メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

このガイドを使ってiPhone 7 の故障したロジックボードを交換しましょう。

iPhoneのロジックボードとTouch ID指紋認証センサーは工場出荷時にペアで生産されています。そのため、交換用のロジックボードとペアで生産されたホームボタンも同時に交換しなければ、ロジックボードを交換後、Touch ID 機能を失ってしまいます。

ビデオの概要

  1. 作業開始前にiPhoneバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。
    • 作業開始前にiPhoneバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。

    • 分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下部底面に留められた3.4 mmペンタローブネジを2本外します。

    • iPhoneのディスプレイを開口するとディスプレイ上の耐水性シールにダメージを与えてしまいます。再組み立ての際、接着シールを交換しなくても通常通り機能しますが、耐水機能を保てないことを留意ください。

  2. iOpenerの下側端を温めると、ディスプレイに留められた圧着剤が柔らかくなり開口しやすくなります。
    • iOpenerの下側端を温めると、ディスプレイに留められた圧着剤が柔らかくなり開口しやすくなります。

    • ヘアドライヤーもしくはiOpener を準備してiPhoneの下側端に約1分間載せます。下に付けられた圧着剤が柔らかくなります。

  3. 吸盤カップをディスプレイアセンブリの下部半分より下、かつホームボタンよりも上の位置に装着します。 吸盤カップがホームボタンに重ならないように注意してください。重なってしまうと吸盤カップとフロントガラスの間に隙間が出来てしまい、しっかりと吸着することができません。
    • 吸盤カップをディスプレイアセンブリの下部半分より下、かつホームボタンよりも上の位置に装着します。

    • 吸盤カップがホームボタンに重ならないように注意してください。重なってしまうと吸盤カップとフロントガラスの間に隙間が出来てしまい、しっかりと吸着することができません。

    • ディスプレイ全体のひび割れ程度が大きい場合、吸盤カップが上手く装着しないことがあります。透明な補強テープを使って表面をカバーしてください。もしくは吸盤カップの代わりに強力な梱包用テープなどを使用することもできます。それでも上手くいかない場合は、吸盤カップ上にボンドなどを付けて固まったら引っ張ります。

  4. ディスプレイアセンブリと背面ケースの間に小さな隙間が出来るように吸盤カップで引き上げます。 スパッジャーの平面側先端を隙間に差し込みます。 ディスプレイを留めている耐水性のある接着剤はとても強力です。最初の隙間を作るためにかなりの努力が必要です。もし隙間を作るのが難しい場合は、スパッジャーを内部に差し込めるほどの隙間ができるまで、吸盤カップを上下に動かし続けてください。
    • ディスプレイアセンブリと背面ケースの間に小さな隙間が出来るように吸盤カップで引き上げます。

    • スパッジャーの平面側先端を隙間に差し込みます。

    • ディスプレイを留めている耐水性のある接着剤はとても強力です。最初の隙間を作るためにかなりの努力が必要です。もし隙間を作るのが難しい場合は、スパッジャーを内部に差し込めるほどの隙間ができるまで、吸盤カップを上下に動かし続けてください。

  5. iPhoneの下部端から左側に沿ってスパッジャーを動かします。 ディスプレイと背面ケースの間に出来た隙間を広げるために、スパッジャーをひねりながら動かします。 ディスプレイと背面ケースの間に出来た隙間を広げるために、スパッジャーをひねりながら動かします。
    • iPhoneの下部端から左側に沿ってスパッジャーを動かします。

    • ディスプレイと背面ケースの間に出来た隙間を広げるために、スパッジャーをひねりながら動かします。

  6. スパッジャーをiPhone下部端から左側に移して、下から音量ボタンとサイレントスイッチを通って上部に向けて動かしていきます。 ディスプレイ上部端をリアケース側から外さないでください。プラスチッククリップで留められているため、無理に外そうとすると壊してしまいます。 ディスプレイ上部端をリアケース側から外さないでください。プラスチッククリップで留められているため、無理に外そうとすると壊してしまいます。
    • スパッジャーをiPhone下部端から左側に移して、下から音量ボタンとサイレントスイッチを通って上部に向けて動かしていきます。

    • ディスプレイ上部端をリアケース側から外さないでください。プラスチッククリップで留められているため、無理に外そうとすると壊してしまいます。

  7. デバイス下側の右側角にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。 ディスプレイアセンブリとリアケースの間の隙間を広げるためスパッジャーをひねりながら動かしていきます。 スパッジャーの平面側先端をデバイス右側から上部に向けてスライドして動かします。同時にディスプレイに留められた圧着剤をスパッジャーで切り込みます。
    • デバイス下側の右側角にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • ディスプレイアセンブリとリアケースの間の隙間を広げるためスパッジャーをひねりながら動かしていきます。

