メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Samsung Galaxy S8 の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    Samsungのスクリーンサイズは異なっても、同じスマートフォンの使い心地を実現するため様々な検討がされたようです。Galaxy S8のスペックを書き出しました。なんだか見覚えはありませんか?

    手順2

    サイズはさておき、S8はS8+のクローンのごとく見た目はそっくりです。特長は以下の通りです。

    手順3

    Galaxyのガラスとガラスを合わせたデザインがここでもまた待ち受けており、私たちを困難な状況に追い詰めます。このパネルに熱をたっぷりと当てて温め、できるだけ沢山の開口ピックを差し込みます。

    手順4

    指紋認証センサーが背面ケースに搭載されています。なんとも物議を醸し出す位置です。(右の指で)このセンサーを使う際には、感覚のみでセンサーまで指を伸ばしますが、同時にカメラレンズに指紋などのシミが付いてしまいます。

    手順5

    S8はS8+の構造上の兄弟であるため、S8には共通で搭載されているハードウェアが幾つかあります。スピーカー/アンテナアレイやアンテナ/NFCコイルアセンブリはデバイス本体のミッドフレームとして重複した機能を果たしています。

    手順6

    前回のSamsungのバッテリー問題を考えると、普通はこの小さな(爆弾)バッテリーセルをすぐに取り出せるように設計すると考えるでしょう。しかし、このバッテリーセルは頑丈に接着されています。(しかも接着剤はたっぷり使われています)

    手順7

    最新のGalaxyモデルでは出入力ボード端子コネクターが、わざわざマザーボードの下に付けられています。どうしてこのように難しい構造にするのでしょうか?(上に付ければもっと便利なはずなのですが)

    手順8

    S8が本当にサイズが小さいS8+のツインであるのか調べるためにS8に搭載されているチップを確認しました。

    手順9

    反対側にもチップが確認できます。

    手順10

    IC識別、パート2です。

    手順11

    IC識別、パート3:

    手順12

    IC 識別、パート4です(センサー):

    手順13

    大きな特徴のない普通のS8です。まだご存知ない方は、S8+の分解も公開しています。ぜひご覧ください。

    手順14 — 分解を終えて

    Samsung Galaxy S8のリペアビリティのスコアは10点中4点です。(10点が最も修理し易い指標です)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります