メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

Google Pixel 2 スマートフォンのリアカメラを交換するための修理ガイドです。

この修理は完全版で、作業ではマザーボードを完全に取り外します。

ご注意:このガイドに使用されている幾つかのイメージはバッテリーが取り出された状態のものがあります。リアカメラを交換するには、バッテリーを取り出す必要はありません。

  1. ディスプレイガラスが割れている場合は、ダメージの程度をこれ以上広げないため、そして作業中の怪我を防止するため、ガラスをテープで覆います。この作業により、ガラス表面がスムースになり、吸盤カップの装着力が強まります。 吸盤カップを、カーブしたエッジを避けたデバイスの音量ボタン付近端に取り付けます。
    • ディスプレイガラスが割れている場合は、ダメージの程度をこれ以上広げないため、そして作業中の怪我を防止するため、ガラスをテープで覆います。この作業により、ガラス表面がスムースになり、吸盤カップの装着力が強まります。

    • 吸盤カップを、カーブしたエッジを避けたデバイスの音量ボタン付近端に取り付けます。

    • 吸盤カップは、ガラスのカーブした部分にはしっかりと装着できません。

  2. 吸盤カップをしっかりと一定の圧力で引き上げて、フロントパネルとリアケースの間に開口ピックを差し込みます。 この作業には、かなりの力と忍耐力が必要です。作業が困難な場合は、吸盤カップを左右に揺らして、スクリーンの接着剤を弱めます。もしくはiOpener、ヒートガンやドライヤーで接着剤を温めてください。 ディスプレイパネルは脆いです。ディスプレイを再利用する予定の方は、ツールを必要以上に奥まで差し込まないでください。ツールを深くまで入れてしまうと、ガラス下のOLEDパネルにダメージを与えてしまうことがあります。
    • 吸盤カップをしっかりと一定の圧力で引き上げて、フロントパネルとリアケースの間に開口ピックを差し込みます。

    • この作業には、かなりの力と忍耐力が必要です。作業が困難な場合は、吸盤カップを左右に揺らして、スクリーンの接着剤を弱めます。もしくはiOpener、ヒートガンやドライヤーで接着剤を温めてください。

    • ディスプレイパネルは脆いです。ディスプレイを再利用する予定の方は、ツールを必要以上に奥まで差し込まないでください。ツールを深くまで入れてしまうと、ガラス下のOLEDパネルにダメージを与えてしまうことがあります。

  3. 次の手順では、あるエリアではデバイスにダメージを与えないように、特別な注意が必要です。 デバイス下側の端に9mm以上差し込まないでください。ピックがOLEDパネルの折りたたんである部分に接触してしまうと、ディスプレイにダメージを与えてしまいます。
    • 次の手順では、あるエリアではデバイスにダメージを与えないように、特別な注意が必要です。

    • デバイス下側の端に9mm以上差し込まないでください。ピックがOLEDパネルの折りたたんである部分に接触してしまうと、ディスプレイにダメージを与えてしまいます。

    • 上部左側コーナーのエリアは浅く切開するだけで十分です。深くこじ開けてしまうと、フロントカメラにダメージを与えてしまいます。

    • 開口ツールをデバイスのサイドに1.5mm以上、デバイス上部と下部は9mm以上差し込まないでください。ディスプレイに永続的なダメージを与えてしまいます。

  4. 次の手順では、開口ピックのコーナーではなく、長辺側を使ってください。こちら側を使うことで、ピックを深くまで侵入しないように防いでくれます。 デバイスの右側上部に向けて開口ピックをスライドして、接着剤を切開していきます。
    • 次の手順では、開口ピックのコーナーではなく、長辺側を使ってください。こちら側を使うことで、ピックを深くまで侵入しないように防いでくれます。

    • デバイスの右側上部に向けて開口ピックをスライドして、接着剤を切開していきます。

    • サイドのベゼルの作業は特に注意してください。わずか1.5mmの深さしかありません。

  5. 開口ピックをデバイス上部の右側コーナー周辺をスライドして、デバイスの上部端に沿って移動させます。 開口ピックをデバイス上部の右側コーナー周辺をスライドして、デバイスの上部端に沿って移動させます。 開口ピックをデバイス上部の右側コーナー周辺をスライドして、デバイスの上部端に沿って移動させます。
    • 開口ピックをデバイス上部の右側コーナー周辺をスライドして、デバイスの上部端に沿って移動させます。

  6. デバイス上部の左側コーナーをスライドさせて、デバイス左側の下部に向けて移動します。 デバイス上部の左側コーナーをスライドさせて、デバイス左側の下部に向けて移動します。 デバイス上部の左側コーナーをスライドさせて、デバイス左側の下部に向けて移動します。
    • デバイス上部の左側コーナーをスライドさせて、デバイス左側の下部に向けて移動します。

