メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

より簡単な修理を簡単にするは、 FIXキットとこちらの 簡略版ガイドに従って、iPhoneのスクリーン全体を交換してください。

修理経験が豊富な方は、このガイドを使ってiPhone SEのLCDとデジタイザアセンブリ(別名、裸のフロントパネル)のみを交換することができます。このガイドでは、オリジナルスクリーンから正面向きカメラ、イヤピーススピーカーとLCDシールドプレートとホームボタンアセンブリを含む幾つかのコンポーネントを、新しい交換用パネルに移植してから、本体にインストールします。

いずれの場合においても、大切なのは Touch ID機能(指紋認証スキャン)を保つため”オリジナル”のホームボタンを新しいディスプレイに移すことです。

このコンポーネントはiPhone 5sのものと同一です。

またこのガイドを使って次のパーツを交換できます。

* フロントパネルアセンブリのケーブルブラケット

  1. iPhoneのバッテリー残量を25%以下まで消費された状態で作業を始めましょう。充電されたリチウムイオンバッテリーはダメージを与えると引火したり爆発する恐れがあります。
    • iPhoneのバッテリー残量を25%以下まで消費された状態で作業を始めましょう。充電されたリチウムイオンバッテリーはダメージを与えると引火したり爆発する恐れがあります。

    • 作業を始める前にiPhoneの電源を必ず切ってください。

    • Lightning コネクターの両側にある3.9 mmのペンタローブネジを2本外します。

  2. フロントガラスが割れている場合、ガラスに透明な補強テープを貼りましょう。作業中ガラスが飛び散ったりして怪我をしないようご注意ください。 画面全体を何重にも貼り、しっかりと固定します。 テープを表面に貼ると、画面を持ち上げた際に画面構造を保ってくれます。
    • フロントガラスが割れている場合、ガラスに透明な補強テープを貼りましょう。作業中ガラスが飛び散ったりして怪我をしないようご注意ください。

    • 画面全体を何重にも貼り、しっかりと固定します。

    • テープを表面に貼ると、画面を持ち上げた際に画面構造を保ってくれます。

    • 修理作業中はガラスの破片が飛び散り、目に入ることがないように保護メガネを装着してください。

  3. 次の手順では、本体からディスプレイを外します。ディスプレイはガラスのスクリーンとメタルクリップが付いたプラスチック製のベゼルからできています。 この作業でどんなツールを使ってもディスプレイ全体を本体から完全に取り外してください。 スクリーンが離れてきたら、第1番目の画像にあるように、プラスチック製の開口ツールをフレームとメタル製本体の間に差し込み、ケースからメタルクリップを外します。
    • 次の手順では、本体からディスプレイを外します。ディスプレイはガラスのスクリーンとメタルクリップが付いたプラスチック製のベゼルからできています。

    • この作業でどんなツールを使ってもディスプレイ全体を本体から完全に取り外してください。

    • スクリーンが離れてきたら、第1番目の画像にあるように、プラスチック製の開口ツールをフレームとメタル製本体の間に差し込み、ケースからメタルクリップを外します。

    • ディスプレイベゼルが外れた本体を再組み立てする際は、デバイス本体を密封するためにプラスチックベゼルとガラスの間に薄い接着タブを付けることもできます。

    • 次の2つの手順ではiPhone 本体を安全に開口する必須の工具であるiSclackの使い方を紹介します。1回以上の修理に終わらない方はぜひ入手してください。iSclackをご利用にならない場合は次の2つの手順をスキップしてください。

    • iSclackのレバーを閉め吸盤カップを開きます。

    • 吸盤カップの間にiPhoneを挟みプラスチックの溝に本体の下部を差し込みます。

    • 上部の吸盤カップはホームボタンより上に接着します。

    • iSclackのレバーを開いて吸盤を閉じます。iPhoneの両面、中心部に吸盤カップをしっかりと押し当てます。

  4. iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがります。 iSclackは割れたiPhoneのフロントパネルが飛び散ることなく、安全に開口できるように設計されていますが、ホームボタンケーブルにダメージを与える場合があります。
    • iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがります。

    • iSclackは割れたiPhoneのフロントパネルが飛び散ることなく、安全に開口できるように設計されていますが、ホームボタンケーブルにダメージを与える場合があります。

