メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを使って、Pixel 3のリアカメラを取り出して交換します。カメラはマザーボードの下側に繋がっているため、交換するには、マザーボードの一部分を取り外さなければなりません。あるいはマザーボードを完全に取り外すこともできます (この作業は手順が若干長くなりますが、簡単です)。手順には、とても小さな接地クリップが沢山使用されているため、紛失には特に注意する必要があります。

ラウドスピーカーのモジュールを取り外さずに、マザーボードの一部を外すことは可能ですが、作業の難易度は高くなります。ラウドスピーカーを取り外すと、耐水機能を失ってしまいますので、ご注意ください。

  1. 温めたiOpenerをデバイス底に、約1分間のせます。 電源ボタン上からこじ開ける際は、開口ピックを深くまで差し込まないようにご注意ください。指紋センサケーブルにダメージを与えてしまいます。
    • 温めたiOpenerをデバイス底に、約1分間のせます。

    • 電源ボタン上からこじ開ける際は、開口ピックを深くまで差し込まないようにご注意ください。指紋センサケーブルにダメージを与えてしまいます。

    Older devices may require 2 or more minutes with a very hot iOpener. Also note, the photo shows the opener on the FRONT of the phone. The heat needs to be applied to the back of the device!

    Rick Johnson - 返信

    I just realized that I was trying to pry apart the front of my Pixel 3… and have separated the class from the display. ??‍♂️ Even though the rest of the directions show the back, it would be nice for the first picture to also show the back, just to be safe.

    JR Raith -

    Agreed, I’ve done exactly the same and completely broken my display. I probably should’ve paid more attention to the initial steps before diving in but the step could do with a new picture for sure.

    Daniel Fryer -

    Thanks for the comments! I’ll add a note in the step warning people to make sure to pry the back cover, not the screen.

    Arthur Shi -

    I prefer my favorite opening method with something like this. Dental floss. So thin it can slide in the gap. A little sawing to get it far enough past the edge to lift and get the first pick in.

    John Hoffstetter - 返信

  2. バックカバーの温めた下端に吸盤カップを装着します。 バックカバーのひび割れ程度が大きい場合は、吸盤カップが装着しやすくなるように、透明な補強テープでカバーを覆います。 吸盤カップを強く一定の力で、隙間が生じるまで持ち上げます。
    • バックカバーの温めた下端に吸盤カップを装着します。

    • バックカバーのひび割れ程度が大きい場合は、吸盤カップが装着しやすくなるように、透明な補強テープでカバーを覆います。

    • 吸盤カップを強く一定の力で、隙間が生じるまで持ち上げます。

    • あなたのデバイスの使用年月にもよりますが、この作業にはかなりの力が必要です。作業が困難な場合は、より熱を当てて温めて、再度チャレンジしてください。

    • 開口ピックを隙間に差し込みます。

    The initial opening/insert is the hardest part of this repair, and if you end up having to use a flat-head screwdriver (etc) to get the first gap opened, you’ll scratch the phone. But it works.

    William Kew - 返信

    I don’t recommend using a screwdriver. I tried this and it shattered the glass in that area. I replaced the battery on my Pixel 1 recently and noted that heating the FRONT glass on that phone enough to get a gap for one of the pics takes a considerable amount of time AND patience. I was one of the few who didn’t break or otherwise damage the glass in that process. I would say the same rule applies here. Allow for significant time and patiences to heat the old adhesive enough to get a pick inside the cover.

    kevlion88 - 返信

    Definitely, this opening/insert is the hardest part of the procedure. I was unable to open even a slight separation with a suction cup and even with tons of heat from a hair dryer. What worked really well, and what I would highly recommend to others who experience really strong adhesive, is to use a small X-acto knife with a #16 blade. Make sure it’s a #16 (find on Amazon) because it differs greatly in angle and rigidity from the usual #11 blade. The sharpness of the blade makes it really easy to find the crack and open a gap, where you can then insert a pick with no problem.

    Andris Vizulis - 返信

    I gave up with the iOpener and pick, I tried >5 times for over an hour… After heating with theiOpener, I used and X-acto knife instead and that worked like a charm, except it did leave a few scuff marks unfortunatly. I used a size 22 blade.

