メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

ビデオの概要

はじめに

あのお気に入りの旧仕様がMacBook Proに復活しました。そしてそれはM-a-gから始まります。MagSafeと思った方は残念です。“Magic Keyboard”と答えた方は、これより下の分解をご覧ください。刷新された、蝶のいない、16インチMacBook Proが登場しました。これから私たちは、素晴らしい新サーマルシステムやラウドスピーカーといったこの新モデルの内側を暴いていきます。16インチMacBook Proに関するブログポストをまずご覧になって、この完全版分解ページに戻ってきてください。

最新の分解や修理ニュースを入手するには、InstagramTwitterTwitter日本語版をフォローして、分解の最新情報を手に入れましょう。もしくは、ニュースレターに登録してください (英語配信)。

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのMacBook Pro 16" 2019を修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. 近年登場したMacBook Proは、Apple製品の中で最も問題を巻き起こしたデバイスです。しかし昔の旧モデルからそうだったわけではありません。この新モデルが、あの頃の問題ないフォームに戻っていることを願います。私たちが手にしている分解生贄ユニットには、次のスペックが搭載されています。 16インチLEDバックライト、IPS Retinaディスプレイ、True Toneテクノロジー、 3072 × 1920ピクセル解像度(226 ppi) 2.6 GHz 6コア Intel Core i7 (Turbo Boost 使用時最大 4.5 GHz)、AMD Radeon Pro 5300Mと対応
    • 近年登場したMacBook Proは、Apple製品の中で最も問題を巻き起こしたデバイスです。しかし昔の旧モデルからそうだったわけではありません。この新モデルが、あの頃の問題ないフォームに戻っていることを願います。私たちが手にしている分解生贄ユニットには、次のスペックが搭載されています。

    • 16インチLEDバックライト、IPS Retinaディスプレイ、True Toneテクノロジー、 3072 × 1920ピクセル解像度(226 ppi)

    • 2.6 GHz 6コア Intel Core i7 (Turbo Boost 使用時最大 4.5 GHz)、AMD Radeon Pro 5300Mと対応

    • 16 GB 2666 MHz DDR4オンボードメモリ

    • 512 GB SSD

    • バッテリー容量100 Wh

    • 6つのスピーカーによるサウンドシステムと高性能マイクロフォンアレイを搭載

    • 外観からでは何が変わったのか、あまり多くのことが分かりません。しかし少なくとも、Appleは消費者の”衝動買い”とならないよう、このモデルの外観を一新しませんでした。唯一確認できる変更点は、新モデル番号です。A2141とEMC3347です。

  2. パンケーキのように重ねてみると、新MacBook Proは最新の15インチモデルと比べて明らかに大きく、僅かに厚い形状です。一方、2015年モデルと比較すると、サイズは大して変わりませんが、ポートのセレクションが変わりました。 新16インチProと、2015年Proモデルを背中合わせしてみると、詳細に見なければ、両モデルはほぼ同じに見えます。ディスプレイのヒンジに変化があります。そして旧モデルProのキーがわずかに盛り上がっています。 2019年に発売された2つのMacBook Pro(15インチと新16インチ)で"間違い探し"ゲームをしてみます。
    • パンケーキのように重ねてみると、新MacBook Proは最新の15インチモデルと比べて明らかに大きく、僅かに厚い形状です。一方、2015年モデルと比較すると、サイズは大して変わりませんが、ポートのセレクションが変わりました。

    • 新16インチProと、2015年Proモデルを背中合わせしてみると、詳細に見なければ、両モデルはほぼ同じに見えます。ディスプレイのヒンジに変化があります。そして旧モデルProのキーがわずかに盛り上がっています。

    • 2019年に発売された2つのMacBook Pro(15インチと新16インチ)で"間違い探し"ゲームをしてみます。

    • 物理EscキーがTouch Barから独立しました。

    • Touch ID /電源ボタン上のマット仕上げが、キー全体と調和しています。

    • Touch Barは約19mmほど短くなりました。

    • 逆Tの矢印キー全てが、サイズ半分になりました。

    • 左側グリルをズームして高画像処理すると、改良された3つのマイクロフォンホールがカモフラージュしているのが確認できます。一度ここにあると知ってしまえば、自然と目が行ってしまいます。