    • 二つの吸盤カップを iPhoneから取り外します。

    • 次の3つの手順をとばして手順9まで進みましょう。

  5. iSclackをご利用にならない場合は、フロントパネルを持ち上げるため、シングルタイプの吸盤カップを使います。
    • iSclackをご利用にならない場合は、フロントパネルを持ち上げるため、シングルタイプの吸盤カップを使います。

    • カップをしっかりとホームボタン上部のスクリーンにしっかりと装着させます。

    • カップの吸盤がスクリーンにしっかりと装着していることを確認してください。

  6. フロントパネルにはクリップが付いており、デバイス本体部分と幾つかのリボンケーブルで繋がっています。ここでの作業の目的はクリップを外し、ケーブルの接続が外れる程度まで本体を開口することです。破損を防ぐために、ゆっくりと丁寧に作業を進めてください。
    • フロントパネルにはクリップが付いており、デバイス本体部分と幾つかのリボンケーブルで繋がっています。ここでの作業の目的はクリップを外し、ケーブルの接続が外れる程度まで本体を開口することです。破損を防ぐために、ゆっくりと丁寧に作業を進めてください。

    • 吸盤カップが隙間なくホームボタン付近のフロントパネルアセンブリにしっかりと装着しているか確認してください。

    • iPhone を片手でしっかりと抑えながら、吸盤カップを少しずつ引き上げて、本体リアケースからフロントパネルのホームボタン端を引き離します。

    • 吸盤カップを引き上げながら、プラスチック製の開口ツールで、ゆっくりとリアケースの端からフロントパネルアセンブリをこじ開けていきます。

    • 時間をかけてゆっくりと同じ力加減で作業します。このフロントパネルアセンブリは数あるデバイスの中でも特に頑丈に装着されています。

  7. リアケースからフロントパネルアセンブリを完全に外さないでください。幾つかのリボンケーブルが本体上部と繋がった状態にします。 吸盤カップの持ち手(ノブ)を緩めて、吸盤を外します。
    • リアケースからフロントパネルアセンブリを完全に外さないでください。幾つかのリボンケーブルが本体上部と繋がった状態にします。

    • 吸盤カップの持ち手(ノブ)を緩めて、吸盤を外します。

    • スクリーンから吸盤カップを外します。

  8. ホームボタンケーブルを覆うメタル製ブラケットが取り出せる程度まで本体を開きます。 本体を大きく開きすぎないで下さい。ホームボタンケーブルやホームボタンケーブルが差し込まれたソケットにダメージを与えてしまうことがあります。ケーブルが緩んでいる状態にします。ーケーブルが伸びきっていたら、開きすぎです。 新規購入時のオリジナルのホームボタンアセンブリではTouch IDが使用できます。ケーブルの破損後、新しいホームボタンを取り付けた場合、ホームボタンとしての機能は回復できますが、Touch IDは使用できなくなります。
    • ホームボタンケーブルを覆うメタル製ブラケットが取り出せる程度まで本体を開きます。

    • 本体を大きく開きすぎないで下さい。ホームボタンケーブルやホームボタンケーブルが差し込まれたソケットにダメージを与えてしまうことがあります。ケーブルが緩んでいる状態にします。ーケーブルが伸びきっていたら、開きすぎです。

    • 新規購入時のオリジナルのホームボタンアセンブリではTouch IDが使用できます。ケーブルの破損後、新しいホームボタンを取り付けた場合、ホームボタンとしての機能は回復できますが、Touch IDは使用できなくなります。

    • スパッジャーの先端を使ってブラケットを外し、ピンセットで取り出します。

    • 次の2つの手順は再組み立てに関連しています。再組み立てを始めるまではこの2つをとばして手順12から作業を続けます。

  9. 再組み立ての際は、Touch IDケーブルのブラケットを再装着してください。ブラケットの先端をバッテリーとメタル製タブの正面にあるTouch IDケーブルコネクターの間をスライドします。下部はコネクター上に取り付けてください。 ブラケットの上部をTouch IDケーブルコネクター上で左側から右側にスライドします。
    • 再組み立ての際は、Touch IDケーブルのブラケットを再装着してください。ブラケットの先端をバッテリーとメタル製タブの正面にあるTouch IDケーブルコネクターの間をスライドします。下部はコネクター上に取り付けてください。

