メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

この修理ガイドに従って、壊れたGoogle Pixel 3 XLのスクリーンを取り出して、交換します。この作業では、フレームに取り付けられていないスクリーンの交換をします。Pixelのデザイン上、スクリーンコネクタの接続を外すには、バックパネルを外さなければなりません。

作業を始める前に、バックパネルとスクリーン用の交換用接着剤を準備してください。

この手順では、Pixel 3XLのスクリーンを破壊して取り外す方法をとります。OLEDが酸素や湿気に触れると機能しなくなるため、エアータイトされたパウチの中に密封されています。(OLEDパネルが、スクリーンに亀裂が入ると、黒くなる理由でもあります)フロントガラスだけを交換するのは大変難しい作業になります。PixelのOELDレイヤーはガラスにラミネート加工されています。

  1. iOpenerを温めて、バックパネルの右端に約1分間載せます。 ヘアドライヤー、ヒートガンやホットプレートでも対応できますが、デバイスをオーバーヒートしないようにご注意ください。内蔵バッテリーは熱によるダメージを受けやすいです。 待機中、バックパネルの注意すべきエリアを確認してください。
    • iOpenerを温めて、バックパネルの右端に約1分間載せます。

    • ヘアドライヤー、ヒートガンやホットプレートでも対応できますが、デバイスをオーバーヒートしないようにご注意ください。内蔵バッテリーは熱によるダメージを受けやすいです。

    • 待機中、バックパネルの注意すべきエリアを確認してください。

    • 強力な接着力エリアーデバイス底付近の接着剤には、大型パッチが使用されています。

    • 指紋センサーケーブルーケーブルの下の接着剤をスライスして切開する際に、切断しないようにご注意ください。

  2. 吸盤カップをバックパネルの熱した端付近に取り付けます。 吸盤カップを強く一定の力で引き上げて、隙間を作ります。 デバイスの使用期間にもよりますが、この作業は難しいでしょう。作業が上手く進まない場合は、端を再度温めてから再試行してください。
    • 吸盤カップをバックパネルの熱した端付近に取り付けます。

    • 吸盤カップを強く一定の力で引き上げて、隙間を作ります。

    • デバイスの使用期間にもよりますが、この作業は難しいでしょう。作業が上手く進まない場合は、端を再度温めてから再試行してください。

    • 開口ピックの先端を隙間に差し込みます。

  3. 開口ピックを右端に沿ってスライドして、接着剤をスライスしながら切開します。 接着剤は固まり、冷却されるとスライスが難しくなります。この場合、再度端を温めてスライスしやすくします。 端全体をスライスしたら、接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックを隙間に残しておきます。
    • 開口ピックを右端に沿ってスライドして、接着剤をスライスしながら切開します。

    • 接着剤は固まり、冷却されるとスライスが難しくなります。この場合、再度端を温めてスライスしやすくします。

    • 端全体をスライスしたら、接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックを隙間に残しておきます。

  4. 温めたiOpenerをバックパネルの下側に沿って、約1分間載せます。
    • 温めたiOpenerをバックパネルの下側に沿って、約1分間載せます。

  5. 開口ピックを使って、下側右端コーナー周辺の接着剤を切開し、続けてデバイスの下側端全体に沿ってスライドします。 コーナーをスライスする際は、パネルを割らないよう慎重にゆっくり進めてください。スライド作業が難しくなった場合は、熱を再度当ててください。 ピックを下側端に残して、接着剤の再装着を防ぎます。
    • 開口ピックを使って、下側右端コーナー周辺の接着剤を切開し、続けてデバイスの下側端全体に沿ってスライドします。

