メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドの手順を使って、iMac Intel 21.5" Retina 4K Display (2017)のSATAハードドライブをアップグレードもしくは交換しましょう。ドライブをアップグレードする場合は、このアップグレードを始める前に、ファイルやシステムを保存するため現存のハードドライブを複製する ガイドを参照して作業を進めてください。

このガイドのある画像は2015年モデルのiMacのものが使用されています。わずかな見た目の違いがありますが、これらは、修理方法に影響を与えません。

    • ヒンジを外すと、iMacはバランスが取れなくなり、作業が難しくなります。iMac Service Wedgeがあれば修理作業は素早く、簡単ですが、なくても対応できます。

    • iMacのどんな作業でも始める前に、コンピューターの電源を外して電源のキャパシタを放電するため約10秒間電源を押し続けてください。

    • キャパシタの鉛や、電源の裏側にある露出した半田付け接合部分に接触しないよう、特にご注意ください。基盤の端のみを持ってください。

  1. ディスプレイの左側の電源付近から、iMac開口ツールをガラスパネルとリア筐体の間に差し込みます。 iMac開口ツール上の回転軸を押し込んでもディスプレイの奥深くまで届きません。もし異なるツールを使用する場合、ディスプレイから9.5mm以上は差し込まないでください。それ以上深く差し込むと、アンテナケーブルに深刻なダメージを与えてしまいます。
    • ディスプレイの左側の電源付近から、iMac開口ツールをガラスパネルとリア筐体の間に差し込みます。

    • iMac開口ツール上の回転軸を押し込んでもディスプレイの奥深くまで届きません。もし異なるツールを使用する場合、ディスプレイから9.5mm以上は差し込まないでください。それ以上深く差し込むと、アンテナケーブルに深刻なダメージを与えてしまいます。

  2. ピザカッターのようにツールを使いますー隙間に沿ってスライスしながら、フォーム製接着剤を切り込んでください。 カット用の車輪の裏の持ち手をしっかり持って内側に押し込んでください。もし外向きに引っ張ると車輪がハンドルから外れてしまいます。 ツールをディスプレイの左側に沿って下側から上部に向けてスライスします。
    • ピザカッターのようにツールを使いますー隙間に沿ってスライスしながら、フォーム製接着剤を切り込んでください。

    • カット用の車輪の裏の持ち手をしっかり持って内側に押し込んでください。もし外向きに引っ張ると車輪がハンドルから外れてしまいます。

    • ツールをディスプレイの左側に沿って下側から上部に向けてスライスします。

  3. 左側コーナー上部周辺までスライスします。 左側コーナー上部周辺までスライスします。 左側コーナー上部周辺までスライスします。
    • 左側コーナー上部周辺までスライスします。

  4. ディスプレイ上部左側からスライスします。 ディスプレイ上部左側からスライスします。
    • ディスプレイ上部左側からスライスします。

  5. ディスプレイ上部に沿って開口ツールをスライスします。 すでにスライスした箇所も接着剤が完全に切断されているか確認するため、複数回に渡って前後にスライスしてください。
    • ディスプレイ上部に沿って開口ツールをスライスします。

    • すでにスライスした箇所も接着剤が完全に切断されているか確認するため、複数回に渡って前後にスライスしてください。

  6. ディスプレイ上部の右側コーナー周辺までツールをスライスします。 ディスプレイ上部の右側コーナー周辺までツールをスライスします。 ディスプレイ上部の右側コーナー周辺までツールをスライスします。
    • ディスプレイ上部の右側コーナー周辺までツールをスライスします。

  7. ディスプレイの右側に沿ってツールを上部から下側に向けてスライドします。 ディスプレイの右側に沿ってツールを上部から下側に向けてスライドします。
    • ディスプレイの右側に沿ってツールを上部から下側に向けてスライドします。

