メインコンテンツにスキップ

iPhone 12 Pro リアカメラの交換

必要な工具と部品

  1. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, ペンタローブネジを外します。: 手順 1、 1の画像 1
    • ご注意: 作業を始める前に、iPhoneのバッテリー残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、穴が空いてしまうと引火する恐れや爆発の危険性があります。

    • 解体を始める前にiPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下側の端に留められた6.75mm長さのペンタローブネジを2本外します。

    • iPhoneディスプレイを開口するとデバイスの防水機能を失います。この手順より先に進む場合は、交換用の接着剤を用意してください。接着剤を交換せずに再組み立てをした場合、液体ダメージの可能性があることを留意してください。

  2. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, ひび割れた部分にテープを貼る: 手順 2、 3の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, ひび割れた部分にテープを貼る: 手順 2、 3の画像 2 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, ひび割れた部分にテープを貼る: 手順 2、 3の画像 3
    • iPhoneの画面が割れてしまった場合、ガラスの表面上にテープを貼っておくと、それ以上広がることがなく、作業中の怪我を防ぐことができます。

    • iPhoneの画面の上に、透明な梱包用テープを重ね合わせます。

    • 修理の際に飛び散るガラスから目を保護するため、安全メガネを着用してください。

    • 次の数ステップで吸盤がくっつかない場合は、強力なテープ(ガムテープなど)を持ち手に折って、代わりにそれでスクリーンを持ち上げてみてください。

    • それでもうまくいかない場合は、吸盤カップに強力接着剤をつけて、画面に装着してください。

  3. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, リバースクランプの使用方法: 手順 3、 3の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, リバースクランプの使用方法: 手順 3、 3の画像 2 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, リバースクランプの使用方法: 手順 3、 3の画像 3
    • 次の3つの手順では、デバイスの開講作業を簡単にするために開発されたツール、リバースクランプの使い方を紹介します。リバースクランプを使用しない場合は、この3つの手順をスキップして別の方法をご覧ください。

    • リバースクランプの詳細な使用方法については、 こちらのガイドをご覧ください。

    • 青いハンドルをヒンジ側に引くと、リバースクランのアームを解除します。

    • iPhoneの左/右側端に向けてアームをスライドします。

    • 吸盤カップをiPhoneの下端付近に装着します。前面と背面に1つずつ取り付けます。

    • カップ同士をギュッと合わせると、目的の場所に吸引力を発揮します。

    • 作業中のデバイス表面が滑りやすく、吸盤がうまく装着できない場合は、梱包用テープを表面に貼ると、よりグリップ力を強めることができます。

  4. iPhone 12 Pro リアカメラの交換: 手順 4、 3の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換: 手順 4、 3の画像 2 iPhone 12 Pro リアカメラの交換: 手順 4、 3の画像 3
    • 青いハンドルを手前に引くと、アームがロックされます。

    • ハンドルを時計回りに360度回転させ、カップが両側をストレッチするまで回し続けます。

    • 吸盤の位置が合っていることを確認してください。装着位置がずれ始めたら、吸盤を少し緩めてアームを装着し直してください。

  5. iPhone 12 Pro リアカメラの交換: 手順 5、 3の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換: 手順 5、 3の画像 2 iPhone 12 Pro リアカメラの交換: 手順 5、 3の画像 3
    • iPhoneをハードカバーの本など丈夫なものの上に置き、手を離したままでデバイスがテーブルと平行になるように支えると、次の手順で作業しやすくなります。

