メインコンテンツにスキップ

Steam Deck 右側ボタンボードの交換

必要な工具と部品

  1. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, Steam Deck解体の準備: 手順 1、 3の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, Steam Deck解体の準備: 手順 1、 3の画像 2 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, Steam Deck解体の準備: 手順 1、 3の画像 3
    • 充電したリチウムイオンポリマーバッテリーは、誤って穴を開けると危険ですので、修理を始める前にSteam Deckの電源を入れ、残量25%以下に放電させてください。

    • Valveでは内部の修理を開始する前に、Steam DeckをBIOS 内のバッテリーストレージモードにすることを推奨しています。その方法はこちらをご覧ください

    • Steam Deckの電源を切り、ケーブルをすべて外します。

    • microSDカードをインストールしている場合は、必ず外してからSteam Deckを開口してください。装着したままバックカバーを外そうとすると中央部分で割れてしまう可能性があります。

    • 作業中、Steam Deckを裏返しにしてケースに入れると、サムスティックを保護し、ぐらつきを防止することができます。

  2. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, バックカバーのネジを外します: 手順 2、 1の画像 1
    この手順で使用する道具:
    FixMat
    $36.95
    購入する
    • プラスドライバーを使って、バックカバーを固定している8本のネジを外します。

    • 長さ9.5mmの粗ネジー4本

    • 長さ5.8mmネジー4本

    • 標準のプラスドライバーでも形や形状が異なります。同じサイズと表示されている2本のドライバーでも同じネジに入るサイズが異なる場合があります。ネジの頭部に最もぴったりとはまるサイズを使用してください。

    • この修理の間、Steam Deckを傷つけないように、各ネジの位置を記録し、正しい場所に正確に戻してください。

  3. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, バックカバーのクリップを外します: 手順 3、 2の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, バックカバーのクリップを外します: 手順 3、 2の画像 2
    • オープニングピックを右側グリップの端に沿って、バックカバーとフロントシェルの間に差し込みます。

    • グリップの継ぎ目からピックを入れるのが難しい場合は、上下のどちらかの長辺側から始めて、グリップに向けてピックをスライドさせてください。

    • バックカバーをこじ開けると、ロッキングクリップから外れます。

  4. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, バックカバーを外します: 手順 4、 3の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, バックカバーを外します: 手順 4、 3の画像 2 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, バックカバーを外します: 手順 4、 3の画像 3
    • クリップは一端外れると、あとは簡単に外れます。

    • バックカバーの開口部を握り、本体から上へ引き離し、長い辺をクリップから外します。

    • バックカバーを取り出します。

  5. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 隠れたシールドのネジを見つけます: 手順 5、 2の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 隠れたシールドのネジを見つけます: 手順 5、 2の画像 2
    この手順で使用する道具:
    Tweezers
    $4.99
    購入する
    • 黒いマザーボードのカバーが搭載されている、アップデートされたSteam Deckモデルをお持ちの場合は、この手順をスキップしてください。

    • ピンセットを使って、ボードシールド上の隠れたネジを覆っているフォイルテープの一部分を剥がします。

    • 可能であれば、再利用できるように、このテープを切るを割いたり、破損しないでください。必要であれば、アルミホイルテープの切れ端を適当な大きさに切って、代用品を作ることができます。

  6. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, シールドのネジを外します: 手順 6、 2の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, シールドのネジを外します: 手順 6、 2の画像 2
    • プラスドライバーを使って、ボードシールドを固定している3本のネジを外します。

    • 3.4mmネジー1本

    • 3.7mmネジー2本

    • 左端に沿って付いている3.7 mmネジのみがアップデートされたSteam Deckに使用されています。

  7. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, シールドを外します: 手順 7、 3の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, シールドを外します: 手順 7、 3の画像 2 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, シールドを外します: 手順 7、 3の画像 3
    • ボードシールドを外します。

    • Steam Deckのモデルによっては、このシールドが下のサーマルパッドに付着していることがあります。

    • 再組み立ての際は、ファンケーブルが基板のシールドの側に配置され、下に挟まっていないことを確認してください。

  8. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, バッテリーの接続を外します: 手順 8、 3の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, バッテリーの接続を外します: 手順 8、 3の画像 2 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, バッテリーの接続を外します: 手順 8、 3の画像 3
    • バッテリーケーブルのプルタブを持ち、マザーボードから直接引き離して、切断します。

    • あるいはスパッジャーの平面側先端、もしくは清潔な爪先でコネクタをソケットからそっと押し出し、手で完全に外します。

  9. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 右側トリガーのクリップを外します: 手順 9、 2の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 右側トリガーのクリップを外します: 手順 9、 2の画像 2
    • スチームデッキの作業をする場合、右手のトリガーは、上下逆さまに置かれているため、左側にあります。

    • Steam Deckのトリガーは、ヒンジを兼ねたトリガーブラケットにある2つのペグにクリップで固定されています。

    • トリガーの右クリップの内側の端に、スパッジャーの平らな先端を当てます。

    • トリガークリップをペグから離し、上に回して、ラッチを解除します。

    • 再組み立ての際は、一番外側のペグを先にラッチしてください。トリガーを押し下げると、「カチッ」という音がして、一番奥のペグがはまります。

    • トリガー・スプリングが適切に配置されていることを確認します。再組み立てを続ける前に、トリガーの動作をテストしてください。

  10. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 右側トリガーを外します: 手順 10、 2の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 右側トリガーを外します: 手順 10、 2の画像 2
    • 右側のトリガーを外します。

    • トリガースプリングを紛失しないように注意してください。トリガー裏側のペグに圧入しています。

  11. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, トリガーのブラケットのネジを外します: 手順 11、 1の画像 1
    • プラスドライバーを使って、右側ブラケットを固定している5.2mmネジを3本外します。

