メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

このガイドの手順に従って、iPad Air 2 LTEモデルのホームボタンアセンブリ(ガスケットとケーブルを含む)を交換します。 ホームボタンは本体の各基板とペアで製造されているため、ホームボタンアセンブリを交換した後はTouch IDが機能しなくなります。ご注意ください。

このガイドの一部はWi-Fiモデルで撮影されているため、内部はLTEモデルとは少し異なって見える場合があります。 特に記載がない限り、手順は両方のモデルで同じです。

ご注意:このガイドのバッテリー絶縁方法は古いやり方となりました。ロジックボードのバッテリーピンに不可逆的な損傷を与え、破損してしまう可能性があります。 このガイドに沿ってバッテリーを外す場合、表記された全ての警告に注意し、慎重に作業を行なってください。 バッテリーを絶縁せずに作業をすすめる場合は、バッテリーのショートやデリケートな回路基板の損傷を防ぐために、完全に必要な場合(ネジを外す時)を除いて、メタルツールの使用を避けてください。

  1. 電子レンジに付着している汚れがiOpenerに付いてしまうことがあるので、使用前に電子レンジの底をきれいに拭き取ってください。 iOpenerを電子レンジ中央に置きます。
    • 電子レンジに付着している汚れがiOpenerに付いてしまうことがあるので、使用前に電子レンジの底をきれいに拭き取ってください。

    • iOpenerを電子レンジ中央に置きます。

    • 回転型の電子レンジ:iOpenerが電子レンジのターンテーブルで回転しているか確認してください。iOpenerが作動中に留まってしまうと、熱しすぎや焦げてしまいます。

  2. iOpenerを30秒温めます。
    • iOpenerを30秒温めます。

    • 修理作業中はiOpenerが冷めてしまいますので、使用毎に電子レンジに30秒入れて温めてからご利用ください。

    • 作業中、iOpenerを温めすぎないようにご注意ください。温めすぎるとiOpenerを破裂させてしまうことがあります。

    • 膨らんでいる状態のiOpenerは絶対に触らないでください。

    • 適切に温められたiOpenerは約10分間、温かい状態を保ちます。

  3. 電子レンジからiOpenerを取り出します。iOpenerの中央は熱くなっているため、両端の平面になっている部分を持ってください。
    • 電子レンジからiOpenerを取り出します。iOpenerの中央は熱くなっているため、両端の平面になっている部分を持ってください。

    • iOpenerは大変熱くなっていることがあります。必要であれば、オーブン用のミトンカバーをご利用ください。

  4. 液晶ガラスにひびが入っている場合はさらにひび割れが広がらないように、また修理作業中怪我をしないように、保護メガネを装着してください。 iPadディスプレイ全体を透明色の補強テープで何重にも覆ってください。 これはディスプレイを持ち上げた際ガラスの破片を固定して、全体の構造を保つためです。
    • 液晶ガラスにひびが入っている場合はさらにひび割れが広がらないように、また修理作業中怪我をしないように、保護メガネを装着してください。

    • iPadディスプレイ全体を透明色の補強テープで何重にも覆ってください。

    • これはディスプレイを持ち上げた際ガラスの破片を固定して、全体の構造を保つためです。

    • 記載された通りの手順に従ってください。しかしながら、ガラスが一度割れてしまうと何度もひび割れてしまうことがあります。この場合はガラスをすくい上げるようにして取り出さなければならず、メタル製の開口ツールが必要になります。

    • 目を保護するために保護メガネを装着してください。そしてLCDスクリーンを傷つけないようご注意ください。

  5. 次のステップでは、iOpenerを使用して前面パネルアセンブリを固定している接着剤を柔らかくします。 iOpenerを使用するときは、必ず30秒以内に電子レンジで加熱してください。
    • 次のステップでは、iOpenerを使用して前面パネルアセンブリを固定している接着剤を柔らかくします。 iOpenerを使用するときは、必ず30秒以内に電子レンジで加熱してください。