  3. 持てる限りの力を発揮する時がきました。ツールをデバイスの間に滑り込ませ、取り出せたものを調べます。 キーキャップから始めましょう。iMacのMagic Keyboardを覚えていますか?これは評判高く、Appleが”コアテクノロジー”と呼んで信頼を寄せているデザインです。この新MacBook Proにも再設計されたキーボードが搭載されています。 素晴らしいテクノロジーなのに、この書き方ではあまり評価しているように聞こえないかもしれません。横に並べて、違いをなんとか探しますが見つけるのは難しいです。シザースイッチ、キーキャップどれも一緒で…唯一、キー周辺のスペースがわずかに狭くなったぐらいです。そして専門家たちはこの見直された矢印キーを見て喜ぶでしょうが、それ以外はどれも同じに見えます。
    • 持てる限りの力を発揮する時がきました。ツールをデバイスの間に滑り込ませ、取り出せたものを調べます。

    • キーキャップから始めましょう。iMacのMagic Keyboardを覚えていますか?これは評判高く、Appleが”コアテクノロジー”と呼んで信頼を寄せているデザインです。この新MacBook Proにも再設計されたキーボードが搭載されています。

    • 素晴らしいテクノロジーなのに、この書き方ではあまり評価しているように聞こえないかもしれません。横に並べて、違いをなんとか探しますが見つけるのは難しいです。シザースイッチ、キーキャップどれも一緒で…唯一、キー周辺のスペースがわずかに狭くなったぐらいです。そして専門家たちはこの見直された矢印キーを見て喜ぶでしょうが、それ以外はどれも同じに見えます。

    • ニュースフラッシュ: 新スイッチ上には、防塵用のメンブレン(薄い膜)さえ付いていません。これは非常に良いサインだと考えます。(以前のように、Doritosチップスをつまみ食いしながら分解ができるということです)

    • 外観の比較を終えるため、議論を巻き起こしながらわずか数ヶ月前に発売された15インチMacBook Pro(3番目の画像)の”バタフライ”スイッチと比較します。

    • ここで終わりではありません。2012年に発売されたMacBook Proデザインの ”Unibody” に搭載されているシザースイッチの画像を確認しましょう。

    • …そしてこのシザースイッチ構造の ”良い” キーボードを搭載したApple最後のラップトップは、2015年MacBook Pro Retinaディスプレイモデルです。

  4. シザー機構の下には何があるのでしょうか? ここにある1回毎のキーの打鍵に対して、位置エネルギーを蓄える”Appleデザインのラバードーム”をご覧ください。 ラバードームの下には、面白いパターンのバックライトアセンブリが搭載されていますー詳細は後ほど。
    • シザー機構の下には何があるのでしょうか?

    • ここにある1回毎のキーの打鍵に対して、位置エネルギーを蓄える”Appleデザインのラバードーム”をご覧ください。

    • ラバードームの下には、面白いパターンのバックライトアセンブリが搭載されていますー詳細は後ほど。

    • このバックライトアセンブリの周辺に沿って、薄い黒のガスケットが付いています。照射されたキーの先端を通過して他の場所から光が漏れないようにするためでしょう。

    • デスクトップのMagic Keyboardと再び比較して見ます。

    • 両モデルのシザー機構は大変よく似ています。古いMagicシザーはほんの少し厚みがあります。(1.6mmと1.38 mm)

    • 0.22 mmの差は、大したことではないように聞こえますが、このスレンダーな新シザースイッチを再設計するために、様々なエンジニア技術が注ぎ込まれているのは間違いありません。

  5. 厚さの違いはあるものの、これらのキーボードは大変よく似ているので、黒いMagicキーと白いキーボードを入れ替えてみることにしました。さてどうなるでしょう… *天国からのコーラス* マジックの天地創造です。
    • 厚さの違いはあるものの、これらのキーボードは大変よく似ているので、黒いMagicキーと白いキーボードを入れ替えてみることにしました。さてどうなるでしょう…

    • *天国からのコーラス* マジックの天地創造です。

    • そうです、2015年の白いMagic Keyboardのキーキャップが16インチMacBook Proキーボードとシザー機構にぴたりとはまります!キーの交換成功です!