    • スパッジャーの平面側先端をデバイス右側から上部に向けてスライドして動かします。同時にディスプレイに留められた圧着剤をスパッジャーで切り込みます。

    • デバイス右側端に沿って付けられた、デリケートなリボンケーブルにダメージを与えないよう、留められた接着剤より内側にスパッジャーを差し込まないでください。

  8. 吸盤カップを引き上げて、ディスプレイを持ち上げてiPhoneを開けます。 10度以上ディスプレイを持ち上げないでください。デバイスの右端にはリボンケーブルがあり、ディスプレイとロジックボードを繋いでいます。
    • 吸盤カップを引き上げて、ディスプレイを持ち上げてiPhoneを開けます。

    • 10度以上ディスプレイを持ち上げないでください。デバイスの右端にはリボンケーブルがあり、ディスプレイとロジックボードを繋いでいます。

  9. 吸盤カップの小さなノブを持ち上げてフロントパネルから外します。
    • 吸盤カップの小さなノブを持ち上げてフロントパネルから外します。

  10. 開口ピックをiPhoneのリアケースとフロントパネルの間の上端に差し込みます。スクリーンを固定している残りの圧着剤を剥がします。 デバイス上端にあるプラスチック製クリップにダメージを与えないようご注意ください。
    • 開口ピックをiPhoneのリアケースとフロントパネルの間の上端に差し込みます。スクリーンを固定している残りの圧着剤を剥がします。

    • デバイス上端にあるプラスチック製クリップにダメージを与えないようご注意ください。

  11. デバイスの上端からディスプレイアセンブリをわずかに引き離し、背面ケースに留められたクリップを外します。 本のバックカバーを開くように、左側からディスプレイをめくってiPhoneの内部を開いていきます。 ディスプレイを完全に外さないでください。まだリボンケーブルがiPhoneのロジックボードに接続されています。
    • デバイスの上端からディスプレイアセンブリをわずかに引き離し、背面ケースに留められたクリップを外します。

    • 本のバックカバーを開くように、左側からディスプレイをめくってiPhoneの内部を開いていきます。

    • ディスプレイを完全に外さないでください。まだリボンケーブルがiPhoneのロジックボードに接続されています。

  12. 下部のコネクターブラケットから次の長さのトライポイント Y000 ネジを取り外します。
    • 下部のコネクターブラケットから次の長さのトライポイント Y000 ネジを取り外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 2.4 mmネジー1本

    • 修理作業中は、各ネジをきちんと管理してください。再組み立ての際は、iPhoneへのダメージを防ぐため、正しい位置に装着しましょう。

  13. 下側のコネクターブラケットを取り出します。
    • 下側のコネクターブラケットを取り出します。

  14. スパッジャーの尖ったほうの先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボードのソケットから外します。 バッテリーコネクターがソケットに接触してiPhoneの電源が入らないようにするため、わずかにコネクターケーブルを上に曲げます。 バッテリーコネクターがソケットに接触してiPhoneの電源が入らないようにするため、わずかにコネクターケーブルを上に曲げます。
    • スパッジャーの尖ったほうの先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボードのソケットから外します。

    • バッテリーコネクターがソケットに接触してiPhoneの電源が入らないようにするため、わずかにコネクターケーブルを上に曲げます。

  15. この手順でケーブルの接続を外したり再接続する前にバッテリーが切れていることを確認してください。 スパッジャーの平面側先端や指の爪を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクタをまっすぐ引き上げて、接続を外します。 これらのケーブルを再接続する際は、カチッと音がして装着されるまで、コネクタの先端をソケットに押し込みます。それから反対側のコネクタも同じ作業を繰り返します。コネクタの中央部分を押さないでください。コネクタが僅かでもずれてしまうと曲がってしまい、永続的なダメージの原因となります。
    • この手順でケーブルの接続を外したり再接続する前にバッテリーが切れていることを確認してください。

    • スパッジャーの平面側先端や指の爪を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクタをまっすぐ引き上げて、接続を外します。

    • これらのケーブルを再接続する際は、カチッと音がして装着されるまで、コネクタの先端をソケットに押し込みます。それから反対側のコネクタも同じ作業を繰り返します。コネクタの中央部分を押さないでください。コネクタが僅かでもずれてしまうと曲がってしまい、永続的なダメージの原因となります。

