メインコンテンツにスキップ

はじめに

ディスプレイを外すには、スクリーン周辺の接着剤を切り離す必要があります。接着剤が切断した後、ディスプレイを再装着する際に再利用ができません。そのため、新しい接着ストリップに交換しなければなりません。

このガイドでは2015年モデルのiMac用に使用された画像を一部使用していますが、パーツに大きな違いはありません。そのため修理作業には影響しません。

    • iMacのヒンジが外れると、アンバランスな状態になり、作業が難しくなります。修理は画像のようにして作業を進めることができますが、iMac専用サービスウェッジを使うとより早く簡単に作業ができます。

    • iMacサービスウェッジを使用しない場合、ディスプレイをインストールしたり、作業を続ける際は特にご注意ください。iMacが予期せず動いてしまい、簡単に外れて落下してしまうことがあります。

  1. 接着ストリップを準備する前に、リアエンクロージャーの周囲に残っている接着剤を全て綺麗に剥がしてください。 現在使用中のディスプレイを再利用する際は、ディスプレイ裏側からも古い接着剤も剥がします。
    • 接着ストリップを準備する前に、リアエンクロージャーの周囲に残っている接着剤を全て綺麗に剥がしてください。

    • 現在使用中のディスプレイを再利用する際は、ディスプレイ裏側からも古い接着剤も剥がします。

    • ピンセットもしくは指先で、古い接着ストリップを剥がします。下側から初めてデバイス上部側に上向きにして剥がします。

    • 古い接着剤が剥がれたら、ゆっくりと接着剤が付けられていたエリアを濃度90%以上のイロプロピルアルコールと糸くずの出ないメガネ拭きなどのクロスを使って綺麗に拭き取ります。前後ではなく、一方向に拭いてください。

    • この手順をスキップしないでください。新しい接着ストリップが綺麗に装着しないことがあります。そしてiMacからディスプレイが落下する恐れがあります。

  2. ストリップのラベルが3(もしくは03)と付番されたものから作業を始めます。このラベルはリアエンクロージャーの右側横に使用します。 ステッカーラベルの裏を剥がす前に、iMacのフレームに揃えて、装着位置を確認してください。 ストリップ裏側のうち、短い方を剥がします。
    • ストリップのラベルが3(もしくは03)と付番されたものから作業を始めます。このラベルはリアエンクロージャーの右側横に使用します。

    • ステッカーラベルの裏を剥がす前に、iMacのフレームに揃えて、装着位置を確認してください。

    • ストリップ裏側のうち、短い方を剥がします。

  3. スパッジャーの先端をストリップ先端に付いている穴に差し込みます。まだストリップ裏の保護フィルムは付いたままです。 スパッジャーの先端をストリップ先端に付いている穴に差し込みます。まだストリップ裏の保護フィルムは付いたままです。
    • スパッジャーの先端をストリップ先端に付いている穴に差し込みます。まだストリップ裏の保護フィルムは付いたままです。

  4. スパッジャーが接着ストリップ先端の穴に差し込んだまま、iMacのフレームに付いている穴に対応する留め金に押し込みます。 穴とスパッジャーを使ってストリップをディスプレイ右端に配置して接着ストリップの装着位置を固定し、ゆっくりとスパッジャーに対してストリップをぴんと張ってフレームに貼り付けます。 穴とスパッジャーを使ってストリップをディスプレイ右端に配置して接着ストリップの装着位置を固定し、ゆっくりとスパッジャーに対してストリップをぴんと張ってフレームに貼り付けます。
    • スパッジャーが接着ストリップ先端の穴に差し込んだまま、iMacのフレームに付いている穴に対応する留め金に押し込みます。

    • 穴とスパッジャーを使ってストリップをディスプレイ右端に配置して接着ストリップの装着位置を固定し、ゆっくりとスパッジャーに対してストリップをぴんと張ってフレームに貼り付けます。

  5. 接着ストリップの下側半分の位置を揃えたら、ストリップの裏側から長い方のシールを剥がしてください。 下側半分の装着位置が正しく配置できない場合は、一番下のストリップの裏側シールを剥がす前にもう一度再調整して、装着してください。ストリップの上部にスパッジャーを置いて、突っ張るようにしながら装着していきます。
    • 接着ストリップの下側半分の位置を揃えたら、ストリップの裏側から長い方のシールを剥がしてください。

    • 下側半分の装着位置が正しく配置できない場合は、一番下のストリップの裏側シールを剥がす前にもう一度再調整して、装着してください。ストリップの上部にスパッジャーを置いて、突っ張るようにしながら装着していきます。

  6. リアエンクロージャーの右側端の上半分にストリップを配置して、下側に向けて装着していきます。 リアエンクロージャーの右側端の上半分にストリップを配置して、下側に向けて装着していきます。
    • リアエンクロージャーの右側端の上半分にストリップを配置して、下側に向けて装着していきます。