    Manny - 返信

    I really wanted to level off the back of the phone when pulling on the suction cup in this step, but found it was actually pretty easy once I used the opening tool to push down on the edge of the bezel, at the crack, barely putting any force on the back of the phone at all (just to keep it steady).

    Eugene Creswick - 返信

    I have about a 2 year old Pixel 3. iOpener didn’t work at all on this step, but once I broke out the hair dryer, I was able to get the phone hot enough to insert the pick (no screwdriver or xacto knife needed)

    sliverdragon37 - 返信

    I’m having trouble with the iOpener too. It is frustrating because I practiced on a bricked iPhone earlier this week and it was effortless. My Pixel 3 is also about 2 years old. Out of curiosity, were you replacing the charging assembly because of the charging cables fitting too loosely on the phone or for some other reason?

    Edwin -

    I used a stanley knive to get started and then a combo of opener and plektrums.

    All went well till I used to much force on the camera corner and broke the back into lots of small pieces. Be careful on that corner, people.

    But the new camera does focus, so for a first attempt at fixing a phone I am happy.

    clas ebeling - 返信

    I heated the bottom up with the Iopener and then used a rectangular razor blade and the suction cup to lift the bottom. Place the entire blade edge into the crack and push/pry while lifting with the suction cup. As soon as you have a gap start to open, have a second person insert a pick into the corner. It was actually really easy. I had given up after a couple of tries without a blade. My Pixel 3 is 2 years old.

    Jeremy Stewart - 返信

    Agreed with many other comments here. My Pixel 3 is two years old and neither the iopener nor a blow dryer were capable of loosening it enough. I ended up using a VERY hot iopener for a couple of minutes, the suction cup, and then a wide-bladed razer blade (about 80% width of bottom edge to spread out the stress and prevent risk of fracturing the rear glass panel). Once adding the razer blade I was able to get the pick in and follow the rest of the instructions as written.

    Matt Johnson - 返信

    I also had to follow this process but resorted to a heat gun on its lowest setting as I couldn’t get the iOpener hot enough (I was afraid of overheating and bursting it). Other how-to videos also show using a thin piece of plastic or metal to slide into the corner, saving substantial time.

    Rick Johnson -

    So I didn’t use a blade, but I did get my fingernail in before the plectrum haha. Happened by accident as I was trying to push down on the bezel to counter the suction cup force.

    I also heated the sides and corners as well as the bottom, which may have helped it budge.

    Dmitriy - 返信

    Helped me to notice that the focus here is to lift in the center (like right over the USB C connector). Was able to get it with just the iOpener and pushing down on the rest of the phone with the pry tool. My phone is over 2 years old though and it took about 50 minutes of working / reheating / repeating

    Tim Noack - 返信

    Destroyed the glass back trying to take it off. This is not an easy phone to take apart.

    Andrew Richie - 返信

    It would be nice if there was a heads up that the rear of the phone is glass….. Phone piping hot glass shattered and splintered

    John Gates - 返信

  3. デバイスの下側端と右側コーナー周辺に沿って、接着剤をスライスして切開します。 接着剤が再装着しないように、下側端にピックを残します。 接着剤が再装着しないように、下側端にピックを残します。
    • デバイスの下側端と右側コーナー周辺に沿って、接着剤をスライスして切開します。

    • 接着剤が再装着しないように、下側端にピックを残します。

  4. iOpenerで右側端を温めて、開口ピックで接着剤をスライスして切開します。 接着剤は粘着性が強い場合があります。ピックを、裁縫のような動きで内側と外側に交互に差し込んで抜き出しながら、スライスしてください。 接着剤は粘着性が強い場合があります。ピックを、裁縫のような動きで内側と外側に交互に差し込んで抜き出しながら、スライスしてください。
    • iOpenerで右側端を温めて、開口ピックで接着剤をスライスして切開します。

    • 接着剤は粘着性が強い場合があります。ピックを、裁縫のような動きで内側と外側に交互に差し込んで抜き出しながら、スライスしてください。

    What is the required temperature to soften the glue? Can I just use a small bag filled with boiling water or a heat gun.

    Wiley Sanders - 返信

    The iOpener is a plastic bag filled with what appears to be water so probably, yes.