    • iPhoneの下端に沿って、ドライヤーで加熱してください。スクリーンに指先を当てると少し熱く感じて、長く触れない程度まで温めます。

    • ヘアドライヤーでデバイスを温める際は、こちらのガイドを参照してください。

    • 1分ほど待機すると、接着剤が剥がれ始め、デバイスの間に隙間ができます。

    • クランプで十分な隙間が作れたら、スクリーンのプラスチックベゼルの下にオープニングピックを挿入します。

    • クランプで十分な隙間が作れない場合は、さらに接着面に熱を当てて、クランプを1/4程度時計回りに回してください。

    • 一回ごとの作業で1/4以上回さないでください。クランプをまわしたら1分間待ってください。リバースクランプの効果を待ってから、作業を続けてください。

    • 次の3つの手順はスキップしてください。

  6. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, 下部端を温めます: 手順 6、 1の画像 1
    • ヘアドライヤーもしくは ヒートガンを、iPhone下側の端に約90秒当てて、触れると熱くて触れない程度までスクリーンを温めます。

    • ヘアドライヤーを長時間にわたって同じ箇所に当てないでください。

  7. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, 吸盤カップを装着する: 手順 7、 2の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, 吸盤カップを装着する: 手順 7、 2の画像 2
    • ハンドル付きのシングルタイプの吸盤を使用している場合、デバイス本体の下側端に沿って吸盤を取り付けます。ガラスのカーブした部分から離してください。

  8. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, スクリーンをわずかに持ち上げます: 手順 8、 3の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, スクリーンをわずかに持ち上げます: 手順 8、 3の画像 2 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, スクリーンをわずかに持ち上げます: 手順 8、 3の画像 3
    • 吸盤カップをしっかりと引き上げます。スクリーンとフレームの間に僅かな隙間が生じるまで一定の力で引っ張ります。

    • スクリーンのプラスチックベゼルの下にできた隙間にオープニングピックを差し込みます。

    • スクリーンに留められた防水用接着剤は大変強力です。この隙間をまず作るにはかなりの力が必要です。隙間がうまく作れない場合は、さらに熱を当てて接着剤を柔らかくしてください。温まったらツールを差し込めるだけの隙間ができるまで、ゆっくりとスクリーンを上下に揺さぶります。

  9. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, 右側端を温める: 手順 9、 2の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, 右側端を温める: 手順 9、 2の画像 2
    • ドライヤーでiPhoneの右端(電源ボタンがある方の端)を90秒、または画面が少し熱くなって触れることができなくなるまで加熱します。

  10. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, 右側接着剤を剥がす: 手順 10、 3の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, 右側接着剤を剥がす: 手順 10、 3の画像 2 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, 右側接着剤を剥がす: 手順 10、 3の画像 3
    • オープニングピックをiPhoneの右下あたりでスライドさせ、接着面を切り離します。

    • iPhoneの右端に沿ってスライドし、右上コーナーに達したところで止めます。

    • ピックを3mm以上差し込むと、内部部品が破損する恐れがありますので、ご注意ください。

    • ピックを右上コーナーに残したまま、次の作業に移ってください。

  11. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, 上部端を温める: 手順 11、 1の画像 1
    • ヘアドライヤーをiPhoneの上部端に約90秒間当てて、熱くて触れない程度まで温めます。

  12. iPhone 12 Pro リアカメラの交換: 手順 12、 3の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換: 手順 12、 3の画像 2 iPhone 12 Pro リアカメラの交換: 手順 12、 3の画像 3
    • オープニングピックをiPhoneの右上周辺でスライドさせて、上部の接着剤を切り離します。

    • 左上コーナーにピックを残してから、次の手順に移ります。

    • 上部センサーを破損してしまうため、ピックを3mm以上差し込まないでください。

  13. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, 左側端を温める: 手順 13、 2の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, 左側端を温める: 手順 13、 2の画像 2
    • ドライヤーでiPhoneの左端を約90秒間温めます。もしくは画面が少し熱くて触れなくなるまで加熱します。

  14. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, スクリーンの情報: 手順 14、 1の画像 1
    • iPhoneの左側端に沿って、デリケートなケーブルが装着されています。この部分にピックを差し込まないでください。ケーブルを破損する恐れがあります。

  15. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, 左側の接着剤を剥がす: 手順 15、 2の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, 左側の接着剤を剥がす: 手順 15、 2の画像 2
    • iPhoneの左下コーナーに2番目のオープニングピックを挿入します。

