メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

このガイドを使って、Motorola Moto X Pureエディションの消耗したバッテリーを取り出して交換します。バッテリーが膨張している場合は、適切な方法で処理してください

デバイスを再組み立てする前に、バッテリーの残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリー は引火の原因となったり、アクシデントで穴を開けてしまうと爆発の恐れがあります。

  1. SIMカードの取り出し用ツール、ビットもしくはまっすぐ延ばした紙クリップをSIMカードトレイの小さなホールに差し込みます。 押し込んで、トレイを取り出します。
    • SIMカードの取り出し用ツール、ビットもしくはまっすぐ延ばした紙クリップをSIMカードトレイの小さなホールに差し込みます。

    • 押し込んで、トレイを取り出します。

    • この作業には、かなりの力を要します。

  2. SIMカードトレイをデバイスから取り出します。
    • SIMカードトレイをデバイスから取り出します。

    • SIMカードはトレイから簡単に外れます。

    • SIMカードを再装着する際は、トレイにが正しい方向で挿入されているか確認してください。

  3. iOpenerを準備し、デバイス右端に沿って約5分間にわたって背面を温めます。 これにより、リアカバーを固定している接着剤が柔らかくなります。
    • iOpenerを準備し、デバイス右端に沿って約5分間にわたって背面を温めます。 これにより、リアカバーを固定している接着剤が柔らかくなります。

    • デバイスを十分に温めるために、iOpenerを複数回に渡って温めて、デバイスに当てる必要があります。 iOpenerの指示に従って、過熱しないようご注意ください。

    • ヘアドライヤー、ヒートガン、またはホットプレートも使用できますが、過熱にはご注意ください。LCDディスプレイと内蔵バッテリーはどちらも熱による損傷を受けやすいです。

  4. 次の手順では、バックカバーに留められた接着剤を切開します。 接着剤のレイアウトは1番目の画像から確認できます。 3番目の画像にあるように、このエリアを切開する際は、デリケートなリボンケーブルにダメージを与えないようご注意ください。
    • 次の手順では、バックカバーに留められた接着剤を切開します。

    • 接着剤のレイアウトは1番目の画像から確認できます。

    • 3番目の画像にあるように、このエリアを切開する際は、デリケートなリボンケーブルにダメージを与えないようご注意ください。

  5. 先端が鋭利なピンセットを閉じたまま、先端をSIMカードスロット付近のバックカバーの端についた小さなホールに差し込みます。 ピンセットを使って、わずかにカバーを持ち上げます。そして開口ピックをカバーとフレームの隙間に差し込んで、スライドします。 ピンセットを使って、わずかにカバーを持ち上げます。そして開口ピックをカバーとフレームの隙間に差し込んで、スライドします。
    • 先端が鋭利なピンセットを閉じたまま、先端をSIMカードスロット付近のバックカバーの端についた小さなホールに差し込みます。

    • ピンセットを使って、わずかにカバーを持ち上げます。そして開口ピックをカバーとフレームの隙間に差し込んで、スライドします。

  6. 開口ピックをデバイスの端にそってスライドして、バックカバーに付けられた接着剤を切開します。 カバーの中央に向かって、できる限り深く開口ピックを挿入してください。カバーの中央に厚い接着剤が付けられており、これを剥がさなければなりません。 次の手順に進む際は、開口ピックをそのままの位置に残しておきます。 ピックを差し込んだままにしておくと、接着剤が再接着しないよう防いでくれます。
    • 開口ピックをデバイスの端にそってスライドして、バックカバーに付けられた接着剤を切開します。

    • カバーの中央に向かって、できる限り深く開口ピックを挿入してください。カバーの中央に厚い接着剤が付けられており、これを剥がさなければなりません。

    • 次の手順に進む際は、開口ピックをそのままの位置に残しておきます。 ピックを差し込んだままにしておくと、接着剤が再接着しないよう防いでくれます。

  7. 温めたiOpenerを準備し、デバイス背面の左端に沿って約5分間載せてください。 リアカバーに付けられた接着剤を柔らかくすることができます。
    • 温めたiOpenerを準備し、デバイス背面の左端に沿って約5分間載せてください。 リアカバーに付けられた接着剤を柔らかくすることができます。

    • デバイスを十分に温めるため、iOpenerを複数回に渡って、温めて載せる必要がある場合があります。 iOpenerの使用方法に従って、過熱しないようご注意ください。

  8. デバイス下側端に沿って接着剤を切開します。 接着剤が冷却して硬くならないように、必要に応じてバックカバーを温めます。
    • デバイス下側端に沿って接着剤を切開します。

    • 接着剤が冷却して硬くならないように、必要に応じてバックカバーを温めます。

  9. デバイスの左側端にそって接着剤を切開します。 カバーの下に開口ピックを、できる限りカバーの中央に向かって深く差し込んでください。 カバーの中央に厚い接着剤があり、これを乖離しなければなりません。
    • デバイスの左側端にそって接着剤を切開します。