    Christopher St. John - 返信

  5. 続けてデバイス周辺の残りの部分も温めてスライスします。接着剤の再装着を防ぐため、開口ピックを各辺に残してください。 電源ボタンの上をスライスする際は、指紋センサケーブルにダメージを与えないよう、ピックを深くまで差し込まないでください。 電源ボタンの上をスライスする際は、指紋センサケーブルにダメージを与えないよう、ピックを深くまで差し込まないでください。
    • 続けてデバイス周辺の残りの部分も温めてスライスします。接着剤の再装着を防ぐため、開口ピックを各辺に残してください。

    • 電源ボタンの上をスライスする際は、指紋センサケーブルにダメージを与えないよう、ピックを深くまで差し込まないでください。

  6. デバイス周辺のスライスができたら、バックカバーの左側端を慎重に持ち上げます。 バックカバーを完全に外さないでください。指紋センサケーブルでデバイス本体と繋がったままです。 リアカバーを長辺側に沿って裏返し、指紋センサーケーブルに圧力がかからないように置きます。
    • デバイス周辺のスライスができたら、バックカバーの左側端を慎重に持ち上げます。

    • バックカバーを完全に外さないでください。指紋センサケーブルでデバイス本体と繋がったままです。

    • リアカバーを長辺側に沿って裏返し、指紋センサーケーブルに圧力がかからないように置きます。

  7. 指紋センサのコネクターブラケットを固定している4.1 mm長プラスネジを2本外します。
    • 指紋センサのコネクターブラケットを固定している4.1 mm長プラスネジを2本外します。

    • 再組み立ての際は、ネジを締めすぎないようにご注意ください。ディスプレイにダメージを与えてしまうことがあります。

    A magnetic screwdriver tip helped here.

    Ciprian Chelba - 返信

    If you purchase iFixit’s kit for this replacement, their included driver is magnetic. Helped immensely!

    Rick Johnson -

    after replacing my camera, my screen had a big green/white vertical stripe. I didn’t see the disclaimer about overtightening these screws. I think it may be related.

    Ethan Berry - 返信

  8. スパッジャーの先端を使って、NFCコイル底側から指紋センサのコネクタブラケットをスライドして外します。 指紋センサのコネクタブラケットを取り出します。 指紋センサのコネクタブラケットを取り出します。
    • スパッジャーの先端を使って、NFCコイル底側から指紋センサのコネクタブラケットをスライドして外します。

    • 指紋センサのコネクタブラケットを取り出します。

    Re-inserting this is tricky and requires pretty good dexterity. The shiny metal frame of the wireless charger is also not held down, so you may wish to gently apply pressure to it as you try to re-position the connector bracket.

    William Kew - 返信

  9. スパッジャーの先端を使って、ソケットから指紋センサのコネクタの接続を外します。 このようにコネクタを外す際は、ソケット周辺に付けられ、表面に実装された小さなコンポーネントを外さないように注意してください。
    • スパッジャーの先端を使って、ソケットから指紋センサのコネクタの接続を外します。

    • このようにコネクタを外す際は、ソケット周辺に付けられ、表面に実装された小さなコンポーネントを外さないように注意してください。

    • このようなプレスコネクタを再装着する際は、カチッと所定の位置に収まるまで慎重に位置を合わせて押し下げ、反対側も同じ作業を繰り返します。 中央部分を押さないでください。 コネクタの位置がずれていると、ピンが曲がって永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

  10. バックカバーを取り出します。 交換用のバックカバーを取り付ける前に、デバイスのフレームから接着剤の残りを綺麗に取り除いているか確認してください。開口ツールを使って、高濃度イソプロピルアルコールで表面を綺麗に剥がします。 バックカバーを再利用する場合は、接着剤を綺麗に取り除き、バックカバー用の接着剤を塗布してください。
    • バックカバーを取り出します。

    • 交換用のバックカバーを取り付ける前に、デバイスのフレームから接着剤の残りを綺麗に取り除いているか確認してください。開口ツールを使って、高濃度イソプロピルアルコールで表面を綺麗に剥がします。

    • バックカバーを再利用する場合は、接着剤を綺麗に取り除き、バックカバー用の接着剤を塗布してください。

    • 交換用バックカバーをインストールする場合、オリジナルのパーツとよく見比べてください。フラッシュディフューザーなどの残りのパーツを交換用パーツに移植してください。

    When reassembling is it better to first attach the new adhesive back gasket to the phone back or the phone chassis frame?