    • 温まったiOpenerをiPadの上端に置きます。

    • 約2分間iOpenerを置いて、フロントパネルをiPad本体に固定してある接着剤を柔らかくします。

  6. iPadは外から見るとしっかりした作りに見えますが、フロントガラスの特定の部分の下にデリケートなパーツが搭載されています。これらの損傷を避けるために、各手順に記載されている部分のみ温めて下さい。 この手順を進んでいく中で、次のエリアはこじ開けたり、接触しないように特にご注意ください。 ホームボタン
    • iPadは外から見るとしっかりした作りに見えますが、フロントガラスの特定の部分の下にデリケートなパーツが搭載されています。これらの損傷を避けるために、各手順に記載されている部分のみ温めて下さい。

    • この手順を進んでいく中で、次のエリアはこじ開けたり、接触しないように特にご注意ください。

    • ホームボタン

    • 正面カメラ

    • 背面メインカメラ

  7. iPadの前面にあるカメラの上に吸盤を置き、押し込んで吸盤を密着させます。 吸盤を持ち上げやすくするには、できるだけディスプレイ端付近に吸盤を装着します。
    • iPadの前面にあるカメラの上に吸盤を置き、押し込んで吸盤を密着させます。

    • 吸盤を持ち上げやすくするには、できるだけディスプレイ端付近に吸盤を装着します。

  8. 吸盤をしっかり引き上げて、フロントパネルとリアケースの間に隙間を作ります。 あまりに強く引っ張りすぎると、フロントガラスを割ってしまう可能性があるので気を付けて下さい。 十分な隙間を開けたら、隙間に開口ピックを挿し込んで、接着剤が再びくっつかないようにします。
    • 吸盤をしっかり引き上げて、フロントパネルとリアケースの間に隙間を作ります。

    • あまりに強く引っ張りすぎると、フロントガラスを割ってしまう可能性があるので気を付けて下さい。

    • 十分な隙間を開けたら、隙間に開口ピックを挿し込んで、接着剤が再びくっつかないようにします。

  9. ピックをディスプレイの淵に沿って、ヘッドホンジャック方向へスライドさせます。 ピックをスライドさせる時に接着剤からの抵抗を感じる場合は、iOpenerでのヒーティング手順を繰り返し、さらに温めます。 フューズされたLCDとフロントパネルの間にピックを指し込まないよう注意して下さい。ディスプレイが壊れる可能性があります。
    • ピックをディスプレイの淵に沿って、ヘッドホンジャック方向へスライドさせます。

    • ピックをスライドさせる時に接着剤からの抵抗を感じる場合は、iOpenerでのヒーティング手順を繰り返し、さらに温めます。

    • フューズされたLCDとフロントパネルの間にピックを指し込まないよう注意して下さい。ディスプレイが壊れる可能性があります。

    • 目安として、ピックをiPadに1/4インチ(6mm)以上挿し込まないようにして下さい。

  10. フロントカメラ付近に、2つ目のピックを挿入します。 フロントカメラ付近に、2つ目のピックを挿入します。
    • フロントカメラ付近に、2つ目のピックを挿入します。

  11. 2つ目のピックをiPadの上端に沿って、スリープ/スリープ解除ボタンの方にスライドさせます。 2つ目のピックをiPadの上端に沿って、スリープ/スリープ解除ボタンの方にスライドさせます。 2つ目のピックをiPadの上端に沿って、スリープ/スリープ解除ボタンの方にスライドさせます。
    • 2つ目のピックをiPadの上端に沿って、スリープ/スリープ解除ボタンの方にスライドさせます。

  12. 再度、フロントカメラ付近に3つ目のピックを挿し込みます。 再度、フロントカメラ付近に3つ目のピックを挿し込みます。
    • 再度、フロントカメラ付近に3つ目のピックを挿し込みます。

  13. iPad右側を開くために、ピックを右上角から下までスライドします。 iPad右側を開くために、ピックを右上角から下までスライドします。 iPad右側を開くために、ピックを右上角から下までスライドします。
    • iPad右側を開くために、ピックを右上角から下までスライドします。

  14. 左側の開口ピックでiPadの左上角をスライドします。 左側の開口ピックでiPadの左上角をスライドします。 左側の開口ピックでiPadの左上角をスライドします。
    • 左側の開口ピックでiPadの左上角をスライドします。

  15. iOpenerを再加熱してディスプレイの右端に置き、ディスプレイ下に付けられた接着剤を緩めます。
    • iOpenerを再加熱してディスプレイの右端に置き、ディスプレイ下に付けられた接着剤を緩めます。