    • カバーの下に開口ピックを、できる限りカバーの中央に向かって深く差し込んでください。 カバーの中央に厚い接着剤があり、これを乖離しなければなりません。

    • 音量ボタンの端に到達したら、スライド作業を止めてください。 この地点を過ぎて切開すると、カバーの下のリボンケーブルが損傷する場合があります。

  10. デバイス上端に沿って接着剤を切開します。開口ピックを少し外側に引き出して、リアカメラ周辺をスライスします。 デバイス上端に沿って接着剤を切開します。開口ピックを少し外側に引き出して、リアカメラ周辺をスライスします。 デバイス上端に沿って接着剤を切開します。開口ピックを少し外側に引き出して、リアカメラ周辺をスライスします。
    • デバイス上端に沿って接着剤を切開します。開口ピックを少し外側に引き出して、リアカメラ周辺をスライスします。

    • デバイスからカバーを慎重にこじ開けます。

    • 中央の接着剤がまだ付着している場合、これには多くの力が必要になる場合があります。 カバーを持ち上げるときに、開口ピックを使用して、残っている接着剤をスライスする必要がある場合があります。

    • バックカバーを再装着する際は、

    • まず、ピンセットとスパッジャーを使用して、リアカバーとデバイス筐体の両方に残っている接着剤を剥がし取ります。

    • 次に、高濃度のイソプロピルアルコール(90%以上)と糸くずの出ない布で接着エリアを綺麗に拭き取ります。 拭き取る際は、前後ではなく、一方向に動かしてください。 新しい接着剤を付けるため表面を準備してくれます。

    • 交換用の接着剤は、バックカバーの形状完全フィットするようにプレカットされたシートで提供されてます。 このプレカットシートがない場合は、Tesa 61395などの高接着両面テープを使用できます。バックカバーにプレカットした接着剤を取り付ける前に、メタルインサートを外してください。 接着剤を装着してから、インサートを交換します。

    • バックカバーを取り付けた後、デバイスに強い安定した圧力を数分間加えて、接着剤をしっかりと接着させます。

    • 必要に応じて、接着剤を交換せずにバックカバーを再装着できます。 バックカバーが平らに装着できない可能性のある接着剤の大きな塊を取り除きます。 装着後、バックカバーを温めて、圧力をかけて固定します。

  11. スパッジャーの先端を使って、バッテリーコネクタを覆っているゴム製カバーをこじ開けます。 ゴム製カバーを外します。 ゴム製カバーを外します。
    • スパッジャーの先端を使って、バッテリーコネクタを覆っているゴム製カバーをこじ開けます。

    • ゴム製カバーを外します。

  12. スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからバッテリーコネクタをまっすぐ持ち上げて取り出します。 リボンケーブルと反対側のコネクタの先端上にある小さなタブのみを跳ね上げてください。コネクタに対して強く押し込まないでください。マザーボード上のプラグにダメージを与えてしまうことがあります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからバッテリーコネクタをまっすぐ持ち上げて取り出します。

    • リボンケーブルと反対側のコネクタの先端上にある小さなタブのみを跳ね上げてください。コネクタに対して強く押し込まないでください。マザーボード上のプラグにダメージを与えてしまうことがあります。

  13. ピンセットを使って、フラッシュコネクタ上のゴム製カバーを持ち上げて外します。 ピンセットを使って、フラッシュコネクタ上のゴム製カバーを持ち上げて外します。
    • ピンセットを使って、フラッシュコネクタ上のゴム製カバーを持ち上げて外します。

  14. スパッジャーの先端を使って、フラッシュコネクタをソケットからまっすぐ引き出して外します。 スパッジャーの先端を使って、フラッシュコネクタをソケットからまっすぐ引き出して外します。
    • スパッジャーの先端を使って、フラッシュコネクタをソケットからまっすぐ引き出して外します。

  15. T3トルクスネジ用ドライバーを使って、2.4mmネジを20本外します。
    • T3トルクスネジ用ドライバーを使って、2.4mmネジを20本外します。

  16. スパッジャーの先端を使って、ミッドフレームの左側を固定している小さなクリップを外しながら、デバイスの端側に押し出します。 スパッジャーの先端を使って、ミッドフレームの左側を固定している小さなクリップを外しながら、デバイスの端側に押し出します。
    • スパッジャーの先端を使って、ミッドフレームの左側を固定している小さなクリップを外しながら、デバイスの端側に押し出します。

  17. 同じ手順で、ミッドフレーム右側につけられたクリップも外します。
    • 同じ手順で、ミッドフレーム右側につけられたクリップも外します。

  18. ディスプレイの端を持って、ディスプレイからミッドフレームを慎重に持ち上げて外します。 ディスプレイからミッドフレームを外します。 ディスプレイからミッドフレームを外します。
    • ディスプレイの端を持って、ディスプレイからミッドフレームを慎重に持ち上げて外します。

