メインコンテンツにスキップ

はじめに

修理作業をより簡単にするには、iFixit特製の FIXキット簡略版ガイドを参照の上、iPhoneのスクリーン全体を交換してください。

修理経験の豊富な方は、こちらの修理ガイドでiPhoneのLCDとデジタイザーアセンブリ(別名:すぐアクセスできる”フロントパネル”) のみを交換できます。この作業ではフロントカメラ、イヤホンスピーカー、LCDシールドプレートとホームボタンアセンブリを含む幾つかのコンポーネントを新しいスクリーンに移植しなければなりません。

全てのスクリーン/ディスプレイの修理には、オリジナルのホームボタンを新しいディスプレイにに移植してTouch ID (指紋認証スキャンシステム)の機能を保つことが必要です。

次のパーツを交換する際にも、この修理ガイドをご利用できます。

  1. 解体作業を始める前にiPhone6のバッテリー残量を25%以下まで消費してください。アクシデントで充電されたリチウムイオンバッテリーにで穴を開けてしまうと、引火や爆発を起こすことがあります。
    • 解体作業を始める前にiPhone6のバッテリー残量を25%以下まで消費してください。アクシデントで充電されたリチウムイオンバッテリーにで穴を開けてしまうと、引火や爆発を起こすことがあります。

    • 解体作業を始める前にiPhoneの電源を切ります。

    • Lightningコネクターの両脇に付けられた2本の3.6mmのペンタローブネジを取り外します。

  2. ディスプレイのガラスにひびが入っている場合は、作業中ひびが拡大し、怪我をしないようにガラス表面をテーピングします。 透明の梱包用テープをiPhoneのディスプレイ全体に二重にして貼ってください。 この作業はガラスの破片が飛び散らないよう固定し、ディスプレイを持ち上げたりこじ開けた際に構造を保ってくれます。
    • ディスプレイのガラスにひびが入っている場合は、作業中ひびが拡大し、怪我をしないようにガラス表面をテーピングします。

    • 透明の梱包用テープをiPhoneのディスプレイ全体に二重にして貼ってください。

    • この作業はガラスの破片が飛び散らないよう固定し、ディスプレイを持ち上げたりこじ開けた際に構造を保ってくれます。

    • 修理中、ガラスが飛び散ることもあります。保護メガネを装着してください。

    • 次の手順で壊れたガラスに吸盤カップが装着できない場合は、より強力なテープ(ダクトテープなど)を折り曲げて取手を作り、ディスプレイを引っ張り持ち上げます。

  3. 次の3つの手順はiSlackのデモンストレーションです。iPhone6を安全に開口するために便利なツールです。複数のデバイスを修理する方にはお勧めです。iSlackをご利用にならない場合は下の3つの手順をスキップしてください。
    • 次の3つの手順はiSlackのデモンストレーションです。iPhone6を安全に開口するために便利なツールです。複数のデバイスを修理する方にはお勧めです。iSlackをご利用にならない場合は下の3つの手順をスキップしてください。

    • ご使用前に、iSclackの中央にプラスチック製のデプスケージが付いている場合は取り出してください。 iPhone 6のような大型のデバイスには必要ありません。

    • iSlackの持ち手を閉じて吸盤カップを開きます。

  4. iPhoneの下側に吸盤カップを挟みます。 iSclackの上側の吸盤カップがホームボタンの少し上に位置するように装着します。(ボタン上に重ねないでください)
    • iPhoneの下側に吸盤カップを挟みます。

    • iSclackの上側の吸盤カップがホームボタンの少し上に位置するように装着します。(ボタン上に重ねないでください)

    • ハンドルを開いてiSclackの吸盤カップを閉めます。吸盤カップを取り付けて、しっかりと本体の両側に押し当てます。

  5. iPhoneをしっかりと持ち、 iSclackの吸盤カップを両側に開くため、ハンドルを閉めてフロントパネルを背面ケースから引き離します。 iSclack は安全にiPhoneを開口するためにデザインされています。パーツの取り外しには最適なツールですが、本体ケーブルにダメージを与えてしまうことがあります。
    • iPhoneをしっかりと持ち、 iSclackの吸盤カップを両側に開くため、ハンドルを閉めてフロントパネルを背面ケースから引き離します。

    • iSclack は安全にiPhoneを開口するためにデザインされています。パーツの取り外しには最適なツールですが、本体ケーブルにダメージを与えてしまうことがあります。

    • 2つの吸盤カップをiPhoneから取り外します。

    • 次の3つの手順をスキップして手順8へお進みください。

  6. iSclackをお持ちでない場合は、シングルタイプの吸盤カップを利用してフロントパネルを持ち上げます。
    • iSclackをお持ちでない場合は、シングルタイプの吸盤カップを利用してフロントパネルを持ち上げます。