  8. ディスプレイ右側の下部まで開口ツールをスライスさせてここで作業を終えます。 ここでもう一度、ディスプレイ全体に沿って開口ツールをスライスさせ、接着剤をスライスできたか確認しましょう。
    • ディスプレイ右側の下部まで開口ツールをスライスさせてここで作業を終えます。

    • ここでもう一度、ディスプレイ全体に沿って開口ツールをスライスさせ、接着剤をスライスできたか確認しましょう。

  9. 開口ツールがディスプレイ上の接着剤の大部分を切断できても、ディスプレイはわずかにケースに装着されたままです。残りの接着剤から完全に乖離するため、プラスチックカードを使用してください。 iMacのフロント側を上向きにしてテーブル上に置いてください。 iMac右側の上部から、ディスプレイとフレームの間にプラスチックカードを差し込みます。
    • 開口ツールがディスプレイ上の接着剤の大部分を切断できても、ディスプレイはわずかにケースに装着されたままです。残りの接着剤から完全に乖離するため、プラスチックカードを使用してください。

    • iMacのフロント側を上向きにしてテーブル上に置いてください。

    • iMac右側の上部から、ディスプレイとフレームの間にプラスチックカードを差し込みます。

    • 9.5mm以上はプラスチックカードを差し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまいます。

  10. Apple Watch キット

    スクリーンとバッテリー の修理が簡単にできます。

    ショップを見る

    Apple Watch キット

    スクリーンとバッテリー の修理が簡単にできます。

    ショップを見る
  11. ディスプレイとフレームの間に隙間を作るように、丁寧にプラスチックを外側に向けてひねります。 ディスプレイのガラスに圧力がかからないように注意しながら、ゆっくりと動かします。約6mm程度の隙間ができれば十分です。
    • ディスプレイとフレームの間に隙間を作るように、丁寧にプラスチックを外側に向けてひねります。

    • ディスプレイのガラスに圧力がかからないように注意しながら、ゆっくりと動かします。約6mm程度の隙間ができれば十分です。

  12. 残りの接着剤を乖離させながら、iMacの上部右側コーナーからディスプレイ中央に向けてプラスチックカードをスライドします。 iSightカメラ手前で止めてください。これ以上進むとダメージを与えてしまいます。 iSightカメラ手前で止めてください。これ以上進むとダメージを与えてしまいます。
    • 残りの接着剤を乖離させながら、iMacの上部右側コーナーからディスプレイ中央に向けてプラスチックカードをスライドします。

    • iSightカメラ手前で止めてください。これ以上進むとダメージを与えてしまいます。

  13. 接着剤が再装着するのを防ぐため、ディスプレイ上部右側コーナー付近にプラスチックカードを差し込んだままにします。 接着剤が再装着するのを防ぐため、ディスプレイ上部右側コーナー付近にプラスチックカードを差し込んだままにします。
    • 接着剤が再装着するのを防ぐため、ディスプレイ上部右側コーナー付近にプラスチックカードを差し込んだままにします。

  14. 2枚目のプラスチックカードをiMac上部左側付近のディスプレイとフレームの隙間に差し込みます。 2枚目のプラスチックカードをiMac上部左側付近のディスプレイとフレームの隙間に差し込みます。 2枚目のプラスチックカードをiMac上部左側付近のディスプレイとフレームの隙間に差し込みます。
    • 2枚目のプラスチックカードをiMac上部左側付近のディスプレイとフレームの隙間に差し込みます。

  15. ゆっくりとカードを上向きにツイストして、ディスプレイとフレームの間の隙間を広げます。 反対側も同様に、接着剤が乖離するようにゆっくりとツイストします。ディスプレイのガラスに余分な圧力がかからないようご注意ください。
    • ゆっくりとカードを上向きにツイストして、ディスプレイとフレームの間の隙間を広げます。

