メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを使って、AppleカスタムのブレードSSD(NVMe/PCIe x4)を交換します。

このガイドは、SSDを搭載した高スペックのiMac Intel 21.5 "EMC 2544モデルを対象としています。(Fusion DriveもしくはブレードSSD仕様)

システムにブレードSSDがまだインストールされていない場合、コネクタとサポートコンポーネントがロジックボードに存在しないため、後でインストールすることはできません。

    • ヒンジを外すと、iMacはアンバランスな状態になり、作業がしにくくなります。修理自体には問題ありませんが、作業をより早く、効率よくするには iMacサービスウェッジを使うと良いでしょう。

    • iMacの修理を始める前に:コンピューターの電源を切り、電源ボタンを約10秒押したまま、電源のキャパシタを放電してください。

    • キャパシタ部分や電源裏側の半田付けされた接合部分に接触しないようご注意ください。基板の端のみで触れます。

  1. パワーボタン付近のディスプレイ左側からiMac開口ツールをガラスパネルとリア筐体の間に差し込み、作業を始めます。 iMac開口ツール上の回転軸を押し込んでもディスプレイの奥深くまで届きません。もし異なるツールを使用する場合、ディスプレイから9.5mm以上は差し込まないでください。それ以上深く差し込むと、アンテナケーブルに深刻なダメージを与えてしまいます。
    • パワーボタン付近のディスプレイ左側からiMac開口ツールをガラスパネルとリア筐体の間に差し込み、作業を始めます。

    • iMac開口ツール上の回転軸を押し込んでもディスプレイの奥深くまで届きません。もし異なるツールを使用する場合、ディスプレイから9.5mm以上は差し込まないでください。それ以上深く差し込むと、アンテナケーブルに深刻なダメージを与えてしまいます。

  2. ピザカッターのようにツールを使いますー隙間に沿ってスライスしながら、フォーム製接着剤を切り込んでください。 カット用の車輪の裏の持ち手をしっかり持って内側に押し込んでください。もし外向きに引っ張ると車輪がハンドルから外れてしまいます。 ツールをディスプレイの左側に沿って下側から上部に向けてスライスします。
    • ピザカッターのようにツールを使いますー隙間に沿ってスライスしながら、フォーム製接着剤を切り込んでください。

    • カット用の車輪の裏の持ち手をしっかり持って内側に押し込んでください。もし外向きに引っ張ると車輪がハンドルから外れてしまいます。

    • ツールをディスプレイの左側に沿って下側から上部に向けてスライスします。

  3. 左側コーナー上部周辺までスライスします。 左側コーナー上部周辺までスライスします。 左側コーナー上部周辺までスライスします。
    • 左側コーナー上部周辺までスライスします。

  4. ディスプレイ上部左側からスライスします。 ディスプレイ上部左側からスライスします。
    • ディスプレイ上部左側からスライスします。

  5. ディスプレイ上部に沿って開口ツールをスライスします。 すでにスライスした箇所も接着剤が完全に切断されているか確認するため、複数回に渡って前後にスライスしてください。
    • ディスプレイ上部に沿って開口ツールをスライスします。

    • すでにスライスした箇所も接着剤が完全に切断されているか確認するため、複数回に渡って前後にスライスしてください。

  6. ディスプレイ上部の右側コーナー周辺までツールをスライスします。 ディスプレイ上部の右側コーナー周辺までツールをスライスします。 ディスプレイ上部の右側コーナー周辺までツールをスライスします。
    • ディスプレイ上部の右側コーナー周辺までツールをスライスします。

  7. ディスプレイの右側に沿ってツールを上部から下側に向けてスライドします。 ディスプレイの右側に沿ってツールを上部から下側に向けてスライドします。
    • ディスプレイの右側に沿ってツールを上部から下側に向けてスライドします。

  8. ディスプレイ右側の下部まで開口ツールをスライスさせてここで作業を終えます。 ここでもう一度、ディスプレイ全体に沿って開口ツールをスライスさせ、接着剤をスライスできたか確認しましょう。
    • ディスプレイ右側の下部まで開口ツールをスライスさせてここで作業を終えます。

    • ここでもう一度、ディスプレイ全体に沿って開口ツールをスライスさせ、接着剤をスライスできたか確認しましょう。

  9. 開口ツールがディスプレイ上の接着剤の大部分を切断できても、ディスプレイはわずかにケースに装着されたままです。残りの接着剤から完全に乖離するため、プラスチックカードを使用してください。 iMacのフロント側を上向きにしてテーブル上に置いてください。 iMac右側の上部から、ディスプレイとフレームの間にプラスチックカードを差し込みます。
    • 開口ツールがディスプレイ上の接着剤の大部分を切断できても、ディスプレイはわずかにケースに装着されたままです。残りの接着剤から完全に乖離するため、プラスチックカードを使用してください。