    • ブラケットの上部をTouch IDケーブルコネクター上で左側から右側にスライドします。

  10. 再組み立ての際は、スパッジャーの平面側先端を使って、Touch IDケーブルブラケットの正面端をケーブルコネクター側に折り曲げます。 ブラケットが折りたためない場合は、ブラケットを取り出してケーブルコネクター上に正しく装着するように再度スライドしてください。
    • 再組み立ての際は、スパッジャーの平面側先端を使って、Touch IDケーブルブラケットの正面端をケーブルコネクター側に折り曲げます。

    • ブラケットが折りたためない場合は、ブラケットを取り出してケーブルコネクター上に正しく装着するように再度スライドしてください。

  11. スパッジャーの先端を使って、ソケットからホームボタンケーブルコネクタの接続を外します。 ソケットからケーブルコネクターのみ外します。ソケット全体に接触しないでください。ソケットは接着剤で固定されたケーブル上に搭載されているため、慎重に扱わなければソケット自体を破損してしまうことがあります。
    • スパッジャーの先端を使って、ソケットからホームボタンケーブルコネクタの接続を外します。

    • ソケットからケーブルコネクターのみ外します。ソケット全体に接触しないでください。ソケットは接着剤で固定されたケーブル上に搭載されているため、慎重に扱わなければソケット自体を破損してしまうことがあります。

  12. コネクターの接続が外れたら、本体上部を蝶番のようにして、アセンブリのホームボタン先端をリアケースから引き上げます。 ディスプレイを約90度で開き、作業中固定するため、ディスプレイの後ろに衝立を用意します。 作業中、輪ゴムでディスプレイを固定してください。これはディスプレイケーブルに過度な圧力が加わらないようにするためです。
    • コネクターの接続が外れたら、本体上部を蝶番のようにして、アセンブリのホームボタン先端をリアケースから引き上げます。

    • ディスプレイを約90度で開き、作業中固定するため、ディスプレイの後ろに衝立を用意します。

    • 作業中、輪ゴムでディスプレイを固定してください。これはディスプレイケーブルに過度な圧力が加わらないようにするためです。

    • 急な場合は、未開封の飲用缶を使ってディスプレイを固定してください。

  13. 基板に留められたメタル製バッテリーコネクターのブラケットから1.6 mm #000プラスネジを2本外します。
    • 基板に留められたメタル製バッテリーコネクターのブラケットから1.6 mm #000プラスネジを2本外します。

  14. iPhoneからメタル製バッテリーコネクターのブラケットを外します。
    • iPhoneからメタル製バッテリーコネクターのブラケットを外します。

  15. 全てのタブを開く

    Mac用RAMアップグレードキット

    キット商品を見る

    どれだけタブを開いても
    十分に足りるRAM容量

    キット商品を見る
  16. スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を丁寧に外します。 バッテリーコネクターのみ持ち上げてください。基板上のソケットや基板には接触しないでください。基板上のコンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を丁寧に外します。

    • バッテリーコネクターのみ持ち上げてください。基板上のソケットや基板には接触しないでください。基板上のコンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。

  17. 基板上に留められたフロントパネルアセンブリケーブルブラケットから次のネジを取り出します。
    • 基板上に留められたフロントパネルアセンブリケーブルブラケットから次のネジを取り出します。

    • 1.7 mm #000プラスネジー1本

    • 1.2 mm #000プラスネジー1本

    • 1.3 mm #000プラスネジー1本

    • 1.7 mm #000プラスネジー1本

    • この1.7 mmネジは磁化スクリュードライバーに対応していません。取り外しの際は紛失に十分ご注意ください。

    • 再組み立ての際には上記手順にあるネジの位置を十分に確認してください。謝って右側下のネジ穴に1.3 mmのネジや1.7 mm ネジのどちらかを装着してしまうと、電話が正しく機能せず、ロジックボードに致命的なダメージを与えてしまうことがあります。

    • ネジを固く締めすぎないようにご注意ください。簡単にネジが留まらない場合は、誤ったサイズのネジを装着している可能性があります。無理に留めないでください。

  18. 基板からフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り外します。
    • 基板からフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り外します。