    • 左端のクリップが外れるまで、両方のピックを同時にひねります。

    • 少しずつ捻りながら力を加えていきます。

    • 接着剤の分離がうまくいかない場合は、左端を再加熱してください。

  16. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, iPhone本体を開きます: 手順 16、 3の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, iPhone本体を開きます: 手順 16、 3の画像 2 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, iPhone本体を開きます: 手順 16、 3の画像 3
    • iPhoneの右側端が手前に来るように配置します。

    • iPhoneのディスプレイを左側から右側に向けて(本のページをめくるように)開きます。

    • まだディスプレイを完全に開かないでください。iPhoneのロジックボードに接続されたデリケートなリボンケーブル数本が装着されたままです。

    • ディスプレイの背中に何かボックスを衝立てて、作業をしやすくします。

    • 再組み立ての際にはディスプレイを定位置に置き、上端でクリップを揃えてゆっくりと所定の位置に押し込み、ディスプレイを取り付けます。 クリップが固定されたカチッという音がしない場合は、ディスプレイ周辺のクリップの状態を確認し、曲がっていないか確認してください。

  17. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, バッテリーとディスプレイコネクタカバーのネジを外します: 手順 17、 1の画像 1
    • バッテリーとディスプレイコネクタカバーを固定している1.1 mm Y000 長ネジを2本外します。

    • この作業中、各ネジの装着場所をメモ書きしておきましょう。再組み立ての際は正しい場所に戻してください。間違った位置に装着すると、iPhoneが破損することがあります。

    • 再組み立ての際は、この時点でiPhoneの電源を入れて、デバイスを密封する前に全ての機能が正常通り動くか確認してください。作業に戻る前に、必ずiPhoneの電源を切ってください。

  18. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, バッテリーとディスプレイコネクタカバーを取り出します: 手順 18、 1の画像 1
    • カバーを取り出します。

  19. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, バッテリーの接続を外します: 手順 19、 2の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, バッテリーの接続を外します: 手順 19、 2の画像 2
    • スパッジャーの先端もしくは清潔な爪先を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクタをこじ開けます。

    • コネクタと他のボード接続部分周辺の黒いシリコンシールを破損しないようご注意ください。これらのシールは防水防塵機能があります。

    • コネクタをロジックボードから少し曲げながら離します。修理中にアクシデントでソケットと接触してデバイスの電源が入らないように予防します。

  20. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, ディスプレイケーブルの接続を外します: 手順 20、 2の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, ディスプレイケーブルの接続を外します: 手順 20、 2の画像 2
    • スパッジャーもしくは爪先を使って、ディスプレイケーブルコネクタの接続を外します。

    • このようなプレスコネクタを再装着するには、カチッと所定の位置に収まるまで、慎重に片側を位置合わせして押し込み、反対側でも同じ作業を繰り返します。 中央部分を押さないでください。 コネクタの位置がずれていると、ピンが曲がって永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

  21. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, フロントセンサとデジタイザの接続を外します。: 手順 21、 2の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, フロントセンサとデジタイザの接続を外します。: 手順 21、 2の画像 2
    • スパッジャーもしくは指先を使って、デジタイザケーブルコネクタの接続を外します。

    • 修理終了後、スクリーンの一部が反応しない場合は、バッテリーの接続を外して、このコネクタを再度装着し直してください。カチッと所定の位置にしっかりと装着し、ソケットに埃やその他の異物がないことを確認してください。

  22. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, フロントセンサーコネクタカバーのネジを外します: 手順 22、 1の画像 1
    • Y000ドライバーを使って、フロントセンサーコネクタカバーを固定している4本のネジを外します。

