メインコンテンツにスキップ

はじめに

呼び出しスイッチ、電源ボタンと音量ボタンを繋ぐ単一ケーブルの交換をするにはこのガイドをご利用ください。

  1. フロントガラスが割れた場合、テープをガラスに貼るなどして、作業中に怪我をしないようご注意ください。 画面全体を透明テープでしっかりと付着し、固定します。 テープを付着することでガラスの破片が飛び散らないよう保護し、画面を持ちお上げた際にスクリーン構造を保ってくれます。
    • フロントガラスが割れた場合、テープをガラスに貼るなどして、作業中に怪我をしないようご注意ください。

    • 画面全体を透明テープでしっかりと付着し、固定します。

    • テープを付着することでガラスの破片が飛び散らないよう保護し、画面を持ちお上げた際にスクリーン構造を保ってくれます。

    • 修理作業中はガラスの破片が飛び出し、目に入ることがないように保護メガネを装着してください。

  2. 次の手順に進む前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはアクシデントで穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。
    • 次の手順に進む前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはアクシデントで穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。

    • 解体作業を始める前にiPhoneの電源を切ってください。

    • Lightningコネクターの両サイドにある3.6 mmのペンタローブネジを2本外します。

  3. 次の手順ではデバイス本体からディスプレイを取り外します。ディスプレイはガラススクリーンとメタルクリップ付きのプラスチックベゼルから出来ています。 使用するツールに関係なく、ディスプレイ全体を引き上げなければなりません。 最初の画像の通り、ガラスがプラスチックから外れたら、プラスチック製の開口ツールをフレームとメタルボディの間に差し込み、ケースからメタルクリップを押し上げます。
    • 次の手順ではデバイス本体からディスプレイを取り外します。ディスプレイはガラススクリーンとメタルクリップ付きのプラスチックベゼルから出来ています。

    • 使用するツールに関係なく、ディスプレイ全体を引き上げなければなりません。

    • 最初の画像の通り、ガラスがプラスチックから外れたら、プラスチック製の開口ツールをフレームとメタルボディの間に差し込み、ケースからメタルクリップを押し上げます。

    • 分離したディスプレイベゼルからデバイスを再組み立てする場合、デバイスを密封するためにプラスチックベゼルとガラスの間に接着剤を交換してください。

    • 次の2つの手順ではiPhone 5本体を安全に開口するために必須の工具であるiSclackの使い方を紹介します。一回のみの修理に終わらない方にはぜひ揃えていただきたいツールです。iSclackをご利用にならない場合は手順6までスキップしてください。

    • iSclackのレバーを閉め吸盤カップを開きます。

    • 吸盤カップの間にiPhoneを挟みプラスチックの溝に本体の下部を差し込みます。

    • 上部の吸盤カップはホームボタンより上に接着させてください。

    • iSclackのレバーを開いて吸盤を閉じます。iPhoneの両面、中央部に吸盤カップをしっかりと押し当てます。

  4. iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めていきます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがります。 iSclackはiPhoneのフロントパネルが粉々に飛び散らず、安全に開口できるようにデザインされていますが、どのケーブルにでもダメージを与える場合があります。
    • iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めていきます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがります。

    • iSclackはiPhoneのフロントパネルが粉々に飛び散らず、安全に開口できるようにデザインされていますが、どのケーブルにでもダメージを与える場合があります。

    • 二つの吸盤カップを iPhoneから取り外してください。

    • 次の3つの手順をとばして手順9まで進みましょう。

  5. 吸盤カップをホームボタン上部のスクリーンに押し当てます。
    • 吸盤カップをホームボタン上部のスクリーンに押し当てます。

    • カップをしっかりとスクリーンに密着させます。

    • フロントガラスが壊れたiPhone を開封する場合、透明の包装用テープをガラス表面にしっかりと貼り、中に空気が入らないように固定します。これは吸盤カップでスクリーンを引き上げた際に壊れたガラスが飛び散るのを防ぎます。

  6. 吸盤カップがしっかりとフロントパネルアセンブリと密着しているか確認してください。
    • 吸盤カップがしっかりとフロントパネルアセンブリと密着しているか確認してください。

    • iPhone を片手でしっかりと抑えながら、吸盤カップを本体背面ケースからフロントパネルを丁寧に引き離していきます。

    • 時間をかけてゆっくりと同じ力加減で作業します。この機種は同じiPhoneの中でも特に頑丈に密封されています。

    • プラスチックの開口ツールを使うと吸盤カップを上に引き上げながらゆっくりと背面ケースを本体から離すことができます。

    • フロントパネル本体を背面ケースを固定しているクリップが幾つかあります。フロントパネルアセンブリを外すには、吸盤カップとプラスチック開口ツールを両方使う必要があります。

