ビデオの概要

はじめに

最近開催されたAppleの教育現場にフォーカスしたイベントで明らかとなりましたが、この新iPadは”新機能搭載のモデル”というよりも”挿絵が交換されたり、細かい修正が入れられた改訂版単行本”といった例えが合うのではないでしょうか。このiPadのスペックには2つの大きなアップグレード(プロセッサーとApple Pencil)があると公表されている一方で、他には何が変わったのでしょうか?さあ分解でその答えを探してみましょう!

FacebookInstagramTwitterTwitter日本語版 をフォローしてリペア業界の最新ニュースを入手しましょう。定期的なリペアニュースはnewsletterを購読してください。

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのiPad 6を修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. さて、クラスの皆さん、今日から加わる新しい生徒のiPad 6を温かく歓迎してあげましょう!<拍手>それでは簡単に自己紹介をしてください。 64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ、組み込み型M10コプロセッサ
    • さて、クラスの皆さん、今日から加わる新しい生徒のiPad 6を温かく歓迎してあげましょう!<拍手>それでは簡単に自己紹介をしてください。

    • 64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ、組み込み型M10コプロセッサ

    • 9.7インチマルチタッチRetinaディスプレイ、2,048 x 1,536ピクセル解像度、264ppi、耐指紋性撥油コーティング

    • 容量 32GBもしくは128GB

    • 8メガピクセルカメラ、1080p HDビデオ撮影+1.2メガピクセルの写真、720p FaceTime HDビデオ撮影

    • 802.11a/b/g/n/ac dual band MIMO Wi-Fi + Bluetooth 4.2

    • Touch ID指紋認証センサー+3軸ジャイロ+加速度センサー+気圧計+環境光センサー

    • Apple Pencil

  2. 教育現場では、Appleにとってより安価なGoogleのラップトップという手強い競争相手がいます。このiPadはHPやAsusから発売されたChromebookに対抗できるのでしょうか? 生徒たちからタブレットを含め電化製品が少々手洗い扱いをすることを想定して、iFixitが詳細に点検していきましょう。
    • 教育現場では、Appleにとってより安価なGoogleのラップトップという手強い競争相手がいます。このiPadはHPAsusから発売されたChromebookに対抗できるのでしょうか?

    • 生徒たちからタブレットを含め電化製品が少々手洗い扱いをすることを想定して、iFixitが詳細に点検していきましょう。

    • iPadの接着剤で固められたガラス製ディスプレイは、落とすと壊れてしまう可能性が高くなります。近年発売された他のiPadモデルと比べると、このモデルの見た目はそれほど素晴らしいものではありませんが、エアギャップされたデジタイザーパネルを搭載しています。ディスプレイパネル下にLOCA(光学透明接着剤)で固定されたディスプレイと比べると、修理が安価で済みます。

    • キーボードやApple Pencilは別売りのアクセサリーで、追加料金が発生する上、紛失することもありますーしかし、ダメージが入ってしまえば交換は簡単です。(私たちのHPはキーボードのキーがなくなっています:1番目画像)

    • 新しいiPadには新モデル番号が付与されています!今年の番号はA1893です。

  3. さてここで、友達のCreative ElectronがX線撮影によってiPad内部を披露してくれました。 予想したように、前モデルのX線撮影と比べて、あまり違いがないように見えます。 予想したように、前モデルのX線撮影と比べて、あまり違いがないように見えます。
    • さてここで、友達のCreative ElectronがX線撮影によってiPad内部を披露してくれました。

    • 予想したように、前モデルのX線撮影と比べて、あまり違いがないように見えます。

    • この温かいブロックをデバイスの上に数回載せました。これで開くでしょう。iOpenerは当てた箇所を温めてくれます。吸盤カップと開口ツールをテコのようにして持ち上げると、ジャーン、開きます!

    • マジックのように、デジタイザーパネルがディスプレイから持ち上がりますーこれは修理にとって良いサインです。

    • これは融合されていないディスプレイとデジタイザーのガラスはどちらかにダメージが入った時、修理するにはとても助かります。ガサツな学生のいる教室では特に重要です。

  4. Pro Tech ツールキットを含むご注文、もしくは総額 $100ドル以上のご注文については送料無料です。

    当社のショップを閲覧する
    • 2つの新しいものを同時に報告しましょう。この分解は素晴らしいことに一度に2つ試せるのです。新しいiPadの内部を探ることと、発売予定の iFixit特製ツールを試用してみることです!

    • プラスネジを外した後、LCDパネルを持ち上げて、基板から接続を外します。

    • ガラスの取り外し作業は、簡単ではありませんが、やり方はもう分かっています。心優しいコミュニティーメンバー達によって作成された修理ガイド(iPad 5とほぼ同じ)も既にあります。

    • 安全第一です!まず最初に電流が飛び散って分解が妨害されないように、バッテリーと基板の間にバッテリーブロッカーを差し込みます。

  5. ディスプレイを取り出すと、安全にデジタイザーの接続を外せます。 デジタイザーは以前のモデルと同じ2つのケーブルがついていますが、去年のケーブルとは少し違って見えます。 Apple Pencilとの互換性のために若干の変更があったのでしょうか?
    • ディスプレイを取り出すと、安全にデジタイザーの接続を外せます。

    • デジタイザーは以前のモデルと同じ2つのケーブルがついていますが、去年のケーブルとは少し違って見えます。

    • Apple Pencilとの互換性のために若干の変更があったのでしょうか?

