メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを使って、Samsung Galaxy S8 の消耗したバッテリーを取り替えてください。

'デバイスを解体する前に、バッテリー残量を25%以下にしてください。’アクシデントで充電式リチウムイオンバッテリーに穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。

バッテリーが膨大している場合は、 適切な対応方法に従ってください。絶対にデバイスを温めないでください。必要に応じて、接着剤を弱めるためにイソプロピルアルコール(90%以上)をバックカバーの裏にスポイトもしくは注射器で注入してください。膨大したバッテリーは大変危険です。保護メガネを装着し、特に注意を払って作業を進めてください。もしくはプロの修理専門家に相談してください。

  1. 電子レンジに付着している汚れがiOpenerに付いてしまうことがあるので、使用前に電子レンジの底をきれいに拭き取ってください。 iOpenerを電子レンジ中央に置きます。
    • 電子レンジに付着している汚れがiOpenerに付いてしまうことがあるので、使用前に電子レンジの底をきれいに拭き取ってください。

    • iOpenerを電子レンジ中央に置きます。

    • 回転型の電子レンジ:iOpenerが電子レンジのターンテーブルで回転しているか確認してください。iOpenerが作動中に留まってしまうと、熱しすぎや焦げてしまいます。

  2. iOpenerを30秒温めます。
    • iOpenerを30秒温めます。

    • 修理作業中はiOpenerが冷めてしまいますので、使用毎に電子レンジに30秒入れて温めてからご利用ください。

    • 作業中、iOpenerを温めすぎないようにご注意ください。温めすぎるとiOpenerを破裂させてしまうことがあります。

    • 膨らんでいる状態のiOpenerは絶対に触らないでください。

    • 適切に温められたiOpenerは約10分間、温かい状態を保ちます。

  3. 電子レンジからiOpenerを取り出します。iOpenerの中央は熱くなっているため、両端の平面になっている部分を持ってください。
    • 電子レンジからiOpenerを取り出します。iOpenerの中央は熱くなっているため、両端の平面になっている部分を持ってください。

    • iOpenerは大変熱くなっていることがあります。必要であれば、オーブン用のミトンカバーをご利用ください。

  4. S8を縦長にした端に約2分間、温めたiOpenerを載せます。
    • S8を縦長にした端に約2分間、温めたiOpenerを載せます。

    • デバイス本体が温まるまでiOpenerを数回温めて載せる作業を繰り返さなければなりません。加熱しすぎないために、iOpenerの温め方の説明に従ってください。

    • 圧着剤が柔らかくなるのを待っている間に、次の手順に目を通して、どこから開口するかヒントを得てください。

  5. 次の手順では、リアガラスパネルのエッジに沿って圧着剤に切り込みを入れていきます。 リアガラスの圧着剤は一番目の画像にあるように装着されています。
    • 次の手順では、リアガラスパネルのエッジに沿って圧着剤に切り込みを入れていきます。

    • リアガラスの圧着剤は一番目の画像にあるように装着されています。

    • デバイスの外部から切り込みをいれていく前に、圧着剤の詳細を念頭においてください。

    • 圧着剤はたっぷりと装着されています。

    • 圧着剤は薄めです。

    • この部分はこじ開けないでください。指紋認証センサーを保護するためです。

  6. バックパネルが触って温まっていることを確認できたら、カーブ状の端を避けながらできるだけデバイスの温まっている端に近い位置で吸盤カップをしっかりと装着します。 吸盤カップはガラスのカーブした部分にはしっかりと装着できません。
    • バックパネルが触って温まっていることを確認できたら、カーブ状の端を避けながらできるだけデバイスの温まっている端に近い位置で吸盤カップをしっかりと装着します。

    • 吸盤カップはガラスのカーブした部分にはしっかりと装着できません。

    • 吸盤カップを引き上げて、スパッジャーもしくは開口ピックをリアガラスの下に差し込みます。

    • カーブ状のガラスのため、スパッジャーをデバイスに水平状態で挿入するよりも、少し上に押し上げる状態で差し込みます。

  7. ツールがしっかりとガラスの内部に差し込めたら、iOpenerを再度温めて圧着剤をもう一度柔らかくします。
    • ツールがしっかりとガラスの内部に差し込めたら、iOpenerを再度温めて圧着剤をもう一度柔らかくします。

  8. スパッジャー(鉾型ヘラ)をデバイスのサイドに差し込み、圧着剤を切り込みながらスライドします。 スパッジャーの先端が接合部分から飛び出さないように、丁寧にゆっくりとスライドします。切り込みが困難になってきたら、iOpenerを再度温めて、もう一度デバイス上に載せます。
    • スパッジャー(鉾型ヘラ)をデバイスのサイドに差し込み、圧着剤を切り込みながらスライドします。

    • スパッジャーの先端が接合部分から飛び出さないように、丁寧にゆっくりとスライドします。切り込みが困難になってきたら、iOpenerを再度温めて、もう一度デバイス上に載せます。

  9. 残り3面の圧着剤についても、装着箇所を温めて切り込む作業を繰り返します。 次のサイドに作業を移す前に、開口ピックを両側に差し込んだままにして、圧着剤が再装着するのを防ぎます。 次のサイドに作業を移す前に、開口ピックを両側に差し込んだままにして、圧着剤が再装着するのを防ぎます。
    • 残り3面の圧着剤についても、装着箇所を温めて切り込む作業を繰り返します。