    Tom Burke - 返信

    Hi Tom!

    It depends on the adhesive. Carefully align the adhesive to the phone by matching the contours. Note which adhesive side is backed by a clear liner, and which side is backed by a colored liner. The clear liner should be removed first. Whichever component the exposed adhesive faces should be the first surface to apply to.

    Hope that helps!

    Arthur Shi -

    Two things:

    1) I recommend attaching the adhesive to the Phone frame and not the back panel. As you attach, you can more easily see the gaps and guide the adhesive along the groove, leaving equal space all around.

    2) To transfer the fingerprint sensor, you will need double-sticky tape to make a new gasket. Put the tape on the back from the inside, and trim with a blade to make the sensor hole. To attach the sensor, place it on something small to raise it off your working surface, then lower the back over it. You’ll be able to see the sensor alignment as you lower the back, which helps get a good position.

    Gary Beardsley - 返信

    Oh, and be prepared: Removing the old adhesive is teeeeedious!! It will take you some time. :-b Alcohol is not a strong solvent, so don’t expect it to remove much; it is mostly for cleaning afterward. In the end, I used one of iFixit’s flat metal tools from the big toolkit to remove the final remains. Its was blunt enough to not cut metal shavings as I cleaned.

    Gary Beardsley - 返信

    I ended up reusing the original adhesive as it was in pretty good shape. So far, no problems.

    Dan Comiskey - 返信

    Does your IF356-119-1, Google Pixel 3 Rear Cover Adhesive, template use 2 sided pressure sensitive tape? Do I simply align it on the back cover and then press it to the device to reassemble the unit? If so, how long til the back cover is “glued” to the unit?

    Martin Seffens - 返信

    Hi Martin,

    The rear cover adhesive is indeed two-sided PSA (pressure sensitive adhesive). Apply firm even pressure for a minute to bond the adhesive to the unit.

    Arthur Shi -

    When scraping the adhesive off the back cover be careful and don’t apply too much pressure (and/or position the cover against the surface so that it’s supported against the tool used), especially in the corners, or the glass cover rounded edges could break.

    Bart Oleksiak - 返信

    My battery swelled and did all the hard work getting started popping the back open so I didn’t need the iOpener to get the back off, but now the iOpener is handy to heat up the sticky foamy factory original adhesive.

    I found isopropanol ineffective. I found heat softens it considerably. Just very warm, like hot water warm, is effective. Use tweezers or a plastic blade to help pull it off. Metal blades will either gouge the plastic or, worse, create metal shavings that will wreak havoc.

    Are there any solvents other than isopropanol that work and won’t harm the plastic? How do pros speed up this step?

    wsanders - 返信

    I think pros often use heating pads or special jigs. They’d set the temperature, set the phone on the pad, and let the phone heat up for a few minutes. Heat guns are also a popular choice.

    Arthur Shi -

    I found that an opening pick worked well to scrape the glue off the inside of the curved edges of the back cover

    Richard Elder - 返信

    The adhesive on mine took some effort to clean off all the way. During reassembly I did notice that my replacement back panel adhesive was larger than I expected and based off of product photos it looks like I received the 3 XL adhesive instead of the 3. That ended up having me fiddle with the adhesive to try and get it to fit right and unfortunately the camera side now has a bit of a gap that I can still press down on without having it stick. I’ll see how it stays but I fear I might have to get another adhesive. The guide was very helpful though!

    Craig Mileham - 返信

  11. ワイヤレス充電コイルを固定している5本のプラスネジを外します。 1.9 mmネジー2本 4.2 mmネジー2本
    • ワイヤレス充電コイルを固定している5本のプラスネジを外します。

    • 1.9 mmネジー2本

    • 4.2 mmネジー2本

    • 4.3 mmネジー1本

    • ワイヤレス充電コイルを取り出します。

    The top 1.9 mm screw can’t be totally removed — it comes out with the coil once loosened

    Dmitriy - 返信

    Can I leave the wireless charging coil out?