  7. ピックをデバイス左側コーナーに沿ってスライドさせて、デバイス下側まで移動します。OLEDの角に損傷を与えないように、ピックを画面からわずかな角度で離してください。 OLEDパネルにダメージを与えないよう、開口ピックを9mm以上差し込まないでください。 OLEDパネルにダメージを与えないよう、開口ピックを9mm以上差し込まないでください。
    • ピックをデバイス左側コーナーに沿ってスライドさせて、デバイス下側まで移動します。OLEDの角に損傷を与えないように、ピックを画面からわずかな角度で離してください。

    • OLEDパネルにダメージを与えないよう、開口ピックを9mm以上差し込まないでください。

  8. デバイス上部端にピックを再挿入して、ディスプレイを慎重にこじ開けます。 この時、ディスプレイがスムーズに持ち上がらない場合は、接着剤の残りを剥がすべく、こじ開ける作業を強化してください。スピーカー上部付近の接着剤は、他の部分と比べて多量に付けられています。
    • デバイス上部端にピックを再挿入して、ディスプレイを慎重にこじ開けます。

    • この時、ディスプレイがスムーズに持ち上がらない場合は、接着剤の残りを剥がすべく、こじ開ける作業を強化してください。スピーカー上部付近の接着剤は、他の部分と比べて多量に付けられています。

    • ディスプレイを完全に乖離しないでください。デリケートなリボンケーブルがデバイスのマザーボードと接続されています。

  9. 画像のように、リアケース上部上にディスプレイを慎重に載せます。ディスプレイのリボンケーブルが切断したり、折り目が入らないようにご注意ください。 ディスプレイケーブルのブラケットを固定している4.0 mm T5トルクスネジを2本外します。
    • 画像のように、リアケース上部上にディスプレイを慎重に載せます。ディスプレイのリボンケーブルが切断したり、折り目が入らないようにご注意ください。

    • ディスプレイケーブルのブラケットを固定している4.0 mm T5トルクスネジを2本外します。

  10. ディスプレイケーブルブラケットを取り外します。
    • ディスプレイケーブルブラケットを取り外します。

  11. スパッジャーの先端を使って、ディスプレイケーブルコネクタを跳ね上げて、マザーボード上のソケットから外します。 このように、プレスコネクタの位置を揃えて、カチッと音がするまで、先端を押し込んで再装着します。中央部分を押さえないでください。コネクターの位置がずれている場合は、ピンが曲がってしまい、ダメージにつながります。
    • スパッジャーの先端を使って、ディスプレイケーブルコネクタを跳ね上げて、マザーボード上のソケットから外します。

    • このように、プレスコネクタの位置を揃えて、カチッと音がするまで、先端を押し込んで再装着します。中央部分を押さえないでください。コネクターの位置がずれている場合は、ピンが曲がってしまい、ダメージにつながります。

    • このコネクタを再装着した後、スクリーンをタッチしても反応がない場合は、プレスコネクタがしっかりと装着されているか、ソケットに異物がないか、確認してください。

    • 再組み立ての際は、ここで作業を中断して、ディスプレイ周辺の接着剤を交換してください

  12. 温めたiOpenerを、ミッドフレーム上部端の近接センサ上に約2分間載せて、接着剤を柔らかくします。
    • 温めたiOpenerを、ミッドフレーム上部端の近接センサ上に約2分間載せて、接着剤を柔らかくします。

  13. スパッジャーの先端を近接センサケーブルの下に差し込んで、正面カメラに一番近い側のケーブルからスライドします。 慎重にセンサがミッドフレームに対して垂直になるまで、ケーブルの端を持ち上げます。
    • スパッジャーの先端を近接センサケーブルの下に差し込んで、正面カメラに一番近い側のケーブルからスライドします。

    • 慎重にセンサがミッドフレームに対して垂直になるまで、ケーブルの端を持ち上げます。

  14. イヤホンスピーカー下のネジを覆っているテープの一部分を剥がします。
    • イヤホンスピーカー下のネジを覆っているテープの一部分を剥がします。

    • ミッドフレームを固定している次のネジを外します。

    • 3.7 mm プラスネジー11本

    • 4 mm T5トルクスネジー1本

  15. 開口ツールをホールドボタン付近のミッドフレームの溝に差し込みます。 ミッドフレームとデバイスケースの間に隙間が生じるまで、ミッドフレームを持ち上げます。ミッドフレームをまだ完全に外さないでください。
    • 開口ツールをホールドボタン付近のミッドフレームの溝に差し込みます。