    • iMacのフロント側を上向きにしてテーブル上に置いてください。

    • iMac右側の上部から、ディスプレイとフレームの間にプラスチックカードを差し込みます。

    • 9.5mm以上はプラスチックカードを差し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまいます。

    Don't forget to place the mac face up on the table. Unlike older models, there is no more flap at the bottom holding the display in place. If you do these steps with the Mac upright, the screen will pop out, hit your table, and shatter :( Don't ask me how I know.

    John M - 返信

    So sorry. Thanks for that caution.

    Ted Horodynsky - 返信

  10. ディスプレイとフレームの間に隙間を作るように、丁寧にプラスチックを外側に向けてひねります。 ディスプレイのガラスに圧力がかからないように注意しながら、ゆっくりと動かします。約6mm程度の隙間ができれば十分です。
    • ディスプレイとフレームの間に隙間を作るように、丁寧にプラスチックを外側に向けてひねります。

    • ディスプレイのガラスに圧力がかからないように注意しながら、ゆっくりと動かします。約6mm程度の隙間ができれば十分です。

  11. 残りの接着剤を乖離させながら、iMacの上部右側コーナーからディスプレイ中央に向けてプラスチックカードをスライドします。 iSightカメラ手前で止めてください。これ以上進むとダメージを与えてしまいます。 iSightカメラ手前で止めてください。これ以上進むとダメージを与えてしまいます。
    • 残りの接着剤を乖離させながら、iMacの上部右側コーナーからディスプレイ中央に向けてプラスチックカードをスライドします。

    • iSightカメラ手前で止めてください。これ以上進むとダメージを与えてしまいます。

  12. 接着剤が再装着するのを防ぐため、ディスプレイ上部右側コーナー付近にプラスチックカードを差し込んだままにします。 接着剤が再装着するのを防ぐため、ディスプレイ上部右側コーナー付近にプラスチックカードを差し込んだままにします。
    • 接着剤が再装着するのを防ぐため、ディスプレイ上部右側コーナー付近にプラスチックカードを差し込んだままにします。

  13. 2枚目のプラスチックカードをiMac上部左側付近のディスプレイとフレームの隙間に差し込みます。 2枚目のプラスチックカードをiMac上部左側付近のディスプレイとフレームの隙間に差し込みます。 2枚目のプラスチックカードをiMac上部左側付近のディスプレイとフレームの隙間に差し込みます。
    • 2枚目のプラスチックカードをiMac上部左側付近のディスプレイとフレームの隙間に差し込みます。

  14. ゆっくりとカードを上向きにツイストして、ディスプレイとフレームの間の隙間を広げます。 反対側も同様に、接着剤が乖離するようにゆっくりとツイストします。ディスプレイのガラスに余分な圧力がかからないようご注意ください。
    • ゆっくりとカードを上向きにツイストして、ディスプレイとフレームの間の隙間を広げます。

    • 反対側も同様に、接着剤が乖離するようにゆっくりとツイストします。ディスプレイのガラスに余分な圧力がかからないようご注意ください。

  15. プラスチックカードを中央に向けてゆっくりとスライドして、iSightカメラの手前で止めます。 プラスチックカードを中央に向けてゆっくりとスライドして、iSightカメラの手前で止めます。 プラスチックカードを中央に向けてゆっくりとスライドして、iSightカメラの手前で止めます。
    • プラスチックカードを中央に向けてゆっくりとスライドして、iSightカメラの手前で止めます。

  16. プラスチックカードを左側上部コーナーの裏側に差し込みます。 プラスチックカードを左側上部コーナーの裏側に差し込みます。
    • プラスチックカードを左側上部コーナーの裏側に差し込みます。

  17. コーナー付近に差し込んだ2枚のプラスチックカードを手に取り、ディスプレイとケースの間の隙間を広げるようにカードを外側に向けてツイストします。 もし接着剤が剥がれていない箇所がある場合はツイスト作業を止めて、どちらかのカードを使って接着剤を切断します。 フレームからディスプレイ上部を持ち上げます。
    • コーナー付近に差し込んだ2枚のプラスチックカードを手に取り、ディスプレイとケースの間の隙間を広げるようにカードを外側に向けてツイストします。

