メインコンテンツにスキップ

はじめに

iPhone5cのLightningコネクターと音量ポートケーブルを交換する際はこの手順を参照してください。

このガイドを使って、

マイクガスケットの交換もできます。

ビデオの概要

  1. ディスプレイガラスにひび割れがある場合、修理作業中の怪我を防ぐため、ガラス表面にテープを貼って破損箇所が広がらないようにします。 iPhoneの画面上に透明テープを貼り、表面全体を覆います。 これはガラスの破片を固定し、ディスプレイをこじ開けたり、引き上げた際に構造を保つことができます。
    • ディスプレイガラスにひび割れがある場合、修理作業中の怪我を防ぐため、ガラス表面にテープを貼って破損箇所が広がらないようにします。

    • iPhoneの画面上に透明テープを貼り、表面全体を覆います。

    • これはガラスの破片を固定し、ディスプレイをこじ開けたり、引き上げた際に構造を保つことができます。

    • 作業中にガラスの破片が目に飛び散るのを防ぐため、保護メガネを着用ください。

  2. 次の手順に進む前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはアクシデントで穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。
    • 次の手順に進む前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはアクシデントで穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。

    • 解体作業を始める前にiPhoneの電源を切ってください。

    • Lightningコネクター両側の 3.8 mmペンタロープネジを2本取り外します。

  3. 次の2つの手順ではiPhone 5c本体を安全に開口するために必須の工具であるiSclackの使い方を紹介します。ぜひiPhone 5, 5sや 5cの修理作業でこの工具をご利用ください。iSclackをご利用にならない場合は手順5までスキップしてください。 iSclackのレバーを閉め吸盤カップを開きます。 吸盤カップの間にiPhoneを挟みプラスチックの溝に本体の下部を差し込みます。
    • 次の2つの手順ではiPhone 5c本体を安全に開口するために必須の工具であるiSclackの使い方を紹介します。ぜひiPhone 5, 5sや 5cの修理作業でこの工具をご利用ください。iSclackをご利用にならない場合は手順5までスキップしてください。

    • iSclackのレバーを閉め吸盤カップを開きます。

    • 吸盤カップの間にiPhoneを挟みプラスチックの溝に本体の下部を差し込みます。

    • 上部の吸盤カップはホームボタンより上に接着させてください。

    • iSclackのレバーを開いて吸盤を閉じます。iPhoneの両面、中心部に吸盤カップをしっかりと押し当てます。

  4. iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めていきます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがってきます。 iSclackはiPhoneを安全に開口できるようにデザインされていますが、ホームボタンケーブルにダメージを与える場合があります。
    • iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めていきます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがってきます。

    • iSclackはiPhoneを安全に開口できるようにデザインされていますが、ホームボタンケーブルにダメージを与える場合があります。

    • 2つの吸盤カップを iPhoneから取り外してください

    • 次の3つの手順をスキップして手順8まで進んでください。

  5. カップをしっかりとホームボタン上部のスクリーンにしっかりと密着させます。
    • カップをしっかりとホームボタン上部のスクリーンにしっかりと密着させます。

    • カップの吸盤がスクリーンにしっかりと密着していることを確認してください。

  6. 吸盤カップがフロントパネルアセンブリに密着していることを確認してください。 iPhone を片手でしっかりと抑えながら、吸盤カップを少しずつ引き上げて、本体背面ケースからフロントパネルのホームボタン端を引き離していきます。
    • 吸盤カップがフロントパネルアセンブリに密着していることを確認してください。

    • iPhone を片手でしっかりと抑えながら、吸盤カップを少しずつ引き上げて、本体背面ケースからフロントパネルのホームボタン端を引き離していきます。

    • 時間をかけてゆっくりと同じ力加減で作業します。ディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べて、特に頑丈に装着されています。

    • 吸盤カップを上に持ち上げながら、プラスチック製の開口ツールで、ゆっくりと背面ケースの端からフロントパネルアセンブリを引き離します。

    • フロントパネルアセンブリを背面ケースに留めているクリップが幾つか付けられています。フロントパネルアセンブリを外すには、吸盤カップとプラスチック開封ツール両方を使う必要があります。

  7. 吸盤カップの持ち手を引っ張り、吸盤カップの吸引シールを弱めます。
    • 吸盤カップの持ち手を引っ張り、吸盤カップの吸引シールを弱めます。

    • ディスプレイアセンブリから吸盤カップを取り外します。

  8. フロントパネルのホームボタン端を持ち上げて開き、本体上部付近のコネクターにアクセスします。 ディスプレイを約90度の角度で開き、作業中邪魔にならないよう、後ろに衝立を設置して固定します。
    • フロントパネルのホームボタン端を持ち上げて開き、本体上部付近のコネクターにアクセスします。

