メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを参照して、Apple Watch Series 4の消耗したバッテリーの交換をします。

このガイドでは、スタンダードGPSバージョン用の修理ガイドですが、セルラー/LTEバージョンの作業内容も類似しています。

安全上の理由から、Apple Watchの解体を始める前に、バッテリー残量を25%以下まで放電してください。 作業中、アクシデントでバッテリーにダメージを与えてしまうと、熱に伴う危険が潜んでいます。

バッテリーが膨張している場合は、適切な方法で処理してください

ディスプレイ開口作業中、Apple WatchのForce Touchガスケットにダメージを与えてしまうことがあります。ガスケットのレイヤーを外してしまった場合は、新しいForce Touchガスケットに交換しなければなりません。

デバイスを再組み立てする際は、コンポーネントを密封するために交換用の接着剤が必要です。

  1. 修理を始める前に、デバイスをチャージャーから外して、電源を切ります。 タッチスクリーンが破損していて、電源を切れない場合は、こちらの代用方法で電源を切ります。
    • 修理を始める前に、デバイスをチャージャーから外して、電源を切ります。

    • タッチスクリーンが破損していて、電源を切れない場合は、こちらの代用方法で電源を切ります。

    Hi. I changed the screen on an apple watch series 4, now the screen works, whcih is great, but when I charge it, the green snake comes on but never charges. It heats up the bottom, gets very warm. Could it be the battery itself? Maybe needs a new one? Is rthere anything else that woudl be causing the battery to not charge and or heat up on the bottom when chaging the screen?

    Derrick Brewer - 返信

    • スクリーンとWatch本体の間の隙間は非常に狭いため、鋭利なブレードを使ってこの二つを乖離させなければなりません。作業を始める前に、次の注意書きをよく読んでください。

    • 作業中、ナイフから完全に指を離して指先を保護してください。不安な方は、ナイフを持っていない側の手をレザーグローブやガーデニング用グローブを着用してください。

    • 強いプレッシャーを本体に与えないようにご注意ください。ナイフがスリップしてしまい、怪我をしたりWatchにダメージを与えてしまうことになります。

    • 保護メガネを着用してください。ナイフもしくはガラスが割れてしまうと、破片が飛び散ることがあります。

    • Watch用ハンドの有無によってコントロール加減が変わる場合は、作業がやりやすい様に着用する、もしくは外してください。

  2. iOpenerを準備して(もしくはヘアドライヤーやヒートガン)Watchのディスプレイに留められた接着剤を柔らかくするため、ディスプレイ表面にのせて温めます。
    • iOpenerを準備して(もしくはヘアドライヤーやヒートガン)Watchのディスプレイに留められた接着剤を柔らかくするため、ディスプレイ表面にのせて温めます。

    • スクリーンが完全に温まり、ケースを固定している接着剤が柔らかくなるまで、iOpenerをデバイス上に少なくとも2分間置きます。

    • ディスプレイの接着剤を十分に柔らかくするには、iOpenerを複数回に渡って温めて、作業を繰り返す必要があります。

  3. ディスプレイと外ケースの間の薄い隙間にカーブしたブレードの先端を載せます。 デジタルクラウンに最も近いディスプレイの短辺側から始めます。 隙間にしっかりとまっすぐ押し込みます。 差し込んだら、ブレードを傾けながらディスプレイを少し持ち上げます。
    • ディスプレイと外ケースの間の薄い隙間にカーブしたブレードの先端を載せます。 デジタルクラウンに最も近いディスプレイの短辺側から始めます。

    • 隙間にしっかりとまっすぐ押し込みます

    • 差し込んだら、ブレードを傾けながらディスプレイを少し持ち上げます。

    • Force Touchセンサーへのダメージを防ぐため、ナイフを2 mm以上挿入しないでください。

  4. カーブしたブレードで小さな隙間が開いたら、ブレードを取り外して開口ツールの先端を隙間に差し込みます。 親指をピボットのようにして、開口ツールを隙間に押し込み、ディスプレイを少し持ち上げます。
    • カーブしたブレードで小さな隙間が開いたら、ブレードを取り外して開口ツールの先端を隙間に差し込みます。