    • もし接着剤が剥がれていない箇所がある場合はツイスト作業を止めて、どちらかのカードを使って接着剤を切断します。

    • フレームからディスプレイ上部を持ち上げます。

    • 約5cm程度しかディスプレイを持ち上げないでください。ディスプレイデータケーブルやパワーケーブルが基板に接続されたままの状態です。

  18. 手でディスプレイのパワーケーブルの接続を外します。ケーブルをプラスチックタブから引っ張っているか確認してください。色のついたワイヤを引っ張らないでください。 コネクタに簡単にアクセスできるようディスプレイを持ち上げますが、ケーブルを伸ばしすぎて接続部分にストレスを与えないようご注意ください。(約20cm程度)
    • 手でディスプレイのパワーケーブルの接続を外します。ケーブルをプラスチックタブから引っ張っているか確認してください。色のついたワイヤを引っ張らないでください。

    • コネクタに簡単にアクセスできるようディスプレイを持ち上げますが、ケーブルを伸ばしすぎて接続部分にストレスを与えないようご注意ください。(約20cm程度)

  19. スパッジャーの先端を使って、ディスプレイデータケーブル上のメタル製固定ブラケットを裏返します。 丁寧にディスプレイデータケーブルを基板上のソケットから引っ張ります。 ディスプレイデーターケーブルのコネクターをソケットからまっすぐ引いてください。
    • スパッジャーの先端を使って、ディスプレイデータケーブル上のメタル製固定ブラケットを裏返します。

    • 丁寧にディスプレイデータケーブルを基板上のソケットから引っ張ります。

    • ディスプレイデーターケーブルのコネクターをソケットからまっすぐ引いてください。

  20. ディスプレイを左右均等に持ち上げます。 この時点でディスプレイ底に沿って接着ストリップがまだ付いています。これがヒンジのようにフレームとディスプレイを固定しています。ディスプレイを上下に数回揺らすと、この接着ストリップを緩めることができます。
    • ディスプレイを左右均等に持ち上げます。

    • この時点でディスプレイ底に沿って接着ストリップがまだ付いています。これがヒンジのようにフレームとディスプレイを固定しています。ディスプレイを上下に数回揺らすと、この接着ストリップを緩めることができます。

  21. 必要に応じて、プラスチックカードを使って接着ストリップの残りの部分を切断してください。 必要に応じて、プラスチックカードを使って接着ストリップの残りの部分を切断してください。
    • 必要に応じて、プラスチックカードを使って接着ストリップの残りの部分を切断してください。

  22. ディスプレイをフレームから持ち上げて、iMacから外します。 片一方をゆっくりと持ち上げて、接着剤を剥がしながら外してください。 ディスプレイの取り扱いには特にご注意ください。ーディスプレイは大型で重量があり、ガラス製です。
    • ディスプレイをフレームから持ち上げて、iMacから外します。

    • 片一方をゆっくりと持ち上げて、接着剤を剥がしながら外してください。

    • ディスプレイの取り扱いには特にご注意ください。ーディスプレイは大型で重量があり、ガラス製です。

    • 再組み立ての際は、古い接着剤の残りを綺麗に拭き取り、接着ストリップの使用方法を参照してください。iMac Intel 21.5インチ EMC 2544 の接着ストリップの交換ガイドです。

    After removing the display, I also removed the 3 screws for the processor fan, disconnected the power connector for it and set the fan shroud aside. Disconnecting the remaining cable (similar style to 1 of the cables for the display) that is in the way of the RAM chips is all that's left to do. I was then able to access and quickly remove the two Apple-provided RAM chips, and replace them with 3rd party RAM. Turning the iMac on its side, so that it's in a position where you're physically putting the RAM chips DOWNWARD into their respective slots is the best way to go about uninstalling and reinstalling the chips. Using a narrow but long'ish plastic spudger tool is the best way to defeat the spring-tabs which hold the RAM chips in place. After removing the LCD display, changing the RAM is about a 10 minute process!! And I'd SURE prefer not to remove all the parts and risk damage to the iMac via the standard procedure listed. As per usual, take your time and work gently :-)

    Mitch K - 返信

    Teardown the whole machine just to change RAM? While preparing to comment on this procedure I just noticed the comment made by Mitch K above. I ran pretty much the same procedure that he describes this afternoon (steps 1-23, 43-45, and step 55). Then I swapped out the original 2x4GB RAM chips for 2x8GB chips by reaching behind the logic board, releasing the spring retaining clips one chip at a time (starting with the chip further away from the logic board), pivoting the RAM towards the back of the machine, and then carefully sliding it out of the slot. I easily slid in the new chips and then pivoted them to lock them down. No hassle, no time lost. As Mitch K states above, not only is this “shortcut” method much quicker and easier, but it provides less risk of damaging cables, sockets and other delicate components during a total teardown. Why mess with the power supply board just to change RAM? I do not advise to follow the current iFixit.com procedure written by Sam Lionheart, regardless of user skill-level.