    • ミッドフレームとデバイスケースの間に隙間が生じるまで、ミッドフレームを持ち上げます。ミッドフレームをまだ完全に外さないでください。

  16. 下側端からミッドフレームを持ち上げます。 ミッドフレームが、デバイス本体に対して45度持ち上がったら、まっすぐデバイスから引き抜きます。 ミッドフレームを持ち上げたら、ミッドフレームの小さなスロットから近接センサを慎重に差し抜いてください。
    • 下側端からミッドフレームを持ち上げます。

    • ミッドフレームが、デバイス本体に対して45度持ち上がったら、まっすぐデバイスから引き抜きます。

    • ミッドフレームを持ち上げたら、ミッドフレームの小さなスロットから近接センサを慎重に差し抜いてください。

  17. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタの接続を外します。

  18. スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードから充電アセンブリコネクタの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードから充電アセンブリコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードから充電アセンブリコネクタの接続を外します。

  19. ペーパークリップやSIMイジェクトツールをスマートフォン左側の小さな穴に差し込み、SIMカードトレイが飛び出るまで押し続けます。 SIMカードトレイを取り出します。 SIMカードトレイを取り出します。
    • ペーパークリップやSIMイジェクトツールをスマートフォン左側の小さな穴に差し込み、SIMカードトレイが飛び出るまで押し続けます。

    • SIMカードトレイを取り出します。

  20. 2.5mm PH00ネジを2本外します。
    • 2.5mm PH00ネジを2本外します。

  21. マザーボード底部端の2つのコネクタの接続を外します。 マザーボード底部端の2つのコネクタの接続を外します。 マザーボード底部端の2つのコネクタの接続を外します。
    • マザーボード底部端の2つのコネクタの接続を外します。

  22. プラスチック製開口ツールを使って、マザーボードを持ち上げます。 マザーボードを取り外します。
    • プラスチック製開口ツールを使って、マザーボードを持ち上げます。

    • マザーボードを取り外します。

  23. マザーボードを裏返して置きます。 指紋センサーケーブルの接続を外します。 これで、スマートフォンからマザーボードを完全に取り外せます。
    • マザーボードを裏返して置きます。

    • 指紋センサーケーブルの接続を外します。

    • これで、スマートフォンからマザーボードを完全に取り外せます。

  24. スパッジャーの鋭利な先端を使って、リアカメラのプレスフィットコネクタを持ち上げて、接続を外します。 マザーボードからリアカメラを取り外します。
    • スパッジャーの鋭利な先端を使って、リアカメラのプレスフィットコネクタを持ち上げて、接続を外します。

    • マザーボードからリアカメラを取り外します。

終わりに

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、アンサーコミュニティを参照してください。

6 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Blake Klein

メンバー登録日: 2017年01月29日

58,009 ポイント

59のガイドは作成済み

12 件のコメント

Does anyone know if replacing the camera unit fixes the problem with the camera’s ‘fatal error’ issue? I’m trying to figure out if it’s just the camera unit that’s bad, or if there are other parts involved.

Sean McCay - 返信

I just replaced my rear camera on pixel 2 and I can confirm YES it does fix it!

John Feng -

Well, I completed the repair on the camera but cannot confirm that it worked because I messed up my display which costs too much to replace :( That thing is super delicate I guess. I’m thoroughly upset.

Sean McCay -

Yes. This fixed my Pixel 2 camera crashing issue. My original symptom was that the autofocus stopped working properly. Then a month or so later the rear camera would crash 49 out of 50 times I opened it (completely unusable). Many people online swear this is a software issue caused by an android update but because I had that focus issue crop up first I suspected my issue was physical damage. I’m generally pretty careful with my phone, it lives in an official case. The only potentially damaging behaviour my phone is exposed to is my placing it in a windscreen mounted phone holder. Perhaps the repeated vibration can break something. Now my camera is fixed I will continue to place it in the phone holder and report back if it breaks again. For science. BE VERY CAREFUL REMOVING THE SCREEN. The guide is not being overly cautious about the screen removal. I broke my screen removing it and turned my $50 camera job into a $200 job with a new screen. Still worth it but I wish I’d heeded the warnings and cautions.

Alex Lawson -

Alex, you may be onto something! There have been many reports of motorcycle riders breaking their smartphone cameras after they’ve mounted their smartphones for prolonged periods. The optical stabilization hardware on these camera modules is pretty fragile. I suspect repeated vibration can definitely result in breaking some very delicate wires in the OIS or flex cables.

Arthur Shi -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 9

過去 7 日: 48

過去 30 日: 179

今までの合計 7,513