    • ホームボタンの真上のスクリーン上に吸盤カップを押し当てます。

    • 吸盤カップがスクリーンに固定するように、しっかりと装着します。

  7. 片手で iPhoneを押さえながら、吸盤カップを持ち上げて、背面ケースからフロントパネルを離します。
    • 片手で iPhoneを押さえながら、吸盤カップを持ち上げて、背面ケースからフロントパネルを離します。

    • 時間をかけてゆっくりと、同じ強さ加減で作業を進めます。ディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べてより強固に接着されています。

    • プラスチック製開口ツールを使って差し込み、リアケースからアセンブリを丁寧にこじ開けます。同時に吸盤カップで引き上げます。

    • フロントパネルアセンブリとリアケースを固定しているクリップが幾つかあります。吸盤カップとプラスチック製開口ツールを同時に使いながら、フロントパネルアセンブリを開けていきます。

  8. 吸盤カップの持ち手(ノブ)を引っ張り、吸引力を緩めます。 吸盤カップを本体から取り外します。
    • 吸盤カップの持ち手(ノブ)を引っ張り、吸引力を緩めます。

    • 吸盤カップを本体から取り外します。

  9. 本体上部先端を蝶番にして、リアケースからフロントパネルアセンブリのホームボタンの先端を持ち上げて、iPhoneを開口します。 フロントパネルの上部端に沿って留められた幾つかのクリップは蝶番の留め金になっています。 再組み立ての際は、クリップをリアケース上部端の真下に並べます。フロントパネルとリアケースの上部先端が重なるようにスライドします。
    • 本体上部先端を蝶番にして、リアケースからフロントパネルアセンブリのホームボタンの先端を持ち上げて、iPhoneを開口します。

    • フロントパネルの上部端に沿って留められた幾つかのクリップは蝶番の留め金になっています。

    • 再組み立ての際は、クリップをリアケース上部端の真下に並べます。フロントパネルとリアケースの上部先端が重なるようにスライドします。

  10. 作業をスムーズに進めるため、ディスプレイを約90度まで開いて衝立などを使用して固定します。 緊急の場合は、未開封の飲料水缶を利用できます。 衝立にディスプレイを固定する際は、輪ゴムを使用して留めてください。ディスプレイケーブルに不要な圧力がかかるのを防いでくれます。
    • 作業をスムーズに進めるため、ディスプレイを約90度まで開いて衝立などを使用して固定します。

    • 緊急の場合は、未開封の飲料水缶を利用できます。

    • 衝立にディスプレイを固定する際は、輪ゴムを使用して留めてください。ディスプレイケーブルに不要な圧力がかかるのを防いでくれます。

  11. 次のプラスネジをバッテリーコネクターブラケットから取り外します。
    • 次のプラスネジをバッテリーコネクターブラケットから取り外します。

    • 2.2 mm ネジー1本

    • 3.2 mmネジー1本

  12. iPhoneからメタル製のバッテリーコネクターブラケットを取り出します。
    • iPhoneからメタル製のバッテリーコネクターブラケットを取り出します。

  13. プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。
    • プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。

    • 基板のソケットには接触せず、バッテリーコネクターのみに差し込んで押し上げます。ててください。基板上のソケットに触ると、コネクター全体を損傷することがあります。

  14. フロントパネルアセンブリーのケーブルブラケットから次のプラスネジを5本取り外します。
    • フロントパネルアセンブリーのケーブルブラケットから次のプラスネジを5本取り外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 1.7 mmネジー1本

    • 3.1 mm ネジー1本

    • 再組み立ての際、これらのネジを違う箇所に取付けてしまうと、基板に永続的なダメージを与えてしまいます。

  15. 基板からフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り出します。
    • 基板からフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り出します。

  16. 次の4つの手順ではケーブルコネクターのみに差し込んで持ち上げ、基板上のソケットには接触しないでください。 スパッジャーの平面側先端を使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。
    • 次の4つの手順ではケーブルコネクターのみに差し込んで持ち上げ、基板上のソケットには接触しないでください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。

  17. スパッジャーの平面側先端を使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。

  18. スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイデータのケーブルコネクターの接続を外します。 デバイスの再組み立ての際には、ディスプレイデータケーブルがコネクターから飛び出してしまうことがあります。これは電源を入れた時に白黒画面となる原因となります。この状態の場合、単純にケーブルを一旦外して電源を切り、再起動してください。ベストな再起動方法は、バッテリーコネクターを一度外してから再装着して電源を入れることです。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイデータのケーブルコネクターの接続を外します。

    • デバイスの再組み立ての際には、ディスプレイデータケーブルがコネクターから飛び出してしまうことがあります。これは電源を入れた時に白黒画面となる原因となります。この状態の場合、単純にケーブルを一旦外して電源を切り、再起動してください。ベストな再起動方法は、バッテリーコネクターを一度外してから再装着して電源を入れることです。

  19. スパッジャーの平面側先端を使って、デジタイザーケーブルのコネクターの接続を外します。 デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクターの中央を押さないでください。コネクターの一方端を押さえてから、反対側を押さえます。コネクター中央を押してしまうと、コンポーネントを曲げてしまい、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、デジタイザーケーブルのコネクターの接続を外します。

    • デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクターの中央を押さないでください。コネクターの一方端を押さえてから、反対側を押さえます。コネクター中央を押してしまうと、コンポーネントを曲げてしまい、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。

  20. リアケースからフロントパネルアセンブリを取り外します。
    • リアケースからフロントパネルアセンブリを取り外します。

  21. 次のプラスネジをイヤホンスピーカー/正面カメラのブラケットから取り外します。
    • 次のプラスネジをイヤホンスピーカー/正面カメラのブラケットから取り外します。

    • 2.3 mmネジー1本

    • 3.0 mm ネジー1本

    • 2.2 mmネジー1本

  22. イヤフォンスピーカー/正面カメラのブラケットをフロントパネルから取り外します。 イヤフォンスピーカー/正面カメラのブラケットをフロントパネルから取り外します。
    • イヤフォンスピーカー/正面カメラのブラケットをフロントパネルから取り外します。

  23. フロントパネルの奥から正面カメラを持ち上げます。 フロントパネルの奥から正面カメラを持ち上げます。
    • フロントパネルの奥から正面カメラを持ち上げます。

  24. 正面カメラを固定しながら、イヤホンスピーカーをフロントパネルから取り外します。 スピーカーやケーブルとその表面に付けられている接続面に手が当たらないよう努力してください。油脂がこれらのパーツにダメージを与えたり、接続に支障をきたす場合があります。もし誤ってふれてしまった場合、イソプロピルアルコールを用いてきれいにし、空気乾燥させてください。
    • 正面カメラを固定しながら、イヤホンスピーカーをフロントパネルから取り外します。

    • スピーカーやケーブルとその表面に付けられている接続面に手が当たらないよう努力してください。油脂がこれらのパーツにダメージを与えたり、接続に支障をきたす場合があります。もし誤ってふれてしまった場合、イソプロピルアルコールを用いてきれいにし、空気乾燥させてください。

  25. 正面カメラが作業の邪魔にならないように脇へ寄せ、スパッジャーの先端を使いながら環境光センサーをフロントパネルの奥から持ち上げます。 正面カメラが作業の邪魔にならないように脇へ寄せ、スパッジャーの先端を使いながら環境光センサーをフロントパネルの奥から持ち上げます。
    • 正面カメラが作業の邪魔にならないように脇へ寄せ、スパッジャーの先端を使いながら環境光センサーをフロントパネルの奥から持ち上げます。

  26. 正面カメラとセンサーケーブルを持ち上げて、片手で固定するとマイクにアクセスできます。 正面カメラとセンサーケーブルを持ち上げて、片手で固定するとマイクにアクセスできます。
    • 正面カメラとセンサーケーブルを持ち上げて、片手で固定するとマイクにアクセスできます。

  27. フロントパネルに付けられたセンサーケーブル先端から接着剤を剥がして、マイクを持ち上げます。 フロントパネルに付けられたセンサーケーブル先端から接着剤を剥がして、マイクを持ち上げます。
    • フロントパネルに付けられたセンサーケーブル先端から接着剤を剥がして、マイクを持ち上げます。

  28. 正面カメラとセンサーケーブルをフロントパネルから取り出します。
    • 正面カメラとセンサーケーブルをフロントパネルから取り出します。

  29. ホームボタンブラケットに付けられている1.9 mm #00プラスネジを2本外します。
    • ホームボタンブラケットに付けられている1.9 mm #00プラスネジを2本外します。

  30. フロントパネルからホームボタンブラケットを取り外します。 フロントパネルからホームボタンブラケットを取り外します。
    • フロントパネルからホームボタンブラケットを取り外します。

  31. スパッジャー先端を使って、ホームボタンケーブルコネクターを持ち上げて、ホームボタンから外します。 スパッジャー先端を使って、ホームボタンケーブルコネクターを持ち上げて、ホームボタンから外します。
    • スパッジャー先端を使って、ホームボタンケーブルコネクターを持ち上げて、ホームボタンから外します。