    • 親指をピボットのようにして、開口ツールを隙間に押し込み、ディスプレイを少し持ち上げます。

    • まだディスプレイを完全に開いたり切り離したりしないでください。

  5. Force Touchタッチセンサーは、Watch本体ではなく、ディスプレイフレームに装着しているものがあります。 この場合、ディスプレイの下に開口ピックを挿入し、Force Touchガスケットをディスプレイから慎重に離してください。 Force Touchガスケットを再利用するには、ディスプレイ端の下を慎重にこじ開けます。 ディスプレイを持ち上げた際に、Force Touchガスケットが剥がれてしまう場合や、ガスケットのレイヤーが外れる場合は、Force Touchガスケット自体を交換しなければなりません。 Force Touchガスケットとディスプレイ間の接着剤を剥がすため、ディスプレイ周辺に開口ピックをスライドします。
    • Force Touchタッチセンサーは、Watch本体ではなく、ディスプレイフレームに装着しているものがあります。 この場合、ディスプレイの下に開口ピックを挿入し、Force Touchガスケットをディスプレイから慎重に離してください。

    • Force Touchガスケットを再利用するには、ディスプレイ端の下を慎重にこじ開けます。 ディスプレイを持ち上げた際に、Force Touchガスケットが剥がれてしまう場合や、ガスケットのレイヤーが外れる場合は、Force Touchガスケット自体を交換しなければなりません。

    • Force Touchガスケットとディスプレイ間の接着剤を剥がすため、ディスプレイ周辺に開口ピックをスライドします。

    • コンポーネントにダメージを与えないように、開口ピックを2 mm以上差し込まないでください。

  6. ディスプレイケーブルを引っ張らないようにするには、ディスプレイを完全に開かないことです。 ディスプレイを45度まで最大限に開きます。ピンセットを使ってディスプレイとForce Touch ガスケットの間の接着剤を剥がします。 ディスプレイケーブル周辺と裏に貼られた接着剤を綺麗に剥がします。接着剤は交換しなければならないため、作業を簡単にするために接着剤を切断することも可能です。
    • ディスプレイケーブルを引っ張らないようにするには、ディスプレイを完全に開かないことです。

    • ディスプレイを45度まで最大限に開きます。ピンセットを使ってディスプレイとForce Touch ガスケットの間の接着剤を剥がします。

    • ディスプレイケーブル周辺と裏に貼られた接着剤を綺麗に剥がします。接着剤は交換しなければならないため、作業を簡単にするために接着剤を切断することも可能です。

    • Watchの再組み立ての際は、この時点に戻ってきて、デバイスの再シール方法を参照して作業を続けてください。

  7. バッテリーを取り出すのに十分なスペースができるまで、慎重にスクリーンを後ろ側に開きます。 スクリーンを後ろに折りたたむときにディスプレイケーブルに張力をかけないでください。
    • バッテリーを取り出すのに十分なスペースができるまで、慎重にスクリーンを後ろ側に開きます。

    • スクリーンを後ろに折りたたむときにディスプレイケーブルに張力をかけないでください。

    • 開口ピックをバッテリーとTaptic Engineの間に差し込みます。

    • 通常の開口ピックは、Apple Watch Series 4の44mmバージョンで対応できます。ただし40mmバージョンを作業中、十分なスペースがない場合は、ハサミで開口ピックをカスタマイズしてサイズを調整してください。

    If you are just replacing the screen then there is no need to remove battery.

    anonymous 1930 - 返信

    When removing the screen I tore the two outer cables attached to the lcd screen. What are their purpose? I read somewhere they are just some sort of shield. Will my watch function normally without them?

    thanks

    Mike Bahlman - 返信

  8. バッテリーの端に沿って開口ピックをスライドして、接着剤を緩めます。 バッテリーに使用されているのは柔らかい接着剤です。 ただし、バッテリーをこじ開けにくい場合、温めたiOpenerをWatchの背面に置いて、接着剤を柔らかくします。 iOpenerは、少なくとも2分間のせてください。 一定の安定した力で、バッテリーをゆっくりと持ち上げ、システムボードに固定している接着剤から離します。
    • バッテリーの端に沿って開口ピックをスライドして、接着剤を緩めます。

    • バッテリーに使用されているのは柔らかい接着剤です。 ただし、バッテリーをこじ開けにくい場合、温めたiOpenerをWatchの背面に置いて、接着剤を柔らかくします。 iOpenerは、少なくとも2分間のせてください。