    • ディスプレイを約90度の角度で開き、作業中邪魔にならないよう、後ろに衝立を設置して固定します。

    • 緊急の際は、衝立として未開封の飲料缶をご利用できます。

    • 作業中、ディスプレイをしっかりと固定するためにゴムで留めてください。ディスプレイケーブルに余剰な力が加わるのを防いでくれます。

  9. ロジックボードに留められたメタル製のバッテリコネクターのブラケットから1.6 mm #000プラスネジを2本外します。
    • ロジックボードに留められたメタル製のバッテリコネクターのブラケットから1.6 mm #000プラスネジを2本外します。

  10. iPhoneからバッテリーコネクターのブラケットを取り出します。
    • iPhoneからバッテリーコネクターのブラケットを取り出します。

  11. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードからバッテリコネクターを外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードからバッテリコネクターを外します。

  12. ロジックボードに留められたフロントパネルアセンブリケーブルブラケットから、次の#000 プラスネジを外します。
    • ロジックボードに留められたフロントパネルアセンブリケーブルブラケットから、次の#000 プラスネジを外します。

    • 1.3 mmネジー2本

    • 1.7 mmネジー1本

    • 3.25 mm ネジー1本

    • 再組み立ての際には上記手順にあるネジの位置を十分に確認してください。謝って右側下のネジ穴に3.25 mmのネジや1.7 mm ネジのどちらかを装着すると、デバイスが正しく機能せず、ロジックボードに致命的なダメージを与えてしまうことがあります。

    • ネジを固く締めすぎないようにご注意ください。簡単にネジが留まらない場合は、誤ったサイズのネジを装着している可能性があります。無理に留めないでください。

  13. ロジックボードからフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り出します。
    • ロジックボードからフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り出します。

  14. PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る

    PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る
  15. プラスチック開口ツールを使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。 コネクターのみに接触してください。ロジックボードのソケットには触れないでください。
    • プラスチック開口ツールを使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。

    • コネクターのみに接触してください。ロジックボードのソケットには触れないでください。

  16. フロントパネルを手で固定しながら、LCDケーブルコネクターを外します。 LCDとデジタイザーコネクターは同じケーブルアセンブリに繋がっています。そのため、LCDコネクターの接続を外すと双方のコネクターが外れてしまいます。ディスプレイを取り出す前に、2つのケーブルの接続が完全に切ってあるか確認してください。 デバイスを再組み立てする際に、LCDケーブルがコネクターから外れてしまうことがあります。これは電話の電源を入れた時、黒い画面に白い線が入る状態の原因となります。この症状が現れる場合は単純にケーブルをコネクターに再接続をして、電話を再起動してください。電話の再起動はバッテリーを一度外して、再度取り付けます。
    • フロントパネルを手で固定しながら、LCDケーブルコネクターを外します。

    • LCDとデジタイザーコネクターは同じケーブルアセンブリに繋がっています。そのため、LCDコネクターの接続を外すと双方のコネクターが外れてしまいます。ディスプレイを取り出す前に、2つのケーブルの接続が完全に切ってあるか確認してください。

    • デバイスを再組み立てする際に、LCDケーブルがコネクターから外れてしまうことがあります。これは電話の電源を入れた時、黒い画面に白い線が入る状態の原因となります。この症状が現れる場合は単純にケーブルをコネクターに再接続をして、電話を再起動してください。電話の再起動はバッテリーを一度外して、再度取り付けます。

  17. 背面ケースからフロントパネルアセンブリを取り外します。
    • 背面ケースからフロントパネルアセンブリを取り外します。

  18. スパッジャーの先端をバッテリーとヘッドフォンジャックの間に差し込み、バッテリー接着タブを開きます。 スパッジャーの先端をバッテリーとヘッドフォンジャックの間に差し込み、バッテリー接着タブを開きます。 スパッジャーの先端をバッテリーとヘッドフォンジャックの間に差し込み、バッテリー接着タブを開きます。
    • スパッジャーの先端をバッテリーとヘッドフォンジャックの間に差し込み、バッテリー接着タブを開きます。

  19. 電話本体からバッテリー接着タブを取り出します。
    • 電話本体からバッテリー接着タブを取り出します。

  20. 2本の白い接着ストリップの間に装着されている黒色のバッテリー接着タブを二つに切ります。 2本の白い接着ストリップの間に装着されている黒色のバッテリー接着タブを二つに切ります。
    • 2本の白い接着ストリップの間に装着されている黒色のバッテリー接着タブを二つに切ります。

  21. 作業中、ストリップを水平にシワが入らないように保ってください。シワが入ったストリップは付着して、引っ張るかわりに裂けてしまいます。 ゆっくりとバッテリーからバッテリーの接着ストリップをiPhoneの下側に向けて引っ張ります。
    • 作業中、ストリップを水平にシワが入らないように保ってください。シワが入ったストリップは付着して、引っ張るかわりに裂けてしまいます。