  16. 右側のピックを、ディスプレイ中央部あたりまでスライドさせます。 右側のピックを、ディスプレイ中央部あたりまでスライドさせます。 右側のピックを、ディスプレイ中央部あたりまでスライドさせます。
    • 右側のピックを、ディスプレイ中央部あたりまでスライドさせます。

  17. iOpenerを再加熱してディスプレイの左端に置き、接着剤を緩めます。
    • iOpenerを再加熱してディスプレイの左端に置き、接着剤を緩めます。

  18. 左側のピックを、ディスプレイ中央部あたりまでスライドさせます。 左側のピックを、ディスプレイ中央部あたりまでスライドさせます。 左側のピックを、ディスプレイ中央部あたりまでスライドさせます。
    • 左側のピックを、ディスプレイ中央部あたりまでスライドさせます。

  19. 反対側のピックを、iPadの右側下の隅までスライドさせます。 必要に応じて右端を再加熱して、ディスプレイの接着剤を緩めます。 必要に応じて右端を再加熱して、ディスプレイの接着剤を緩めます。
    • 反対側のピックを、iPadの右側下の隅までスライドさせます。

    • 必要に応じて右端を再加熱して、ディスプレイの接着剤を緩めます。

  20. 左側のピックを、ディスプレイの左下隅までスライドさせます。 左側のピックを、ディスプレイの左下隅までスライドさせます。 左側のピックを、ディスプレイの左下隅までスライドさせます。
    • 左側のピックを、ディスプレイの左下隅までスライドさせます。

  21. iOpenerを使用して、iPadの下端を温めます。
    • iOpenerを使用して、iPadの下端を温めます。

  22. 右側にあるピックを、iPad下部の右側角までスライドさせます。 右側にあるピックを、iPad下部の右側角までスライドさせます。 右側にあるピックを、iPad下部の右側角までスライドさせます。
    • 右側にあるピックを、iPad下部の右側角までスライドさせます。

  23. 左側のピックも同様に下側の角へ移動させます。 必要に応じてiOpenerを再加熱します。 iOpenerを再加熱する際は、前の作業から少なくとも10分待ってから温めて下さい。 必要に応じてiOpenerを再加熱します。 iOpenerを再加熱する際は、前の作業から少なくとも10分待ってから温めて下さい。
    • 左側のピックも同様に下側の角へ移動させます。

    • 必要に応じてiOpenerを再加熱します。 iOpenerを再加熱する際は、前の作業から少なくとも10分待ってから温めて下さい。

  24. iPadの下部に残していた右側のピックを取り外します。 iPadの下部に残していた右側のピックを取り外します。
    • iPadの下部に残していた右側のピックを取り外します。

  25. ディスプレイの下端に沿って左側のピックを右端までスライドさせ、iPadの右下隅から取り外します。 ホームボタンとディスプレイケーブルの損傷を避けるために、6mm以上深くピックを挿し込まないよう十分に注意してください。 ホームボタンとディスプレイケーブルの損傷を避けるために、6mm以上深くピックを挿し込まないよう十分に注意してください。
    • ディスプレイの下端に沿って左側のピックを右端までスライドさせ、iPadの右下隅から取り外します。

    • ホームボタンとディスプレイケーブルの損傷を避けるために、6mm以上深くピックを挿し込まないよう十分に注意してください。

  26. フロントカメラ付近の最後に残ったピックをねじって、ディスプレイ上端をリアケースから浮かせます。 フロントカメラ付近の最後に残ったピックをねじって、ディスプレイ上端をリアケースから浮かせます。 フロントカメラ付近の最後に残ったピックをねじって、ディスプレイ上端をリアケースから浮かせます。
    • フロントカメラ付近の最後に残ったピックをねじって、ディスプレイ上端をリアケースから浮かせます。

  27. 続けてフロントカメラ側からディスプレイアセンブリを持ち上げます。 ディスプレイを本体下側端より少し引き離して、リアケースから完全に離します。 ディスプレイアセンブリがiPad本体にほぼ垂直になるまで持ち上げてください。
    • 続けてフロントカメラ側からディスプレイアセンブリを持ち上げます。