  7. フロントパネルアセンブリの両側周辺に開口ツールを差し込み、こじ開けながら両サイドのクリップを外します。
    • フロントパネルアセンブリの両側周辺に開口ツールを差し込み、こじ開けながら両サイドのクリップを外します。

  8. iPhoneの上部は幾つかのリボンケーブルで繋がっているため、背面ケースからフロントパネルを完全に取り外さないでください。 クリップがフロントパネルの下と両サイドから外れたら、アセンブリの下を引っ張り背面ケースから外します。 ディスプレイを90度まで開きます。開いて固定したまま作業するため、後ろに衝立を用意して立てかけてください。
    • iPhoneの上部は幾つかのリボンケーブルで繋がっているため、背面ケースからフロントパネルを完全に取り外さないでください。

    • クリップがフロントパネルの下と両サイドから外れたら、アセンブリの下を引っ張り背面ケースから外します。

    • ディスプレイを90度まで開きます。開いて固定したまま作業するため、後ろに衝立を用意して立てかけてください。

    • ディスプレイが作業中閉じないように、ゴムを使って衝立に固定してください。これはディスプレイケーブルが過度な力で引っ張られないようにするためです。

  9. ロジックボードに留められているメタル製バッテリーコネクターブラケットから次のネジを2本外します。
    • ロジックボードに留められているメタル製バッテリーコネクターブラケットから次のネジを2本外します。

    • 1.8 mmプラスネジー1本

    • 1.6 mmプラスネジー1本

  10. iPhoneからメタル製バッテリーコネクターブラケットを取り出します。
    • iPhoneからメタル製バッテリーコネクターブラケットを取り出します。

  11. プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボードのソケットからバッテリーコネクターを丁寧に持ち上げます。
    • プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボードのソケットからバッテリーコネクターを丁寧に持ち上げます。

    • バッテリーコネクターのみ接触するよう十分気をつけて作業を進めてください。ロジックボードのソケットに接触してしまうと、コネクター全体を破損してしまうことがあります。

  12. フロントパネルのケーブルブラケットが本体ボードにあることを確認してから次のネジを外します。
    • フロントパネルのケーブルブラケットが本体ボードにあることを確認してから次のネジを外します。

    • 1.2mmのプラスネジー2本

    • 1.6mmのプラスネジー1本

    • このネジは磁気ドライバーに対応しないため、取り外しの際には紛失にお気をつけください。作業終了後は正しい位置にネジが取り戻せたか確認しましょう。

  13. ディスプレイケーブルブラケットをバッテリー側に持ち上げてフックを外します。それからブラケットを取り出します。 再組み立ての際は、ロジックボードの下にある左側フックのクリップを取り付け、ブラケットをデバイスの外側に向かって下げます。
    • ディスプレイケーブルブラケットをバッテリー側に持ち上げてフックを外します。それからブラケットを取り出します。

    • 再組み立ての際は、ロジックボードの下にある左側フックのクリップを取り付け、ブラケットをデバイスの外側に向かって下げます。

  14. フラスチックの開口ツールを使って次の3つのフロントパネルアセンブリケーブルを外します。 正面カメラとセンサーケーブル LCDケーブル
    • フラスチックの開口ツールを使って次の3つのフロントパネルアセンブリケーブルを外します。

    • 正面カメラとセンサーケーブル

    • LCDケーブル

    • デジタイザーケーブル

    • デバイスを再組み立てする際、LCDケーブルがコネクターから外れることがあります。これは電話の電源を入れた時、画面にホワイトラインや何も表示されない原因となります。もしこの状態が発生したら、単純にケーブルを再接続し、電源を再起動させてください。電源を再起動する方法については、バッテリーの再接続をご覧ください。

  15. 背面ケースからフロントパネルアセンブリを取り出します。
    • 背面ケースからフロントパネルアセンブリを取り出します。

  16. Skip the upgrade.

    Take $10 off $50 with
    SKIPANDSAVE10

    Save Now

    Skip the upgrade.