    This may also allow a bigger battery!

    Jex Webster - 返信

    You may be able to! Note that this is not only the wireless charging coil, but also the NFC antenna (the upper loop).

    Arthur Shi -

    The 1.9 mm screws are actually screwed into the head of another screw beneath them. Sometimes the lower screw unscrews instead of the upper. That leaves both screws attached to the coil. If possible you should separate the two screws and screw the lower one back in first using a small flat blade screwdriver.

    Richard Elder - 返信

  12. スパッジャーの先端を使って、デバイスの右端付近のソケットからバッテリーコネクタを持ち上げて、接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、デバイスの右端付近のソケットからバッテリーコネクタを持ち上げて、接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、デバイスの右端付近のソケットからバッテリーコネクタを持ち上げて、接続を外します。

    The connecton board is quete flexible … be careful otherwise other connectors may get looze.

    This is also valid when re-assemble … pusing battery conector may cause other conectors to “pop“.

    Tsanko Tsolov - 返信

    The square connector directly below the battery connector came undone and will not pop back into place.

    Curtis Redfield - 返信

    • カメラブラケットを固定している2本のネジを外します。

    • 4.1 mmプラスネジー1本

    • 4 mmスタンドオフネジー1本

    • スタンドオフネジは、スタンドオフ専用ビットを使って取り外すのが一番ですが、急な時は、小サイズのマイナスドライバーでも対応できます。しかし滑って周辺のコンポーネントにダメージを与えてしまわないよう、特にご注意ください。

    • カメラブラケットを取り出します。

  13. フロントカメラを交換する場合、交換が必要なカメラを確認してください。
    • フロントカメラを交換する場合、交換が必要なカメラを確認してください。

    • 標準視野カメラ

    • 広角カメラ

    • マザーボードの取り外し作業中の方は、両方のカメラを取り出さなければなりません。

    I actually didn't have to remove the cameras to get my motherboard out and back in, just pushed the connectors out of the way. It's probably less hassle prying them up as directed than wiggling the board back under two extra connectors when re-assembling as I did :)

    elyze - 返信

    Make sure that the cameras each go in exactly the same spots or not the phone will boot loop forever. The connectors on both of these cameras are the same, so they will easily connect on both sides. So be careful.

    Let's Talk Tech - 返信

  14. スパッジャーの先端を使って、交換するカメラ用のコネクタの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、交換するカメラ用のコネクタの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、交換するカメラ用のコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、交換するカメラ用のコネクタの接続を外します。

  15. カメラは接着剤で固定されています。 スパッジャーの先端をカメラモジュールの端に差し込んで、フレームから接着剤を緩めながらこじ開けます。
    • カメラは接着剤で固定されています。

    • スパッジャーの先端をカメラモジュールの端に差し込んで、フレームから接着剤を緩めながらこじ開けます。

    • カメラを取り出します。

    • カメラモジュールを固定している接着剤の状態が良い場合、接着剤を再利用することができます。そうでない場合は、両面タイプのTesaテープを使って接着してください。

    • 交換用カメラモジュールを装着する際は、カメラフレームのレンズに接着剤の残留が付いたままになっていないか確認してください。

  16. スパッジャーの先端を使って、デバイス右側端付近のマザーボードのソケットから、ラウドスピーカー用コネクタの接続を外します。 スパッジャーでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。
    • スパッジャーの先端を使って、デバイス右側端付近のマザーボードのソケットから、ラウドスピーカー用コネクタの接続を外します。

    • スパッジャーでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。

  17. 次の4本のプラスネジを外します。 1.9 mmネジー1本 4.3 mmネジー1本
    • 次の4本のプラスネジを外します。

    • 1.9 mmネジー1本

    • 4.3 mmネジー1本

    • 薄型シャンク付き4.3mmネジー2本

    • 左側のネジ穴から小さな接地クリップを外します。紛失しないようにご注意ください。

    • 接地クリップの湾曲した端が、デバイス左側に向くように取り付けます。

    • USB-Cポートの右側から小さなプラスチックのインサートを取り出します。

    • ネジをドーターボードに取り付ける前に、このインサートを再挿入するのを忘れないでください。

    The three 4.3 mm screws highlighted in Orange are not all the same. The one closest to the battery is slightly different, a larger diameter. It would be good to note this for reassembly.

    genec123 - 返信

    Thank you! I will adjust the guide to reflect this!

