ビデオの概要

はじめに

Breaking news! Updated S9 Teardown Below!

さあ、もっとスマートフォンの分解”アクション”をする時間です。今日、私たちは新製品のSamsung Galaxy S9を詳細に点検してみます。アップグレードされたカメラ、より早いプロセッサ、複数のステレオスピーカーが搭載されています。さて、内側はどう変わったのでしょうか?分解して見てみましょう!

若干大きいサイズのほうがご希望ですか?それならば、私たちが行ったS9+ の分解 をご覧ください。

私たちの大切な修理人たちと繋がれる場所、FacebookTwitterTwitter日本語版Instagramをフォローして一緒にオタクの道を歩みましょう。

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのSamsung Galaxy S9を修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. このスモールバージョンS9+も大幅なハードウェアのアップグレードがみられます。早速確認してみましょう。
    • このスモールバージョンS9+も大幅なハードウェアのアップグレードがみられます。早速確認してみましょう。

      • ノッチレス5.8インチ AMOLED ディスプレイ、解像度2960 × 1440 (~570 ppi)

      • Qualcomm Snapdragon 845もしくは SamsungオリジナルExynos 9810(発売場所によって異なる)

      • 12 MP 光学手ブレ補正 (OIS) 付きDual Aperture (可変絞りレンズ)—f/1.5と f/2.4モード—加えて 8 MPセルフィーカメラ

      • ヘッドフォンジャックとmicroSDスロット

      • IP68 防水/防塵規格

      • Android 8.0 Oreo

  2. まず、この分解を共謀してくれたCreative Electronより届いたX線画像を見てみましょう。
    • まず、この分解を共謀してくれたCreative Electronより届いたX線画像を見てみましょう。

    • もしS8がお気に入りの方は嬉しいニュースですーSamsungも同意するはずです。デザインはほとんど変化がありません。新しい(そしてより便利な)位置に付けられた指紋認証センサーがあります。

      • 私たちのS9は左側に前モデルのS8(2017年の分解後、再組み立てしたものです)と兄貴分のS9+(先週行った分解の傷がまだ癒えていません)に囲まれて居心地が良さそうです。

    • IP68防水防塵機能を保持したまま、ヘッドフォンジャックと拡張ストーレッジを変わらず搭載してくれたSamsungに拍手です。

      • これらのパーツは新品でしょうか?まだ使えるのでしょうか?答えはイエスです。

    • 最近のGalaxyモデル内部に侵入するのは簡単な作業ではありませんが、やり方だけはもう分かっています。

      • 手順1:温める。

      • 手順2:さらに熱を当てる。

      • 手順3:吸盤カップと接着剤をスライス、見えない指紋センサケーブルに当たらないように注意。

    • この手順3についての苦情についてはおそらく耳にしたことがあるでしょうが、これに付け加えます。そうなんです、この作業は大変でリスクがあります。もし背面ガラスにひび割れが入っている場合、少しでも安価に交換できるかどうか賭けに出てください。(私たちのお気に入りのAppleもまだこの問題に取り組んでいるところです。)

    • さて次に、このスマートフォンの頭脳に注目してみましょう。数本のプラスネジを外すと、基板が取り出せます。

      • この基板を搭載するには若干欠点があるように見えるとすれば、それは前もってEMIシールドを分解用ビデオ用に外したからかもしれません。これに気づいた方は上出来です!

    • 基板上部付近にS9の新しい心拍数と血圧センサーを確認できます。他のモデルに搭載されている標準型心拍数センサと比べると改良されたものです。

    • 他の最新モデルと比べるとS9はFストップ(絞り値)が倍、センサは半分です。

    • 画像に含まれていないもの:Samsungが売り出し中の2 Gbit LPDDR4 DRAM、画像センサの下に積層されています)

    • 画像中:幾つかのミステリーなチップがあります。

      • RD938

      • ST Micro 743 2NWT (光学画像処理用に2軸ジャイロになっているよう)

      • GigaDevice GD25LQ32 32 Mbシリアルフラッシュ

    • S9の新しいDual Apertureを試してみたいのですが、手動でやろうとするとあまり面白くありません。

    • 少しだけ解体してみてスパッジャーを使えばDual Apertureが動いている様子がわかります。

      • これは少し変かもしれませんが、S9はとても小さなアクチュエーターが搭載されており、これが機械的にApertureを開けたり閉じたりするのですーただこれは機械式なのでいつか消耗して動かなくなります。

    • レンズを外すと画像センサが出てきます。詳細にみてみましょうーそうです、これはその通り画像センサです。X線画像ではDRAMが確認できます...

    • 素晴らしいハードウェアを動かすチップを詳細に見てみます。

      • Samsung K3UH5H5-OMMAGCJ 32 Gb (4 GB) LPDDR4X DRAM、Qualcomm Snapdragon 845に積層

      • 東芝 THGAF8G9T43BAIR 64 GB UFS (NANDフラッシュ + コントローラー)

      • Avago AFEM-9096

      • Qualcomm Aqstic WCD9341オーディオコデック

      • Maxim MAX77705F PMIC

      • Skyworks 13716

      • P9320に類似したIDT P9320Sワイヤレスパワーレシーバー

    • 裏側にも別の統合回路があります。

      • Murata KM7N07016 Wi-Fi/Bluetoothモジュール

      • NXP PN80TNFCコントローラー

      • Qualcomm PM845 (PMICに類似)

      • Qualcomm SDR845 RFトランシーバー

      • 判断しにくいのですが、これはS9+でも搭載されていたSkyworks SKY78160-11のフロントエンドモジュールと同じではないかと考えます。

      • Qualcomm PM8005 PMIC

    • ”S9”から”さようなら!”のご挨拶です。この分解に乾杯です!

    • この分解で、類似している数多くの詳細については割愛しています。もしまだご覧になっていない場合、そしてSamsungの他モデルの内部を詳細に知りたい方はS9+S8S8+を続けてお楽しみください。

  3. 最終案
    • 多くのコンポーネントがモジュール式で個別に交換が可能です。
    • バッテリーの交換は技術的には可能ですが、これにアクセスするには不必要なチャレンジが待っています。
    • 両面ガラスが接着剤で固められているため、修理の際にはガラスを割ってしまう可能性があります。このため修理の第一段階が困難です。
    • スクリーンの修理は多量に付けられた接着剤と格闘する一方で、沢山のパーツを解体しなければなりません。
    修理難易度スコア
    4
    10点満点中4点の修理難易度
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

93%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Hello:

So, no radio on this model either?

Thanx for another great video and teardown explanation : )

Héctor Gonçalvez - 返信

that was perfect

mohsen - 返信

Can you identify and break apart the RF front end please

Mikey W - 返信

Can the outer glass be replaced without replacing the entire lce

lovemolai - 返信

I team, I tried using some applications and my device got bricked. What should I do? It is stuck at the logo!

hateman00 - 返信

統計データを表示:

過去 24時間: 129

過去 7 日: 919

過去 30 日: 3,638

今までの合計 71,917