    • コーナーをスライスする際は、パネルを割らないよう慎重にゆっくり進めてください。スライド作業が難しくなった場合は、熱を再度当ててください。

    • ピックを下側端に残して、接着剤の再装着を防ぎます。

  6. 続けて、デバイス残りの端を温めて、スライドして接着剤を切開します デバイス左側端に沿ってスライドする際はご注意ください。開口ピックが詰まっている感じがしたら、指紋センサーに絡まっている可能性があります。ピックを隙間からゆっくりと取り出して、再試行してください。 デバイスの右側端と下側端付近で、接着剤が厚い部分についてもしっかりと切開してください。
    • 続けて、デバイス残りの端を温めて、スライドして接着剤を切開します

    • デバイス左側端に沿ってスライドする際はご注意ください。開口ピックが詰まっている感じがしたら、指紋センサーに絡まっている可能性があります。ピックを隙間からゆっくりと取り出して、再試行してください。

    • デバイスの右側端と下側端付近で、接着剤が厚い部分についてもしっかりと切開してください。

  7. バックパネルの右側端を慎重にこじ開けます。
    • バックパネルの右側端を慎重にこじ開けます。

    • 開口ピックを使って、端に沿って残っている接着剤を全て切開してください。

  8. 本をめくるように、バックパネルの右端を、左側に沿ってめくります。 指紋センサーケーブルを挟まないように気をつけてください。 再組立ての際は、デバイスの電源を入れて、機能が回復しているか確認してから閉じて密封してください。作業を再開する前に、必ず電源を完全に切ってください。
    • 本をめくるように、バックパネルの右端を、左側に沿ってめくります。

    • 指紋センサーケーブルを挟まないように気をつけてください。

    • 再組立ての際は、デバイスの電源を入れて、機能が回復しているか確認してから閉じて密封してください。作業を再開する前に、必ず電源を完全に切ってください。

    • 再組立ての際は、このガイドに従って、カスタムカットされた接着剤をバックパネルにインストールしてください。

  9. Nintendo Switch Kits

    A quick fix to get back in the game

    Shop Switch Kits

    Nintendo Switch Kits

    A quick fix to get back in the game

    Shop Switch Kits
  10. ピンセットを使って、指紋センサー用コネクタ上に貼られた黄色のテープを慎重に剥がします。
    • ピンセットを使って、指紋センサー用コネクタ上に貼られた黄色のテープを慎重に剥がします。

  11. スパッジャーの先端を使って、指紋センサーのZIPソケット上の黒いロックバーを持ち上げます。 ケーブルのタブをピンセットでつまんで、ゆっくりとフレックスケーブルをソケットからずらしながら外します。 ショートを防ぐため、ピンセットでフレックスケーブル上のメタル製コンタクトに触れないようご注意ください。
    • スパッジャーの先端を使って、指紋センサーのZIPソケット上の黒いロックバーを持ち上げます。

    • ケーブルのタブをピンセットでつまんで、ゆっくりとフレックスケーブルをソケットからずらしながら外します。

    • ショートを防ぐため、ピンセットでフレックスケーブル上のメタル製コンタクトに触れないようご注意ください。

  12. バックパネルを外します。
    • バックパネルを外します。

  13. メタルカバーブラケットを固定しているT3ネジを4本外します。
    • メタルカバーブラケットを固定しているT3ネジを4本外します。

    • 4mm長ネジー3本

    • 3mm長ネジー1本

  14. スパッジャーの平面側先端を、メタルブラケットの上部右端の下に差し込み、こじ開けながらこれを緩めます。 メタルカバーブラケットを外します。
    • スパッジャーの平面側先端を、メタルブラケットの上部右端の下に差し込み、こじ開けながらこれを緩めます。

    • メタルカバーブラケットを外します。

  15. スパッジャーの先端を使って、ソケットからバッテリーコネクタの接続を持ち上げて外します。 メタル製ツールを使って、バッテリーの接続を外さないでください。バッテリーをショートさせてしまう危険性があります。 バッテリーケーブルを折り曲げて、アクシデントでコネクタがソケットと接触しないようにします。
    • スパッジャーの先端を使って、ソケットからバッテリーコネクタの接続を持ち上げて外します。