    Take $10 off $50 with
    SKIPANDSAVE10

    Save Now
  17. 表面に出ている透明のプラスチック製タブを使いiPhone本体に留められた接着剤をバッテリーから剥がします。
    • 表面に出ている透明のプラスチック製タブを使いiPhone本体に留められた接着剤をバッテリーから剥がします。

    • バッテリーを取り出す作業が進まない場合、iOpenerかヘアドライヤーを使ってiPhoneの背面ケースに当て、接着剤を柔らかくします。

    • プラスチックタブは壊れやすいです。バッテリーを取出す前にタブが破れてしまった場合は、次の手順を参照してください。

  18. タブが裂けてしまったりバッテリーが背面ケースの中に詰まってしまった場合は、 iOpenerやヘアドライヤーを準備してバッテリーの裏側に直接当てます。
    • タブが裂けてしまったりバッテリーが背面ケースの中に詰まってしまった場合は、 iOpenerやヘアドライヤーを準備してバッテリーの裏側に直接当てます。

    • これはバッテリーに留められた接着剤を温めることで柔らかくします。すると、背面ケースから安全に取り出しやすくなります。

  19. プラスチック製の開口ツールを使って端末本体左端のみから挿入し、バッテリーをゆっくりと丁寧に持ち上げます。この箇所以外の場所、特にロジックボード付近に接触するとロジックボードにダメージを与えてしまうことがあります。 バッテリーがケースから上手く取り出せない場合は、再度iOpenerを当ててから作業を再開してください。
    • プラスチック製の開口ツールを使って端末本体左端のみから挿入し、バッテリーをゆっくりと丁寧に持ち上げます。この箇所以外の場所、特にロジックボード付近に接触するとロジックボードにダメージを与えてしまうことがあります。

    • バッテリーがケースから上手く取り出せない場合は、再度iOpenerを当ててから作業を再開してください。

    • 丁寧にかつ、均等な力で持ち上げます。バッテリーが変形してしまうと、発火の原因となることがあります。

    • バッテリーの上部を持ち上げないでください。ボリュームコントロールケーブルを破損してしまう危険があります。

  20. バッテリーを取り出します。
    • バッテリーを取り出します。

    • 交換用のバッテリーにプラスチックのスリーブが付いている場合は、交換作業前にリボンケーブルから引き離して、スリーブを外してください。

    • 組み立て直す際は、バッテリーがしっかりと背面ケースに取り付けられているか確認してください。フロントパネルアセンブリを再装着した際に、他のコンポーネントへのダメージを防いでくれます。

    • 組み立て直せたら、ハードリセットを行ってください。幾つかの問題から守ってくれ、トラブルシューティングを簡単にしてくれます。

  21. スパッジャーの先端を使って、セルラーデータアンテナのケーブルコネクターをスピーカーエンクロージャー上にあるロジックボードのソケットから持ち上げ、取り外します。
    • スパッジャーの先端を使って、セルラーデータアンテナのケーブルコネクターをスピーカーエンクロージャー上にあるロジックボードのソケットから持ち上げ、取り外します。

  22. 背面ケースに付けられたロジックボードブラケットから次の2本のネジを外します。
    • 背面ケースに付けられたロジックボードブラケットから次の2本のネジを外します。

    • 1.5 mmプラスネジー1本

    • 2.3 mmプラスネジー1本

  23. ロジックボード上部からブラケットを取り外します。 背面カメラの隣にあるブラケットから突き出た小さい接地タブを折らないようにご注意ください。
    • ロジックボード上部からブラケットを取り外します。

    • 背面カメラの隣にあるブラケットから突き出た小さい接地タブを折らないようにご注意ください。

    • 新モデルではブラケットがカメラケースに付けられているか、あるいはブラケットがないものがあります。

  24. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードから次の3つのケーブルの接続を外します。 上部のインターコネクトケーブル ボタンアセンブリケーブル
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードから次の3つのケーブルの接続を外します。

    • 上部のインターコネクトケーブル

    • ボタンアセンブリケーブル

    • 下部のインターコネクトケーブル

  25. 背面ケース内側上部に付けられた1.3 mmプラスネジを2本外します。
    • 背面ケース内側上部に付けられた1.3 mmプラスネジを2本外します。

  26. ロジックボードブラケット中央部分に付けられた1.2 mmプラスネジを1本外します。
    • ロジックボードブラケット中央部分に付けられた1.2 mmプラスネジを1本外します。

  27. ロジックボードから中央部分のブラケットを取り出します。 ロジックボードから中央部分のブラケットを取り出します。
    • ロジックボードから中央部分のブラケットを取り出します。

  28. スパッジャーを使って、ロジックボードのソケットからライトニングコネクターケーブルのコネクターを持ち上げて外します。 丁寧にケーブルを剥がしていき、ロジックボードの邪魔にならないようにします。
    • スパッジャーを使って、ロジックボードのソケットからライトニングコネクターケーブルのコネクターを持ち上げて外します。