    • 反対側も同様に、接着剤が乖離するようにゆっくりとツイストします。ディスプレイのガラスに余分な圧力がかからないようご注意ください。

  16. プラスチックカードを中央に向けてゆっくりとスライドして、iSightカメラの手前で止めます。 プラスチックカードを中央に向けてゆっくりとスライドして、iSightカメラの手前で止めます。 プラスチックカードを中央に向けてゆっくりとスライドして、iSightカメラの手前で止めます。
    • プラスチックカードを中央に向けてゆっくりとスライドして、iSightカメラの手前で止めます。

  17. プラスチックカードを左側上部コーナーの裏側に差し込みます。 プラスチックカードを左側上部コーナーの裏側に差し込みます。
    • プラスチックカードを左側上部コーナーの裏側に差し込みます。

  18. コーナー付近に差し込んだ2枚のプラスチックカードを手に取り、ディスプレイとケースの間の隙間を広げるようにカードを外側に向けてツイストします。 もし接着剤が剥がれていない箇所がある場合はツイスト作業を止めて、どちらかのカードを使って接着剤を切断します。 フレームからディスプレイ上部を持ち上げます。
    • コーナー付近に差し込んだ2枚のプラスチックカードを手に取り、ディスプレイとケースの間の隙間を広げるようにカードを外側に向けてツイストします。

    • もし接着剤が剥がれていない箇所がある場合はツイスト作業を止めて、どちらかのカードを使って接着剤を切断します。

    • フレームからディスプレイ上部を持ち上げます。

    • 約5cm程度しかディスプレイを持ち上げないでください。ディスプレイデータケーブルやパワーケーブルが基板に接続されたままの状態です。

  19. コネクタにアクセスできるほどのスペースを作るため、ディスプレイを持ち上げます。しかし、ケーブルが伸びて、コネクタの接続部分にストレスを与えないように、持ち上げすぎないようご注意ください。(約15cm程度が目安) ディスプレイを片手で持ちながら、もう一方の手でディスプレイパワーケーブルの接続を外します。
    • コネクタにアクセスできるほどのスペースを作るため、ディスプレイを持ち上げます。しかし、ケーブルが伸びて、コネクタの接続部分にストレスを与えないように、持ち上げすぎないようご注意ください。(約15cm程度が目安)

    • ディスプレイを片手で持ちながら、もう一方の手でディスプレイパワーケーブルの接続を外します。

  20. 引き続きディスプレイを片手で固定しながら、ディスプレイデータケーブル上にあるメタル製固定ブラケットを裏返します。 ロジックボード上のソケットから、ディスプレイデータケーブルをゆっくりと引っ張ります。 ディスプレイデータケーブルのコネクタを、ソケットからまっすぐ引っ張ります。その際、マザーボードにダメージを与えないよう気をつけながら、ケーブルをマザーボードと並行にして引き抜いてください。
    • 引き続きディスプレイを片手で固定しながら、ディスプレイデータケーブル上にあるメタル製固定ブラケットを裏返します。

    • ロジックボード上のソケットから、ディスプレイデータケーブルをゆっくりと引っ張ります。

    • ディスプレイデータケーブルのコネクタを、ソケットからまっすぐ引っ張ります。その際、マザーボードにダメージを与えないよう気をつけながら、ケーブルをマザーボードと並行にして引き抜いてください。

  21. ディスプレイをほぼ垂直になるまで持ち上げます。 この時点で、ディスプレイの下部に沿ってヒンジのようにフレームにディスプレイを固定しているする接着剤のストリップがまだ付いています。 ディスプレイを数回上下させると、この接着剤を緩めることができます。
    • ディスプレイをほぼ垂直になるまで持ち上げます。

    • この時点で、ディスプレイの下部に沿ってヒンジのようにフレームにディスプレイを固定しているする接着剤のストリップがまだ付いています。 ディスプレイを数回上下させると、この接着剤を緩めることができます。

  22. 必要に応じて、プラスチックカードを使って底側の接着剤ストリップを切開できます。 必要に応じて、プラスチックカードを使って底側の接着剤ストリップを切開できます。
    • 必要に応じて、プラスチックカードを使って底側の接着剤ストリップを切開できます。