    • 次のサイドに作業を移す前に、開口ピックを両側に差し込んだままにして、圧着剤が再装着するのを防ぎます。

  10. 指紋認証センサーケーブルがメインカメラ付近のリアグラスとデバイス本体を繋げています。ケーブルは大変短く、リアグラスを取り外す際に接続を外してください。 ガラスを持ち上げたら、内部を覗いてオレンジのケーブルとブルーのコネクターの接続が外れているか確認してください。
    • 指紋認証センサーケーブルがメインカメラ付近のリアグラスとデバイス本体を繋げています。ケーブルは大変短く、リアグラスを取り外す際に接続を外してください。

    • ガラスを持ち上げたら、内部を覗いてオレンジのケーブルとブルーのコネクターの接続が外れているか確認してください。

    • 開口ピックを使って、残りの圧着剤を綺麗に取り除き、デバイス本体を少し開きます。

    • 指紋認証センサーケーブルが引っ掛かったり、突っ張った状態でデバイス本体がこれ以上開かない場合は、次の手順に進む前にスパッジャーの先端でコネクターの接続を外してください。

    • 本体からガラスを取り出します。

  11. リアガラスを交換する前に、古い圧着剤をデバイス本体から剥がしてください。
    • リアガラスを交換する前に、古い圧着剤をデバイス本体から剥がしてください。

    • 古い圧着剤を剥がした後、高濃度のイソプロピルアルコール(濃度90%以上)で本体の端を綺麗に拭き取ってから、新しい圧着剤を装着してください。

  12. 3.7 mmネジを11本外します。
    • 3.7 mmネジを11本外します。

  13. NFCアンテナと充電コイルアセンブリを外します。 NFCアンテナと充電コイルアセンブリを外します。
    • NFCアンテナと充電コイルアセンブリを外します。

  14. 3.7 mmプラスネジ #000を3本外します。
    • 3.7 mmプラスネジ #000を3本外します。

  15. スピーカーアセンブリを取り出します。
    • スピーカーアセンブリを取り出します。

  16. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターの接続を外します。

  17. iOpenerを準備してバッテリーに直接当てます。接着剤を柔らかくするため、iOpenerを繰り返し温めて載せてください。
    • iOpenerを準備してバッテリーに直接当てます。接着剤を柔らかくするため、iOpenerを繰り返し温めて載せてください。

    • あるいは接着剤を弱めるため、イソプロピルアルコールをバッテリーの各コーナーに注入して数分間浸透するまで待ちます。

  18. 開口ピックを使って、バッテリーの下側からこじ開けます。 ドーターボードとアンテナケーブルの上を直接ケースに対してこじ開けます。どちらのコンポーネントに対してもダメージを与えないように作業は丁寧に行ってください。
    • 開口ピックを使って、バッテリーの下側からこじ開けます。

    • ドーターボードとアンテナケーブルの上を直接ケースに対してこじ開けます。どちらのコンポーネントに対してもダメージを与えないように作業は丁寧に行ってください。

    • 圧着剤を十分に温めて柔らかくするため、iOpenerを数回にわたって載せて温める必要があります。圧着剤は頑丈なため、開口ピックがバッテリーの下に差し込めるまでに数回温めなければなりません。

    • この作業中、バッテリーを変形させないようにご注意ください。柔らかい外形のリチウムイオンバッテリーはダメージを与えてしまうと危険な化学物質を排出してしまい、引火や爆発の要因となります。メタル製のツールでバッテリーをこじ開けたり、過度な力を与えないでください。

  19. 開口ピックをバッテリーのサイドにスライドして残りの圧着剤を剥がします。 ケースからバッテリーを押し上げます。 バッテリーを取り出した後、再利用しないでください。再利用は潜在的な危険性が伴います。必ず新しいバッテリーに交換してください。
    • 開口ピックをバッテリーのサイドにスライドして残りの圧着剤を剥がします。

    • ケースからバッテリーを押し上げます。

    • バッテリーを取り出した後、再利用しないでください。再利用は潜在的な危険性が伴います。必ず新しいバッテリーに交換してください。

    • 新しいバッテリーと接着剤の取り付け方法は、こちらのガイドを参照してください。

終わりに

圧着剤を再装着した後は、これまでの手順の逆の順番でデバイスを再組み立てします。

この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーの 新しくインストールしたバッテリーのキャリブレーションをを行なってください。

68 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Adam O'Camb

メンバー登録日: 2015年04月11日

68,626 ポイント

165のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

108 メンバー

9,545のガイドは作成済み

14 件のコメント

Who are these geniuses that engineer a cell phone that requires complicated surgery in order to replace a faulty or dead battery? Really? And this POS costs the yuppified zombies how much?

Joseph Kennedy - 返信

Mate, check a term “planned obsolescence” on wikipedia. Even if 1/50 of people won't replace a battery but buy a new Samsung, it is a 1 extra cellphone sold. It was designed on purpose hard to remove.

Slavomir -

What type of adhesive do you use to stick the phone back

Good Survey - 返信

Hi! In our store you’ll find a rear cover adhesive strip for the S8. In the event that that’s sold out, we recommend using Tesa Tape—the 2 mm width should work well for this repair.

Adam O'Camb -

How complicated compared to my old S4 … what a joke

mofla39 - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 182

過去 7 日: 1,516

過去 30 日: 6,860

今までの合計 200,404