    • メタル製ツールを使って、バッテリーの接続を外さないでください。バッテリーをショートさせてしまう危険性があります。

    • バッテリーケーブルを折り曲げて、アクシデントでコネクタがソケットと接触しないようにします。

  16. スパッジャーの先端を使って、ディスプレイの右端に沿って付けられたマザーボードのソケットから、ディスプレイケーブルをこじ開けて、接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、ディスプレイの右端に沿って付けられたマザーボードのソケットから、ディスプレイケーブルをこじ開けて、接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ディスプレイの右端に沿って付けられたマザーボードのソケットから、ディスプレイケーブルをこじ開けて、接続を外します。

  17. デバイスを裏返して、スクリーンを上向きにします。
    • デバイスを裏返して、スクリーンを上向きにします。

    • 温めたiOpenerをスクリーン長辺側の端に沿って2分間載せます。

    • この作業中、数回にわたってiOpener を温め直す必要があります。

    • ヘアドライヤー、ヒートガン、ホットプレートでも代用できますが、デバイスのオーバヒートにはご注意ください。内蔵バッテリーは熱によるダメージを受けやすいためです。

  18. 吸盤カップをスクリーンの温めた側、できるだけ端に近い位置に装着します。 ディスプレイのダメージが大きい場合は、透明な強力テープをスクリーンに貼って吸盤カップを装着するとうまく固定します。あるいは、強力なテープを吸盤カップの代わりに持ち手を作って引っ張ることもできます。それでも上手くいかない場合は、壊れたスクリーンに吸盤カップを装着する際に、カップ上に強力ボンドを付けてください。 吸盤カップを一定の力で引き上げて、スクリーンとフレーム間に隙間を作ります。
    • 吸盤カップをスクリーンの温めた側、できるだけ端に近い位置に装着します。

    • ディスプレイのダメージが大きい場合は、透明な強力テープをスクリーンに貼って吸盤カップを装着するとうまく固定します。あるいは、強力なテープを吸盤カップの代わりに持ち手を作って引っ張ることもできます。それでも上手くいかない場合は、壊れたスクリーンに吸盤カップを装着する際に、カップ上に強力ボンドを付けてください。

    • 吸盤カップを一定の力で引き上げて、スクリーンとフレーム間に隙間を作ります。

    • デバイスの使用年月にもよりますが、この作業にはかなりの力を要します。作業が難しい場合は、熱で再度温めてから再試行してください。

    • 開口ピックを隙間に差し込みます。

  19. 開口ピックをスクリーンサイドに沿ってスライドして、接着剤を切開します。 冷却されて接着剤が固まり、スライドできない場合、再度温めて切開しやすくします。 本体端を切開したら、接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックをその場に残してください。
    • 開口ピックをスクリーンサイドに沿ってスライドして、接着剤を切開します。

    • 冷却されて接着剤が固まり、スライドできない場合、再度温めて切開しやすくします。

    • 本体端を切開したら、接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックをその場に残してください。

  20. 温めたiOpenerをスクリーンの下側端に載せて、約1分間待機します。 開口ピックを使ってスライドしながら、接着剤を切開してください。 接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックをその場に残します。
    • 温めたiOpenerをスクリーンの下側端に載せて、約1分間待機します。

    • 開口ピックを使ってスライドしながら、接着剤を切開してください。

    • 接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックをその場に残します。

  21. 続けてデバイス全体を温めて、再度スライドしながら残っている接着剤を切開します。 続けてデバイス全体を温めて、再度スライドしながら残っている接着剤を切開します。 続けてデバイス全体を温めて、再度スライドしながら残っている接着剤を切開します。
    • 続けてデバイス全体を温めて、再度スライドしながら残っている接着剤を切開します。