  7. 指先をストリップ3を右側端に沿って滑らせます。フレームの右側に沿って綺麗に、かつ平らに装着できているか確認してください。 正面側の接着ストリップ裏の保護フィルムはまだ剥がさないでください。
    • 指先をストリップ3を右側端に沿って滑らせます。フレームの右側に沿って綺麗に、かつ平らに装着できているか確認してください。

    • 正面側の接着ストリップ裏の保護フィルムはまだ剥がさないでください。

  8. iMacの他の周囲にも同じ手順で他の接着ストリップを装着します。
    • iMacの他の周囲にも同じ手順で他の接着ストリップを装着します。

    • ストリップ3から反時計周りに作業を進めます。

    • ストリップ2ー上部右

    • ストリップ1ー上部左

    • ストリップ5ー左側サイド

  9. PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る

    PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る
  10. 接着ストリップでマイク用ポートをブロックしないように、4Rストリップは装着前に形状を修正します。ストリップは短く、そしてiMacの右側端に向かって伸びる延長線上に合わせなければなりません。しかし、左側のマイクの手前で切断します。 接着ストリップ4Rの右側端から3.8cmのところで印を付けます。 ハサミを使って印をつけた部分を切断します。
    • 接着ストリップでマイク用ポートをブロックしないように、4Rストリップは装着前に形状を修正します。ストリップは短く、そしてiMacの右側端に向かって伸びる延長線上に合わせなければなりません。しかし、左側のマイクの手前で切断します。

    • 接着ストリップ4Rの右側端から3.8cmのところで印を付けます。

    • ハサミを使って印をつけた部分を切断します。

  11. 2つの残りのストリップ(4Lと4R)は取り付け用の穴が付いておらず、前の手順に比べると装着作業は難しくなります。これらを貼り付ける前に、まず、iMac上の各装着位置に並べて確認してください 4R接着ストリップ上に付けられた赤色のフィルム製プルタブを掴んで、ストリップ裏の保護フィルムを剥がします。 リアエンクロージャーの下側端にストリップを揃えて、マイク用の穴のすぐ隣からストリップを取り付けてください。ストリップの右端はフレームの端で切断してください。
    • 2つの残りのストリップ(4Lと4R)は取り付け用の穴が付いておらず、前の手順に比べると装着作業は難しくなります。これらを貼り付ける前に、まず、iMac上の各装着位置に並べて確認してください

    • 4R接着ストリップ上に付けられた赤色のフィルム製プルタブを掴んで、ストリップ裏の保護フィルムを剥がします。

    • リアエンクロージャーの下側端にストリップを揃えて、マイク用の穴のすぐ隣からストリップを取り付けてください。ストリップの右端はフレームの端で切断してください。

    • 接着ストリップの上に沿って指を滑らせて、シワなく、まっすぐ装着されているか押さえながら点検します。

  12. 4Lの接着ストリップについても前の手順を繰り返してください。iMac底の端左側に沿って装着します。 全ての接着ストリップを取り付けたら、iMacは2番目の画像のような状態になります。
    • 4Lの接着ストリップについても前の手順を繰り返してください。iMac底の端左側に沿って装着します。

    • 全ての接着ストリップを取り付けたら、iMacは2番目の画像のような状態になります。

  13. ゆっくりとディスプレイをiMac上に乗せて、丁寧に位置を揃えます。 ゆっくりとディスプレイをiMac上に乗せて、丁寧に位置を揃えます。
    • ゆっくりとディスプレイをiMac上に乗せて、丁寧に位置を揃えます。

  14. マスキングテープを使ってiMacのエンクロージャーとディスプレイ下側端を一時的に固定します。 テープでディスプレイ下側の位置を固定するため、ディスプレイ上部の端を安全に開け閉めできます。これで安全にディスプレイケーブルにアクセスできます。
    • マスキングテープを使ってiMacのエンクロージャーとディスプレイ下側端を一時的に固定します。

    • テープでディスプレイ下側の位置を固定するため、ディスプレイ上部の端を安全に開け閉めできます。これで安全にディスプレイケーブルにアクセスできます。

  15. この時点で、iMacディスプレイを閉口する前に、正しく稼働するかどうかテストする良い機会です。次の3つの手順では一時的にディスプレイケーブルを接続してiMacを立ち上げて点検してください。点検が終わったら各接着ストリップ裏の保護フィルムを剥がします。 iMacが正しく稼働かどうか点検が終了して、すでにディスプレイを閉口している場合は、手順17までスキップしてください。
    • この時点で、iMacディスプレイを閉口する前に、正しく稼働するかどうかテストする良い機会です。次の3つの手順では一時的にディスプレイケーブルを接続してiMacを立ち上げて点検してください。点検が終わったら各接着ストリップ裏の保護フィルムを剥がします。

    • iMacが正しく稼働かどうか点検が終了して、すでにディスプレイを閉口している場合は、手順17までスキップしてください。

    • ディスプレイのパワーケーブルを基板上のソケットに差し込みます。

  16. ピンセットや片方の手を使ってディスプレイデータケーブルのコネクタを基板上のソケットに丁寧に差し込みます。 ソケットにまっすぐ押し込んでください。奥までしっかりと挿入します。 ディスプレイデータケーブル上のメタル製固定ブラケットを基板側に向けて下向きに装着します。
    • ピンセットや片方の手を使ってディスプレイデータケーブルのコネクタを基板上のソケットに丁寧に差し込みます。