    Arthur Shi -

    Ah, all great and everything but this should be in big bold red letters: “Be sure to reinstall this insert before you screw down the daughterboard.“

    Screwed 4.3 thin screw without that small insert and penetrated new screen module behind…

    Maks - 返信

    Noted and changed!

    Arthur Shi -

  18. ラウドスピーカーは強力な接着ガスケットで固定されています。これを取り外す前に、数カ所をこじ開けて、接着シールを乖離させてください。 スパッジャーの先端を、ラウドスピーカーの下側右コーナーの下に差し込みます。
    • ラウドスピーカーは強力な接着ガスケットで固定されています。これを取り外す前に、数カ所をこじ開けて、接着シールを乖離させてください。

    • スパッジャーの先端を、ラウドスピーカーの下側右コーナーの下に差し込みます。

    • デバイスからラウドスピーカーを緩めながらこじ開けます。

  19. スパッジャーの先端を、ラウドスピーカー上部左側コーナーの下に差し込みます。 スパッジャーでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。
    • スパッジャーの先端を、ラウドスピーカー上部左側コーナーの下に差し込みます。

    • スパッジャーでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。

    • ラウドスピーカーを緩めるため、こじ開けます。

  20. スパッジャーの平面側先端を、ラウドスピーカー上部端の下から左側端に向けて差し込みます。 ラウドスピーカーを緩めるために、こじ開けます。
    • スパッジャーの平面側先端を、ラウドスピーカー上部端の下から左側端に向けて差し込みます。

    • ラウドスピーカーを緩めるために、こじ開けます。

  21. ラウドスピーカーを取り出します。 交換用のラウドスピーカーを装着する前に、接着ガスケットの状態を確認してください。
    • ラウドスピーカーを取り出します。

    • 交換用のラウドスピーカーを装着する前に、接着ガスケットの状態を確認してください。

    • 状態が良好であれば、ガスケットの再利用ができます。ガスケットが出口のホールを覆っていないか確認してください。

    • ガスケットが所定の位置から引き抜かれている場合は、ガスケットを取り外して、プレカットされた接着剤ストリップまたはTesaテープを装着します。

    tesa tape seems hard to come by in my town. Is there anything else I could use?

    Michael Schlimmer - 返信

    Never mind. A bunch of tesa tape came with the kit

    Michael Schlimmer - 返信

  22. スパッジャーの先端を使って、デバイス右端付近の充電アセンブリのコネクタを、マザーボードのソケットからこじ開けて外します。 スパッジャーの先端を使って、デバイス右端付近の充電アセンブリのコネクタを、マザーボードのソケットからこじ開けて外します。
    • スパッジャーの先端を使って、デバイス右端付近の充電アセンブリのコネクタを、マザーボードのソケットからこじ開けて外します。

  23. スパッジャーの平面側先端を使って、デバイス右側端付近で、ディスプレイ用フレックスケーブルを固定している黒いテープを慎重にこじ開けます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、デバイス右側端付近で、ディスプレイ用フレックスケーブルを固定している黒いテープを慎重にこじ開けます。

    • メタル製ツールを使用しないでください。フレックスケーブルにダメージを与えてしまいます。

  24. スパッジャーを使って、次の7つのプレスフィットタイプのコネクタを各マザーボードのソケットから接続を外します。 外部ボタン用コネクタ
    • スパッジャーを使って、次の7つのプレスフィットタイプのコネクタを各マザーボードのソケットから接続を外します。

    • 外部ボタン用コネクタ

    • 上部マイク用コネクタ

    • イヤホン用コネクタ

    • 左側握るセンサー(Active Edge)用コネクタ

    • スクリーンコネクタ

    • 右側握るセンサー(Active Edge)用コネクタ

    • SIMトレイコネクタ

  25. スパッジャーの平面側先端を使って、イヤホンスピーカーのフレックスケーブルを上向きにこじ開けて、マザーボードから外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、イヤホンスピーカーのフレックスケーブルを上向きにこじ開けて、マザーボードから外します。