  32. ホームボタンの左端上部をゆっくりと持ち上げ、フロントパネルから外します。 ホームボタンを完全に上まで持ち上げないでください。ホームボタンの端を軽く上げ、そこからスパッジャーを使うと簡単に外せます。
    • ホームボタンの左端上部をゆっくりと持ち上げ、フロントパネルから外します。

    • ホームボタンを完全に上まで持ち上げないでください。ホームボタンの端を軽く上げ、そこからスパッジャーを使うと簡単に外せます。

    • この表面はとても薄くなっています。ボタンを壊してしまうと感じたら、この部分を少し温めましょう。( iOpenerやヒートガン、ヘアードライヤーなど使います)温まったら作業を再開してください。

  33. スパッジャーを使って、ディスプレイ本体から残りの部分のホームボタンを丁寧に取り出します。 スパッジャーを使って、ディスプレイ本体から残りの部分のホームボタンを丁寧に取り出します。
    • スパッジャーを使って、ディスプレイ本体から残りの部分のホームボタンを丁寧に取り出します。

  34. スパッジャー先端を使って、フロントパネルに取り付けられたホームボタンケーブルから丁寧に接着剤を剥がします。 スパッジャー先端を使って、フロントパネルに取り付けられたホームボタンケーブルから丁寧に接着剤を剥がします。
    • スパッジャー先端を使って、フロントパネルに取り付けられたホームボタンケーブルから丁寧に接着剤を剥がします。

  35. 全ての接着部分が取れたら、フロントパネルからホームボタンを取り出します。
    • 全ての接着部分が取れたら、フロントパネルからホームボタンを取り出します。

    • 壊れたフロントパネルを交換する場合は、ホームボタンに付着したガラスの破片がある場合があります。ホームボタンを新しいディスプレイに移す前に、残りのガラスを丁寧に取り除いてください。

  36. フロントパネルに付いているLCDシールドプレートから次の#00プラスネジを外します。 1.7 mm ネジー1本 1.6 mmネジー6本(両側に3本)
    • フロントパネルに付いているLCDシールドプレートから次の#00プラスネジを外します。

    • 1.7 mm ネジー1本

    • 1.6 mmネジー6本(両側に3本)

  37. LCDシールドプレート端にある正面カメラを丁寧に持ち上げます。 シールドプレートを完全に取り外さないでください。ホームボタンケーブルがフロントパネルとシールドプレートに接着剤で繋がっている状態にします。
    • LCDシールドプレート端にある正面カメラを丁寧に持ち上げます。

    • シールドプレートを完全に取り外さないでください。ホームボタンケーブルがフロントパネルとシールドプレートに接着剤で繋がっている状態にします。

  38. スパッジャー先端をシールドプレートの裏に差し込み、スライドするように動かしながらフロントパネルからホームボタンケーブルを丁寧に剥がしていきます。 特に慎重になって、ホームボタンケーブルを剥がしてください。それは壊れやすいケーブルです。もしわずかでも抵抗を感じた場合、作業を中断し、ヘアドライヤーかiOpenerでゆっくり接着剤に熱を与え、やり直してください。 LCDシールドプレートを取り外します。
    • スパッジャー先端をシールドプレートの裏に差し込み、スライドするように動かしながらフロントパネルからホームボタンケーブルを丁寧に剥がしていきます。

    • 特に慎重になって、ホームボタンケーブルを剥がしてください。それは壊れやすいケーブルです。もしわずかでも抵抗を感じた場合、作業を中断し、ヘアドライヤーかiOpenerでゆっくり接着剤に熱を与え、やり直してください。

    • LCDシールドプレートを取り外します。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

1111 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Goldheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

382,581 ポイント

543のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

102 メンバー

9,078のガイドは作成済み

118コメント

Did this replacement and the finger scaner stop working. I didnt damge anything im a experienced technician the button still worked but the finger print doest work. I thought the firmware was corrupted and I updated the phone. It now shows an error and can not be restore to normal functionality, its stuck in restore mode . I had to reassemble the phone and set it to pay and paid a fee for a new one.

matthewlevy300 - 返信

Wow man, i'm sorry to hear that.. Hate that kinda things.

Niels Aasted -

I have same issue , i tried many time to restore the phone after Touch ID failed , but restore cant be completed because of error #53 ,

basilaldossari -

Same problem! Same backround! Need help :/

mmummler -

Is there any more reason to disconnect the battery on the 6 than any previous iPhone? I've repaired countless 5,5c and 5S without disconnecting the battery. Never a problem.

DNATECH LONDON -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 175

過去 7 日: 1,163

過去 30 日: 5,093

今までの合計 831,266