    • 丁寧にケーブルを剥がしていき、ロジックボードの邪魔にならないようにします。

  29. SIMカード取り出しツールや曲がったクリップなどを用いてSIMカードトレイを取り出します。iPhoneの右側のSIMカード取り出しボタンを押します。 代わりにスパッジャーの平面側先端を使ってSIMカード取り出しレバーを押すこともできます。 iPhoneからSIMカードトレイを取り出します。
    • SIMカード取り出しツールや曲がったクリップなどを用いてSIMカードトレイを取り出します。iPhoneの右側のSIMカード取り出しボタンを押します。

    • 代わりにスパッジャーの平面側先端を使ってSIMカード取り出しレバーを押すこともできます。

    • iPhoneからSIMカードトレイを取り出します。

  30. 背面ケースにロジックボードを留めている次のネジを取り外します。
    • 背面ケースにロジックボードを留めている次のネジを取り外します。

    • 2.3 mmプラスネジー2本

    • 2.7 mmスタンドオフネジー2本

    • これらのネジはフィリップスのビットパターンにありますが、一番最適なツールは2.5 mmのフラットヘッドドライバーです。

    • 2.7 mm非磁性スタンドオフネジー1本

    • このネジをロジックボード上の元の位置に取り付ける際はご注意ください。デジタルコンパスにより磁性ネジが邪魔をすることがあります。

    • 再組み立てのヒント:スタンドオフネジを元に戻す際には、スパッジャーの先端をスクリュードライバーのように使ってみると作業がしやすいです。

  31. 背面ケースのバッテリー側に向かってロジックボードアセンブリを反転させます。 背面ケースからロジックボードアセンブリを完全に取り外さないでください。ロジックボードの底面を通じてケーブルが1本繋がっています。 周辺に取付けられたフラッシュは、接着剤でフラッシュユニットと背面ケースを留めています。背面ケースに付着している場合、ピンセットで取り外して、フラッシュユニットの裏側に乗せてください。
    • 背面ケースのバッテリー側に向かってロジックボードアセンブリを反転させます。

    • 背面ケースからロジックボードアセンブリを完全に取り外さないでください。ロジックボードの底面を通じてケーブルが1本繋がっています。

    • 周辺に取付けられたフラッシュは、接着剤でフラッシュユニットと背面ケースを留めています。背面ケースに付着している場合、ピンセットで取り外して、フラッシュユニットの裏側に乗せてください。

    • デバイスを元に戻す場合、下のインターコネクトケーブルがロジックボードの底に押し込まれていないか確認してください。

  32. スパッジャーの先端を使って、ロジックボードの底に付けられたソケットから Wi-Fi アンテナケーブルコネクターを外します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードの底に付けられたソケットから Wi-Fi アンテナケーブルコネクターを外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボードの底に付けられたソケットから Wi-Fi アンテナケーブルコネクターを外します。

  33. 背面ケースからロジックボードアセンブリを取り外します。
    • 背面ケースからロジックボードアセンブリを取り外します。

    • ロジックボードが電話本体から外されている間、回路のダメージを防ぐため、非接地静電気防止マット上に置いて保管しましょう。

  34. スパッジャー先端を使って、パワーボタンの下からゴム状のバンパーを取り出します。 スパッジャー先端を使って、パワーボタンの下からゴム状のバンパーを取り出します。
    • スパッジャー先端を使って、パワーボタンの下からゴム状のバンパーを取り出します。

    • 背面フラッシュとカメラウィンドウの間のメタル製ブラケットから次のネジを取り外します。

    • 2.9 mmスタンドオフネジー1本

    • スタンドオフネジを外すには、スタンドオフドライバースタンドオフドライバービットを使うのが最善です。それらがない場合には、小サイズのマイナスドライバーでも対応可能です。ただし、滑って周囲のコンポーネントにダメージを与えないよう細心の注意を払ってください。

    • 1.6 mmプラスネジー1本

    • 1.9 mmプラスネジー1本

  35. 背面向きフラッシュとカメラウィンドウの間からメタル製ブラケットを取り出します。
    • 背面向きフラッシュとカメラウィンドウの間からメタル製ブラケットを取り出します。

  36. スパッジャーの先端を使って、背面ケース上部からパワースイッチ付きのメタル製ブラケットを外します。 スパッジャーの先端を使って、背面ケース上部からパワースイッチ付きのメタル製ブラケットを外します。
    • スパッジャーの先端を使って、背面ケース上部からパワースイッチ付きのメタル製ブラケットを外します。