    • これらのネジの幾つかは大変小さな接地クリップを固定しています。ネジを外した後、このクリップを紛失しないように特にご注意ください。

    • マザーボードを固定している6本のネジを外します。

    • 4.2 mm プラスネジー1本

    • 1.9 mmプラスネジー3本

    • 4.3 mmプラスネジー1本

    • 3.83 mm スタンドオフネジー1本

    • スタンドオフネジは、スタンドオフネジ専用ビットを使用するのが一番ですが、急を要する時は、小サイズのマイナスドライバーでも対応できます。スリップして、周辺のコンポーネントにダメージを与えないようにご注意ください。

    • 3つの小さなメタル製接地クリップを取り外します。

  26. デバイス上部の左端からアンテナブラケットを慎重に取り出します。 小さなメタル製接地クリップを再装着する際: シルバー側が上向きになるようにクリップの位置を確認します。
    • デバイス上部の左端からアンテナブラケットを慎重に取り出します。

    • 小さなメタル製接地クリップを再装着する際:

    • シルバー側が上向きになるようにクリップの位置を確認します。

    • ティアドロップ(涙の)形をしたクリップは、デバイス端に先端を向けます。

    • 二重穴が付いたクリップは、フレーム右上のネジ穴に向かって下向きに下ろします。

  27. マザーボード上部左のコーナー付近、すなわちリアカメラの真下にスパッジャーの先端を差し込みます。 マザーボードを緩めるため、慎重にこじ開けます。全てのフレックスケーブルを折り曲げて、動きやすくします。
    • マザーボード上部左のコーナー付近、すなわちリアカメラの真下にスパッジャーの先端を差し込みます。

    • マザーボードを緩めるため、慎重にこじ開けます。全てのフレックスケーブルを折り曲げて、動きやすくします。

    • マザーボードの装着力が強い場合、フレックスケーブルもしくは、ネジが残っていないか確認してください。

  28. スパッジャーをマザーボード上部端の下に差し込み、マザーボードを緩めるために慎重にこじ開けます。 イヤホンスピーカーのフレックスケーブルがマザーボードに対して強く押し付けられています。時間をかけてゆっくりと、フレックスケーブル周辺にマザーボードを近づけます。
    • スパッジャーをマザーボード上部端の下に差し込み、マザーボードを緩めるために慎重にこじ開けます。

    • イヤホンスピーカーのフレックスケーブルがマザーボードに対して強く押し付けられています。時間をかけてゆっくりと、フレックスケーブル周辺にマザーボードを近づけます。

  29. マザーボードの左側端を、反対側の右側に向けて慎重に上向きに持ち上げます。慎重にマザーボードに押し込まれたプレスコネクタを、作業の邪魔にならないよう押し出します。 マザーボードを完全に取り外さないでください。数本のアンテナケーブルとフレームが繋がったままです。 マザーボードを再装着する際は、コネクタがボード下に挟まれていないか確認してください。
    • マザーボードの左側端を、反対側の右側に向けて慎重に上向きに持ち上げます。慎重にマザーボードに押し込まれたプレスコネクタを、作業の邪魔にならないよう押し出します。

    • マザーボードを完全に取り外さないでください。数本のアンテナケーブルとフレームが繋がったままです。

    • マザーボードを再装着する際は、コネクタがボード下に挟まれていないか確認してください。

  30. スパッジャーの先端を使って、マザーボードのソケットからリアカメラのコネクタの接続を外します。 カメラのモジュールをマザーボードから持ち上げて、接着剤を剥がします。 リアカメラを取り出します。
    • スパッジャーの先端を使って、マザーボードのソケットからリアカメラのコネクタの接続を外します。

    • カメラのモジュールをマザーボードから持ち上げて、接着剤を剥がします。

    • リアカメラを取り出します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、Google Pixel 3のアンサーコミュニティを参照してください。

8 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Arthur Shi

メンバー登録日: 2018年01月03日

165,218 ポイント

412のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

138 メンバー

16,442のガイドは作成済み

コメント1件

Pixel 3 and pixel 3xl rear cameras are same. If I buy pixel 3 camera and can I use this on pixel 3xl?

Suren - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 20

過去 7 日: 80

過去 30 日: 334

今までの合計 10,006