    MacSandor - 返信

    THAT sounds one !&&* of a lot easier than the full tear down. I wonder if there’s a video of the process described by Mitch K? Adding that to these verbal instructions would really help relieve the apprehension and anxiety around the process! I do sometimes find the additional warnings, though appreciated from a “safety first” perspective, are somewhat overstated. It’s been a very long time since I shorted out RAM, or fried a PCB, or broke a connector, regardless of how finicky, fragile or awkwardly designed and positioned. I may have WANTED to break something, and the air might be blue for a few seconds, but inevitably, things go back together, the start button gets pressed, the startup chime sounds, and we’re in business. Practice DOES make as close to perfect we are likely to get.

    bruce - 返信

    Mitch has the exact method that works a treat. You don’t need to follow steps 24-37 and also 40-63. Step 51 is the step to remove the camera cable and is needed. Steps 38 and 39 are for the Fan. That is all that is needed. Done quite a few like this.

    Be careful not to drop the RAM down the back of the logic board!

    By NOT removing all the other stuff you can avoid either damaging it or forgetting to plug in a cable.

    Charlie Nancarrow - 返信

  23. 下部サポートブラケットを固定している次の5本のネジを外します。 3.2 mmネジー4本
    • 下部サポートブラケットを固定している次の5本のネジを外します。

    • 3.2 mmネジー4本

    • 1.7 mmネジー1本

    • ネジにアクセスするために、iMac底側の端に沿って付けられたディスプレイ用接着剤を剥がさなければなりません。

  24. iMac筐体から下部サポートブラケットを取り出します。
    • iMac筐体から下部サポートブラケットを取り出します。

    Of all the parts of this entire procedure, replacing this one piece is the hardest part! The screws are tiny and they just don’t seem to want to grab the support piece. Also it seems to perform no function which is also annoying.

    John M - 返信

    I left mine out. LOL

    jerrid_foiles -

    Line up the screw holes and press on the bracket from the back to help the screws grab. If your fingers are too big, press with the flat side of your spudger. As long as there’s no gap between the bracket and the iMac’s frame, the screws should grab easily.

    Jeff Suovanen -

  25. スパッジャーを使って、基板上のソケットから右側スピーカーのケーブルコネクターの接続を緩めます。 コネクター両側の短辺を押し込みながらスライドさせるとソケットから外れます。コネクターの接続部分にご注意ください。簡単に壊れてしまいます。
    • スパッジャーを使って、基板上のソケットから右側スピーカーのケーブルコネクターの接続を緩めます。

    • コネクター両側の短辺を押し込みながらスライドさせるとソケットから外れます。コネクターの接続部分にご注意ください。簡単に壊れてしまいます。

    • コネクターを下向きに押し込んで、ソケットから外します。

    I highly recommend doing steps 27 and 28 first and then pull out the cable. It will give you more room on the right side of the cable to work with making this step that much easier.

    Eddie de la Rosa - 返信

    The two corners of the connector are latches that need to be pushed toward the center of the connector to release. This is easily done with the pointed end of the spudger. Once the two corner latches are released, the connector comes apart easily.

    Fred Heineman - 返信

  26. リア筐体に右側スピーカーを固定している10.0 mm T10ネジを2本外します。
    • リア筐体に右側スピーカーを固定している10.0 mm T10ネジを2本外します。

  27. リア筐体から右側スピーカーの上部を約1cmほど引っ張ります。右側の底に搭載されているアンテナケーブルにアクセスできる程度です。 リア筐体から右側スピーカーの上部を約1cmほど引っ張ります。右側の底に搭載されているアンテナケーブルにアクセスできる程度です。
    • リア筐体から右側スピーカーの上部を約1cmほど引っ張ります。右側の底に搭載されているアンテナケーブルにアクセスできる程度です。

  28. スパッジャーの先端を右側スピーカーと、右側スピーカー側に搭載されているアンテナケーブルの間に差し込みます。 スパッジャーをスピーカーの右側に沿ってスライドさせ、右側スピーカーの回路からアンテナケーブルをこじ開けます。 スパッジャーをスピーカーの右側に沿ってスライドさせ、右側スピーカーの回路からアンテナケーブルをこじ開けます。
    • スパッジャーの先端を右側スピーカーと、右側スピーカー側に搭載されているアンテナケーブルの間に差し込みます。