    • もしiPhoneを組み立て直した後に、画面が真っ暗になったり、白い線が表示されたり、タッチの反応が悪い場合は、両方のケーブルを取り外して慎重に再接続し、完全に装着されていることを確認してください。

  16. 正面パネルのセンサーアセンブリコネクター上に固定されたブラケットから1.3 mm #000プラスネジを2本外します。 あるデバイスによってはY000が使用されています。Appleは製品の製造ラインの途中からY000ネジの使用に切り替えました。 あるデバイスによってはY000が使用されています。Appleは製品の製造ラインの途中からY000ネジの使用に切り替えました。
    • 正面パネルのセンサーアセンブリコネクター上に固定されたブラケットから1.3 mm #000プラスネジを2本外します。

    • あるデバイスによってはY000が使用されています。Appleは製品の製造ラインの途中からY000ネジの使用に切り替えました。

  17. 正面パネルのセンサーアセンブリコネクターの接続をロジックボード上のソケットから外します。 再度接続する際には、この平たいコネクターが曲がるリスクを最小にするために、コネクターを一度に接続してください。
    • 正面パネルのセンサーアセンブリコネクターの接続をロジックボード上のソケットから外します。

    • 再度接続する際には、この平たいコネクターが曲がるリスクを最小にするために、コネクターを一度に接続してください。

  18. ディスプレイアセンブリを取り出します。
  19. SIMカードの取り出しツールや紙クリップをSIMカードトレイの小さな穴に差し込みます。 トレイが出てくるまで押し込みます。 この作業はかなりの力が必要です。しかしながら、取り出し用ツールを正しく位置合わせしているか確認してください。デバイス内部のエジェクト機能を損傷しないようにするためです。
    • SIMカードの取り出しツールや紙クリップをSIMカードトレイの小さな穴に差し込みます。

    • トレイが出てくるまで押し込みます。

    • この作業はかなりの力が必要です。しかしながら、取り出し用ツールを正しく位置合わせしているか確認してください。デバイス内部のエジェクト機能を損傷しないようにするためです。

    • SIMカードトレイをiPhoneから取り出します。

    • SIMカードを再挿入する際は、トレイに対して正しい方向に差し込んでいるか確認してください。

  20. スパッジャーの平面側先端を使って、背面カメラのコネクターの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、背面カメラのコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、背面カメラのコネクターの接続を外します。

  21. 背面ケースと背面カメラブラケットを固定している次のプラスネジを外します。 1.3 mm ー1本
    • 背面ケースと背面カメラブラケットを固定している次のプラスネジを外します。

    • 1.3 mm ー1本

    • 2.5 mmー1本

  22. ブラケットを取り出します。
    • ブラケットを取り出します。

  23. スパッジャーの先端を使って、リアカメラのジュールの左隣にあるアンテナバスコネクタの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、リアカメラのジュールの左隣にあるアンテナバスコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、リアカメラのジュールの左隣にあるアンテナバスコネクタの接続を外します。

  24. 上部ケーブルブラケットを固定している1.2 mmトライポイントネジを2本外します。
    • 上部ケーブルブラケットを固定している1.2 mmトライポイントネジを2本外します。

  25. 上部ケーブルブラケットを取り出します。 上部ケーブルブラケットを取り出します。
    • 上部ケーブルブラケットを取り出します。

  26. スパッジャーの平面側先端を使って、上部ケーブルコネクターの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、上部ケーブルコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、上部ケーブルコネクターの接続を外します。

  27. Wi-Fiアンテナを固定している次のプラスネジを外します。 1.2 mmネジー3本
    • Wi-Fiアンテナを固定している次のプラスネジを外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 1.7 mmネジー1本

  28. 上部左側のアンテナを取り出します。 上部左側のアンテナを取り出します。
    • 上部左側のアンテナを取り出します。

  29. 次のプラスネジを外します。
    • 次のプラスネジを外します。

    • 1.3 mmネジー1本

    • 2.2 mmネジー1本

  30. ブラケットを取り出します。 ブラケットを取り出します。
    • ブラケットを取り出します。

  31. 接地ブラケットから2.2 mm SO(スタンドオフ)ネジを外します。
    • 接地ブラケットから2.2 mm SO(スタンドオフ)ネジを外します。

    • スタンドオフネジを外すには、iPhone用スタンドオフドライバービットとドライバーハンドルを使うのが最善です。

    • それらがない場合には、小サイズのマイナスドライバーでも対応可能です。ただし、滑って周囲のコンポーネントにダメージを与えないよう細心の注意を払ってください。

  32. ピンセットを使ってロジックボードの接地ブラケットを邪魔にならないように丁寧に曲げます。 ピンセットを使ってロジックボードの接地ブラケットを邪魔にならないように丁寧に曲げます。
    • ピンセットを使ってロジックボードの接地ブラケットを邪魔にならないように丁寧に曲げます。