    • ゆっくりとバッテリーからバッテリーの接着ストリップをiPhoneの下側に向けて引っ張ります。

    • バッテリーと背面ケースの間からストリップが出てくるまで、均一の力で継続的に引き抜きます。一番良い角度はストリップを60度以下で引っぱることです。

    • ストリップを電話本体の他のコンポーネントに向けて引っ張らないようにご注意ください。接着ストリップに穴があいてしまい、裂けてしまう原因となります。

    • ストリップは本来の長さから何倍にも伸びます。必要に応じて、ストリップをバッテリーの近くまで持ち替えて完全に外れるまで続けて引っ張ります。

  22. 続けて2番目の接着ストリップを取り出します。 続けて2番目の接着ストリップを取り出します。
    • 続けて2番目の接着ストリップを取り出します。

  23. iPhoneからバッテリーを取り出します。
    • iPhoneからバッテリーを取り出します。

    • 接着ストリップの一方あるいは両方が裂けてしまい、ピンセットを使ってストリップを取り出すことができない場合、電話本体からバッテリーをこじ開けて取り出さないでください。バッテリーを安全に取り出すために次の手順に進んでください。

  24. iOpenerの利用方法を参照してリアケースにバッテリーを固定している接着剤を温めるか、ヘアドライヤーをご利用ください。
    • iOpenerの利用方法を参照してリアケースにバッテリーを固定している接着剤を温めるか、ヘアドライヤーをご利用ください。

    • iOpenerをカメラの右側端に沿って載せます。iPhone裏側とiOpenerの間の接触をよくするため、表面を拭き取ってください。

    • iOpenerバッテリーを取り出す前に約90秒間、このバッグを載せてください。

    • ヒートガンやヘアドライヤーを使用する場合は、iPhoneの裏側に熱をあて、若干熱くて触れない程度まで温めます。

    • バッテリーに直接熱を当てないでください。

  25. ロジックボード側のバッテリー下にプラスチックカードの端を丁寧に差し込んでいきます。 ロジックボード側に向けてバッテリーを押し出さないでください。デバイスにダメージを与えてしまいます。
    • ロジックボード側のバッテリー下にプラスチックカードの端を丁寧に差し込んでいきます。

    • ロジックボード側に向けてバッテリーを押し出さないでください。デバイスにダメージを与えてしまいます。

    • バッテリーの上部端付近にカードを差し込まないでください。上部コンポーネント用のリボンケーブルにダメージを与えてしまうことがあります。

    • バッテリーの上部から下部に向かってプラスチックカードをスライドし、背面ケースの端に向かって押し込みます。

    • それでも上手くいかない場合は、イソプロピルアルコール (90%以上) バッテリー底に注入し、流れ込ませて接着力を弱めます。高濃度のイソプロピルアルコールは溶解剤となり、接着剤を綺麗に乾かします。デバイスへのダメージもありません。

    • 必要であれば、バッテリーのケース側でも同じ作業を繰り返してください。

  26. iPhoneからバッテリーを持ち上げて取り出します。
    • iPhoneからバッテリーを持ち上げて取り出します。

    • バッテリーは簡単に取り出せるはずです。接着剤がバッテリーに残っている場合は、iOpener を使って再度温めてから作業を再開してください。

    • 交換用のバッテリーにプラスチックのカバーがついている場合は、装着前にリボンケーブルからカバーを引っ張り、外してください。

    • バッテリーを再装着する際は、この手順を参照して、バッテリーの接着ストリップの交換を行ってください。

    • 再装着後はハードリセットを行ってください。この作業は幾つかの問題を防ぎ、トラブルシューティングを簡単にしてくれます。

  27. プラスチック製の開口ツールを使ってホームボタンのバネ接点ケーブルを内蔵スピーカーからこじ開け、取り出します。 プラスチック製の開口ツールを使ってホームボタンのバネ接点ケーブルを内蔵スピーカーからこじ開け、取り出します。
    • プラスチック製の開口ツールを使ってホームボタンのバネ接点ケーブルを内蔵スピーカーからこじ開け、取り出します。

  28. 背面ケースに留められた内蔵スピーカーから次のネジを外します。
    • 背面ケースに留められた内蔵スピーカーから次のネジを外します。

    • 2.7 mm #000プラスネジー2本

    • 2.2 mm #000プラスネジー1本

  29. スパッジャーの平面側先端を使って、丁寧に背面ケースから内蔵スピーカーを取り出します。 スパッジャーの平面側先端を使って、丁寧に背面ケースから内蔵スピーカーを取り出します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、丁寧に背面ケースから内蔵スピーカーを取り出します。

