メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順1に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* icon_note] 電話本体を裏側にします。デバイスを開口すると、防水機能を失います。作業を始める前に、交換用接着剤を準備するか、接着剤を交換しないで組み立てをする場合は、デバイスの防水性能について留意してください。
[* icon_note] 電話本体を裏側にします。デバイスを開口すると、防水機能を失います。作業を始める前に、交換用接着剤を準備するか、接着剤を交換しないで組み立てをする場合は、デバイスの防水性能について留意してください。
[* icon_note] ガラスにひびが入っている場合は、取り外し作業の間ガラスを固定する必要があるため、パネル全体に透明の保護テープを貼り付けてください。
[* black] ガラスの端にiOpenerを約30秒間置いて、ガラス周辺に付けられた接着剤を柔らかくします。温めたiOpenerをリアパネルの上に約2分間のせて、ガラスの端に沿ってつけられた接着剤を柔らかくします。
[* icon_note] iOpenerを数回にわたって温め、デバイスについている接着剤を柔らかくする必要があります。オーバーヒートを防ぐため、iOpenerの使用方法を参照してください。

[* black] iOpenerを反対側の端に約30秒間置いて、パネルの残り部分の接着剤も温めます。iOpeneをパネルの残りの部分に移して、約2分間のせて温めます。
[* icon_caution] ヘアドライヤー、ヒートガン、ホットプレートでも対応できますが、デバイスのオーバーヒートにはご注意ください。OLEDディスプレイや内蔵バッテリーは熱によるダメージを受けやすいためです。
[* black] ガラスの端にiOpenerを約30秒間置いて、ガラス周辺に付けられた接着剤を柔らかくします。温めたiOpenerをリアパネルの上に約2分間のせて、ガラスの端に沿ってつけられた接着剤を柔らかくします。
[* icon_note] iOpenerを数回にわたって温め、デバイスについている接着剤を柔らかくする必要があります。オーバーヒートを防ぐため、iOpenerの使用方法を参照してください。

[* black] iOpenerを反対側の端に約30秒間置いて、パネルの残り部分の接着剤も温めます。iOpeneをパネルの残りの部分に移して、約2分間のせて温めます。
[* icon_caution] ヘアドライヤー、ヒートガン、ホットプレートでも対応できますが、デバイスのオーバーヒートにはご注意ください。OLEDディスプレイや内蔵バッテリーは熱によるダメージを受けやすいためです。