メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

ケーブルコネクターの識別と接続の外し方

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1 — ZIFコネクタ

      Zero Insertion Force/ゼロ挿入力 (ZIF) コネクターはFFC (Flat Flex Cables) やFPC (Flexible Printed Circuit)などのようなデリケートなリボンケーブルを結合するために使われます。しかしながら、修理初心者にトラブルをもたらすことがあります。

      手順2 — リボンケーブル用コネクタ

      時々、ソケットから直に引っ張って外すタイプのピンヘッダー無しのリボンケーブルに出くわすことがあります。

      手順3 — 平面接続用コネクタ

      このような平面タイプのコネクタの接続を外すには、スパッジャーを使って両側を持ち上げます。それからコネクター本体をソケットから真っ直ぐ引き上げてください。

      手順4

      小さなプレス式コネクタの作業にはシンプルなプラスチック製の開口ツールやスパッジャー、指先の爪が便利です。

      手順5 — 同軸コネクタ

      U.FLタイプのアンテナケーブルコネクタのうような、小さい同軸コネクターを基板から外すには、薄くてESD安全タイプのツールもしくはピンセットをワイヤの下に差し込み、コネクタに当たるまでスライドして、基板からまっすぐコネクタを持ち上げます。

      手順6 — ディスプレイケーブルコネクタ

      このようなディスプレイとカメラケーブルコネクタは、これらを固定するため、ソケットの裏側を通るメタル製クリップが付いていることがあります。

      手順7 — その他のリボンケーブルコネクタ

      Xboxゲームコンソールに搭載されている他のタイプのリボンコネクターがあります。

      手順8 — スライド式コネクタ

      あるコネクタにはケーブルを引き抜く前に、若干の調節が必要です。この小さなiSightカメラケーブルのコネクターにはこじ開けたり、引っ張るための便利なスペースがありません。

      手順9 — パワーケーブルコネクタ

      このようなタイプのパワーケーブルコネクタには固定用の小さなタブが付いています。

      手順10 — 結束されたケーブルコネクタ

      複数個のケーブルが一つのコネクタに束ねられている場合は、該当するケーブル本体を引っ張る方法が最善です。

      手順11 — 接着剤で固定されたケーブル

      ソケットからコネクタを取り外すだけでは不十分な時があります。 ケーブルを解放するには手順をいくつか追加しなければなりません。 ここにLightningポートリボンケーブルがありますが、これは軽く接着剤で固定されています。

      手順12 — SATAケーブル

      SATAケーブルのような一般的な内部電源およびデータケーブルは、家庭内によくあるオーディオ/ビデオケーブルとよく似ています。

      手順13 — 半田付けされた接続部分

      取り外しを想定して設計されていないワイヤに遭遇することがあります。実際、半田付けされて固定されています。

      手順14 — ゼブラ(ZEBRA)コネクタ

      このコネクタはポケット電卓、DECT電話機もしくはシンプルなモノクロの7セグメントまたは低解像度ディスプレイを搭載したデバイスに搭載されています。 LCDガラス上の導電性トラックを、その下にある回路基板上のパッドに接続するために使用されます。 (これらのディスプレイは、デッドピクセルの原因となることがあります。)

      手順15 — 特殊タイプのコネクタ

      作業をしていくと必ず、一度も見たことがないコネクタに出会います。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります