メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

Google Pixel 3a の機能しないラウドスピーカーを取り出したり、交換するには、このガイドを参照してください。取り外し作業の際に、ラウドスピーカーの角は右側握るセンサーのサポートブラケットの下に固定されています。このガイドでは、ラウドスピーカーを取り出すために、サポートブラケットを緩めます。あるいは、マザーボードとサポートブラケットを先ず取り出して、ラウドスピーカーに完全にアクセスする方法もあります。

Pixel 3aの補強されていないディスプレイパネルは壊れやすいです スクリーンを再利用する場合は、開口方法に記載された注意書きに特別に注目してください。

この手順で一番難しいパートは近接センサーのコネクタを再装着する方法です。この作業には、忍耐と精密さが必要です。

  1. デバイス上の2つのシーム(継ぎ目)にご注目ください。 スクリーン上のシーム:このシームはスクリーンとデバイスの残り部分が繋がっています。ここをこじ開けます。 フレーム上のシーム:ここはプラスチックフレームが、バックカバーと繋がっている部分です。ネジで固定されています。このシームはこじ開けないでください。
    • デバイス上の2つのシーム(継ぎ目)にご注目ください。

    • スクリーン上のシーム:このシームはスクリーンとデバイスの残り部分が繋がっています。ここをこじ開けます。

    • フレーム上のシーム:ここはプラスチックフレームが、バックカバーと繋がっている部分です。ネジで固定されています。このシームはこじ開けないでください。

    • シームをこじ開ける前に、スクリーン上の次のエリアにご注意ください。

    • スクリーンのフレックスケーブル:指示された以上に深くこじ開けないでください。このケーブルのダメージに繋がります。

    • 接着剤周辺: 開口ピックの角度を調節せずに狭い周囲以上をこじ開けてしまうと、LCDが損傷します。

  2. iOpenerを準備して、ディスプレイの右側端に載せて約1分間温めます。
    • iOpenerを準備して、ディスプレイの右側端に載せて約1分間温めます。

    • Pixel 3aのスクリーンの接着剤はそれほど強力ではないので、この手順をスキップすることもできます。しかしながら、温めると、スクリーンに亀裂が入る可能性が低くなります。

  3. スクリーンの右側端付近に、吸盤カップを取り付けます。 吸盤カップを一定の強い力で引っ張ります。 1mm以下の隙間に開口ピックを差し込みます。
    • スクリーンの右側端付近に、吸盤カップを取り付けます。

    • 吸盤カップを一定の強い力で引っ張ります。

    • 1mm以下の隙間に開口ピックを差し込みます。

  4. この手順は、LCDパネルにダメージを与えることなく、開口ピックを差し込む方法です。デバイスの長辺側を切開する前に、この作業を行ってください。 開口ピックが1mmの隙間に差し込んであるため、ピックを大きな角度で上向きに持ち上げます。 この角度で、慎重に差し込んだ開口ピックを隙間内側約6mm程度まで押し込みます。このピックで、OLEDパネルの下側をスライドします。
    • この手順は、LCDパネルにダメージを与えることなく、開口ピックを差し込む方法です。デバイスの長辺側を切開する前に、この作業を行ってください。

    • 開口ピックが1mmの隙間に差し込んであるため、ピックを大きな角度で上向きに持ち上げます。

    • この角度で、慎重に差し込んだ開口ピックを隙間内側約6mm程度まで押し込みます。このピックで、OLEDパネルの下側をスライドします。

    • ピックが何か障害物に到達したと感じた時点でスライドを止めます。このピックはLCDパネルの端に当たっている可能性があります。ピックの角度を調節して、再度スライドを再開してください。

  5. ピックを右側端に沿ってスライドし、接着剤を切開します。 開口ピックを6mm以上差し込まないでください。スクリーンのフレックスケーブルにダメージを与えてしまいます。 接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックをその場に残します。
    • ピックを右側端に沿ってスライドし、接着剤を切開します。

    • 開口ピックを6mm以上差し込まないでください。スクリーンのフレックスケーブルにダメージを与えてしまいます。

    • 接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックをその場に残します。

  6. デバイス下側エッジに沿って接着剤を切開します。ピックを6mm以上差し込まないでください。 開口ピックで下側右の角周辺をスライドし、接着剤を切開します。 角周辺のスライドが難しい場合は、温めた iOpenerを載せて約1分間待機した後、再施行してください。
    • デバイス下側エッジに沿って接着剤を切開します。ピックを6mm以上差し込まないでください。

    • 開口ピックで下側右の角周辺をスライドし、接着剤を切開します。

    • 角周辺のスライドが難しい場合は、温めた iOpenerを載せて約1分間待機した後、再施行してください。

    • 続けて、デバイスの下側端と左側角に沿ってスライドします。

  7. デバイスの左側端に沿って接着剤を切開し、LCDパネルの下で、ピックを適切な角度で差し込めているか確認してください。そして6mm以上差し込まないでください。 LCDパネル下で、ピックの角度を入れるには、先端を1mm以内で差し込み、上向きに持ち上げます。それからゆっくりと内側に6mm程度押し込みます。 LCDパネル下で、ピックの角度を入れるには、先端を1mm以内で差し込み、上向きに持ち上げます。それからゆっくりと内側に6mm程度押し込みます。
    • デバイスの左側端に沿って接着剤を切開し、LCDパネルの下で、ピックを適切な角度で差し込めているか確認してください。そして6mm以上差し込まないでください。

    • LCDパネル下で、ピックの角度を入れるには、先端を1mm以内で差し込み、上向きに持ち上げます。それからゆっくりと内側に6mm程度押し込みます。

  8. 上部端に沿って接着剤を切開します。開口ピックを8mm以上差し込まないでください。 上部端に沿って接着剤を切開します。開口ピックを8mm以上差し込まないでください。 上部端に沿って接着剤を切開します。開口ピックを8mm以上差し込まないでください。
    • 上部端に沿って接着剤を切開します。開口ピックを8mm以上差し込まないでください。

  9. 全周辺の接着剤が切開できたら、慎重にスクリーンの右端を開きます。 スクリーンを外さないでください、左側端付近にフレックスケーブルが繋がったままです。
    • 全周辺の接着剤が切開できたら、慎重にスクリーンの右端を開きます。

    • スクリーンを外さないでください、左側端付近にフレックスケーブルが繋がったままです。

    • 開口ピックを使って、残りの接着剤を慎重に切開します。

  10. 全ての接着剤が切開できたらスクリーンガラスを裏返しにして、デバイス上部に載せます。スクリーン用フレックスケーブルが大きな円を描いて繋がっています。 全ての接着剤が切開できたらスクリーンガラスを裏返しにして、デバイス上部に載せます。スクリーン用フレックスケーブルが大きな円を描いて繋がっています。 全ての接着剤が切開できたらスクリーンガラスを裏返しにして、デバイス上部に載せます。スクリーン用フレックスケーブルが大きな円を描いて繋がっています。
    • 全ての接着剤が切開できたらスクリーンガラスを裏返しにして、デバイス上部に載せます。スクリーン用フレックスケーブルが大きな円を描いて繋がっています。

  11. 慎重に、スクリーンコネクタのブラケットを覆っている黒いテープを剥がします。 テープの状態が良好な場合は、このテープを再組み立ての際に再利用できます。もしくは絶縁テープを利用してください。 スクリーンコネクタのブラケットを固定している4.4 mm T3 長ネジを2本外します。
    • 慎重に、スクリーンコネクタのブラケットを覆っている黒いテープを剥がします。

    • テープの状態が良好な場合は、このテープを再組み立ての際に再利用できます。もしくは絶縁テープを利用してください。

    • スクリーンコネクタのブラケットを固定している4.4 mm T3 長ネジを2本外します。

    • スクリーンコネクタブラケットを外します。

  12. Nintendo Switch Kits

    A quick fix to get back in the game

    Shop Switch Kits

    Nintendo Switch Kits

    A quick fix to get back in the game

    Shop Switch Kits
  13. スパッジャーの先端を使って、スクリーンのフレックスケーブルをこじ開けて接続を外します。 このようなコネクタの接続を外す際は、ソケット周辺の表面実装された小さなコンポーネントを外さないようにご注意ください。
    • スパッジャーの先端を使って、スクリーンのフレックスケーブルをこじ開けて接続を外します。

    • このようなコネクタの接続を外す際は、ソケット周辺の表面実装された小さなコンポーネントを外さないようにご注意ください。

    • このようなプレスコネクタを再度装着するには、慎重に位置を揃えて、所定の位置でカチッと音がするまで押し込みます。反対側も同じ作業を繰り返します。 中央部分を押さえないでください。 コネクタの位置がずれていると、ピンが曲がってしまい、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

  14. スクリーンを取り出します。 慎重にオリジナルのパーツと交換用スクリーンを見比べてください。追加のコンポーネントを新しいパーツに(スピーカーのメッシュなど)移植する必要があります。 スクリーンをインストールする方法
    • スクリーンを取り出します。

    • 慎重にオリジナルのパーツと交換用スクリーンを見比べてください。追加のコンポーネントを新しいパーツに(スピーカーのメッシュなど)移植する必要があります。

    • スクリーンをインストールする方法

    • カスタムカットされた接着剤を使用する場合は、このガイドを参照してください。

    • Tesaテープのような両面テープを使用する場合は、こちらのガイドに従ってください。

  15. プラスチック製ミッドフレームを固定している次の長さのT3ネジを14本外します。
    • プラスチック製ミッドフレームを固定している次の長さのT3ネジを14本外します。

    • 4.3 mm シルバーT3ネジー12本

    • 4.3 mm ブラック T3ネジー2本

  16. ミッドフレームはプラスチックのクリップでまだ固定されています。 開口ピックをデバイス下側のフレームの継ぎ目に差し込みます。この継ぎ目は、プラスチックのミッドフレームとバックカバーの間です。 プラスチック製ミッドフレームを固定しているクリップを外すには、継ぎ目に沿ってピックをスライドします。
    • ミッドフレームはプラスチックのクリップでまだ固定されています。

    • 開口ピックをデバイス下側のフレームの継ぎ目に差し込みます。この継ぎ目は、プラスチックのミッドフレームとバックカバーの間です。

    • プラスチック製ミッドフレームを固定しているクリップを外すには、継ぎ目に沿ってピックをスライドします。

  17. デバイスの左右端に沿って、開口ピックをスライドして、ミッドフレームのクリップを外します。 プラスチック製ミッドフレームの下側端を持ち上げますが、ミッドフレーム自体は取り出さないでください。ミッドフレームはデバイス本体の上部端に付いている、壊れやすい近接センサーケーブルに繋がっているためです。 プラスチックのミッドフレームを再装着する際は、ミッドフレームとバックカバーの位置を揃えて、指でデバイス周辺を両側から押し込んで、クリップを元の位置に取り付けます。
    • デバイスの左右端に沿って、開口ピックをスライドして、ミッドフレームのクリップを外します。

    • プラスチック製ミッドフレームの下側端を持ち上げますが、ミッドフレーム自体は取り出さないでください。ミッドフレームはデバイス本体の上部端に付いている、壊れやすい近接センサーケーブルに繋がっているためです。

    • プラスチックのミッドフレームを再装着する際は、ミッドフレームとバックカバーの位置を揃えて、指でデバイス周辺を両側から押し込んで、クリップを元の位置に取り付けます。

  18. スパッジャーの先端を使って、近接センサーのコネクタをマザーボードからこじ開けて、接続を外します。 ミッドフレームを持ち上げた際に、近接センサーのコネクタが自動で接続が外れることがあります。 プラスチックのミッドフレームを取り出します。
    • スパッジャーの先端を使って、近接センサーのコネクタをマザーボードからこじ開けて、接続を外します。

    • ミッドフレームを持ち上げた際に、近接センサーのコネクタが自動で接続が外れることがあります。

    • プラスチックのミッドフレームを取り出します。

  19. この手順は、再組み立ての際に近接センサーを再接続する方法です。 プラスチックのミッドフレーム上部端とデバイス本体の位置を揃えます。 スパッジャーの先端を使って、近接センサーのコネクタをマザーボードのソケット上に、慎重に揃えて押さえます。
    • この手順は、再組み立ての際に近接センサーを再接続する方法です。