    • 一定の安定した力で、バッテリーをゆっくりと持ち上げ、システムボードに固定している接着剤から離します。

    • ディスプレイケーブル、特にバッテリーの一角を覆っているForce Touchケーブルに注意してください。

    • バッテリーを損傷した場合、発火する危険性があるため、バッテリーに穴を開けたり変形させないでください。

    • まだバッテリーを外さないでください。 Watchのアセンブリに繋がったままです。

  9. 75度の角度までバッテリーを慎重に持ち上げます。 ピンセットを使って、バッテリーコネクタを覆っているメタルプレートから黒いステッカーを剥がします。
    • 75度の角度までバッテリーを慎重に持ち上げます。

    • ピンセットを使って、バッテリーコネクタを覆っているメタルプレートから黒いステッカーを剥がします。

  10. Y000(1.2mm)ネジを外します。
    • Y000(1.2mm)ネジを外します。

  11. ピンセットを使って、バッテリーコネクタを覆っているメタルプレートを外します。 ピンセットを使って、バッテリーコネクタを覆っているメタルプレートを外します。
    • ピンセットを使って、バッテリーコネクタを覆っているメタルプレートを外します。

  12. スパッジャーの先端を使って、バッテリーフレックスケーブルの接続を持ち上げて、外します。 スパッジャーの先端を使って、バッテリーフレックスケーブルの接続を持ち上げて、外します。
    • スパッジャーの先端を使って、バッテリーフレックスケーブルの接続を持ち上げて、外します。

    • バッテリーを外します。

    • 新しいバッテリーを装着する前に、バッテリーについている保護ライナーを剥がしてください。

    • 破損したり変形したバッテリーを再インストールしないでください。潜在的な危険が潜んでいます。

    • 古いバッテリーを再利用する場合は、接着剤を再利用して、バッテリーを固定してください。あるいは、イソプロピルアルコールと糸くずの出ない布で古い接着剤を取り除き、Tesa 61395などの両面テープの小片、またはE6000などの液体接着剤を少量使用します。

    • 次の手順では、Watchを再シールするための準備として、交換用接着剤を塗布する方法について説明します。

    • 綿棒に少量の高濃度イソプロピルアルコール(90%以上)を塗布するか、クリーニングパッドを使用して、Force Touchガスケットの上に残っている接着剤を丁寧に取り除きます。

    • ディスプレイケーブルが通っている端の接着剤を取り除くには、ディスプレイを折りたたみ、フレームから慎重に引き離して、クリーニングに十分なスペースを確保します。

  13. Apple Watchを裏側して、ディスプレイを水平にして、ケースを持ち上げます。 ディスプレイ裏面の、残りの接着剤を除去してください。
    • Apple Watchを裏側して、ディスプレイを水平にして、ケースを持ち上げます。

    • ディスプレイ裏面の、残りの接着剤を除去してください。

  14. ピンセットを使って、交換用の接着剤からブルーの保護フィルムを慎重に剥がします。
    • ピンセットを使って、交換用の接着剤からブルーの保護フィルムを慎重に剥がします。

  15. Force Touchガスケットをディスプレイ上に対して対角に持ちます。 ディスプレイをわずか手前に傾けます。Force Touchガスケットとフレームの位置が揃います。
    • Force Touchガスケットをディスプレイ上に対して対角に持ちます。

    • ディスプレイをわずか手前に傾けます。Force Touchガスケットとフレームの位置が揃います。

    • Force Touchガスケット上部に交換用の接着剤を配置します。

  16. スパッジャーの先端を使って、接着剤を装着する位置を調整したら、押さえて固定します。
    • スパッジャーの先端を使って、接着剤を装着する位置を調整したら、押さえて固定します。

終わりに

Apple Watch Series 4を再組み立てするには、バッテリーを再装着するために、このインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

バッテリーの最適化のために、この手順を完了後、新しく搭載したバッテリーの残量を調整してください。 100%まで充電したら、そのままプラグに繋いだまま、さらに2時間充電状態にします。それから自動的にシャットダウンするまで放電させて、中断なく一気に100%まで充電してください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシューティングとして、アンサーコミュニティを参照してください。

11 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Dominik Schnabelrauch

メンバー登録日: 2016年11月23日

94,375 ポイント

387のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

137 メンバー

16,423のガイドは作成済み

2 件のコメント

Is the adhesive waterproof?

laws - 返信

Hi laws,

iFixit makes no claims to the continued splash-resistance of the Apple Watch after applying this adhesive strip. It's probably going to be just fine, but we can't confirm that the Apple Watch will maintain its IPX7 waterproof rating after being repaired.

Dominik Schnabelrauch -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 82

過去 7 日: 491

過去 30 日: 1,588

今までの合計 14,616