    • 1.1mm長ネジ-3本

    • 1.4mm長ネジ-1本

  23. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, フロントセンサーコネクタカバーを取り出します: 手順 23、 3の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, フロントセンサーコネクタカバーを取り出します: 手順 23、 3の画像 2 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, フロントセンサーコネクタカバーを取り出します: 手順 23、 3の画像 3
    • 右側の小さなクリップが外れるまで、カバーを左側から持ち上げます。

    • カバーを取り出します。

    • 再組み立ての際には、最初に右端のクリップをスロットに挿入してから、所定の場所にカバーの残りの部分をテコのようにして装着します。

  24. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, フロントセンサーの接続を外します: 手順 24、 2の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, フロントセンサーの接続を外します: 手順 24、 2の画像 2
    • スパッジャーもしくは爪先を使って、フロントセンサーアセンブリのケーブルコネクタの接続を外します。

  25. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, ディスプレイアセンブリを外します: 手順 25、 1の画像 1
  26. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, カメラカバーのネジを外します: 手順 26、 1の画像 1
    • Y000ドライバーを使って、リアカメラカバーセンサーを固定している、次のネジを4本外します。

    • 1.6 mm 長ネジー3本

    • 1.4 mmネジー1本

  27. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, カメラカバーを外します: 手順 27、 2の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, カメラカバーを外します: 手順 27、 2の画像 2
    • ロジックボードに一番近い端からカメラカバーを持ち上げて、外します。

    • カメラカバーを再装着するには、まず外側のタブをデバイスのフレームの凹みに挿入します。その後、カバーを蝶番のようにして閉じます。

  28. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, カメラアセンブリに接続を外します: 手順 28、 2の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, カメラアセンブリに接続を外します: 手順 28、 2の画像 2
    • スパッジャーもしくは爪先を使って、最初のカメラケーブルコネクタの接続を、ソケットからまっすぐこじ開けて外します。

  29. iPhone 12 Pro リアカメラの交換: 手順 29、 2の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換: 手順 29、 2の画像 2
    • スパッジャーもしくは爪先で、2番目のカメラケーブルコネクタをソケットからまっすぐこじ開けて、接続を外します。

  30. iPhone 12 Pro リアカメラの交換, リアカメラを取り出します: 手順 30、 3の画像 1 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, リアカメラを取り出します: 手順 30、 3の画像 2 iPhone 12 Pro リアカメラの交換, リアカメラを取り出します: 手順 30、 3の画像 3
    • スパッジャーの先端を使って、iPhoneからカメラアセンブリを持ち上げます。

    • リアカメラを取り出します。

終わりに

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

不要になった電子廃棄物は 認証済みリサイクルセンターで処分してください。

修理が上手くいきませんか?トラブルシュートのヘルプはアンサーコミュニティを参照してください。もしくはiPhone 12 Pro のアンサーコミュニティで検索してみましょう。

7 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

作成者

4人の作成者と共同で作成されました。

Adam O'Camb

メンバー登録日: 04/11/15

194,182 ポイント

416のガイドは作成済み

3 件のコメント

!WARNING! TL;DR using the iFixIt camera and this guide will result in a never-ending warning on your lock screen and system messages about it not being a genuine Apple camera.

The guide is great. Apple’s right to repair tenticals aren’t. I had the joy of having a friend ship the part from the US to Europe, since the parts weren’t available from iFixIt Europe — parts + shipping, +shipping to europe +import fees (Another $100+ on top of the cost). Turning the phone on for the first time revealed a pop-up about a non-Genuine camera. Then I proceeded to find a badge on settings which is permanently warning me that the camera isn’t genuine. The worst part, a push-style notification constantly on the lock screen notifying me of a non-genuine Apple camera. Needless to say, I’m incredibly unhappy.

Apollo Enhet - 返信

Hi. Is the push message on the Lock Screen similar to the screen replacement message, in that it only continues for 4 days?

bearzac -

Excellent demonstration

Jabulani Vilagazi - 返信

コメントを追加

統計データ:

過去 24時間: 25

過去 7 日: 190

過去 30 日: 802

今までの合計 31,825