    • スパッジャーをスピーカーの右側に沿ってスライドさせ、右側スピーカーの回路からアンテナケーブルをこじ開けます。

  29. iMacの上部に向けて約2.5cm程度右側スピーカーをまっすぐ引っ張ります。 まっすぐ右側スピーカーを持ち上げて、iMacから取り出します。この作業は少し力が要るため、両手を使って、スピーカーを左右に揺らしながら取り出します。 まっすぐ右側スピーカーを持ち上げて、iMacから取り出します。この作業は少し力が要るため、両手を使って、スピーカーを左右に揺らしながら取り出します。
    • iMacの上部に向けて約2.5cm程度右側スピーカーをまっすぐ引っ張ります。

    • まっすぐ右側スピーカーを持ち上げて、iMacから取り出します。この作業は少し力が要るため、両手を使って、スピーカーを左右に揺らしながら取り出します。

  30. リア筐体にハードドライブブラケットを固定している次のネジを外します。
    • リア筐体にハードドライブブラケットを固定している次のネジを外します。

    • 左側ハードドライブブラケットから21 mm T10トルクスネジー2本

    • 9 mm T10トルクスネジー1本

    • 27 mm T10 トルクスネジー1本

    Is there a special drive for this? Apple specs only one or two drives? I am planning a seagate SDHD. It has SMART, but may not be the right version. ANy comments/ recommendations?

    Carl Schultz - 返信

  31. iMacから左右のハードドライブブラケットを外します。 iMacから左右のハードドライブブラケットを外します。
    • iMacから左右のハードドライブブラケットを外します。

  32. 次の2−3のガイドでは電源の露出した側のパーツのみに作業の範囲を絞ってください。基板に接続された大型キャパシタから発生する高電圧ショックを防ぐため、電源の表面は絶対に接触しないでください。 スパッジャーの先端を使って、パワーボタンケーブルコネクターの両側を押さえて、ソケットから丁寧に”ずらしながら”外します。 スパッジャーの先端を使って、パワーボタンケーブルコネクターの両側を押さえて、ソケットから丁寧に”ずらしながら”外します。
    • 次の2−3のガイドでは電源の露出した側のパーツのみに作業の範囲を絞ってください。基板に接続された大型キャパシタから発生する高電圧ショックを防ぐため、電源の表面は絶対に接触しないでください

    • スパッジャーの先端を使って、パワーボタンケーブルコネクターの両側を押さえて、ソケットから丁寧に”ずらしながら”外します。

  33. スパッジャーの先端を使って、電源コントロールケーブルのコネクタの両側をゆっくりと上向きに押し上げてずらしながらスライドします。 スパッジャーの先端を使って、電源コントロールケーブルのコネクタの両側をゆっくりと上向きに押し上げてずらしながらスライドします。
    • スパッジャーの先端を使って、電源コントロールケーブルのコネクタの両側をゆっくりと上向きに押し上げてずらしながらスライドします。

  34. 裏側の筐体にパワーサプライを固定している7.2 mm T10ネジを2本外します。
    • 裏側の筐体にパワーサプライを固定している7.2 mm T10ネジを2本外します。

  35. パワーサプライ周辺の作業をする際は、パワーサプライ裏側のキャパシタや露出した半田付けによる接合部分には絶対に接触しないようご注意ください。基板の端のみで作業を行ってください。 パワーサプライを前向きに傾けます。
    • パワーサプライ周辺の作業をする際は、パワーサプライ裏側のキャパシタや露出した半田付けによる接合部分には絶対に接触しないようご注意ください。基板の端のみで作業を行ってください。

    • パワーサプライを前向きに傾けます。

  36. パワーサプライをまっすぐ引き上げて、背面の筐体から取り出します。 パワーサプライを右側を左側より約2cmほど高く固定させて反時計回りに回転させます。 パワーサプライを右側を左側より約2cmほど高く固定させて反時計回りに回転させます。
    • パワーサプライをまっすぐ引き上げて、背面の筐体から取り出します。

    • パワーサプライを右側を左側より約2cmほど高く固定させて反時計回りに回転させます。

  37. パワーサプライを右側にスライドして背面の筐体に留められたネジが見えるようにします。 パワーサプライを右側にスライドして背面の筐体に留められたネジが見えるようにします。
    • パワーサプライを右側にスライドして背面の筐体に留められたネジが見えるようにします。