    • プラスチックのミッドフレーム上部端とデバイス本体の位置を揃えます。

    • スパッジャーの先端を使って、近接センサーのコネクタをマザーボードのソケット上に、慎重に揃えて押さえます。

    • この作業には忍耐と正確さが必要です。コネクタの位置が確認できたら、指で慎重にコネクタをソケット上で押さえて装着します。

    • または、ミッドフレームから近接センサーを取り外して、最初にマザーボードに再接続します。

    • スパッジャーの先端を使用して、近接センサーをミッドフレームの凹部から慎重にこじ開けます。 センサーはミッドフレームに軽く接着されています。

    • ミッドフレームからセンサーを取り外します。 センサーのコネクタをマザーボードソケット上に装着します

    • センサーケーブルをミッドフレームに通し、センサーを凹部に合わせて再装着します。 指で押し下げて、ミッドフレーム上にセンサーを装着し直します。

  20. スパッジャーの先端を使って、バッテリーコネクタをマザーボードのソケットから持ち上げて、接続を外します。 バッテリーフレックスケーブルを若干折り曲げます。アクシデントでソケットと接触してしまわないよう、予防目的です。 バッテリーフレックスケーブルを若干折り曲げます。アクシデントでソケットと接触してしまわないよう、予防目的です。
    • スパッジャーの先端を使って、バッテリーコネクタをマザーボードのソケットから持ち上げて、接続を外します。

    • バッテリーフレックスケーブルを若干折り曲げます。アクシデントでソケットと接触してしまわないよう、予防目的です。

  21. USB-Cポートを固定している3.3 mm T3 ネジを2本外します。
    • USB-Cポートを固定している3.3 mm T3 ネジを2本外します。

  22. スパッジャーの先端を使って、ドーターボードからUSB-Cポートをこじ開けて、接続を外します。 USB-Cポートのモジュールを取り出します。 USB-Cポートのモジュールを取り出します。
    • スパッジャーの先端を使って、ドーターボードからUSB-Cポートをこじ開けて、接続を外します。

    • USB-Cポートのモジュールを取り出します。

  23. スパッジャーの先端を使って、ドーターボードのソケットから相互接続ケーブルをこじ開けて、接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、ドーターボードのソケットから相互接続ケーブルをこじ開けて、接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ドーターボードのソケットから相互接続ケーブルをこじ開けて、接続を外します。

  24. スパッジャーの先端を使って、白いアンテナケーブルの接続を、ドーターボードのソケットからこじ開けて外します。 慎重にアンテナケーブルをこの固定クリップから解いてください。 慎重にアンテナケーブルをこの固定クリップから解いてください。
    • スパッジャーの先端を使って、白いアンテナケーブルの接続を、ドーターボードのソケットからこじ開けて外します。

    • 慎重にアンテナケーブルをこの固定クリップから解いてください。

  25. ドーターボードをフレームに固定している2.7 mm T3長ネジを1本外します。 ドーターボードを取り出します。
    • ドーターボードをフレームに固定している2.7 mm T3長ネジを1本外します。

    • ドーターボードを取り出します。

  26. スパッジャーの先端を使って、黒いアンテナケーブルをボード上のソケットからこじ開けて、接続を外します。 固定クリップから黒いアンテナケーブルを外して、作業の邪魔にならない位置に曲げて固定します。 固定クリップから黒いアンテナケーブルを外して、作業の邪魔にならない位置に曲げて固定します。
    • スパッジャーの先端を使って、黒いアンテナケーブルをボード上のソケットからこじ開けて、接続を外します。

    • 固定クリップから黒いアンテナケーブルを外して、作業の邪魔にならない位置に曲げて固定します。

  27. スパッジャーの先端をラウドスピーカーのフレックス接続パッドの下に差し込み、デバイス本体のフレームからこじ開けて緩めます。 スパッジャーの先端をラウドスピーカーのフレックス接続パッドの下に差し込み、デバイス本体のフレームからこじ開けて緩めます。
    • スパッジャーの先端をラウドスピーカーのフレックス接続パッドの下に差し込み、デバイス本体のフレームからこじ開けて緩めます。

  28. 次の2つの手順では、右側の握るセンサーブラケットを緩める方法です。ブラケットの下に固定されたラウドスピーカーを解放します。 スパッジャーの先端を右側の握るセンサーの下側のネジ穴の下に差し込みます。ここにラウドスピーカーの上部右側コーナーが取り付けてあります。 スパッジャーでバッテリーに穴を空けないようにご注意ください。
    • 次の2つの手順では、右側の握るセンサーブラケットを緩める方法です。ブラケットの下に固定されたラウドスピーカーを解放します。