  37. スパッジャーの先端を使って、本体外側から背面ケース向きにパワーボタンを押し込みます。 パワーボタンを取り出します。 パワーボタンを取り出します。
    • スパッジャーの先端を使って、本体外側から背面ケース向きにパワーボタンを押し込みます。

    • パワーボタンを取り出します。

  38. 背面ケースに付けられているバイブレーターとバイブレーターブラケットに留めている3つのネジを取り外します。 2.3 mmフィリップスネジー1つ
    • 背面ケースに付けられているバイブレーターとバイブレーターブラケットに留めている3つのネジを取り外します。

    • 2.3 mmフィリップスネジー1つ

    • 1.7 mmフィリップスネジー1つ

    • 背面ケース上部内側にバイブレーターが留められている1.6 mmフィリップスネジー1つ

  39. 背面ケースからバイブレーターブラケットとバイブレーターを取り外します。
    • 背面ケースからバイブレーターブラケットとバイブレーターを取り外します。

  40. 背面ケースの横にボリュームボタンとリンガースイッチブラケットを留めている次のネジを取り外します。
    • 背面ケースの横にボリュームボタンとリンガースイッチブラケットを留めている次のネジを取り外します。

    • 1.5 mmフィリップスネジー1つ

    • 1.8 mmフィリップスネジー2つ

  41. スパッジャーの先端をつかって背面ケースの横からリンガースイッチブラケットを押し出していきます。 リンガースイッチを取り外します。
    • スパッジャーの先端をつかって背面ケースの横からリンガースイッチブラケットを押し出していきます。

    • リンガースイッチを取り外します。

  42. スパッジャーを使って背面ケースの横からボリュームボタンブラケットを押し出していきます。 ボリュームボタンを外します。
    • スパッジャーを使って背面ケースの横からボリュームボタンブラケットを押し出していきます。

    • ボリュームボタンを外します。

  43. スパッジャーの先端を使って、電源ボタンブラケットを取り出し、これを金属の留め金から外すため左側へスライドさせます。 スパッジャーの先端を使って、電源ボタンブラケットを取り出し、これを金属の留め金から外すため左側へスライドさせます。
    • スパッジャーの先端を使って、電源ボタンブラケットを取り出し、これを金属の留め金から外すため左側へスライドさせます。

  44. スパッジャーの平らな面の先端を使って、背面ケースに付けられた接着剤を剥がしていき、ケーブルを押し上げます。 スパッジャーの平らな面の先端を使って、背面ケースに付けられた接着剤を剥がしていき、ケーブルを押し上げます。
    • スパッジャーの平らな面の先端を使って、背面ケースに付けられた接着剤を剥がしていき、ケーブルを押し上げます。

  45. 続けて、音量コントロールケーブルを背面ケースから取り出します。 交換用パーツにメタル製ブラケットが付いていない場合は、ヒートガンやヘアードライアーを使って音量コントロールケーブルに当て、温められた接着剤が柔らかくなってからスパッジャーでメタルブラケットから取り外します。 交換用パーツにメタル製ブラケットが付いていない場合は、ヒートガンやヘアードライアーを使って音量コントロールケーブルに当て、温められた接着剤が柔らかくなってからスパッジャーでメタルブラケットから取り外します。
    • 続けて、音量コントロールケーブルを背面ケースから取り出します。

    • 交換用パーツにメタル製ブラケットが付いていない場合は、ヒートガンやヘアードライアーを使って音量コントロールケーブルに当て、温められた接着剤が柔らかくなってからスパッジャーでメタルブラケットから取り外します。

まとめ

デバイスを元に戻すにはこのインストラクションを逆の順番にさかのぼって作業を進めてください。

671 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

422,659 ポイント

411のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

100 メンバー

9,029のガイドは作成済み

How to put the mute button bracket from the old cable to the new? I dunno how to hold it firm on the button/flex cable, the 3 pins on the new button seem to be too long, which prevents me from reattaching the metal plate that goes on the bracket. All guides i find just skip that part.

Boris - 返信

Looks to me like the bracket on the ringer switch was -riveted- with heat. I personally plan to use a soldering iron and a fine tip at a lower heat to melt the 3 prongs down after placing the bracket on the new ringer switch. I'd say this takes this process from moderate to high.

jturner -

and the step to remove vibrator?

tks

Rodrigo - 返信

This was pretty easy, as long as you take your time, keep everything very organized, it should not take you any more than an hour... SUCCESS!!!

billyjo182 - 返信

I have already ordered the part but I need to know HOW to keep about a million screws "organized"? Please share your ideas and how you did it. THANKS A MILLION

Joseph Wang -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 14

過去 7 日: 103

過去 30 日: 460

今までの合計 330,050