  38. パワーサプライを前向きに揺すりながら移動させ、背面の筐体の奥から取り出します。 パワーサプライをiMacから完全に外さないでくださいーまだ基板と接続されたままです。 パワーサプライをiMacから完全に外さないでくださいーまだ基板と接続されたままです。
    • パワーサプライを前向きに揺すりながら移動させ、背面の筐体の奥から取り出します。

    • パワーサプライをiMacから完全に外さないでくださいーまだ基板と接続されたままです。

  39. パワーサプライの裏側の突出した半田付け接合部分やキャパシタには絶対に接触しないようご注意ください。基板の端を手で持ってください。 パワーサプライの上部を自分に向けて、基板の裏にあるDCパワーケーブルコネクションにアクセスします。
    • パワーサプライの裏側の突出した半田付け接合部分やキャパシタには絶対に接触しないようご注意ください。基板の端を手で持ってください。

    • パワーサプライの上部を自分に向けて、基板の裏にあるDCパワーケーブルコネクションにアクセスします。

    • DCパワーケーブルコネクターのタブをつまんで、基板の裏側にあるソケットからまっすぐ引っ張り出します。

    what happens if you damage the power socket on the logic board?

    Racheal Major - 返信

    The tab is on the bottom of the connector. You can’t see it. Squeeze the bottom of the connector close to the cables to properly release tab. Pulling straight out is important.

    Eddie de la Rosa - 返信

    This step might be easier if you do the next step first (step 41) and then come back to this step.

    Eddie de la Rosa - 返信

    I loosened the logic board attached to the power supply board. I then could easily remove the 2 power cables.

    Gerard Stoffels - 返信

    A photo of the disconnected power connector would be helpful in seeing how the tab release works here.

    airshack - 返信

    In the photo above, the index finger is shown squeezing the connector locking tab. Do this while using the flat end of a spudger to release the latch. Once the connector is moved about an eigth of an inch the latch is released and the connector should come out freely.

    Fred Heineman - 返信

  40. ここから次の2つの手順ではiMacの背面をテーブル上に乗せて上向きに作業をすると便利です。 スパッジャーの平面側先端を使ってACインレットケーブルコネクタ の横に付いているクリップを内側に向けて押します。 スパッジャーでリリースクリップを押さえながら、ACインレットケーブルをつまんで、コネクタをソケットからまっすぐ引き抜きます。
    • ここから次の2つの手順ではiMacの背面をテーブル上に乗せて上向きに作業をすると便利です。

    • スパッジャーの平面側先端を使ってACインレットケーブルコネクタ の横に付いているクリップを内側に向けて押します。

    • スパッジャーでリリースクリップを押さえながら、ACインレットケーブルをつまんで、コネクタをソケットからまっすぐ引き抜きます。

  41. iMacからパワーサプライを取り出します。
    • iMacからパワーサプライを取り出します。

  42. ファンケーブルコネクタを基板上のソケットからまっすぐ丁寧に引き抜きます。 ファンケーブルコネクタを基板上のソケットからまっすぐ丁寧に引き抜きます。
    • ファンケーブルコネクタを基板上のソケットからまっすぐ丁寧に引き抜きます。

    I don’t like to pull on wires as shown in the photos above. I used my index fingernail on the top corner of the connector and the pointed end of a spudger on the bottom corner to pull the connector straight out of its socket.

    Fred Heineman - 返信

  43. リアエンクロージャーにファンを固定している12.3 mm T10肩付きネジを3本外します。
    • リアエンクロージャーにファンを固定している12.3 mm T10肩付きネジを3本外します。

  44. iMacからファンを取り出します。 iMacからファンを取り出します。
    • iMacからファンを取り出します。

  45. ハードドライブを基板に一番近い端から持ち上げて、わずかに奥から引き抜きます。 ハードドライブは2本のケーブルで繋がったままです。iMacから完全に外さないでください。 ハードドライブは2本のケーブルで繋がったままです。iMacから完全に外さないでください。
    • ハードドライブを基板に一番近い端から持ち上げて、わずかに奥から引き抜きます。