    • ソケットにまっすぐ押し込んでください。奥までしっかりと挿入します。

    • ディスプレイデータケーブル上のメタル製固定ブラケットを基板側に向けて下向きに装着します。

  17. iMacのリアエンクロージャー上にディスプレイを再装着します。 この時点で、iMacの電源を入れてください。実際にデバイス本体を閉じる前に、修理が上手くいったか確認します。取り出したり接続を外した全てのハードウェアの稼働状況を確認してください。
    • iMacのリアエンクロージャー上にディスプレイを再装着します。

    • この時点で、iMacの電源を入れてください。実際にデバイス本体を閉じる前に、修理が上手くいったか確認します。取り出したり接続を外した全てのハードウェアの稼働状況を確認してください。

    • 作業が終わったら、iMacをシャットダウンして、電源コードを抜いてください。それから次の作業に移ります。

  18. 作業を続ける前に、iMacの電源が切れた状態で、プラグが抜かれた状態であるか再確認してください。 iMacが正しく機能することが確認できたら、ディスプレイケーブルの接続を外して、ディスプレイを前側にゆっくりと倒します。 4R接着ストリップから保護フィルムを剥がし、ディスプレイ下側の端から真上に向けてタブを引き上げます。
    • 作業を続ける前に、iMacの電源が切れた状態で、プラグが抜かれた状態であるか再確認してください。

    • iMacが正しく機能することが確認できたら、ディスプレイケーブルの接続を外して、ディスプレイを前側にゆっくりと倒します。

    • 4R接着ストリップから保護フィルムを剥がし、ディスプレイ下側の端から真上に向けてタブを引き上げます。

  19. 4Lの接着ストリップについても同じ手順を繰り返します。
    • 4Lの接着ストリップについても同じ手順を繰り返します。

  20. ディスプレイの電源とデータケーブルを最後に接続します。 ディスプレイデータケーブル上に付いているメタル製固定ブラケットがきちんと装着しているか確認してください。 ディスプレイデータケーブル上に付いているメタル製固定ブラケットがきちんと装着しているか確認してください。
    • ディスプレイの電源とデータケーブルを最後に接続します。

    • ディスプレイデータケーブル上に付いているメタル製固定ブラケットがきちんと装着しているか確認してください。

  21. Webカメラの全面ガラスに汚れやホコリなどが付着していないか直接点検してください。必要に応じてディスプレイを装着する前に、 マイクロファイバーの布で拭きます。 次の手順で接着ライナーを剥がす際は、片手でディスプレイを固定させるか、iMacの筐体に手を置いてください。 次の手順で接着ライナーを剥がす際は、片手でディスプレイを固定させるか、iMacの筐体に手を置いてください。
    • Webカメラの全面ガラスに汚れやホコリなどが付着していないか直接点検してください。必要に応じてディスプレイを装着する前に、 マイクロファイバーの布で拭きます。

    • 次の手順で接着ライナーを剥がす際は、片手でディスプレイを固定させるか、iMacの筐体に手を置いてください。

  22. ストリップ1からタブをまっすぐ引いて保護フィルムを剥がします。 ストリップ1からタブをまっすぐ引いて保護フィルムを剥がします。 ストリップ1からタブをまっすぐ引いて保護フィルムを剥がします。
    • ストリップ1からタブをまっすぐ引いて保護フィルムを剥がします。

  23. 同様にストリップ1とペア担っているストリップから保護フィルムを剥がします。 同様にストリップ1とペア担っているストリップから保護フィルムを剥がします。
    • 同様にストリップ1とペア担っているストリップから保護フィルムを剥がします。

  24. 前の2つの手順を繰り返して、残りの接着ストリップのペア(ラベル番号2、3と5)から保護フィルムを剥がします。
    • 前の2つの手順を繰り返して、残りの接着ストリップのペア(ラベル番号2、3と5)から保護フィルムを剥がします。

  25. リアエンクロージャーとディスプレイを固定しているマスキングテープを剥がします。 iMacをしっかりと固定するには、ゆっくりとiMacの背面を傾けて、画面が真上を向くようにします。ディスプレイ四隅を強く押し込みます。 iMacをしっかりと固定するには、ゆっくりとiMacの背面を傾けて、画面が真上を向くようにします。ディスプレイ四隅を強く押し込みます。
    • リアエンクロージャーとディスプレイを固定しているマスキングテープを剥がします。

    • iMacをしっかりと固定するには、ゆっくりとiMacの背面を傾けて、画面が真上を向くようにします。ディスプレイ四隅を強く押し込みます。

ゴール

14 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Adam O'Camb

メンバー登録日: 2015年04月11日

62,880 ポイント

159のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

101 メンバー

9,053のガイドは作成済み

コメント1件

Merci pour l’indication du micro en bas…..

Picard - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 10

過去 7 日: 53

過去 30 日: 352

今までの合計 5,501