    • ディスプレイからミッドフレームを外します。

  19. スパッジャーの先端を、バッテリーに留められた音量ボタンのコネクタボードの角の下にゆっくりとスライドして差し込みます。 ボードをわずかに持ち上げて、バッテリーからボードを乖離します。
    • スパッジャーの先端を、バッテリーに留められた音量ボタンのコネクタボードの角の下にゆっくりとスライドして差し込みます。

    • ボードをわずかに持ち上げて、バッテリーからボードを乖離します。

    • スパッジャーの先端でバッテリーにダメージを与えてしまったり、ボードに接続されたデリケートなリボンケーブルを切断してしまうリスクがあります。作業は十分に注意しながら進めて、バッテリーに対して力を下向きに与えないでください。

  20. この手順では、接着ストリップを平らにしわが寄らないように注意してください。 ねじれたりしわが寄ったストリップは、くっついて裂けやすくなります。 さらに、ストリップを引っ張るときにバッテリーを押さないでください。 バッテリーを押すと、圧力ポイントができて、接着剤が引っかかり、破損する可能性があります。 バッテリーの接着タブの1本を指でつかみ、バッテリーからゆっくりとデバイス下部に向かって引きます。
    • この手順では、接着ストリップを平らにしわが寄らないように注意してください。 ねじれたりしわが寄ったストリップは、くっついて裂けやすくなります。

    • さらに、ストリップを引っ張るときにバッテリーを押さないでください。 バッテリーを押すと、圧力ポイントができて、接着剤が引っかかり、破損する可能性があります。

    • バッテリーの接着タブの1本を指でつかみ、バッテリーからゆっくりとデバイス下部に向かって引きます。

    • バッテリーとミッドフレームの間からストリップが抜け出るまで、ストリップの張力を一定に保ち、しっかりと引っ張ります。 ベストな結果を得るには、他のコンポーネントに引っ掛けずに、できる限り低い角度でストリップを引っ張ることです。

    • ストリップは元の長さの何倍にも伸びます。 必要に応じて、バッテリーの近くでストリップを持ち直してください。

    • 取り外し中にバッテリーの接着タブが破損した場合、指または先の尖っていないピンセットを使用して接着剤の残りの長さを取り出して、引っ張ります。

    • 接着ストリップのいずれかがバッテリーの下で壊れて回収できない場合は、残りのストリップを取り外してから、次の手順に進みます。

  21. 残りの接着ストリップを同じ手順で外します。
    • 残りの接着ストリップを同じ手順で外します。

    • 開口ピックをNFCコネクタの下にスライドして、バッテリーからコネクタを剥がします。

    • NFCコネクターの位置に注意してください。交換用バッテリーと同じ位置に再装着しなければなりません。 今使用中の接着剤の粘着性がなくなっていれば、除去してTesa 61395などの強力両面テープを使用してください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、ミッドフレームからバッテリーを持ち上げます。

    • バッテリーにリボンケーブルの残りが装着されたままの状態になっていないか確認してください。必要に応じて、慎重にケーブルを剥がします。

    • バッテリーを固定している接着剤がまだ残っている場合は、バッテリーを変形させないように注意しながら、ミッドフレームからバッテリーを慎重に取り出します。

    • 両側に数滴のイソプロピルアルコールを注入して、下の接着剤を柔らかくすると、バッテリーが簡単に剥がれます。 高濃度(90%以上)のアルコールは、デバイスのコンポーネントにダメージを与えません。

    • または、ミッドフレームを温め、バッテリーの接着剤を柔らかくすることもできますが、バッテリーが過熱しないように十分注意してください。

    • バッテリーを変形させたり穴を開けたりしないでください。損傷した場合、発火したり爆発したりする可能性があります。

    • 損傷または変形したバッテリーは絶対に再利用しないでください。 バッテリーを交換してください。

    • Tesa 61395などの粘着テープ、またはプレカットした接着カードのストリップを使用して、交換用バッテリーを固定します。

終わりに

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーのキャリブレーションを行なってください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、アンサーコミュニティを参照してください。

68 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Adam O'Camb

メンバー登録日: 2015年04月11日

108,426 ポイント

325のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

129 メンバー

12,922のガイドは作成済み

39 件のコメント

Rayan thank you, although I am not yet ready to replace the battery (about a year to go) yet, I would like to know if there are better batteries than those that came with the unit from the manufacturer? An upgrade that holds a better charge on a daily basis? Marty

marty damskov - 返信

Do you have a link to buy a battery? I've been looking but I'm still not confident with me results. Preferably one that includes the necessary tools, but so long as it's definitely the correct battery. I need to replace my battery, NOW!

Chris DiMisa - 返信

Battery now available. Please see link on this page or here:Moto X Pure Edition Replacement Battery

Jason Clark -

Has anyone bought a 3rd party battery for this phone? I got one from Germany brand name "vhbw", however it is not curved and so will not fit. It is quite soft and so am wondering if it is safe to bend such batteries? Not sure if I should risk it, though.

Alex Damien - 返信

Alex, I bent my new battery to make it fit. It seems to be working just fine.

Nicholas Price -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 8

過去 7 日: 82

過去 30 日: 324

今までの合計 49,843