    • ハードドライブは2本のケーブルで繋がったままです。iMacから完全に外さないでください。

  46. SATAパワーケーブルの接続を外します。 SATAパワーケーブルの接続を外します。
    • SATAパワーケーブルの接続を外します。

  47. SATAデータケーブルをハードドライブから引き抜きます。 SATAデータケーブルをハードドライブから引き抜きます。
    • SATAデータケーブルをハードドライブから引き抜きます。

  48. iMacからハードドライブを取り出します。
    • iMacからハードドライブを取り出します。

  49. リアエンクロージャーにハードドライブトレイを固定している7.2 mm T10ネジを1本外します。
    • リアエンクロージャーにハードドライブトレイを固定している7.2 mm T10ネジを1本外します。

  50. リアエンクロージャーからハードドライブトレイを取り出します。
    • リアエンクロージャーからハードドライブトレイを取り出します。

  51. 左側スピーカーのケーブルコネクタの各サイドをスパッジャーの先端で押し込んで、ソケットから丁寧に外していきます。 左側スピーカーのケーブルコネクタの各サイドをスパッジャーの先端で押し込んで、ソケットから丁寧に外していきます。
    • 左側スピーカーのケーブルコネクタの各サイドをスパッジャーの先端で押し込んで、ソケットから丁寧に外していきます。

    As noted in the right speaker cable section, the two corners of the connector are latches that need to be pushed toward the center of the connector to release. This is easily done with the pointed end of the spudger. Once the two corner latches are released, the connector comes apart easily.

    Fred Heineman - 返信

  52. 左側スピーカーのケーブルをリアエンクロージャーの裏側につけられた固定クリップからまっすぐ引き抜きます。 左側スピーカーのケーブルをリアエンクロージャーの裏側につけられた固定クリップからまっすぐ引き抜きます。
    • 左側スピーカーのケーブルをリアエンクロージャーの裏側につけられた固定クリップからまっすぐ引き抜きます。

  53. 前の手順と同じ方法でSATA データーとパワーケーブルを固定クリップから取り外します。 前の手順と同じ方法でSATA データーとパワーケーブルを固定クリップから取り外します。 前の手順と同じ方法でSATA データーとパワーケーブルを固定クリップから取り外します。
    • 前の手順と同じ方法でSATA データーとパワーケーブルを固定クリップから取り外します。

  54. スパッジャーの平面側先端を使って、iSightカメラケーブルのコネクタ上のメタル製固定ブラケットを引き上げて裏返します。 iSightカメラケーブルをロジックボード上の基板からまっすぐ引き抜きます。 これはデリケートなコネクタで簡単にダメージが入ってしまいますのでご注意ください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、iSightカメラケーブルのコネクタ上のメタル製固定ブラケットを引き上げて裏返します。

    • iSightカメラケーブルをロジックボード上の基板からまっすぐ引き抜きます。

    • これはデリケートなコネクタで簡単にダメージが入ってしまいますのでご注意ください。

  55. スパッジャーの平面側先端を使ってAirPort/Bluetoothカードから4本のアンテナコネクタの各接続を外します。 各コネクタの装着位置にご注意ください。 各コネクタの装着位置にご注意ください。
    • スパッジャーの平面側先端を使ってAirPort/Bluetoothカードから4本のアンテナコネクタの各接続を外します。

    • 各コネクタの装着位置にご注意ください。

    I broke off one of the antenna connectors when I took off the antenna wires, but the new 802.11ac card is working:) I seems the way to take off the wires is lifting it up from the wire side. In hindsight I just wasn´t careful enough.

    Runar Vaernes - 返信

    how do I check a working logic board

    Navneet Garg - 返信

  56. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上の基板からヘッドホンジャックのケーブルコネクタを引き抜きます。 ケーブルを若干右側に押してください。 ケーブルを若干右側に押してください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上の基板からヘッドホンジャックのケーブルコネクタを引き抜きます。

    • ケーブルを若干右側に押してください。

    Unlike the rest of the connectors on the logic board, this one lifts up away from the board rather than to the side. That “Push the cable slightly to the right.” notation is after the connector is free.

    Fred Heineman - 返信

  57. リアエンクロージャーに排気ダクトを固定している次のネジを外します。
    • リアエンクロージャーに排気ダクトを固定している次のネジを外します。

    • 6.3 mm T8ネジー2本

    • 4.7 mm T8ネジー2本

    Weirdly, these screws didn’t work with my T8 driver. Not with T6 or T10.

    Every other screw (to this point) has been fine. Hmm.

    Jake Lodwick - 返信

    ??? The T8 worked fine for me. Not sure what the difference would be.

