します。 ピンセットを使って、アンテナコネクターを持ち上げ、ロジックボード上の固定クリップから丁寧に外します。
    • ピンセットを使って、アンテナコネクターを持ち上げ、ロジックボード上の固定クリップから丁寧に外します。

  30. 2つのコネクターは1本の接着タブで留めれている場合があります。その場合は2つに引き離します。 ロジックボードに付けられたそれぞれのソケットから音量コントロールケーブルのコネクターと電源ボタンケーブルの接続を外します。
    • 2つのコネクターは1本の接着タブで留めれている場合があります。その場合は2つに引き離します。

    • ロジックボードに付けられたそれぞれのソケットから音量コントロールケーブルのコネクターと電源ボタンケーブルの接続を外します。

  31. 背面ケースに付けられたセルラーアンテナ上部から次のネジを外します。
    • 背面ケースに付けられたセルラーアンテナ上部から次のネジを外します。

    • 2.8 mm #00プラスネジー1本

    • 1.6 mm #00プラスネジー2本

  32. ピンセットを使って、上部セルラーアンテナを持ち上げ、iPhoneから取り出します。 再組み立ての際は、アンテナアセンブリの上部左端に小さな座金が取り付けてあるか確認してください。
    • ピンセットを使って、上部セルラーアンテナを持ち上げ、iPhoneから取り出します。

    • 再組み立ての際は、アンテナアセンブリの上部左端に小さな座金が取り付けてあるか確認してください。

  33. ピンセットを使って、パワーボタンと音量コントロール/ロッカースイッチケーブルコネクターの先端に留められた接着タブを剥がします。 ピンセットを使って、パワーボタンと音量コントロール/ロッカースイッチケーブルコネクターの先端に留められた接着タブを剥がします。
    • ピンセットを使って、パワーボタンと音量コントロール/ロッカースイッチケーブルコネクターの先端に留められた接着タブを剥がします。

  34. 背面ケースに留められた音量コントロールとロッカースイッチケーブルから次のネジを外します。
    • 背面ケースに留められた音量コントロールとロッカースイッチケーブルから次のネジを外します。

    • 2.0 mm #00プラスネジー2本

    • 2.5 mm #00プラスネジー1本

  35. ピンセットで音量コントロールとロッカースイッチケーブルを挟みます。 背面ケースから音量コントロールとロッカースイッチケーブルを丁寧に剥がします。 丁寧に作業を行ってください。ケーブルは裂けやすく、背面ケースに接着されています。
    • ピンセットで音量コントロールとロッカースイッチケーブルを挟みます。

    • 背面ケースから音量コントロールとロッカースイッチケーブルを丁寧に剥がします。

    • 丁寧に作業を行ってください。ケーブルは裂けやすく、背面ケースに接着されています。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

17 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

598,042 ポイント

1,203のガイドは作成済み

コメント1件

I had removed the rocker switch cable but can't get the mute switch back in properly on reassembling the device.

I have put the mute switch back on the flex cable correctly but when screwed in the switch doesn't 'flick' all the way to click into the mute position. It gets stuck and flicks back the the unmuted position.

Any help would be appreciated

dalychristopher0 - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 4

過去 7 日: 19

過去 30 日: 123

今までの合計 15,137