  19. スパッジャーや爪先を使って、正面カメラとセンサーケーブルの接続を外します。 スパッジャーや爪先を使って、正面カメラとセンサーケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーや爪先を使って、正面カメラとセンサーケーブルの接続を外します。

  20. この手順でケーブルの接続を外したり、取り付けたりする前に、バッテリーの接続が外れているか必ず確認してください。 LCDケーブルコネクターの接続を外します。
    • この手順でケーブルの接続を外したり、取り付けたりする前に、バッテリーの接続が外れているか必ず確認してください。

    • LCDケーブルコネクターの接続を外します。

    • デバイスを再組み立てする際にLCDケーブルがコネクターから外れてしまうことがあります。これは電源を入れた時、黒い画面に白い線が入る状態の原因となります。この症状がでたら、単純にケーブルをコネクターに再接続をして再起動してください。再起動方法はバッテリーを一度外して、再度取り付けます。

  21. 最後に、デジタライザーケーブルコネクターの接続を外します。 最後に、デジタライザーケーブルコネクターの接続を外します。
    • 最後に、デジタライザーケーブルコネクターの接続を外します。

  22. リアケースからフロントパネルアセンブリを外します。
    • リアケースからフロントパネルアセンブリを外します。

  23. 上部コンポーネントブラケットに留められた2本のネジを外します。
    • 上部コンポーネントブラケットに留められた2本のネジを外します。

    • 4.0 mm #000プラスネジー1本

    • 2.3 mm #000プラスネジー1本

    • それぞれのネジ穴に正しいネジを取り付けてください。再組み立ての際に、間違った位置に取り付けた場合、液晶ディスプレイに深刻なダメージを与えてしまうことになります。

  24. 画像にあるようにデバイスを持ち、上部にホームボタン、イヤピーススピーカーを下部にしてください。 イヤピーススピーカーブラケット下部の左端近くのクリップを正面パネルアセンブリの角から外側へ向けて丁寧に外します。 イヤピーススピーカーブラケットは壊れやすく曲がりやすいため、強い力でこじ開けないようにご注意ください。
    • 画像にあるようにデバイスを持ち、上部にホームボタン、イヤピーススピーカーを下部にしてください。

    • イヤピーススピーカーブラケット下部の左端近くのクリップを正面パネルアセンブリの角から外側へ向けて丁寧に外します。

    • イヤピーススピーカーブラケットは壊れやすく曲がりやすいため、強い力でこじ開けないようにご注意ください。

    • ピンセットを使ってブラケットを左側に動かし、クリップを外します。

  25. ディスプレイからブラケットを取り出します。
    • ディスプレイからブラケットを取り出します。

  26. ピンセットを使ってイヤピーススピーカーを外します。 ご自身の指で作業をする場合は、フロントパネル上のゴールド接地面に触れないように十分気をつけてください。油脂による原因で接触状態に影響がでることがあります。
    • ピンセットを使ってイヤピーススピーカーを外します。

    • ご自身の指で作業をする場合は、フロントパネル上のゴールド接地面に触れないように十分気をつけてください。油脂による原因で接触状態に影響がでることがあります。

  27. イヤピーススピーカーを交換する際、スピーカーとブラケットを同時に取り付けると最も簡単です。 イヤピーススピーカーブラケットをスピーカー内にきちんと収まるように被せます。 ブラケットの左側フックを正面カメラの上部左端のくぼみに引っ掛けます。
    • イヤピーススピーカーを交換する際、スピーカーとブラケットを同時に取り付けると最も簡単です。

    • イヤピーススピーカーブラケットをスピーカー内にきちんと収まるように被せます。

    • ブラケットの左側フックを正面カメラの上部左端のくぼみに引っ掛けます。

    • 背面ケースに対して平らになるようにブラケットを回転させ、二つのネジ穴と並行になるよう配置します。メタルブラケットのラッチ右側上のフックがディスプレイ上にきちんと装着されているか確認して、ブラケットを押し込んで戻します。

  28. この手順はフロントパネルアセンブリから正面カメラとセンサーケーブルを取り外す作業が必要です。
    • この手順はフロントパネルアセンブリから正面カメラとセンサーケーブルを取り外す作業が必要です。