    Fred Heineman - 返信

  58. リアエンクロージャーにロジックボードを固定している7.2 mm T10ネジを4本外します。
    • リアエンクロージャーにロジックボードを固定している7.2 mm T10ネジを4本外します。

  59. ロジックボードをリアエンクロージャーから離すように傾けます。 ロジックボードをiMacからまっすぐ持ち上げて取り出します。 ボードがリアケースのネジポートに引っかからないようご注意ください。
    • ロジックボードをリアエンクロージャーから離すように傾けます。

    • ロジックボードをiMacからまっすぐ持ち上げて取り出します。

    • ボードがリアケースのネジポートに引っかからないようご注意ください。

    • ロジックボード下側のI/Oボードの作業が最大のチャレンジです。 ダメージを避けるため、ゆっくりと引っ張ってください。

    • ロジックボードを再組み立てする際は、I/O コネクタの装着位置を確認してください。ボードがケースに装着できたら、USBもしくはThunderboltケーブルをコネクタの一つに正しい順番で差し込んでください。

    When inserting the logic board back, pay attention of the position of the I/O connectors. When it is back in place, put a USB / Thunderbolt cable into the connectors to ensure the perfect alignment.

    Peter - 返信

    This is fantastic advice. I used a combination of USB and display port plugs to ensure proper alignment and help keep the logic board steady while i screwed it back in. Thank you!!

    kazoodac -

  60. ロジックボードにSSDを固定している1本のトルクスネジを外します。
    • ロジックボードにSSDを固定している1本のトルクスネジを外します。

  61. SSDの右端をわずかに持ち上げて、ロジックボード上のソケットからスライドして接続を外します。 SSDの右端をわずかに持ち上げて、ロジックボード上のソケットからスライドして接続を外します。 SSDの右端をわずかに持ち上げて、ロジックボード上のソケットからスライドして接続を外します。
    • SSDの右端をわずかに持ち上げて、ロジックボード上のソケットからスライドして接続を外します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

13 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Dan

メンバー登録日: 2012年02月01日

343,779 ポイント

1ガイドが承認済み

チーム

Self employed contract worker Self employed contract worker人のメンバー

Business

1 メンバー

4のガイドは作成済み

11 件のコメント

Many thanks for the tutorial? Very detailed and helpful. Now, my question is, can I replace the existing SSD PCIe blade by ANY PCIe blade?

I mean, the 2017 4K iMacs have a PCIe v3 with 4 channels. Will it admit an older PCIe version (such as v2)?

Aleix - 返信

Apple uses a different interface than the M.2 blades as such you ned to use theirs or either of the two 3rd party drive makers OWC or Transcend

- BeetsTech - The Ultimate Guide to Apple’s Proprietary SSD’s (Apples SSD’s)

- OWC - Aura Pro SSD

- Transcend - JetDrive 820

Dan -

Hello Dan! Many thanks for your answer, but none of the webpages you mention has a blade PCIe SSD compatible with the iMac 4K 2017… :(

Aleix - 返信

I’ve put in few of the BeetsTech blades in with no issues. Are you trying to install the SATA drive?

Dan -

Hi Dan! The initial intention was to replace the current 28GB blade PCIe SSD by a bigger one, 225 or 500GB, and keep the current sATA 1TB drive. This way, I could have a decent and fast FusionDrive, as the current configuration is pretty slow…

Finally, I’ve decided to replace the current 1TB sATA 5400rpm drive by a 1TB sATA SSD, as the total cost is arround the same as replacing the blade PCIe drive. In adittion, I am not 100% sure which blade PCIe drive will work on my iMac… the support guys from OWC say that they don’t have a compatible drive yet :(

Aleix -

Can I use that original SSD from my rMBP 2012 (256gb) to this iMac 4k? Thanks!

RD Rubio - 返信

RD Rubio - Review the BeetsTech guide above (Blue URL Link) find your MacBook Pro and compare it to your iMac you have.

Dan -

Hi Dan, how can I be sure that my imac’s logic board has a socket for a blade ssd? As I’ve found on web some of 21.5 imacs doesn’t have it.

Gleb Aksenov - 返信

Apple sold the 21’5 models in three configs HDD only (no SSD connecter), SSD only or a Fusion drive which has both HDD & SSD (has SSD connector).

Dan -

Hi Dan, are you positive the JetDrive 820 (https://us.transcend-info.com/Products/N...) will work with the 21.5 4K iMac that's the 3.4Ghz 1TB Fusion Drive model? What about the Aura Pro X2 (https://eshop.macsales.com/item/OWC/S3DA...)?

g.nobre - 返信

The difference in price between these and the used original parts from beetstech is pretty beefy in my opinion.

g.nobre -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 20

過去 7 日: 137

過去 30 日: 704

今までの合計 10,755