    • ディスプレイを本体下側端より少し引き離して、リアケースから完全に離します。

    • ディスプレイアセンブリがiPad本体にほぼ垂直になるまで持ち上げてください。

    • ディスプレイをまだ取り外さないでください!3本のデリケートなリボンケーブルがリアケースに繋がったままです。

  28. メイン基板にバッテリ端子を固定している、1.8mmプラスネジ1本を外します。
    • メイン基板にバッテリ端子を固定している、1.8mmプラスネジ1本を外します。

  29. ショートする危険性を減らすために、バッテリー用絶縁ピックを使用してバッテリーの接続を切って下さい。 バッテリーの絶縁ピックもしくはバッテリーブロッカーの使用は、バッテリーを絶縁させるための古いやり方となりつつあります。ロジックボードの下にあるバッテリーピンにダメージを与えてしまうリスクがあるためです。この方法をとる場合は、ロジックボードの方向に慎重にまっすぐ差し込んでください。コネクタの端から端をスイングしたりひねったりしないでください。
    • ショートする危険性を減らすために、バッテリー用絶縁ピックを使用してバッテリーの接続を切って下さい。

    • バッテリーの絶縁ピックもしくはバッテリーブロッカーの使用は、バッテリーを絶縁させるための古いやり方となりつつあります。ロジックボードの下にあるバッテリーピンにダメージを与えてしまうリスクがあるためです。この方法をとる場合は、ロジックボードの方向に慎重にまっすぐ差し込んでください。コネクタの端から端をスイングしたりひねったりしないでください。

    • メイン基板のバッテリーコネクターエリアの下に、バッテリー絶縁ピックをスライドさせ、作業中はそのままにしておきます。

  30. ディスプレイケーブルブラケットから、1.3mmプラスネジ3本を取り外します。 ブラケットを取り外します。 ブラケットを取り外します。
    • ディスプレイケーブルブラケットから、1.3mmプラスネジ3本を取り外します。

    • ブラケットを取り外します。

  31. メイン基板上のソケットから、ディスプレイデータコネクタを取り外します。 メイン基板上のソケットから、ディスプレイデータコネクタを取り外します。
    • メイン基板上のソケットから、ディスプレイデータコネクタを取り外します。

  32. 残りの2つのデジタイザケーブルを、ディスプレイデータケーブルの下から外します。 残りの2つのデジタイザケーブルを、ディスプレイデータケーブルの下から外します。 残りの2つのデジタイザケーブルを、ディスプレイデータケーブルの下から外します。
    • 残りの2つのデジタイザケーブルを、ディスプレイデータケーブルの下から外します。

  33. フロントパネルアセンブリを、リアケースから取り外します。
    • フロントパネルアセンブリを、リアケースから取り外します。

    • ディスプレイアセンブリを再利用する予定の場合、ディスプレイ用接着剤を交換しなければなりません。iPadの接着剤ガイドを参照して、ディスプレイアセンブリに再装着して、デバイスを密封しましょう。

  34. ディスプレイアセンブリを裏向きにします。 プラスチックの開口ツールを使用して、ブラケットをホームボタンの背面から持ち上げてください。 プラスチックの開口ツールを使用して、ブラケットをホームボタンの背面から持ち上げてください。
    • ディスプレイアセンブリを裏向きにします。

    • プラスチックの開口ツールを使用して、ブラケットをホームボタンの背面から持ち上げてください。

    • ホームボタンのブラケットを取り外し、接着されているテープをはがします。

    • 再組み立て中、ホームボタンを取り付けた後、このブラケットを所定の位置に接着してください。

    • ブラケットから古い接着剤の残留をできるだけ削り取ります。アセトンまたは高濃度(90%以上)のイソプロピルアルコールで拭き取ります。

    • ブラケットを温めて柔らかくなった接着剤、もしくは強力ボンド、または高強度両面テープで固定します。 接着剤を固めさせる前に、ブラケットが正しく位置合わせされていることを確認してください。ホームボタンが押されてもクリックされません。

  35. ホームボタンZIFコネクタを覆うテープをはがします。 ホームボタンZIFコネクタを覆うテープをはがします。 ホームボタンZIFコネクタを覆うテープをはがします。
    • ホームボタンZIFコネクタを覆うテープをはがします。