  12. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, トリガーブラケットを外します: 手順 12、 1の画像 1
    • 右側のトリガーブラケットを外します。

    • 交換用トリガーを正常に動作させるには、キャリブレーションが必要です。新しいトリガーをキャリブレーションするには、このキャリブレーションガイドを参照にしてください。

  13. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 右側サムスティックの接続を外します: 手順 13、 3の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 右側サムスティックの接続を外します: 手順 13、 3の画像 2 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 右側サムスティックの接続を外します: 手順 13、 3の画像 3
    この手順で使用する道具:
    Tweezers
    $4.99
    購入する
    • スパッジャーの先端部分を使い、サムスティックケーブルのZIFコネクタにある小さなロッキングフラップを持ち上げます。

    • ピンセットを使って、ケーブルをコネクタから滑り出させます。

    • ケーブル自体ではなく、青いプルタブを握ってください。

  14. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, サムスティックのネジを外します: 手順 14、 2の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, サムスティックのネジを外します: 手順 14、 2の画像 2
    • プラスドライバーを使って、サムスティックを固定している5.2mmネジを3本外します。

    • 再組み立ての際には、ネジを締めるときに新しいサムスティックに当たらないようにするため、スチームデッキを作業台から少し離す必要があります。

  15. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 右側サムスティックを外します: 手順 15、 2の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 右側サムスティックを外します: 手順 15、 2の画像 2
    • 右側サムスティックを外します。

  16. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, ボタンボードケーブルの接続を外します: 手順 16、 3の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, ボタンボードケーブルの接続を外します: 手順 16、 3の画像 2 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, ボタンボードケーブルの接続を外します: 手順 16、 3の画像 3
    • スパッジャーの先端を使って、ボタンボードケーブルのZIFコネクタ上の小さなロッキングフラップを跳ね上げます。

    • ピンセットの片側投下って、コネクタからケーブルをスライドして外します。

    • ブルーのプルタブを使って、ケーブルを摘みます。ケーブル自体を触らないでください。

  17. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 相互接続ケーブルの接続を外します: 手順 17、 3の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 相互接続ケーブルの接続を外します: 手順 17、 3の画像 2 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 相互接続ケーブルの接続を外します: 手順 17、 3の画像 3
    • スパッジャーの片側先端を使って、ボタンボードの相互接続ケーブルのZIFコネクタ上にある、小さなロッキングフラップを跳ね上げます。

    • ピンセットの片側を使って、コネクタからケーブルをスライドして外します。

    • ブルーのプルタブを使ってケーブルを摘みます。ケーブル自体は触らないでください。

  18. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 残りのボタンボードケーブルの接続を外します: 手順 18、 3の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 残りのボタンボードケーブルの接続を外します: 手順 18、 3の画像 2 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 残りのボタンボードケーブルの接続を外します: 手順 18、 3の画像 3
    • いずれかのコネクタがテープで覆われている場合は、ピンセットで剥がしてください。

    • スパッジャーの先端部分を使い、残りのボタンボードのZIFコネクタにある小さなロッキングフラップを持ち上げてください。ピンセットを使って、ケーブルをコネクタから滑り出させます。

    • アクションボタンケーブルの接続を外します。

    • タッチパッドボードケーブルの接続を外します。

    • タッチパッドケーブルの接続を外します。

  19. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 右側ハプティックの接続を外します: 手順 19、 3の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 右側ハプティックの接続を外します: 手順 19、 3の画像 2 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, 右側ハプティックの接続を外します: 手順 19、 3の画像 3
    • コネクタを持ち上げる際は十分に注意して下さい。コネクタだけを持ち上げて下さい。ハウジングごと持ち上げないようにして下さい。

    • スパッジャーの先端を使って、ハプティックケーブルを持ち上げて接続を外します。

    • コネクタを外す代わりに、ハプティックをボタンボードに接続したままボタンボードを筐体の外側にひっくり返すことで作業の邪魔にならないようにすることもできます。

  20. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, ボタンボードのネジを外します: 手順 20、 1の画像 1
    • プラスドライバーを使って、右側ボタンボードを固定している4本のネジを外します。

    • 5.2mmネジー3本

    • 3.9 mmネジー1本

  21. Steam Deck 右側ボタンボードの交換, ボタンボードを外します: 手順 21、 2の画像 1 Steam Deck 右側ボタンボードの交換, ボタンボードを外します: 手順 21、 2の画像 2
    • 右側ボタンボードを外します。

    • 右側のボタンボードを外した後、クイックアクセスボタンとそのメンブレン(薄膜)は固定されなくなるため、安全に保管してください。

終わりに

このデバイスを再組み立てするには、インストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

電子廃棄物(e-waste)は 適切な方法で処分してください

修理が上手く進みませんか?ベーシックなトラブルシューティングを行うか、 Steam Deckのアンサーコミュニティに尋ねてみましょう。

5 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

作成者

4人の作成者と共同で作成されました。

Carsten Frauenheim

メンバー登録日: 03/10/20

117,150 ポイント

339のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Staff

138 メンバー

17,680のガイドは作成済み

35 件のコメント

When will this part be available?

Eric Canals - 返信

Is there any update to when this part will be available?

Tim Ceesay - 返信

Will this part not be available due to their need being a special calibration or hardware step? Having past six months this makes one think the part is not possible with end user due to another factor.

zZz - 返信

Is there any estimated time to when this part will become available?

David Chan - 返信

Parroting everyone else. When will this part be available?

Mario Noriega - 返信

コメントを追加

統計データ:

過去 24時間: 8

過去 7 日: 92

過去 30 日: 524

今までの合計 15,251