    • スパッジャーの先端を右側の握るセンサーの下側のネジ穴の下に差し込みます。ここにラウドスピーカーの上部右側コーナーが取り付けてあります。

    • スパッジャーでバッテリーに穴を空けないようにご注意ください。

    • ブラケットを上向きにこじ開けて、ネジ穴の下で開口ツールがスライドできるようにします。

  29. 開口ツールを上向きにこじ開けて、右側の握るセンサーのブラケットをデバイス下部に固定している接着剤を緩めます。 ブラケットを数ミリ程度こじ開けるだけで。接着剤を緩めることができます。ブラケットを取り出さないでください。
    • 開口ツールを上向きにこじ開けて、右側の握るセンサーのブラケットをデバイス下部に固定している接着剤を緩めます。

    • ブラケットを数ミリ程度こじ開けるだけで。接着剤を緩めることができます。ブラケットを取り出さないでください。

  30. ラウドスピーカー自体は、デバイス右側端付近のフレームに接着剤で固定されています。 スパッジャーの平面側先端を使って、ラウドスピーカーの上部左側ネジの下に13mm程度差し込みます。 スパッジャーの平面側先端を使って、ラウドスピーカーの上部左側ネジの下に13mm程度差し込みます。
    • ラウドスピーカー自体は、デバイス右側端付近のフレームに接着剤で固定されています。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、ラウドスピーカーの上部左側ネジの下に13mm程度差し込みます。

  31. 開口ツールの先端をラウドスピーカー下側の端の下に差し込みます。 ラウドスピーカーを奥から取り出すには、左右に揺らしながら、開口ツールでこじ開けます。 ラウドスピーカーを取り出します。
    • 開口ツールの先端をラウドスピーカー下側の端の下に差し込みます。

    • ラウドスピーカーを奥から取り出すには、左右に揺らしながら、開口ツールでこじ開けます。

    • ラウドスピーカーを取り出します。

  32. この手順では、ラウドスピーカーを所定の凹みに再装着する方法です。 ラウドスピーカーの上部右側コーナーを、サポートブラケットのネジ穴の下にスライドします。 指を使って、ラウドスピーカーの下側端を所定の位置に押し込みます。
    • この手順では、ラウドスピーカーを所定の凹みに再装着する方法です。

    • ラウドスピーカーの上部右側コーナーを、サポートブラケットのネジ穴の下にスライドします。

    • 指を使って、ラウドスピーカーの下側端を所定の位置に押し込みます。

    • 残りの端も所定の位置に押し込みます。ラウドスピーカーはカチッとと音を立てて装着して、デバイスの底面にピタリとはまるはずです。

    • ラウドスピーカーはぴたりと装着します。音を立ててしっかりと装着させるには、若干左右に揺らしながら軽く押し込まなければなりません。

  33. 交換用のラウドスピーカーにアンテナボードがついていない場合は、交換用のパーツに移植してください。 アンテナボードは軽く接着剤で固定されています。アンテナボードの右側端を、ゆっくりと上向きに曲げながら、接着剤を剥がします。位置合わせのペグをクリアにします。
    • 交換用のラウドスピーカーにアンテナボードがついていない場合は、交換用のパーツに移植してください。

    • アンテナボードは軽く接着剤で固定されています。アンテナボードの右側端を、ゆっくりと上向きに曲げながら、接着剤を剥がします。位置合わせのペグをクリアにします。

    • アンテナボードをラウドスピーカーからスライドして取り出し、交換用パーツに移植します。

終わりに

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを取り付ける前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、アンサーコミュニティを参照してください。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Arthur Shi

メンバー登録日: 2018年01月03日

88,404 ポイント

278のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

107 メンバー

10,296のガイドは作成済み

2 件のコメント

Is there a guide to put everything back in place, because I'm am not confident in working backwards. Also are all the tools used included in the essentials kit that ifixit sells

Jerry Chen - 返信

Hi Jerry,

There is unfortunately no separate guide to put everything back in place. Just take it slow and make note of all the push-pin reminder bullets.

The essentials kit does not include an iOpener or the T3 bit that’s necessary for the repair.

Arthur Shi -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 11

過去 7 日: 93

過去 30 日: 301

今までの合計 916