    • 古いMagic KeyboardのCommandキーは小さくなりました。(そのためキー周辺のスペースが広くなりました)そして新モデルのキーと比べて厚みがあります。

    • 全てのキーに互換性があるわけではありません。そして古いMagicキーにはバックパネル用に各文字が透明加工されていません。キーボードを改造したい人たちは、あまり喜ばないようにしましょう。

  6. Nintendo Switch Kits

    A quick fix to get back in the game

    Shop Switch Kits

    Nintendo Switch Kits

    A quick fix to get back in the game

    Shop Switch Kits
  7. キーボードの点検が終わったので(今のところは)、筐体を外して、その内側を見てみましょう。 Appleは、プレスリリースのGIF画像でこんな怒ったフクロウを紹介しています。しかし、私たちがまだ見ていないものは高エネルギーX線で透視したフクロウです。このふてくされた顔の裏にあるものを暴いてみましょう。 X線をかけると、さらに機嫌が悪くなりました!逃げるしかありません!幸いなことに、友人のCreative Electronが全てのリスクを負ってくれました。ようやく落ち着いたので、解体作業を再開しましょう。
    • キーボードの点検が終わったので(今のところは)、筐体を外して、その内側を見てみましょう。

    • Appleは、プレスリリースのGIF画像でこんな怒ったフクロウを紹介しています。しかし、私たちがまだ見ていないものは高エネルギーX線で透視したフクロウです。このふてくされた顔の裏にあるものを暴いてみましょう。

    • X線をかけると、さらに機嫌が悪くなりました!逃げるしかありません!幸いなことに、友人のCreative Electronが全てのリスクを負ってくれました。ようやく落ち着いたので、解体作業を再開しましょう。

  8. トルクスねじには、私たちのMarlinドライバーがあれば対応できます。 このデバイス内部を開くと、ミステリーが待っています。マスクをはめたMacBookです!ひょっとして、ここに居るのは?ブルース・ウェイン? AppleはこのMacBook Proのサーマルデザインに大幅な改良を施したことを宣伝しています。そしてこのヒートシンクは35%も増大しなったようです。
    • トルクスねじには、私たちのMarlinドライバーがあれば対応できます。

    • このデバイス内部を開くと、ミステリーが待っています。マスクをはめたMacBookです!ひょっとして、ここに居るのは?ブルース・ウェイン

    • AppleはこのMacBook Proのサーマルデザインに大幅な改良を施したことを宣伝しています。そしてこのヒートシンクは35%も増大しなったようです。

    • 新GDDR6チップと思われるものを覆うアップグレードされたハードウェアを見つけました。コッパーシールドと2つのアルミ製サーマルパッドです。

  9. このロジックボードがどうしても口髭にしか見えないので、櫛でコーミングしてみましょう。櫛に引っかかったチップがあります。 第9世代Intel Core i7-9750Hヘキサコアプロセッサ
    • このロジックボードがどうしても口髭にしか見えないので、櫛でコーミングしてみましょう。櫛に引っかかったチップがあります。

    • 第9世代Intel Core i7-9750Hヘキサコアプロセッサ

    • 16x Micron MT40A1G8SA-075 8 Gb DDR4 SDRAM (合計16 GB)

    • AMDRadeon Pro 5300MモバイルGPU

    • 4x Samsung K4Z80325BC-HC14 8 Gb GDDR6 RAM (合計4 GB)

    • 東芝 TSB4227VE8434CHNA11926とTSB4227VE8437CHNA11926 フラッシュストーレッジ (合計512 GB)

    • Apple T2 APL1027 339S00536コプロセッサ

    • Intel JHL7540 Thunderbolt 3コントローラー

  10. シリコンコーミングを続けます。砂からシリコンが出て現れました。このやり方は間違っているでしょうか? IntelSR40Fプラットフォームコントローラーハブ
    • シリコンコーミングを続けます。砂からシリコンが出て現れました。このやり方は間違っているでしょうか

    • IntelSR40Fプラットフォームコントローラーハブ

    • Texas Instruments CD3217B12 (パワーコントローラーと推測)

    • 338S00267-A0 (Apple PMICと推測)

    • Texas Instruments TPS51980Bパワーコントローラー

    • 339S00610 (Apple Wi-Fi/Bluetoothモジュールと推測)

    • Intersil 6277 PWMモジュレーター

    • Renesas 225101C

  11. マザーボードが取り出せたので、サーマルデザイン以外のパーツを点検します。 15インチ2019年モデルを下に重ねて見比べると、新MacBook Proには明らかに大型の排気口が搭載されています。 より大きく頑丈な羽根が付いた新しいファンと排気口が連動すれば、28%以上増加した空気を新Proモデルから押し出せます。
    • マザーボードが取り出せたので、サーマルデザイン以外のパーツを点検します。

    • 15インチ2019年モデルを下に重ねて見比べると、新MacBook Proには明らかに大型の排気口が搭載されています。

    • より大きく頑丈な羽根が付いた新しいファンと排気口が連動すれば、28%以上増加した空気を新Proモデルから押し出せます。

    • こう表記すると、大した排熱量ではないように聞こえます。しかしこの改良の結果、16インチProでは、かなりの集中した作業量でも12ワット以上のパワーを維持することができると言われています。

  12. キーボードのバックライトの下にMagicがあることを期待して、これを慎重に剥がします。 バックライトアセンブリに入っているものは、フレキシブルディフィーザーで、LEDが発光するライトをエッジに沿って照射します。このフレキシブルなディフューザーは一般的ですが、このモデルは特別なエッチングがされており、輝度を最大にしたり、均一に保つことができるようです。 バックライトの下、メタル製キーボードフレームのエッジに沿って、ペンタローブP2ネジが数本使用されています。もしかすると? Doritosの食べこぼしで潰れたキーを交換するために、外して交換ができるのでしょうか?
    • キーボードのバックライトの下にMagicがあることを期待して、これを慎重に剥がします。

    • バックライトアセンブリに入っているものは、フレキシブルディフィーザーで、LEDが発光するライトをエッジに沿って照射します。このフレキシブルなディフューザーは一般的ですが、このモデルは特別なエッチングがされており、輝度を最大にしたり、均一に保つことができるようです。

    • バックライトの下、メタル製キーボードフレームのエッジに沿って、ペンタローブP2ネジが数本使用されています。もしかすると? Doritosの食べこぼしで潰れたキーを交換するために、外して交換ができるのでしょうか?

    • Nooooo!このモデルでも、キーボードアセンブリはリベット(ピン)で固定されています。スイッチは小さなゴミなどの危険な侵入者に対して、耐久性があるようですが、このキーボードは、Butterflyキーボードと比べて修理難易度が改善されることはありません。

    • つまるところ、2016年に出戻りです。修理できないデザインの新しいキーボードです。そしてAppleの約束の言葉”壊れない”を信じるしかありません。そしてこのモデルはAppleのキーボードサービスプログラムの対象となっていません。ということは… : /

    • 唯一の残された希望は、この新キーボードのデザインが、耐久性があった過去のApple製品キーボードと酷似していることです。

    • このキーボードを点検せずに、次の作業に移れません。できる限りキーボードをこじ開けて、その仕組みを調査します。フレキシブルなPCBレイヤーがキーと、ボタンが打鍵されるメタル製バックライトの間に挟まっています。しかし、ここにマジックはありません。

  13. これで私たちが新キーボードに抱いていた疑問は解決されました。その他のパーツに注目します。 まず最初に、拡張された筐体の中に入った素晴らしい新XLサイズのEarPodsスピーカーです。この各スピーカーには上向き/下向きのウーファーが搭載されています。 上下を向いたウーファーの目的は、振動をキャンセルするためでしょう。この機能は、新AirPods Proに付いているアンチノイズ機能に似ています。しかし…ベースが付いています。これはアンチベースと呼ぶのでしょうか?
    • これで私たちが新キーボードに抱いていた疑問は解決されました。その他のパーツに注目します。

    • まず最初に、拡張された筐体の中に入った素晴らしい新XLサイズのEarPodsスピーカーです。この各スピーカーには上向き/下向きのウーファーが搭載されています。

    • 上下を向いたウーファーの目的は、振動をキャンセルするためでしょう。この機能は、新AirPods Proに付いているアンチノイズ機能に似ています。しかし…ベースが付いています。これはアンチベースと呼ぶのでしょうか?