    • 正面カメラとセンサーケーブルはディスプレイアセンブリに軽い接着剤で留められています。

    • 接着剤を柔らかくするにはiOpenerを利用すると安全に取り外すことができます。 iOpenerの利用方法をご覧になって作業を進めてください。

  29. ピンセットの先端か金属製のスパッジャーを使って、丁寧にイヤフォンスピーカーのコンタクトケーブルを引き上げます。下の接着剤からカメラとセンサーケーブルを写真の位置あたりまで引っ張り、外していきます。 イヤフォンスピーカーコンタクトの下部のみ接触してください。センサーやマイクロチップが周辺に張りめぐられているため、接触すると破損につながる場合があります。
    • ピンセットの先端か金属製のスパッジャーを使って、丁寧にイヤフォンスピーカーのコンタクトケーブルを引き上げます。下の接着剤からカメラとセンサーケーブルを写真の位置あたりまで引っ張り、外していきます。

    • イヤフォンスピーカーコンタクトの下部のみ接触してください。センサーやマイクロチップが周辺に張りめぐられているため、接触すると破損につながる場合があります。

  30. スパッジャーの先端を使って、環境光センサーと近接センサーをディスプレイアセンブリの奥から引き上げます。 近接センサーには小さくて正方形のプラスチックとメタル製ホルダーが付いています。このホルダーは近接センサーが正しく機能するには必要不可欠なパーツです。
    • スパッジャーの先端を使って、環境光センサーと近接センサーをディスプレイアセンブリの奥から引き上げます。

    • 近接センサーには小さくて正方形のプラスチックとメタル製ホルダーが付いています。このホルダーは近接センサーが正しく機能するには必要不可欠なパーツです。

    • 近接センサーを交換する場合、ホルダーがディスプレイの裏側に装着されているか確認してください。古い近接センサーと同時に外れた場合は、ホルダーのみを取り出し、微量の接着剤を付けて、ディスプレイの裏側に留めてください。

  31. スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイアセンブリからケーブル上の正面カメラ部分を丁寧に剥がして取り出します。 スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイアセンブリからケーブル上の正面カメラ部分を丁寧に剥がして取り出します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイアセンブリからケーブル上の正面カメラ部分を丁寧に剥がして取り出します。

  32. 同じ保護プレートを新しいディスプレイに再装着する場合は液晶ディスプレイ保護プレートからケーブルアセンブリを剥がす必要はありません。この手順をスキップしてください。 液晶ディスプレイの保護プレートからケーブルアセンブリを丁寧に剥がし、ディスプレイから取り外します。 正面カメラとセンサーアセンブリケーブルを剥がしていく作業中に、デジタライザーケーブルに接触しないようご注意ください。
    • 同じ保護プレートを新しいディスプレイに再装着する場合は液晶ディスプレイ保護プレートからケーブルアセンブリを剥がす必要はありません。この手順をスキップしてください。

    • 液晶ディスプレイの保護プレートからケーブルアセンブリを丁寧に剥がし、ディスプレイから取り外します。

    • 正面カメラとセンサーアセンブリケーブルを剥がしていく作業中に、デジタライザーケーブルに接触しないようご注意ください。

  33. ホームボタンケーブルに留められた#000 プラスネジを1本緩めます。 この固定ネジは接点バネ付きでホームボタンケーブルに留められています。再組み立ての際は正しい位置ーLCDに一番近いネジ側ーに取り付けられているか確認してください。
    • ホームボタンケーブルに留められた#000 プラスネジを1本緩めます。

    • この固定ネジは接点バネ付きでホームボタンケーブルに留められています。再組み立ての際は正しい位置ーLCDに一番近いネジ側ーに取り付けられているか確認してください。

    • 交換用のパーツにこの固定ネジや接点バネがついていない場合、これらを新しいケーブルに移す必要があります。

  34. ホームボタンケーブルをホームボタンブラケットの邪魔にならないよう、反対側に折ります。 ホームボタンケーブルをホームボタンブラケットの邪魔にならないよう、反対側に折ります。
    • ホームボタンケーブルをホームボタンブラケットの邪魔にならないよう、反対側に折ります。