  33. スパッジャーの先端を使って、2本のアンテナケーブルコネクターを基板上のソケットから引き上げます。 スパッジャーの先端を使って、2本のアンテナケーブルコネクターを基板上のソケットから引き上げます。 スパッジャーの先端を使って、2本のアンテナケーブルコネクターを基板上のソケットから引き上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、2本のアンテナケーブルコネクターを基板上のソケットから引き上げます。

  34. ピンセットを使って、基板上のメタル製ブラケットからアンテナケーブルを丁寧に巻き戻します。 ピンセットを使って、基板上のメタル製ブラケットからアンテナケーブルを丁寧に巻き戻します。 ピンセットを使って、基板上のメタル製ブラケットからアンテナケーブルを丁寧に巻き戻します。
    • ピンセットを使って、基板上のメタル製ブラケットからアンテナケーブルを丁寧に巻き戻します。

  35. スパッジャーの先端を使って、下側のケーブルコネクターの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、下側のケーブルコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、下側のケーブルコネクターの接続を外します。

  36. 次のネジを外します。
    • 次のネジを外します。

    • 1.4 mmプラスネジー1本

    • 2.2 mmスタンドオフネジー3本

    • スタンドオフネジを外すには、iPhone用スタンドオフドライバービットとドライバーハンドルを使うのが最善です。

    • 困ったときには、小サイズのマイナスドライバーも役目を果たします。ただし、滑って周囲のコンポーネントにダメージを与えないよう細心の注意を払ってください。

  37. スパッジャーの先端を使って、基板からSIMカードの取り出しプランジャーを押し出します。 スパッジャーの先端を使って、基板からSIMカードの取り出しプランジャーを押し出します。
    • スパッジャーの先端を使って、基板からSIMカードの取り出しプランジャーを押し出します。

  38. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターを基板の先端から持ち上げます。 全てのケーブルを引っ張らないようにご注意ください。何処で抵抗感を感じたら、全てのケーブル、コネクターとコンポーネントが基板から外れていることを確認してください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターを基板の先端から持ち上げます。

    • 全てのケーブルを引っ張らないようにご注意ください。何処で抵抗感を感じたら、全てのケーブル、コネクターとコンポーネントが基板から外れていることを確認してください。

  39. バッテリーコネクターを基板の先端から持ち上げ、背面ケースから取り出します。 基板にケーブルを引っ掛けないようにご注意ください。 基板にケーブルを引っ掛けないようにご注意ください。
    • バッテリーコネクターを基板の先端から持ち上げ、背面ケースから取り出します。

    • 基板にケーブルを引っ掛けないようにご注意ください。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

122 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Evan Noronha

メンバー登録日: 2015年02月05日

203,616 ポイント

178のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

133 メンバー

14,532のガイドは作成済み

11 件のコメント

I had an accident where my iphone has got some damage (cracked screen, metal frame slightly bent).. I can see a lot of iCloud locked devices for sale, some of them for a cheap price. Would replacing the logic board and home button give me a non-damaged working phone? Or what parts would need to be moved for this? Sure I can buy a brand new phone but I like a bit of a challenge :)

Steve - 返信

the logic board holds the OS, so yes if you were to replace the mother board of the iPhone it should work like a new phone but without touch id

Vegas Uprising -

I have the same idea and i found to buy this one

https://www.aliexpress.com/item/For-iPho...

You think it will work?

alexandros papadopoulos -

Hi,

I’ve got a problem with my iphone7. I just took some videos under the water using my iphone. But later it’s finger id has gone and it’s fully damaged. Now the phone is not working. Is there any option to repair this ….?

muhammed faisal - 返信

Hi Muhammed, sounds like some water got inside your phone. Check out our iPhone liquid damage guide for some basic troubleshooting you can do on your own. When you have the phone open check connectors and pins on the board for any corrosion. If the damage is serious enough that cleaning won’t fix it, you can take your phone to a local repair shop for more extensive repairs.

Adam O'Camb -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 95

過去 7 日: 639

過去 30 日: 3,152

今までの合計 205,055