  36. スパッジャーの平らな面を使用して、ホームボタンのケーブルソケットの保持フラップを持ち上げます。 スパッジャーの平らな面を使用して、ホームボタンのケーブルソケットの保持フラップを持ち上げます。
    • スパッジャーの平らな面を使用して、ホームボタンのケーブルソケットの保持フラップを持ち上げます。

  37. ホームボタンのリボンケーブルの接続をコネクタから外します。 ホームボタンのリボンケーブルの接続をコネクタから外します。
    • ホームボタンのリボンケーブルの接続をコネクタから外します。

  38. ナイロンスパッジャーの平面側先端を使用して、ホームボタンのリボンケーブルとTouch IDコントロールチップを剥がします。 ナイロンスパッジャーの平面側先端を使用して、ホームボタンのリボンケーブルとTouch IDコントロールチップを剥がします。 ナイロンスパッジャーの平面側先端を使用して、ホームボタンのリボンケーブルとTouch IDコントロールチップを剥がします。
    • ナイロンスパッジャーの平面側先端を使用して、ホームボタンのリボンケーブルとTouch IDコントロールチップを剥がします。

  39. ホームボタンケーブル周辺に残っている接着面をはがします。 ホームボタンケーブル周辺に残っている接着面をはがします。
    • ホームボタンケーブル周辺に残っている接着面をはがします。

  40. iOpenerを再加熱してディスプレイの下端に置いて、ホームボタンガスケットの接着剤を緩めます。
    • iOpenerを再加熱してディスプレイの下端に置いて、ホームボタンガスケットの接着剤を緩めます。

    • 接着剤が緩むまで約2分間待ってから、次のステップに進みます。

  41. 次の手順では、iPadのフロントパネルからホームボタンのガスケットを分離します。このパーツは非常に繊細で、簡単に破損してしまいます。 ガスケットがフロントパネルから剥がれにくい場合は、iOpenerを再加熱してから作業して下さい。 スパッジャーの尖った端を使用して、ホームボタンアセンブリをゆっくりとディスプレイから持ち上げます。 スパッジャーの尖った端を使用して、ホームボタンアセンブリをゆっくりとディスプレイから持ち上げます。
    • 次の手順では、iPadのフロントパネルからホームボタンのガスケットを分離します。このパーツは非常に繊細で、簡単に破損してしまいます。 ガスケットがフロントパネルから剥がれにくい場合は、iOpenerを再加熱してから作業して下さい。

    • スパッジャーの尖った端を使用して、ホームボタンアセンブリをゆっくりとディスプレイから持ち上げます。

  42. ガスケットがフロントパネルから完全に分離されるまで、ガスケットの周囲をスパッジャーの先端で綺麗に剥がします。 ガスケットがフロントパネルから完全に分離されるまで、ガスケットの周囲をスパッジャーの先端で綺麗に剥がします。 ガスケットがフロントパネルから完全に分離されるまで、ガスケットの周囲をスパッジャーの先端で綺麗に剥がします。
    • ガスケットがフロントパネルから完全に分離されるまで、ガスケットの周囲をスパッジャーの先端で綺麗に剥がします。

  43. ホームボタンアセンブリを取り外します。 液晶パネルを交換する場合、一部のアセンブリではホームボタンコネクタの位置が微妙に異なる場合があります。その場合は写真のように、ホームボタンケーブルを「S」字形に折り畳む必要があります。 液晶パネルを交換する場合、一部のアセンブリではホームボタンコネクタの位置が微妙に異なる場合があります。その場合は写真のように、ホームボタンケーブルを「S」字形に折り畳む必要があります。
    • ホームボタンアセンブリを取り外します。

    • 液晶パネルを交換する場合、一部のアセンブリではホームボタンコネクタの位置が微妙に異なる場合があります。その場合は写真のように、ホームボタンケーブルを「S」字形に折り畳む必要があります。

終わりに

このデバイスを再組み立てするには、インストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

9 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Scott Havard

メンバー登録日: 2016年06月27日

42,268 ポイント

33のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 5

過去 7 日: 29

過去 30 日: 175

今までの合計 5,778