    • この筐体に付いている細長い部分は一体何なのか確かではありません。この新しい形は音質を向上させるために、サウンドをリダイレクトするものではないかと推測します。2つ目のウーファーを搭載するためのスペースが必要だったのかもしれません?

    • 次に取り出すのは、別のサウンドアップグレード機能です。すなわち”高性能”な3つのマイクアレイです。2018年MacBook Airの3つのマイクアレイの配置とよく似ていますが、こちらの方が高音質マイクという意味では、頑丈に見えます。

    • 最後に、この99.8 Whリチウムイオンバッテリー (11.36 V, 8790 mAh) は、米国連邦航空局(FAA)より厳しい監視を受けるでしょう。機内持ち込み制限(100Wh)をかろうじてクリアしているからです。

    • これはMacBook史上、最大容量のバッテリーです。17インチMacBook Proの容量を4.8 Wh上回り、最新15インチMacBook Proの容量からなんと16.2 Whも増量しました。

    • バッテリー容量の増大はどこから来たのでしょうか?AppleのiPhone 11では、非常によく似たバッテリーセルが搭載されています。サイズを計測すると、平均で0.8 mm厚くなりました。

  14. 分解アップデート: ここにある小さなフレックスケーブルは何のためにあるのでしょうか?初めてこのケーブルを見ました。 親切にもMacRumorsが私たちにこのケーブルについて尋ねてくれました。 これを調査するにはディスプレイを完全に外さなければなりません。新しいセンサーは左側ヒンジに向かって付いており、マグネットがヒンジの中に埋め込まれています。マグネット上の矢印は、ディスプレイの開閉と同時に動き、その位置とNS極性を計測します。 Appleはリッド(蓋)アングルセンサーを加えたようです。なぜこのセンサーが必要なのでしょうか?これがあれば、macOSの新機能が可能になるのでしょうか?
    • 分解アップデート: ここにある小さなフレックスケーブルは何のためにあるのでしょうか?初めてこのケーブルを見ました。 親切にもMacRumorsが私たちにこのケーブルについて尋ねてくれました。

    • これを調査するにはディスプレイを完全に外さなければなりません。新しいセンサーは左側ヒンジに向かって付いており、マグネットがヒンジの中に埋め込まれています。マグネット上の矢印は、ディスプレイの開閉と同時に動き、その位置とNS極性を計測します。

    • Appleはリッド(蓋)アングルセンサーを加えたようです。なぜこのセンサーが必要なのでしょうか?これがあれば、macOSの新機能が可能になるのでしょうか?

    • 多分そうでしょう。Appleにとって修理が必要な時には、デバイスの使用状態を追跡できる賢い利点もありそうです。例えばディスプレイケーブルが緩くなっている場合、Appleはどの程度、どの頻度でディスプレイが調節されたかを把握することができるでしょう。

    • MacRumorはこのセンサーについて、更なる調査をしました。Appleは修理後、この小さなセンサーをキャリブレーションさせたいことが判明しました。この件に関するブログポストをご覧ください!