    • シールドの下に隠されたものを見つけました!去年のモデルに搭載されていたNXP 8461A1 Touch IDチップです。

    • 私たちが無料で提供している iDevices用の壁紙用の画像は予想を上回るほど人気ですーAppleはこのような素晴らしい内部コンポーネントを製造しているのです。もしこの壁紙を使ってiPadのコンポーネントについて学びたいのなら問題ありません、ご自由にご利用ください

  6. 強力な接着剤によってケースと基板が留められています。ここにはリキッドのパンチで対抗しましょう! パカッ!頑固な接着剤もすぐに打ち負かされます。そして1枚の基板が外れます。 …そしてこの基板で残念なパーツはLightningコネクターです。Lightningコネクターは基板状の他のパーツに比べて使用頻度が高く、一番先に壊れやすいパーツです。マイクロソルダリングで基板を切断して、ここに端子用ポートを付け替えなければなりません。
    • 強力な接着剤によってケースと基板が留められています。ここにはリキッドのパンチで対抗しましょう!

    • パカッ!頑固な接着剤もすぐに打ち負かされます。そして1枚の基板が外れます。

    • …そしてこの基板で残念なパーツはLightningコネクターです。Lightningコネクターは基板状の他のパーツに比べて使用頻度が高く、一番先に壊れやすいパーツです。マイクロソルダリングで基板を切断して、ここに端子用ポートを付け替えなければなりません。

  7. これまでのところ、大きなアップグレードを見つけることができませんが、Appleはおそらく基板の中になにか楽しいものを隠しているのでしょう。 2 GB Micron D9VBD LPDDR4 SDRAMに積層されたApple A10 Fusion APL1W24 SoC (also found in the iPhone 7)
    • これまでのところ、大きなアップグレードを見つけることができませんが、Appleはおそらく基板の中になにか楽しいものを隠しているのでしょう。

    • 2 GB Micron D9VBD LPDDR4 SDRAMに積層されたApple A10 Fusion APL1W24 SoC (also found in the iPhone 7)

    • Apple 343500203-A0、PMICに類似 (おそらくiPad 5に搭載されていた343S001441-A0の改良版)

    • 2x Broadcom BCM15900B0タッチスクリーンコントローラー (10.5インチの分解と12.9インチのiPad Proに搭載されていたもの)

    • "Pro"に搭載されていたグレードのチップのおかげで新Apple Pencilの機能が実現していると仮定します。

  8. ここでも教科書を開いて、ノートを開いて、チップIDテストの第二部です。 Toshiba TSB3236LX3536TWNB1 32 GB フラッシュメモリ
    • ここでも教科書を開いて、ノートを開いて、チップIDテストの第二部です。

    • Toshiba TSB3236LX3536TWNB1 32 GB フラッシュメモリ

    • USI 339S00448 Wi-Fi/Bluetoothモジュール

    • NXP 80V18PN80V NFCコントローラー

    • Cirrus Logic CS42L83A 省電力オーディオコディック

    • 裏側にもチップが隠れているのでしょうか?いいえ、ありません。点検済みです。

  9. AppleはこのモデルでもiPad 5と同じバッテリーを使用していると判明し、喜んでいます。モデル番号はA1484で容量は32.9 Whです。
    • AppleはこのモデルでもiPad 5と同じバッテリーを使用していると判明し、喜んでいます。モデル番号はA1484で容量は32.9 Whです。

    • これは同じバッテリーがまだ使えるというだけでなく、現在のバッテリー製造ラインを継続できるということです。つまり、資源のゴミが削減できます!

    • 喜びはこれだだけでなく、iPad 5の修理ガイドが再利用できるのです。

    • Appleは以前一度だけ、簡単にiPadのバッテリーを取り出せるという希望に満ちた瞬間を与えてくれましたが、それ以来このようなものは目にしてきませんでした。

    • グッドニュースはバッテリーの交換ですーもしあなたがiPadを大量に取り扱う大組織に所属していれば、多種類のiPadモデルを所有していても1種類だけのバッテリーを確保しておけばよいのです。(まず最初にオリジナルのバッテリーを取り出せればの話ですが)

  10. 分解作業はここまでです。この分解にお付き合いいただき、ありがとうございます。さあここで一休みです! この分解をお持ち帰りしたい場合は、壁紙用内部画像やX線画像をチェックしてください!
    • 分解作業はここまでです。この分解にお付き合いいただき、ありがとうございます。さあここで一休みです!

    • この分解をお持ち帰りしたい場合は、壁紙用内部画像X線画像をチェックしてください!

    • 全てのiFixitコンテンツはCreative Commons BY-NC-SA 3.0 licenseによってライセンス保護されています。

    • 最後にCreative Electronにお礼を言わせてください!

  11. 最終案
    • LCDはカバーガラス/デジタイザーが外れると簡単に取り外せます。
    • エアギャップされた、個別に交換できるカバーガラスとLCDによって、デバイスを落とした時のひび割れによる修理が安価で済みます。
    • 全てのiPadに言えることですが、大変強力な接着剤のバリアによって、どんな修理作業でも困難になります。そして粘着性に悩まされる作業になります。
    • あらゆるものが接着剤で固められています。バッテリーの交換はとりわけチャレンジな作業です。
    • LCDはフォーム性の粘着テープでフロントパネルに固定されています。これは解体作業の際にダメージを与えてしまうリスクが高まります。
    修理難易度スコア
    2
    10点満点中2点の修理難易度
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Great tear down glad to see separate digitizer!

Anthony Fernandez - 返信

Same! I support several school districts, and the cost of Air 2 screens have made them unfixable at the current price point.

Russell Beutler -

Hi, which toolkit is represented in step 5?

Piero Sabino - 返信

Looks like a new 112 bit tool kit with two handles! Don’t see it listed in the store yet ;-}

Dan -

I need that kit now!!!!!!!!!

Zach Eslick -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 105

過去 7 日: 745

過去 30 日: 3,898

今までの合計 84,622