  30. 内蔵スピーカーを取り出します。アンテナケーブルに引っかけないようご注意ください。 内蔵スピーカーを取り出します。アンテナケーブルに引っかけないようご注意ください。
    • 内蔵スピーカーを取り出します。アンテナケーブルに引っかけないようご注意ください。

  31. スピーカー上の一番右端のネジは周囲に接続ブラケットが巻かれています。この小さなパーツが気づかないうちに取れてしまうことがあります。そのため先に取り出します。その際には再組み立て用に装着の方向を確認しておきましょう。 画像にあるように、接続クリップ平面側はスピーカーに対して配置します。
    • スピーカー上の一番右端のネジは周囲に接続ブラケットが巻かれています。この小さなパーツが気づかないうちに取れてしまうことがあります。そのため先に取り出します。その際には再組み立て用に装着の方向を確認しておきましょう。

    • 画像にあるように、接続クリップ平面側はスピーカーに対して配置します。

    • スピーカーアセンブリ先端上のブラケットは接着されていますが、乱暴に扱ってしまうと取れることがあります。

    • 曲がった先端は上向きでスピーカーの外側先端と並列します。

  32. プラスチック製の開口ツールを使ってロジックボード上ソケットからLightningコネクターのリボンケーブルの接続を外します。
    • プラスチック製の開口ツールを使ってロジックボード上ソケットからLightningコネクターのリボンケーブルの接続を外します。

  33. Lightningコネクターケーブルはロジックボード上のシールドに軽く接着されています。スパッジャーの平面側先端を使って、ケーブルを丁寧に剥がします。 Lightningコネクターケーブルはロジックボード上のシールドに軽く接着されています。スパッジャーの平面側先端を使って、ケーブルを丁寧に剥がします。
    • Lightningコネクターケーブルはロジックボード上のシールドに軽く接着されています。スパッジャーの平面側先端を使って、ケーブルを丁寧に剥がします。

  34. ロジックボードのベースからセルラーアンテナのコネクターの接続を外します。
    • ロジックボードのベースからセルラーアンテナのコネクターの接続を外します。

  35. 背面ケースに留められたLightningコネクターから次のネジを外します。
    • 背面ケースに留められたLightningコネクターから次のネジを外します。

    • 3.4 mm #000プラスネジー2本

    • 2.2 mm #000プラスネジー1本

    • 2.7 mm #000プラスネジー1本

  36. 背面ケースから丁寧にLightningコネクターアセンブリを剥がします。 背面ケースから丁寧にLightningコネクターアセンブリを剥がします。
    • 背面ケースから丁寧にLightningコネクターアセンブリを剥がします。

  37. スパッジャーの平面側先端を使ってアセンブリを完全に取り出してください。 スパッジャーの平面側先端を使ってアセンブリを完全に取り出してください。
    • スパッジャーの平面側先端を使ってアセンブリを完全に取り出してください。

  38. Lightningコネクターアセンブリを取り出します。 小さなゴム製のガスケットがマイクに留められています。これを新しいアセンブリに移してください。
    • Lightningコネクターアセンブリを取り出します。

    • 小さなゴム製のガスケットがマイクに留められています。これを新しいアセンブリに移してください。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

130 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

422,897 ポイント

411のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

101 メンバー

9,031のガイドは作成済み

I fix it. Tomorrow I was got my packet from ifixit.com with lightning assembly and today my iPhone 5c can charge again.

And I would like to tell you several words about a process:

1. Thanks Ifixit for the tools - pentalope screwdriver and a magnet mat - it was great

2. All was simple with a step by step instructions on site.

3. IMPORTANT!!!! Unnecessary to remove a battery before the Lightning assembly replace - replacement possible without it)))

4. Don't forget to remove a rubber head from an old microphone - new hasn't such part.

5. Don't forget to lay an antenna cable properly when install a speaker back.

6. All the parts are very small - a magnifying glass required)))

7. I was made it for 1 hour )))

Yan - 返信

Tried to fix a faulty headphone jack now with the new part, headphones arent recognised at all...

Thanks for any advice

Joshua - 返信

THOSE CHANGING JUST THE DOCK CONNECTOR!

Important! Steps 14, 15, and 19 through 28 are totally unnecessary. The SIM card is fine where it is, and the battery does not need to be removed to access everything. I would recommend disconnecting the battery connector while working, however.

Also, be careful with the little antenna where it connects to the dock connector flex. Mine broke off and had to be resoldered, but I bought the part on eBay.

Todd - 返信

Thanks for your feedback! We went ahead and removed the SIM card steps. It may be helpful to remove the battery in order to get enough clearance to separate the Lightning cable assembly from the rear case, but folks are certainly welcome to skip those steps if they are comfortable doing so. :)

Jeff Suovanen -

It is certainly not necessary to remove the battery in order to do this repair. I do not recommend following those steps.

kaniggit49 - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 10

過去 7 日: 86

過去 30 日: 376

今までの合計 74,227