  23. ディスプレイをフレームから持ち上げて、iMacより取り出します。 片側からゆっくりと持ち上げて、残っている接着剤を剥がしてください。 ディスプレイの取り扱いは特にご注意くださいー重量があり、大きく、ガラス製です。
    • ディスプレイをフレームから持ち上げて、iMacより取り出します。

    • 片側からゆっくりと持ち上げて、残っている接着剤を剥がしてください。

    • ディスプレイの取り扱いは特にご注意くださいー重量があり、大きく、ガラス製です。

    • 接着剤が切開できたら、古い接着ストリップはディスプレイを固定するために再利用することはできません。このガイドに従って、接着ストリップを交換して、リアエンクロージャーとディスプレイを固定してください。

  24. iMacにハードドライブブラケットを固定しているT10トルクスネジを外します。
    • iMacにハードドライブブラケットを固定しているT10トルクスネジを外します。

    • 21 mm ネジー2本

    • 9 mmネジー1本

    • 27 mmネジー1本

  25. iMacから左右のハードドライブブラケットを外します。 iMacから左右のハードドライブブラケットを外します。
    • iMacから左右のハードドライブブラケットを外します。

  26. ロジックボード付近の先端からハードドライブを持ち上げ、奥からゆっくりと引き抜きます。 ハードディスクドライブはまだSATAケーブルで接続されたままです。 そのため、iMacから完全に取り外さないでください。 ハードディスクドライブはまだSATAケーブルで接続されたままです。 そのため、iMacから完全に取り外さないでください。
    • ロジックボード付近の先端からハードドライブを持ち上げ、奥からゆっくりと引き抜きます。

    • ハードディスクドライブはまだSATAケーブルで接続されたままです。 そのため、iMacから完全に取り外さないでください。

  27. スパッジャーを使ってSATAケーブルの1本をハードドライブから丁寧に引き離して、接続を外します。 iMacからハードドライブアセンブリを取り出します。 iMacからハードドライブアセンブリを取り出します。
    • スパッジャーを使ってSATAケーブルの1本をハードドライブから丁寧に引き離して、接続を外します。

    • iMacからハードドライブアセンブリを取り出します。

  28. ハードドライブの片側からゴム製バンパーを剥がします。 もう一方についても同じ作業を繰り返してください。 新しいドライブをインストールする際は、両面テープを使って、新しいドライブ上にバンパーを取り付けてください。
    • ハードドライブの片側からゴム製バンパーを剥がします。

    • もう一方についても同じ作業を繰り返してください。

    • 新しいドライブをインストールする際は、両面テープを使って、新しいドライブ上にバンパーを取り付けてください。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

15 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Evan Noronha

メンバー登録日: 2015年02月05日

173,674 ポイント

177のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

101 メンバー

9,063のガイドは作成済み

What type of SATA SSDs are compatible with iMac? I don't want to buy the kit because I have the necessary tools, but I'd like to know which brand of SSDs work the best.

Avery C. - 返信

>Will take any SATA SSD.

>On a mac with a fusion drive, it just removes the spinning drive from the mix, leaving you with a separate 28gig or 128 gig SSD drive that will appear on your desktop along with the newly installed SATA SSD.

>NO TEMPERATURE monitor is needed. This generation of iMacs has done away with the propietary temp sensor. It just relies on S.M.A.R.T. tech now.

robert Seith -

Does the screen stick back on with the same adhesive or do you have to reapply new adhesive? If yes, does it come in the kit?

Rick Hahn - 返信

You have to apply new adhesive. Go slow and careful, it’s really not hard at all.

robert Seith -

Will this work similarly for an iMac with a fusion drive? -> (what about upgrading the ssd portion?) Will there be a guide for that in the future?

Lucas - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 25

過去 7 日: 110

過去 30 日: 616

今までの合計 20,931