  35. ホームボタンブラケットから2本の1.4 mm#000プラスネジを外します。
    • ホームボタンブラケットから2本の1.4 mm#000プラスネジを外します。

  36. ディスプレイアセンブリからホームボタンブラケットを取り出します。
    • ディスプレイアセンブリからホームボタンブラケットを取り出します。

  37. ホームボタンケーブルアセンブリの下にスパッジャーの先端を差し込みます。 ホームボタンケーブルは軽い接着剤で貼り付けられています。
    • ホームボタンケーブルアセンブリの下にスパッジャーの先端を差し込みます。

    • ホームボタンケーブルは軽い接着剤で貼り付けられています。

    • スパッジャーをゆっくりとケーブルの下に差し込み、ホームボタンケーブルをフロントパネルアセンブリから剥がします。

    • ホームボタンはフロントパネルにまだ装着された状態であるため、ホームボタンを外さないでください。

  38. 必要に応じて、破損したフロントパネルアセンブリの正面側のホームボタン上に留められたテープを剥がします。 フロントパネルから丁寧にホームボタンの上部左端を押し上げ、外します。
    • 必要に応じて、破損したフロントパネルアセンブリの正面側のホームボタン上に留められたテープを剥がします。

    • フロントパネルから丁寧にホームボタンの上部左端を押し上げ、外します。

    • ホームボタンを完全に押し出さないでください。端の一部を取り外したら、スパッジャーで残りの部分を取り出します。

    • ホームボタンの膜はとても薄くなっています。ボタンを裂いてしまうと感じたら、熱を押し当ててから再度、丁寧に外します。

  39. スパッジャーでディスプレイからホームボタンの残りの部分を外します。 スパッジャーでディスプレイからホームボタンの残りの部分を外します。
    • スパッジャーでディスプレイからホームボタンの残りの部分を外します。

  40. フロントパネルからホームボタンアセンブリを取り出します。
    • フロントパネルからホームボタンアセンブリを取り出します。

  41. ディスプレイアセンブリの裏側から2.7 mm #000プラスネジを外します。
    • ディスプレイアセンブリの裏側から2.7 mm #000プラスネジを外します。

  42. LCDフレームの両側から1.2 mmプラスネジを2本ずつ外します。(計4本) 最後のネジが飛び出すのを防ぐため、4本のネジを完全に外さずに、少しずつ緩めてから取り出すことをお勧めします。
    • LCDフレームの両側から1.2 mmプラスネジを2本ずつ外します。(計4本)

    • 最後のネジが飛び出すのを防ぐため、4本のネジを完全に外さずに、少しずつ緩めてから取り出すことをお勧めします。

  43. ディスプレイアセンブリからLCDシールドプレートを外します。 LCDとデジタイザが残ります。
    • ディスプレイアセンブリからLCDシールドプレートを外します。

    • LCDとデジタイザが残ります。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

98 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Goldheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

417,584 ポイント

547のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

130 メンバー

12,451のガイドは作成済み

5 件のコメント

Endlich eine detaillierte Anleitung mit sehr genauen Angaben und ohne selbstlobendes überflüssiges Geschreibe. Mit dieser Anleitung kann jeder mit dem notwendigen Feingefühl die Reparatur durchführen.

traductor - 返信

Have issues after a couple days. I replaced the screen according to instructions and started up well. Screen started having issues and within a few minutes screen showed likes and faded to black.

Brian Mings - 返信

This will be the screen that you have purchased, or due to a faulty repair…Not due to the guide.

Kyle Webb -

Hi, thanks in advance for your support! I managed to detach the digitizer from the LCD after a small drop, thus I bought a replacement screen from ifixit… unfortunately resulting in a very bad quality aftermarket piece. Dimmed luminosity, changes in temperature(color), and affected by polarized glass, which I wear. I already reclaimed this to Ifixit and I`m waiting for support, but I thought to pick up my broken original display and glue back the digitizer, is that possible, or is this shown in any guide here around??

Thanks again!

Stoni - 返信

STEPS 9-12 need a re-working - Re-assembly instructions should be put just under the disassembly instructions so that when you scroll back up the page, you’re re-assembling in step order ;)

Ashley Lahm - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 43

過去 7 日: 333

過去 30 日: 1,457

今までの合計 95,088