  22. 中央部分にある大型の接着パッドによって、スクリーンはフレームと装着したままです。 スパッジャーもしくはプラスチックのカードを使って差し込み、より内部の接着剤を切開します。 スクリーンがフレームから外れるまで、接着剤の切開作業を続けます。
    • 中央部分にある大型の接着パッドによって、スクリーンはフレームと装着したままです。

    • スパッジャーもしくはプラスチックのカードを使って差し込み、より内部の接着剤を切開します。

    • スクリーンがフレームから外れるまで、接着剤の切開作業を続けます。

  23. デバイスを裏返します。マザーボードが上向きになります。
    • デバイスを裏返します。マザーボードが上向きになります。

    • ディスプレイケーブルをマザーボードの切り欠きから押し出します。ケーブル先端を下向きにしながらスライドすると、簡単に取り出せます。

    • 作業がうまくいかない場合は、簡単に取り出すためにケーブルを切断してください。

    • スクリーンを取り出す作業中、ディスプレイケーブルを止むを得ず切断してしまった場合、ケーブルのスタブを取り出すだけです。

  24. デバイスを裏返して、スクリーンを上向きにします。 デバイスからスクリーンを持ち上げて、残りの接着剤を切断します。
    • デバイスを裏返して、スクリーンを上向きにします。

    • デバイスからスクリーンを持ち上げて、残りの接着剤を切断します。

    • スクリーンを取り出します。

    • 交換用スクリーンのディスプレイケーブルをマザーボードの切り欠きに通す作業は慎重に行ってください。作業がうまく進まない時は、マザーボードを緩めたり、一部分を外すこともできます。

    • このガイドに従って、交換用スクリーンに接着剤を装着してください。

    • スクリーンを接着剤で固定する前に、修理がうまくいったかテストしてください。

終わりに

画面を交換してもPixelの電源がオンにならない場合、バッテリーを再接続したあとで、静かにデバイスがオンになることがあります。 デバイスのバイブレーションが止まるまで、電源ボタンを数秒間長押しします。 その後、スクリーンを再接続してから再試行してください。

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が上手く進みませんか?基本的なトラブルシュートのページを参照するか、Pixel 3XLのアンサーフォーラムを検索してください。

5 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Arthur Shi

メンバー登録日: 2018年01月03日

88,404 ポイント

278のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

107 メンバー

10,296のガイドは作成済み

5 件のコメント

What adhesive do you recommend for the screen? This would be my first time doing repair on a smartphone. The guide says to have adhesive for the screen and back, but only has a recommendation for the back adhesive.

Vincent - 返信

Hi Vincent,

The screen itself has a large adhesive pad—what’s missing is the thin perimeter adhesive. For that, I would suggest using some Tesa tape (here are general instructions on how to apply Tesa tape). Some repair techs use E6000 adhesive, but doing so complicates further repairs, and it can get messy. As a reminder, be sure to thoroughly test your repair before you glue the screen in place! Good luck with your repairs!

Arthur Shi -

Hi Arthur! Thanks a ton for putting this guide together, had no problem getting my old display out.

However, I’ve been having an issue I’m hoping you might be able to help with. When I plug the new display into the device, no amount of force-rebooting the device, or re-plugging the display and battery cables, will make the new display power on. I RMA’d the first display thinking it was the problem, but the replacement display I received is doing the same thing. The old display that was removed did work before removal, albeit with significant artifacting (due to the severely cracked display). Do you think there could be some step I’m missing? Perhaps the replacement display is also defective?

Thanks for your help!

Taylor - 返信

Hey Taylor!

That is strange. I have heard scattered reports of other people having similar troubles over various Pixel models. I am assuming that you have the screen connected before you connect the battery. Did you purchase the screen from iFixit? If so, I can definitely check and test some of our screens to see if they are the culprit.

Arthur Shi -

Hi,

It is possible to know if a Pixel 3xl works, if I do not have screen?

I would like to be sure before to buy a screen.

Thanks for your help!

Modesto - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 31

過去 7 日: 330

過去 30 日: 1,138

今までの合計 2,793