  15. この新MacBook Proを分解した後の私たちの感情を吐露するべく、置き画にしてみました。
    • この新MacBook Proを分解した後の私たちの感情を吐露するべく、置き画にしてみました。

    • 素晴らしい新旧のシザー機構は、デリケートなバタフライキーボードより耐久性がありそうですが、今回もキーボードアセンブリ全体がリベットされています。

    • 改善されたサーマルシステムは、熱暴走してしまうProラインにとって、待ち望んでいた改良です。

    • 99.8 Whバッテリーは、FAAレーダーの監視下に置かれるでしょう。最新15インチモデルより、16.2 Whも容量が増えました。ケースサイズは僅かしか大きくなっていないのに、これほど容量が増えるのは驚きです。

    • 新しいスピーカーにポッドキャストレベルの超高性能なマイクアレイ、巨大なスクリーンなどが搭載されている一方で、Appleならもっと良いデザインができるという残念な思いが生じます。特に、Microsoftが最新ラップトップモデルを修理しやすいデザインに一新させた本物のエンジニアマジックを見た後ではそう感じざるを得ません。2020年Proモデルが私たちの息をも飲み込ませるほどのものを登場させてくれることを期待しています。

    • 残された作業は、このデバイスにリペアビリティのスコアを付けることです。

  16. まとめ
    • トラックパッドは取り外しができ、簡単に交換できます。
    • マイナーなコンポーネントはモジュールですが、プロセッサ、RAMとフラッシュメモリはロジックボードに半田付けされています。
    • 接着剤と/もしくはリベットでキーボード、バッテリー、スピーカーそしてTouch Barを固定しているため、これらのコンポーネントの修理には技術が必要です。
    • Touch IDセンサーは電源スイッチで、ロジックボードに閉じ込められているため、修理が非常に複雑です。
    リペアビリティのスコア
    1
    10点中1点のリペアビリティ
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

71 件のコメント

almost no repair choices even though its a “pro” device

Gage - 返信

What does being a “pro” device have to do with high repairability? “Pro” (itself more of a marketing term than a technical one) covers a proud range of areas. My sister is a pro graphic designer. She can do amazing things with illustrator or photoshop. She couldn’t tell you the next thing about processors or keyboard switches. For her the “pro” is what she can get done, not whether or not she can pop open the case. I’d be willing to lay odds thats true for a lot of people.

Repairability and pro are not connected. Some people value the former, some the later, some both, some neither.

kreutz -

In response to kreutz.

Hypothetical:

The Pro Graphic Designer is working on a commission that has taken several weeks. She has completed another days worth of work while out and about (the main point of a laptop, portability) someone drops liquid into the unit and it fails.

She could just redo the hours of work she just lost after her last backup (assuming she is someone who backs up religiously), however her deadline is tomorrow morning.

If she is using a true pro device she could drop by a computer repair place. Have them remove the SSD and recover the data. (in the macbook pro the SSD is soldered and even if it wasn’t the T2 chip prevents an external computer from reading it). If she is using the “PRO” device that apple sells she is $@$* out of luck and has to pull an all nighter to redo the work or loose the commission and be out all of the work she has done.

The ability to respond to unexpected situations damage, moisture, internal failure or design fault is what should set a PRO device apart.

Grant Spedding -

@grantspedding The T2 does not prevent an external computer from reading the SSD. It is connected to one of the USB-C ports. There is a tool you can connect which will boot the T2 in DFU mode, prompt for the user’s password, tell the T2 to load the SSD, then dump all the data to an external drive.

Though I seriously wonder what professional would use a machine with no backups of in-flight work. Especially when it’s a Mac, and every macOS since 10.5 in 2007 has included Time Machine.

Zimmie -

For those suggesting that the moniker PRO doesn’t need to mean ‘repairable’, ‘accessible’, ‘non-complicated’, just consider any other PRO industry who relies hugely on repairability and the ability to get inside their devices / tools / instruments to keep them going as long as possible. A music producer wouldn’t throw away a 50 channel recording deck because 2 channels failed one day. A musician wouldn’t put their guitar in the dump because a machine head broke, $10 would get that musician back on stage again. A chef that finds their knife no longer sharp doesn’t look for the bin and a wholesale knife catalogue to buy a new one, they get a hone, or a stone and in 10 minutes their knife is possibly as good as new.

Apple have chosen this route for us and all to shave a few millimetres and grammes off laptops that Pro’s need to have as functional as possible. The moniker PRO is assumed to not only be top quality but top at saving the day when $@$* hits the fan and these machines are no longer that.

John Ward -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 411

過去 7 日: 2,836

過去 30 日: 12,491

今までの合計 205,638